1. ホーム
  2. 業界別インタビュー
  3. 学習塾運営の場合(アルバイトの前借対応)

学習塾運営の場合(アルバイトの前借対応)

設備投資はそれほど必要ではないものの、予想外の出費が意外と多い塾業界。時期によって売上に波があることも、資金繰りの難しさに拍車をかけています。今回当サイト編集部がお話をうかがったのは、都内で中高生の受験対策を行う学習塾の経営者。塾業界特有の資金繰りの悩みから資金難を切り抜けた方法まで、詳しく聞いてきました。

学習塾運営の場合(アルバイトの前借対応)

事業者概要とファクタリングの利用内容

業種     :学習塾の経営
年商     : 4000万円
従業員数   : 7名(アルバイト含む)
売掛金買取額 : 150万円

学生アルバイトの「給料前借り」が経営を圧迫

——御社の事業内容を簡単にお聞かせください。また、繁忙期などはあるのでしょうか?

都内で中高生の受験対策のための塾を経営しています。立ち上げから4年、現在は2拠点を展開しています。ゴールはあくまでも受験の成功ですので、重点を置くのは日々の授業の予習・復習よりも受験対策。学生さんたちが夏休みの時期には夏期講習を多数開講しているため、1年のうちでも特に忙しくなります。

——資金繰りの一番のお悩みは、どのようなところにありましたか?

繁忙期に対応するため、学生アルバイトの方も何名か雇っているのですが、彼らの中には、給料の前借りを希望する方も多いんですね。また、忙しくてアルバイトさんを頼りたい夏期講習の時期は、ちょうど学生さんの夏休みの時期にあたります。遊びたい盛りの年頃ですから、多少時給を上げないとシフトに入ってくれなくなってしまうんです。そのため、夏の時期は特に、人件費がかさみがちなんですよね。

特に前借りについては、いつ学生さんから申し出があるかわかりませんから、常にある程度の手持ち資金を確保しておかなければなりません。しかし、予想外の事態で手持ち資金が減ってしまうこともあるのが、経営です。かと言って、前借りを断ってスタッフに離れられるのも怖い。われわれのような中小規模の塾経営者に共通の悩みではないでしょうか。

「少額のみを即日調達」なら迷わずファクタリング

——今回資金調達を検討されたのも、前借りの給料を支払うためだったのでしょうか?

はい、そうです。当時はまだ夏期講習前でした。夏期講習がはじまればまとまった売上が入るので、どうにかその時期まで持ちこたえられれば……という気持ちでいっぱいでした。

ただ、あくまでも前借りの給料を支払うための資金ですので、数千万とか数億規模の融資が必要なわけではありません。150万円調達できれば、それで十分でした。しかし銀行融資を申し込もうとしたところ、少なくとも数百万円単位でないと利用できないとの回答。資金使途にも縛りがあり、「設備投資などの用途でないと貸しづらいんです」とも言われてしまいました。

——そうだったんですね。銀行融資のほかに、検討された資金調達法はありましたか?

不動産の担保ローンも検討しました。私はプライベートで、持ち家をローンで購入していたんです。「ローン返済で空いた融資枠を売って資金調達できますよ」と営業に来てくださった業者さんもいたのですが、いかんせん時間もかかりますし、手続きも面倒で。今回は1週間後には前借りしたいという学生さんがいたので、本当に急ぎだったんです。不動産担保ローンは次の機会だな、と思いました。

他にいい資金調達法はないかとネットサーフィンをしていたところ、ファクタリングを知りました。いくつかの業者さんに問い合わせましたが、最終的には、親切で丁寧な対応をしてくださった会社に決めました。電話だけでなく、対面の打ち合わせもしてくださったのもよかったですね。担当者の顔が見えるというのが、安心感につながりました。

「二者間ファクタリング」なら取引先にも知られない

——ファクタリングは売掛金を買い取るサービスですが、御社の場合はどんな売掛金が発生していたのでしょうか?

弊社は2拠点を展開していると申しましたが、そのうち1拠点はフランチャイズのような形で運営していました。保護者の方がフランチャイズの大元に入金した授業料が、翌月末に弊社に入ってくるという流れです。今回はそれが売掛金になって、ファクタリングを利用することができました。

ありがたかったのは、フランチャイズの大元にファクタリングの利用がバレなかったことです。窓口の担当者が勧めてくださったのですが、今回利用したのはわれわれとファクタリング業者さんの間だけで話ができる「二者間ファクタリング」でした。もし資金調達を知られていたら契約を切られていたかもしれないと思うと、今でもゾっとしてしまいます。

ほかのファクタリング業者さんの中には、手数料が3%だという業者さんもいらっしゃいました。でもよくよく聞いてみると、借り入れをしたことが取引先に知れてしまう「三者間ファクタリング」。これではその後の取引先との関係が危ぶまれてしまうと考えました。

——その後お金が振り込まれるまでは、どのくらいの日数がかかったのでしょうか?

申し込みをしたのが月曜日だったのですが、火曜日には契約して契約日当日には振り込みがありました。ほぼ即日ですよね。資金が必要なのは金曜日だったのですが、担当の方が「早く振り込まれたほうが安心ですよね」と。不安な気持ちを汲んでくださった気がして、本当にうれしかったです。

おかげさまで給与を前借希望日に支払えましたし、前借りに対しても柔軟に対応できるようになりました。「前借りまでしたからには、全力で働きます」と学生アルバイトのモチベーションも上がり、手数料の元は取れたと思っています。少額の資金を急ぎで調達できるファクタリングは、塾経営者の救世主。これからも利用していきたいですね。

あなたの資金繰り状況にあった【診断書】を受け取る

無料3秒診断

オペレーターによる電話診断を希望される方はこちら!
資金調達に関する事ならお任せください

調達希望金額
調達希望日

人気キーワード

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
f_ranking_top_list
case
columns
partner
company_compare
column
company
interview_category
tinymcetemplates
middle_category
acf-field
acf-field-group
資産調達事例