1. ホーム
  2. 業界別インタビュー
  3. 飲食業の場合(カード決済導入による入金のずれ)

飲食業の場合(カード決済導入による入金のずれ)

その日のうちに回収できる売上の割合が多く、資金計画を立てやすいと言われる飲食業。しかし、人件費や内装費などの投資が必要だったり、集客が予定通りにいかないと食材のロスにつながったりと、他業種にはない資金繰りの難しさもあります。今回当サイト編集部がお話をうかがったのは、都内にある開店3年目の居酒屋。ファクタリングの利用を決めた経緯から利用後の経営状況まで、聞いてきました。

飲食業の場合(カード決済導入による入金のずれ)

事業者概要とファクタリングの利用内容

業種     : 飲食業
年商     : 5千万円
従業員数   : 20名(パート・アルバイト含む)
売掛金買取額 : 110万円

カード売上によるタイムラグが命取りに

——資金繰りに問題を抱えた経緯について、お教えいただけますか?

3年前に焼き鳥を提供する居酒屋をオープンしました。現在は従業員20名で2店舗を営業しています。最近ではクレジットカードが使える飲食店が増えていますが、弊社も例外ではなく、その割合は年々増加傾向にありました。

これによって困るのが、売上を回収できるまでのタイムラグが生じてしまうことです。クレジットカードの売上は、すぐには入らないからです。われわれのような商売では、毎日のように食材やお酒の現金仕入れが発生します。そのためカード売上が多い月は、売上は上がっているのに手元資金がどんどん減っていってしまうのです。資金繰りに困るのは、時間の問題でした。

——飲食業ならではの資金繰りの難しさがあるのですね。

はい、そうなんです。飲食業は初期投資、ランニングコストともにかかる仕事でもあります。アクセスのいい場所にお店を構えようとすれば家賃もかさみますし、お店を回すためには人件費も必要です。ボロボロの店ではお客さんが来ないので、内装費にも投資しなければなりません。それを見越して、私はオープン当初に銀行から融資を受けていました。そのため、銀行融資での追加の融資は限りなく難しい状態だったのです。

飲食業でもファクタリングを使えることもある

——ファクタリングというサービスを知られたきっかけは何だったのでしょうか?

給与支払いと仕入れ代金の支払いがかなり厳しく、このままだと信用問題にひびいてしまう——。なかば諦めそうになりながらパソコンで調べものをしていて知ったのが、ファクタリングでした。ファクタリングとはひと言でいえば、売掛金の買取サービス。欧米では広く浸透している資金調達法で、日本でも経済産業省がこのサービスの普及に取り組んでいるといいます。

そのページには「現金商売である飲食業では、ファクタリングが使えないことも多い」とも書かれていました。たしかにわれわれの仕事は売掛金が発生しにくいので、それも自然なこと。弊社は飲食業しか手掛けていないので、とても不安になりました。しかし幸いなことに、カード売上の多いうちの店には売掛金が110万円あったのです。これさえあれば、月末を乗り切れる。そう思った私は、すぐに窓口に問い合わせました。

——問い合わせをしてみて、どのように感じましたか?

偏見かもしれませんが、こういう問い合わせ窓口っていわゆる“怖い人”が出てきそうで不安だったんです(笑)。でも実際に対応してくれた担当者は、誠実で優しい雰囲気の方でした。申込手続きも簡単で、通帳のコピーやクレジットカードの伝票控えなど、手元にある書類で十分。すぐに資金が必要だったので、スピーディーにやりとりを進められたことにも安心しました。

ファクタリングなら、必要なときに必要な金額のみ調達できる

——窓口の担当者からは、具体的にはどのようなアドバイスがあったのでしょうか?

これはたまたま担当者の方がよかったのかもしれませんが、審査時に有利になる申込書の書き方までレクチャーしてもらえたんです。本当に親身になってくれているのだなあと感じて、うれしくなりましたね。申込から2日後、無事に資金が振り込まれました。従業員はもちろん、いつもお世話になっている業者さんからの信頼も失わずに済んで、ホッとしました。

——ファクタリングの一番のメリットはどんなところだと思われますか。

なんと言っても、必要なときに必要な金額のみを調達できるところですね。われわれのように月々の売上が変動しやすいビジネスにはもってこい。無駄な利息が発生することもありません。資金繰りに悩むことがなくなった分、経営に集中できるようになり、従業員教育にもしっかりと時間を取るようになりました。

今では必要があるごとにファクタリングを利用しており、担当者の方との信頼関係もできてきたように思います。数十万円という少額でも利用できるのも、助かりますね。資金繰りの相談を気軽にできるところがあるというのは、経営者にとって非常にありがたいもの。これからも上手に付き合っていきたいと思っています。

あなたの資金繰り状況にあった【診断書】を受け取る

無料3秒診断

オペレーターによる電話診断を希望される方はこちら!
資金調達に関する事ならお任せください

調達希望金額
調達希望日

人気キーワード

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
f_ranking_top_list
case
columns
partner
company_compare
column
company
interview_category
tinymcetemplates
middle_category
acf-field
acf-field-group
資産調達事例