1. ホーム
  2. 資金調達コラム一覧
  3. 流動資産・流動負債
  4. 買掛金回転期間の基礎知識

買掛金回転期間の基礎知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿日:2019年03月11日

企業の経営者や個人事業主など、経理にかかわるような人であれば誰しも、会社の資金調達に頭を悩ませたことがあるでしょう。売掛金や買掛金の状況を整理することも含めて財政状態を健全化し、キャッシュの量を常に把握するように努めることは、資金繰りをショートさせないためにも非常に重要です。 こちらでは財政状態の把握のための一歩として、特に買掛金に関する回転期間についての基本的な知識をお伝えします。

買掛金回転期間の基礎知識

買掛金回転期間と買掛(仕入)債務回転期間の概要

買掛金回転期間は、買掛金を支払うために何日分の売り上げが必要になるのかを示す指標です。

買掛金というのは、他社からの仕入れなどで生じた債務のことですので、この回転期間を求めることで負債自体の大きさの妥当性を見ることができます。

 

また、買掛債務回転期間という指標もあります。

これは仕入れに伴う債務が、最終的にどの位の期間かかって支払われているのかを示します。

買掛金回転期間と言葉上は似ているのですが、異なる指標ですので注意が必要です。

さらに、仕入債務回転期間と呼ばれることもあり、他の回転期間と組み合わせて分析に用いられることが多い指標です。

 

その他に、売上債権回転期間や棚卸資産回転期間も、財政状態をみる際にはよく使われます。

売上債権回転期間は、自社が保有している売上債権を回収するために、平均してどの位の期間がかかっているかを表します。

売掛金と受取手形を合計した金額を売上高で割って求めます。

 

棚卸資産回転期間というのは、製品・商品・材料・部品など、棚卸された資産が在庫としてどの位の間残っているのかを示すものです。

棚卸資産高を売上高で割った数値を見て、適正な状態かどうかを判断します。

この数値が大きいと、在庫管理コストの増加を招くことや資金の停滞を意味することになります。

一方で数値が小さいと、在庫が少なくて販売チャンスを逃す可能性があるということもいえます。

回転期間を分析すると企業の財務状況が分かる

前項に挙げたようなさまざまな回転期間を計算することは、企業の財務状況を判断するための手法の1つです。

この分析を行うことによって、資産や負債の金額がその企業において妥当かどうかが分かります。

また例えば、仕入から支払手形を振り出すまでにどの位かかっていて、それが現金化されて支払い完了となるまでにどの程度を要しているのかなど、資金の効率性や流動性を判断する際にも重要な指標となります。

買掛金回転期間と買掛債務回転期間の計算方法

買掛金回転期間と買掛債務回転期間、それぞれの計算方法について説明します。

買掛金回転期間

買掛金回転期間は「買掛金の金額÷売上高×365(日)」で算出します。

例えば買掛金の金額が1000万円、売上高が年間2千400万円とすると、買掛金回転期間は15日間であることが分かります。

計算式の365を12に変えると月数が分かります。

この例の場合は、0.5という結果になり買掛金回転期間は半月となります。

 

買掛金回転期間が短いということは、売り上げによる回収が早くなされているということを意味します。

この背後には、単純に売上高の増加など嬉しい原因が存在しているケースもありますが、買掛金側に何らかの要因があることもありますので、大きな数値変化がある時には注意深く理由を考える必要があります。

買掛債務回転期間

買掛債務回転期間は「買掛債務の合計額÷年間仕入高×365」で算出します。

買掛債務の合計額は「買掛金+支払手形-前渡金」で計算します。

買掛金回転期間と同様、計算式の365を12に変えると、日数ではなく月数が求められます。

 

算出された買掛債務回転期間が長い場合には、債務を支払うまでに時間がかかっているということですから、それだけ資金繰りに余裕ができるということを意味します。

短期化する、長期化するなどの変化があった場合は、原因を調べて必要であれば対策を行いましょう。

 

ちなみに、買掛債務回転期間の計算式における分母として、年間仕入高ではなく年間売上高が用いられることもあります。

この場合は、売掛金回転期間と同様、返済するために何日分の売上が必要かを確認できます。

買掛債務回転期間で財務を分析する時に注意するべきこと

買掛債務回転期間を計算して財政状態を分析する際には、注意点もあります。

それは、近年特に支払い手段や経営手法が多様化してきたこともあり、数字の大小だけで一概に良い悪いを判断することはできないという点です。

買掛債務回転期間の数値が大きい時には、債務の支払いに時間がかかっているということを表すため、資金繰りとしては余裕があって良い状態とみられることが一般的です。

 

しかし例えば、買掛債務回転期間が短い場合、実際に自社の信用力の低下が原因で早期決済を求められているケースもあるかもしれませんが、早期支払いを条件とした値引き仕入れを目的としているケースも多くあります。

また、買掛債務回転期間が長い場合には、交渉による支払い条件の変更をしたケースもあるかもしれませんが、支払先に対して支払手形の期日を延長している可能性もあります。

支払手形の期日延長をしている場合は、かなり注意が必要な状態といえるため、回転期間が長いからと安心はできないのです。

 

計算結果を分析する際には数値の大小だけではなく、他の期間や同じ業種の他企業などと比較しながら、その数値の裏にある要因を多角的に判断することが大切になります。

買掛金回転期間や買掛債務回転期間などを計算し回転期間分析を行うことで、経営に問題がないか判断することができます。

比較した期間で数値にばらつきがあったり、大きく増減していたりするなどの時には、原因についてよく考えることが必要です。

結果として問題が見つかったら、早い段階で対策を立てるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合わせて読みたい記事

資金調達ランキング

  • 日本中小企業金融サポート機構

    手数料 2社間10~15%
    3社間1~9%
    対応スピード 最短即日
    取り扱いサービス 全般
    営業時間 9:30~19:00
    必要書類 お客様情報シートと売掛先情報(当社規定)
    売掛金の入金が確認出来る通帳のコピー3ヵ月分(表紙付)
    契約書、請求書、領収書 etc
    身分証明書(免許証、パスポートなど)
    特徴 ・完全非対面による郵送ファクタリング
    ・BtoBシエン独自のファクタリングサービスで最短当日お振込み

    企業詳細へ

  • 株式会社ビートレーディング

    手数料 2社間平均10%前後、
    3社間平均 5%前後
    対応スピード 最短12時間
    取り扱いサービス

    全般

    営業時間

    9:30~19:00

    必要書類

    本査定申込書
    通帳のコピー(表紙付3ヶ月分)
    契約書、請求書、領収書 etc

    特徴

    ・全国各地16,000社以上の豊富な 買取実績
    ・専任の担当者による迅速・丁寧な対応

    企業詳細へ

  • MentorCapital

    手数料 2社間 10%~不明
    3社間 3%~不明
    対応スピード 最短即日
    取り扱いサービス

    2社間
    3社間

    営業時間 9:30~18:30(平日)
    必要書類

    商業登記簿謄本と印鑑証明書
    決算書や確定申告書のような会社の業績が確認できる資料
    売掛先企業との基本契約書
    契約書や発注書、納品書、請求書など
    過去の入金の確認ができる通帳

    特徴

    ・幅広い業種に対応可能
    ・赤字決済、債務超過などにも柔軟対応

    企業詳細へ

  • ipgファイナンシャルソリューションズ

    実施年率 7.8%~18.0%
    限度額 1万円〜500万
    融資スピード 即日
    個人事業主の利用 不可
    特徴 ・実店舗がなくWEB上での申込のみ可能
    ・カード発行不要で利用可能

    企業詳細へ

  • 株式会社ユニーファイナンス

    実施年率 12.00%~17.95%
    限度額 ~200万円(ビジネスローン)
    100万円~1000万円(スーパービジネスローン)
    融資スピード 平日PM2:00までに審査完了された
    お客様は新規の場合を除き当日中
    個人事業主の利用 不可
    特徴 ・プロミスATMでご利用可能
    ・スーパービジネスローンの場合に担保・保証人が必要

    企業詳細へ

  • 株式会社トライフィナンシャルサービス

    実施年率 6.8%~12.65%
    限度額 300万円~5,000万円
    融資スピード 審査状況によって異なるが、
    即日での融資実行が可能な場合がある
    個人事業主の利用 可能
    特徴 ・担保・保証人不要で5,000万円まで融資可能
    ・返済回数最大360回

    企業詳細へ

  • 株式会社セントラル

    実施年率 4.80%~18.0%
    限度額 300万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 当社ご利用限度額が50万円超、
    または他社を含めた借入総額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要
    特徴 ・女性オペレーターが対応する女性専用のプランがある
    ・平日14時までのお申し込みで即日振込が可能

    企業詳細へ

  • フタバ株式会社

    実施年率 14.96%~17.95%
    限度額 10万円~50万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 借入額が50万円を超える場合に必要
    特徴 ・郵送物なし、カードレスのWEB完結でご利用可能
    ・ポイントサービスの利用で一定期間無利息で借入可能

    企業詳細へ

  • アイフル株式会社

    実施年率 3.0%~18.0%
    限度額 1万円~800万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 必要な場合もあり
    特徴 ・21時までのお手続き完了で当日融資可能
    ・楽天銀行口座をお持ちの場合24時間振込可能

    企業詳細へ