1. ホーム
  2. 資金調達コラム一覧
  3. 流動資産・流動負債
  4. 売掛金が完成工事未収入金?間違えたくない建設業での勘定科目を解説

売掛金が完成工事未収入金?間違えたくない建設業での勘定科目を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿日:2019年03月13日

正しく会計処理を行うことは、会社の経営における基本であり、非常に重要です。建設業における会計基準や勘定科目には、一般的な会計とは少し異なる特殊なものが用いられています。そのため一般的な経理業務に慣れている人でも、建設業の会計に携わると戸惑うことが多いようです。ここでは、建設業で使われている勘定科目などについて解説します。

売掛金が完成工事未収入金?間違えたくない建設業での勘定科目を解説

建設業会計が特殊な理由

建設業会計が特殊であることには、この業界ならではの事情が関係しています。

建設業では、工事の開始(受注)から終了(納品)に至るまでの期間が、製造業などと比べても長期間にわたるケースが多くあります。そして、納品するまでには、経費として多額の材料費や人件費が発生します。そのような状況でも受注業者が注文者から代金を受け取るのは、基本的には工事が完成して納品に至った時点です。

一般的な会計で、受注業者が売上を計上するのは、納品が完了して代金を受け取った時ですが、これをそのまま建設業の場合に採用すると、受注してから売上を計上するまでに数年間かかるというケースも出てきてしまいます。

そうなると受注業者は、ある決算日の時点において、かかった費用に対してどの程度の売り上げがあり利益が出ているのか、あるいは赤字になっているのか、判断することが難しくなってしまうのです。

このような理由から、建設業の場合には期間損益計算を行うことが認められています。

建設業会計の特有の勘定科目とは

期間損益計算とは、工事が完成途中であっても決算日に売り上げを計上し、利益などを計算することです。また、この考え方を、工事進行基準と呼びます。一方、工事が完成した時に売り上げを計上し利益を計算する場合は、工事完成基準といいます。

建設業の行う工事であれば、どのようなものでも工事進行基準が認められているわけではありません。工事進行基準による会計が認められるのは、工事の進捗した部分について「成果の確実性」が認められる場合のみとされています。
この「成果の確実性」というのは、工事による収益の総額、原価の総額、決算日における工事の進捗度の3つの要素について、信頼性をもって見積もることができることをいいます。これが満たされない場合には、工事進行基準ではなく工事完成基準が採用されます。

また、工期が短い契約の場合にも、工事進行基準が採用される必要性は薄くなることから、工事完成基準が適用されます。

このように建設業には、他の業種とは異なる「工事契約に関する会計基準」というものがあり、ケースによって適した基準が採用されています。他に、用いられる仕訳や勘定科目にも他業種との違いがあります。

売掛金は完成工事未収入金! 建設業会計の勘定科目

建設業会計における特殊な勘定科目について紹介します。

損益計算書における建設業会計の勘定科目

建設業会計における損益計算書には「完成工事高」「完成工事原価」「完成工事総利益」という勘定科目があります。これはそれぞれ、一般的な会計でいうところの「売上高」「売上原価」「売上総利益」と同じような意味を表します。但し、用いられている会計基準によって考え方に少し違いがありますので、注意が必要です。

例えば、工事完成基準を用いていた場合の「完成工事高」は、「契約した工事が全て完成して、引き渡しについても完了した金額」を表します。しかし、工事進行基準の場合には、「全工程のうち、期中に完成した工事部分に関してのみ」の数字になります。「完成工事原価」と「完成工事総利益」についても同様の考え方です。

貸借対照表における建設業会計の勘定科目

貸借対照表においては、「完成工事未収入金」、「工事未払金」、「未成工事支出金」、そして「未成工事受入金」という勘定科目があります。

「完成工事未収入金」というのは、一般会計における売掛金とほぼ同じものです。「当期に工事が完成しているが、代金の入金は翌期」というものについて使います。資産の欄に計上します。

「工事未払金」は、買掛金とほぼ同じ意味です。「当期に工事に関する費用が発生しているが、そのお金の支払いは翌期」のものについて使います。工事に関する費用というのは、材消費や賃金、外注費などです。負債の欄に計上します。

「未成工事支出金」は、一般会計における仕掛品に該当します。「当期に工事に関する費用が発生しているが、それに対応した工事の完成品の引き渡しは翌期」の際に使います。

発生した費用をそのまま損益計算書に計上すると、売上の計上は翌期になるため、費用と売上の対応関係が崩れてしまいます。そのため「未成工事支出金」として、とりあえず資産に計上します。そして、翌期に売上を計上した時に、「未成工事支出金」を費用に振替えます。

「未成工事受入金」は、前受金に該当します。「当期に工事に関する手付金や中間金を受け取っているが、完成品の引き渡しは翌期」という時に使います。未だ完成していないものについて、先に代金を受け取っていますので、この科目は貸借対照表上の負債の欄に計上します。

紹介したように、建設業においては特有の勘定科目が使われています。それぞれの意味や使い方についてしっかりと理解し、計算を行いましょう。利益率や資金の量を正しく把握することができるようになり、経営体質の改善にもつながります。また、どうしても分かりにくい場合は、税理士などの専門家に相談するのも一つの方法です。

建設業界のファクタリング活用事例はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合わせて読みたい記事

資金調達企業比較

ファクタリング企業比較

    • 株式会社ビートレーディング

      手数料 対応
      スピード
      取り扱い
      サービス
      営業時間 必要書類
      手数料

      2社間平均10%前後

      3社間平均 5%前後
      対応
      スピード
      最短12時間
      取り扱い
      サービス
      全般
      営業時間9:30~19:00 必要書類本査定申込書
      通帳のコピー(表紙付3ヶ月分)
      契約書、請求書、領収書 etc
      特徴
      ・全国各地16,000社以上の豊富な買取実績
      ・専任の担当者による迅速・丁寧な対応

    • 一般社団法人日本中小企業金融サポート機構

      手数料 対応
      スピード
      取り扱い
      サービス
      営業時間 必要書類
      手数料2社間10~15%
      3社間1~9%
      対応
      スピード
      最短
      即日
      取り扱い
      サービス
      全般
      営業時間9:30~19:00 必要書類お客様情報シートと売掛先情報(当社規定)
      売掛金の入金が確認出来る通帳のコピー3ヵ月分(表紙付)
      契約書、請求書、領収書 etc
      身分証明書(免許証、パスポートなど)
      特徴
      ・完全非対面による郵送ファクタリング
      ・非営利活動団体として信頼できるサポート

  • 買いとるぞう

    手数料 対応
    スピード
    取り扱い
    サービス
    営業時間 必要書類
    手数料2社間12%前後
    3社間7%前後
    対応
    サービス
    最短
    即日
    取り扱い
    サービス
    2社間
    3社間
    営業時間9:30~19:00 必要書類ラクラク無料査定申込書
    契約書、請求書、領収書 etc
    取引先からの入金が確認できる通帳のコピー
    特徴
    ・締め日前の債権でも買取可能
    ・契約前の面談不要

ビジネスローン企業比較

    • ipgファイナンシャルソリューションズ

      実施年率 限度額 融資スピード 個人事業主の利用
      実施年率7.8%~18.0% 限度額1万円〜500万 融資スピード即日 個人事業主の利用可能
      特徴
      ・実店舗がなくWEB上での申込のみ可能
      ・カード発行不要で利用可能

    • 株式会社ユニーファイナンス

      実施年率 限度額 融資スピード 個人事業主の利用
      実施年率12.00%~17.95% 限度額~200万円(ビジネスローン)
      100万円~1000万円(スーパービジネスローン)
      融資スピード平日PM2:00までに審査完了された
      お客様は新規の場合を除き当日中
      個人事業主の利用不可
      特徴
      ・プロミスATMでご利用可能
      ・スーパービジネスローンの場合に担保・保証人が必要

  • 株式会社トライフィナンシャルサービス

    実施年率 限度額 融資スピード 個人事業主の利用
    実施年率6.8%~12.65% 限度額300万円~5,000万円 融資スピード審査状況によって異なるが、
    即日での融資実行が可能な場合がある
    個人事業主の利用可能
    特徴
    ・担保・保証人不要で5,000万円まで融資可能
    ・返済回数最大360回

カードローン企業比較

    • 株式会社セントラル

      実施年率 限度額 融資スピード 収入証明書
      実施年率4.80%~18.0% 限度額300万円 融資スピード最短即日 収入証明書当社ご利用限度額が50万円超、
      または他社を含めた借入総額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要
      特徴
      ・女性オペレーターが対応する女性専用のプランがある
      ・平日14時までのお申し込みで即日振込が可能

    • フタバ株式会社

      実施年率 限度額 融資スピード 収入証明書
      実施年率14.96%~17.95% 限度額10万円~50万円 融資スピード最短即日 収入証明書借入額が50万円を超える場合に必要
      特徴
      ・郵送物なし、カードレスのWEB完結でご利用可能
      ・ポイントサービスの利用で一定期間無利息で借入可能

  • アイフル株式会社

    実施年率 限度額 融資スピード 収入証明書
    実施年率3.0%~18.0% 限度額1万円~800万円
    融資スピード最短即日 収入証明書必要な場合もあり
    特徴
    ・21時までのお手続き完了で当日融資可能
    ・楽天銀行口座をお持ちの場合24時間振込可能
あなたの資金繰り状況にあった【診断書】を受け取る

無料3秒診断

オペレーターによる電話診断を希望される方はこちら!
資金調達に関する事ならお任せください

調達希望金額
調達希望日

人気キーワード

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
f_ranking_top_list
case
columns
partner
company_compare
column
company
interview_category
tinymcetemplates
middle_category
acf-field
acf-field-group
資産調達事例