1. ホーム
  2. 資金調達コラム一覧
  3. ファクタリング
  4. ファクタリングと手形の違い

ファクタリングと手形の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿日:2019年03月08日

売掛金を早期に現金化する手段としては主に手形とファクタリングの2種類があります。 目的が同じであるために両者は混同されがちですが、実際は全く異なるものです。ただ、具体的に何が異なるのかがよく分からないという人も多いのではないでしょうか。 そこで、ファクタリングと手形の違いについて解説をしていきます。

ファクタリングと手形の違い

手形割引は受取手形を担保にした融資

そもそも手形とは何かというと、一定の資格や権利を有することを証明する書面のことです。

そのため、昔は旅をする権利を保証する書面のことを通行手形と呼んでいました。

しかし、現代では「代金をいつまでに支払います」と記した約束手形のことを手形と称するのが一般的です。

例えば、A社が商品を製造するためにB社から原料を購入したいけれど、手元に現金がない場合などに約束手形がよく用いられます。

B社に約束手形を渡して支払いを待ってもらい、製造した商品を販売して得た利益によって約束の期日までに代金を支払うというわけです。

ちなみに、このときB社が受け取った手形を受取手形といいます。

ただ、B社もお金の支払いを待っていると資金繰りに困ってしまう場合があります。

その際には、銀行などの金融機関で受取手形を換金することが可能です。

金融機関側からすると、受取手形を担保にしてB社にお金を融資した形になります。

これを手形割引といい、受取手形を早期現金化する有力な手段の一つになっています。

ファクタリングは売掛債権の売却による資金調達法

金融機関で受取手形を換金する手形割引に対し、ファクタリングは売掛金を請求する権利を意味する売掛債権を金融機関や民間系のファクタリング会社に売却することで資金を得る方法です。

仮に、A社がB社から6月1日に1000万円の原料を購入し、その代金を8月1日に支払う約束になっていたとします。

ところが、B社は手元に現金がないのにもかかわらず、どうしても7月15日までに1000万円近いお金を入金しなければならない事態が起きたとしましょう。

そのような場合は、B社は8月1日に支払いを受け取る権利をファクタリング会社に売却することで1000万円から手数料を引いた金額を受け取ることができるのです。

ちなみに、ファクタリングには大きく分けて2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2つのタイプがあります。

2社間ファクタリングの場合は最初にB社が1000万円から手数料を引いた金額をファクタリング会社から受け取り、入金に当てます。

そして、8月1日になるとA社から1000万円を回収し、それをそのままファクタリング会社に渡すのです。

この場合、売掛債権を売却したという事実が表面化しないため、A社からの信頼を失わずにすみます。

一方、3社間ファクタリングの場合はB社がA社に売掛債権を売却した事実を通知した上でファクタリング会社に回収を行ってもらいます。

A社からの信頼は失われますが、2社間ファクタリングより手数料が安くなるのが利点です。

なぜ、利息が安くなるかというと、ファクタリング会社からすると直接回収ができるため、回収リスクが低減するからです。

手形とファクタリングのメリット・デメリット

手形割引とファクタリングを比較した場合、まず、共通するメリットとして挙げられるのが両者とも売掛金の支払い期日前にそれを現金化できるという点です。

したがって、急に現金が必要になった場合は共に有効な手段ということになります。

一方で、手形割引もファクタリングも現金化するのに手数料がかかるというのが共通のデメリットです。

ただし、手数料がいくらになるかはその手段によって変わってきます。

手形割引の場合は1.5~5.5%程度が相場です。

基本的に都市銀行が最も安く、地方銀行・信用金庫・信用組合の順に高くなっていきます。

それに対して、ファクタリングは2社間ファクタリングを選択すると手数料の相場は10~30%と高くなりますが、3社間ファクタリングなら1~9%程度に抑えることが可能です。

しかし、手形割引とファクタリングの最大の違いは現金化した売掛金を返却する必要があるかどうかです。

手形割引は受取手形を担保にした融資という形をとっています。

そのため、手形割引によって得たお金は期日までに返却しなければなりません。

通常であれば、期日までに受取手形が現金になるので問題はないはずです。

ところが、もし、その手形が不渡りになった場合は担保が無効となり、別の方法でお金を返却しなくてはならなくなってしまいます。

その点、ファクタリングなら心配は不要です。

たとえ、売掛金が破綻してもすでに売掛債権ごと売却しているため、その後、売掛金がどうなろうとこちらには無関係だからです。

また、手形割引は融資と同等の扱いになるので審査もそれなりに厳しくなりますが、ファクタリングは銀行に融資を断られるような状況でも審査を通りやすいというメリットがあります。

しかも、審査結果が出るのが早いため、緊急性が高いときなどには非常に便利です。

ファクタリングは手形割引に比べてリスクが少なく、スムーズな現金化が可能です。どちらかを利用するというのなら、ファクタリングの方がメリットは大きいといえるでしょう。したがって、資金繰りに悩んだときはまず、ファクタリングの契約を検討してみてはいかがでしょうか。

ファクタリング企業一覧はこちら

ファクタリング企業比較はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合わせて読みたい記事

資金調達ランキング

  • 日本中小企業金融サポート機構

    手数料 2社間10~15%
    3社間1~9%
    対応スピード 最短即日
    取り扱いサービス 全般
    営業時間 9:30~19:00
    必要書類 お客様情報シートと売掛先情報(当社規定)
    売掛金の入金が確認出来る通帳のコピー3ヵ月分(表紙付)
    契約書、請求書、領収書 etc
    身分証明書(免許証、パスポートなど)
    特徴 ・完全非対面による郵送ファクタリング
    ・BtoBシエン独自のファクタリングサービスで最短当日お振込み

    企業詳細へ

  • 株式会社ビートレーディング

    手数料 2社間平均10%前後、
    3社間平均 5%前後
    対応スピード 最短12時間
    取り扱いサービス

    全般

    営業時間

    9:30~19:00

    必要書類

    本査定申込書
    通帳のコピー(表紙付3ヶ月分)
    契約書、請求書、領収書 etc

    特徴

    ・全国各地16,000社以上の豊富な 買取実績
    ・専任の担当者による迅速・丁寧な対応

    企業詳細へ

  • MentorCapital

    手数料 2社間 10%~不明
    3社間 3%~不明
    対応スピード 最短即日
    取り扱いサービス

    2社間
    3社間

    営業時間 9:30~18:30(平日)
    必要書類

    商業登記簿謄本と印鑑証明書
    決算書や確定申告書のような会社の業績が確認できる資料
    売掛先企業との基本契約書
    契約書や発注書、納品書、請求書など
    過去の入金の確認ができる通帳

    特徴

    ・幅広い業種に対応可能
    ・赤字決済、債務超過などにも柔軟対応

    企業詳細へ

  • ipgファイナンシャルソリューションズ

    実施年率 7.8%~18.0%
    限度額 1万円〜500万
    融資スピード 即日
    個人事業主の利用 不可
    特徴 ・実店舗がなくWEB上での申込のみ可能
    ・カード発行不要で利用可能

    企業詳細へ

  • 株式会社ユニーファイナンス

    実施年率 12.00%~17.95%
    限度額 ~200万円(ビジネスローン)
    100万円~1000万円(スーパービジネスローン)
    融資スピード 平日PM2:00までに審査完了された
    お客様は新規の場合を除き当日中
    個人事業主の利用 不可
    特徴 ・プロミスATMでご利用可能
    ・スーパービジネスローンの場合に担保・保証人が必要

    企業詳細へ

  • 株式会社トライフィナンシャルサービス

    実施年率 6.8%~12.65%
    限度額 300万円~5,000万円
    融資スピード 審査状況によって異なるが、
    即日での融資実行が可能な場合がある
    個人事業主の利用 可能
    特徴 ・担保・保証人不要で5,000万円まで融資可能
    ・返済回数最大360回

    企業詳細へ

  • 株式会社セントラル

    実施年率 4.80%~18.0%
    限度額 300万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 当社ご利用限度額が50万円超、
    または他社を含めた借入総額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要
    特徴 ・女性オペレーターが対応する女性専用のプランがある
    ・平日14時までのお申し込みで即日振込が可能

    企業詳細へ

  • フタバ株式会社

    実施年率 14.96%~17.95%
    限度額 10万円~50万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 借入額が50万円を超える場合に必要
    特徴 ・郵送物なし、カードレスのWEB完結でご利用可能
    ・ポイントサービスの利用で一定期間無利息で借入可能

    企業詳細へ

  • アイフル株式会社

    実施年率 3.0%~18.0%
    限度額 1万円~800万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 必要な場合もあり
    特徴 ・21時までのお手続き完了で当日融資可能
    ・楽天銀行口座をお持ちの場合24時間振込可能

    企業詳細へ