1. ホーム
  2. 資金調達コラム一覧
  3. 金融機関からの借入
  4. 協調融資の特徴とメリット・デメリット

協調融資の特徴とメリット・デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

規模の大きなビジネスをしたいが融資に応じてくれる金融機関がいないという状況で、利用したいのが協調融資です。通常の融資よりも多額のお金を調達することができます。今回はその協調融資の仕組みとメリット・デメリットについて説明します。

協調融資の特徴とメリット・デメリット

協調融資の特徴

協調融資とは銀行など複数の金融機関が協調して協調融資団を結成し、各金融機関が協議して作成した融資契約書に基づいて実行される融資です。複数の金融機関が共同で貸し付けを行うことからシンジゲートローンとも呼ばれています。

その形態は大きく3つに分かれているのが特徴で、その1つが「コミットメントライン」です。これは金融機関と協議して決めた融資の上限額や期間内ならば、任意に融資を受けることができるというものです。プロジェクトを運営するための資金を調達するときや急いで資金を集めなければいけないときなどに利用されています。

2つ目は「タームローン」です。こちらは契約書を交わして行われる融資であり、長期的な運営資金を得たい場合や設備投資のための資金を集めるなどの目的で使用されます。

3つ目は「コミット型タームローン」です。コミットメントラインと同じく融資枠や期限を定めるのですが、期限を長く設定して長期的な資金を入手するためによく用いられます。

どのようなときに協調融資が適しているのか

協調融資を受けるためにはいくつかの手順を踏むことになります。最初に行うことは「アレンジャーとなる金融機関の認定」です。アレンジャーとは協調融資を取りまとめるリーダーみたいなものであり、協調融資はこのアレンジャーが主導となって運営されます。協調融資がうまくいくかどうかはこのアレンジャーの手腕にかかっているので、慎重に選ぶようにしてください。

次に行うことは「融資案件の作成」です。協調融資団と企業が結ぶ契約条件の大まかな内容の決定や、共同で融資をしてくれる金融機関の募集や選定を行います。基本的にこの作業はアレンジャーに認定した金融機関が主導となって実施されます。

最後は「契約の締結」です。アレンジャーが中心となって各金融機関と協議し、作成された契約書に対して、企業側の代表者が署名捺印します。これにより協調融資が受けられるようになります。

協調融資で資金調達するメリット

協調融資には通常の融資にはないさまざまなメリットがあります。その1つが「借りられる金額が大きい」ということです。金融機関側からすると融資金額が大きくなるほど、得られる利益は大きくなるのですが、同時に融資の焦げ付きなどによるリスクも大きくなります。そのため金融機関1社だけだと、大型の融資はなかなか受理してくれません。

これに対して協調融資の場合は複数の金融機関が共同でお金を出すため、1社あたりの出資額が少なくなり、焦げ付いたときのリスクを抑えることができます。1社あたりの出資学は少なくても、総額にすると金額が大きくなるのが協調融資の特徴ともいえるでしょう。

2つ目のメリットは「返済が簡単になる」ということです。複数の金融機関から融資を受けていた場合、返済日が異なっていることが多く「今週はこちらの金融機関で返済して、来週はあちらの金融機関の融資を返済する」など返済の手続きが面倒になることが多いです。協調融資の場合は複数の金融機関から融資を受けていますがアレンジャーが取りまとめているので、アレンジャーが指定した口座にお金を振り込むだけなど返済方法が簡単になります。返済がシンプルになると、それだけ社員の負担が少なくなるのが重要なポイントです。

3つ目のメリットは「取引条件を統一できる」ことです。個別に金融機関と融資の契約をすると返済日だけでなく金利もバラバラになることが多く、返済先が増えるほどに返済額の計算が面倒になっていきます。協調融資ならば金利も統一することができるので、月々の返済金額を簡単に計算することができ、資金調達の見通しも簡単になります。

協調融資で資金調達するデメリット

さまざまなメリットがある協調融資ですが、逆にデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。
1つ目のデメリットは「アレンジャーへの手数料が発生する」ことです。アレンジャーとなった金融機関は融資を実現するために他の金融機関を募集したり契約内容をまとめたりとさまざまなことを行います。協調融資ではそうした特別な仕事をしたアレンジャーに対しては融資の返済だけでなく特別に手数料も支払うことになります。一般的に融資の金額が増えるほどに手数料も増えることになるので、契約を締結する前に手数料の金額などについても確認するようにしましょう。

デメリットの2つ目は「金利の引き上げリスクが比較的大きい」ということです。複数の金融機関から個別に融資を受けていた場合、1社が金利を引き上げたとしても、他の金融機関からの金利を引き下げるなどすればフォローすることができます。ですが、協調融資の場合は扱う金額が多いことから金利の引き上げが発生すると、企業の運営に支障が出るぐらい大きな影響を受けることになります。

協調融資は複数の金融機関から一括で融資を受けることができるため、新規事業や大きなプロジェクトを立ち上げたいときなど、多額の借り入れが必要なときに適した融資方法といえます。もしも「多額の融資を受けたいけれど金融機関が認めてくれない」などの状況に直面したら、今回紹介した協調融資を金融機関に提案してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合わせて読みたい記事

資金調達企業比較

ファクタリング企業比較

    • 株式会社ビートレーディング

      手数料 対応
      スピード
      取り扱い
      サービス
      営業時間 必要書類
      手数料

      2社間平均10%前後

      3社間平均 5%前後
      対応
      スピード
      最短12時間
      取り扱い
      サービス
      全般
      営業時間9:30~19:00 必要書類本査定申込書
      通帳のコピー(表紙付3ヶ月分)
      契約書、請求書、領収書 etc
      特徴
      ・全国各地16,000社以上の豊富な買取実績
      ・専任の担当者による迅速・丁寧な対応

    • 一般社団法人日本中小企業金融サポート機構

      手数料 対応
      スピード
      取り扱い
      サービス
      営業時間 必要書類
      手数料2社間10~15%
      3社間1~9%
      対応
      スピード
      最短
      即日
      取り扱い
      サービス
      全般
      営業時間9:30~19:00 必要書類お客様情報シートと売掛先情報(当社規定)
      売掛金の入金が確認出来る通帳のコピー3ヵ月分(表紙付)
      契約書、請求書、領収書 etc
      身分証明書(免許証、パスポートなど)
      特徴
      ・完全非対面による郵送ファクタリング
      ・非営利活動団体として信頼できるサポート

  • 買いとるぞう

    手数料 対応
    スピード
    取り扱い
    サービス
    営業時間 必要書類
    手数料2社間12%前後
    3社間7%前後
    対応
    サービス
    最短
    即日
    取り扱い
    サービス
    2社間
    3社間
    営業時間9:30~19:00 必要書類ラクラク無料査定申込書
    契約書、請求書、領収書 etc
    取引先からの入金が確認できる通帳のコピー
    特徴
    ・締め日前の債権でも買取可能
    ・契約前の面談不要

ビジネスローン企業比較

    • ipgファイナンシャルソリューションズ

      実施年率 限度額 融資スピード 個人事業主の利用
      実施年率7.8%~18.0% 限度額1万円〜500万 融資スピード即日 個人事業主の利用可能
      特徴
      ・実店舗がなくWEB上での申込のみ可能
      ・カード発行不要で利用可能

    • 株式会社ユニーファイナンス

      実施年率 限度額 融資スピード 個人事業主の利用
      実施年率12.00%~17.95% 限度額~200万円(ビジネスローン)
      100万円~1000万円(スーパービジネスローン)
      融資スピード平日PM2:00までに審査完了された
      お客様は新規の場合を除き当日中
      個人事業主の利用不可
      特徴
      ・プロミスATMでご利用可能
      ・スーパービジネスローンの場合に担保・保証人が必要

  • 株式会社トライフィナンシャルサービス

    実施年率 限度額 融資スピード 個人事業主の利用
    実施年率6.8%~12.65% 限度額300万円~5,000万円 融資スピード審査状況によって異なるが、
    即日での融資実行が可能な場合がある
    個人事業主の利用可能
    特徴
    ・担保・保証人不要で5,000万円まで融資可能
    ・返済回数最大360回

カードローン企業比較

    • 株式会社セントラル

      実施年率 限度額 融資スピード 収入証明書
      実施年率4.80%~18.0% 限度額300万円 融資スピード最短即日 収入証明書当社ご利用限度額が50万円超、
      または他社を含めた借入総額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要
      特徴
      ・女性オペレーターが対応する女性専用のプランがある
      ・平日14時までのお申し込みで即日振込が可能

    • フタバ株式会社

      実施年率 限度額 融資スピード 収入証明書
      実施年率14.96%~17.95% 限度額10万円~50万円 融資スピード最短即日 収入証明書借入額が50万円を超える場合に必要
      特徴
      ・郵送物なし、カードレスのWEB完結でご利用可能
      ・ポイントサービスの利用で一定期間無利息で借入可能

  • アイフル株式会社

    実施年率 限度額 融資スピード 収入証明書
    実施年率3.0%~18.0% 限度額1万円~800万円
    融資スピード最短即日 収入証明書必要な場合もあり
    特徴
    ・21時までのお手続き完了で当日融資可能
    ・楽天銀行口座をお持ちの場合24時間振込可能
あなたの資金繰り状況にあった【診断書】を受け取る

無料3秒診断

オペレーターによる電話診断を希望される方はこちら!
資金調達に関する事ならお任せください

調達希望金額
調達希望日

人気キーワード

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
f_ranking_top_list
case
columns
partner
company_compare
column
company
interview_category
tinymcetemplates
middle_category
acf-field
acf-field-group
資産調達事例