1. ホーム
  2. 資金調達コラム一覧
  3. 助成金・補助金
  4. 新規事業の展開に助成金を活用するときのポイント

新規事業の展開に助成金を活用するときのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿日:2019年04月25日

国や自治体から交付され、新規事業の展開に活用できる補助金または助成金。興味はあるけれど、実際に利用したことがあるという企業はかなり少ないのが現状です。補助金・助成金を上手に活用するには何から始めて、どのようなことを知っておくべきなのか、押さえておくべきポイントをお教えします。

新規事業の展開に助成金を活用するときのポイント

何から始めれば良い? 補助金・助成金を活用するために必要なこと

まずはどのような補助金・助成金があるかの情報収集からです。

補助金は主に経済産業省が交付するもので、創業支援や設備投資に対する支援を望むなら経産省(中小企業庁)の補助金がメインになるでしょう。一方、助成金は主に厚生労働省が交付しています。雇用の安定や職場環境改善に関する支援が欲しいなら、厚労省の助成金をメインに探してみましょう。ほかに各都道府県や民間企業が提供する補助金・助成金もあります。

なお、補助金は一般的に受給要件を満たした上で審査を受ける必要があり、助成金は要件を満たせば誰でも受給できます。

補助金も助成金も、今はインターネットでどのようなものがあるのかを調べることができます。ただ、省庁による説明は内容が膨大だったり複雑だったりして、理解するだけでも大変ということもよくあります。

中小企業庁からの委託により運営されている「ミラサポ」は中小企業・小規模事業者とその支援を行う支援機関、専門家を対象としたサイトです。補助金について調べられるほか、補助金音エントリーもできるので利用してみると良いでしょう。

ほかにも民間の補助金・助成金ポータルサイトやマッチングサービス、コンサルティング会社などもあります。セミナーに参加してみるのも役立つ情報が得られるはずです。

助成金を活用するメリット

そもそも補助金・助成金を利用することには、次のようなメリットがあります。
補助金・助成金は、融資とは違って、返済する義務はありません。融資は「借りるお金」であり、補助金・助成金は「もらえるお金」だからです。

また、返済の必要がないため自己資金に組み込めるのもメリットです。自己資金が増えれば銀行からの資金調達にもプラス材料となります。国や自治体から補助金・助成金を得られたということは一定の受給要件をクリアしていることの証でもあり、優良企業との評価にもつながります。

押さえておきたい補助金・助成金

補助金も助成金も非常にたくさんの種類があります。経済産業省と地方自治体の補助金制度は合わせて3,000種類以上、厚労省の助成金制度は50種類前後あるといわれています。

その中でも押さえておきたいものを挙げるとすれば、まず補助金では「創業・事業継続補助金」があります。創業補助金は新たに創業する者に対し、創業などに必要な経費の一部を給付する補助金、事業継続補助金は経営革新や事業転換などの新たな取り組みをしようとする中小企業に、その取り組みに要する経費の一部を給付する補助金です。

また、「ものづくり補助金」も人気があります。これは中小企業・小規模事業者の生産性向上のための設備投資などを支援する補助金です。製造業、建設業・運輸業、卸売業、小売業、ソフトウェア業または情報処理サービス業、サービス業などさまざまな業種の企業が利用可能です。

助成金では「キャリアアップ助成金」が利用しやすいでしょう。非正規社員の正社員化、賃金規定の改定、健康診断制度の導入などに取り組み、非正規雇用労働者の地位や処遇の向上などを行った事業主に対して支給される助成金です。

補助金・助成金を活用する際の注意点

補助金・助成金を得るのは簡単なことではありません。融資を申し込むよりも申請のための手続きは複雑なことが多く、受給要件も厳しい傾向があります。申請書を作成するには独特のコツのようなものがあり、時間と労力がかかります。

助成金は設定された要件を満たせば誰でも受給できますが、補助金の場合はそこからさらに審査があります。

さらに、申請から受給まで時間がかかるのもデメリットでしょう。補助金も助成金も基本的に後払いなので、すべての手続きを終え、あるいは審査で採択されたとしてもすぐにお金がもらえるわけではないことにも注意しておきましょう。

新規事業のために補助金・助成金を活用するときのポイント

上でも触れた通り、補助金・助成金は原則として後払いです。設備の費用の一部が助成される場合、実際にお金が手元に届くのは設備を購入・導入して申請した通りの事業を実施した後になります。

そのため、補助金・助成金の給付が決まったら、まずは設備を購入するための費用が必要です。もしもそのための資金を捻出するのが難しい場合は、売掛金をファクタリング会社に買取ってもらうファクタリングなどを活用すると良いでしょう。

以上、助成金の活用について説明してきました。ご自身の会社で受給できる助成金がないかどうか情報集から始めてみてください。また、助成金受給前の資金調達の手段としては、売掛金を早期現金化できるファクタリングがお薦めです。

ファクタリング企業一覧はこちら

ファクタリング企業比較はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合わせて読みたい記事

資金調達企業比較

ファクタリング企業比較

    • 株式会社ビートレーディング

      手数料 対応
      スピード
      取り扱い
      サービス
      営業時間 必要書類
      手数料

      2社間平均10%前後

      3社間平均 5%前後
      対応
      スピード
      最短12時間
      取り扱い
      サービス
      全般
      営業時間9:30~19:00 必要書類本査定申込書
      通帳のコピー(表紙付3ヶ月分)
      契約書、請求書、領収書 etc
      特徴
      ・全国各地16,000社以上の豊富な買取実績
      ・専任の担当者による迅速・丁寧な対応

    • 一般社団法人日本中小企業金融サポート機構

      手数料 対応
      スピード
      取り扱い
      サービス
      営業時間 必要書類
      手数料2社間10~15%
      3社間1~9%
      対応
      スピード
      最短
      即日
      取り扱い
      サービス
      全般
      営業時間9:30~19:00 必要書類お客様情報シートと売掛先情報(当社規定)
      売掛金の入金が確認出来る通帳のコピー3ヵ月分(表紙付)
      契約書、請求書、領収書 etc
      身分証明書(免許証、パスポートなど)
      特徴
      ・完全非対面による郵送ファクタリング
      ・非営利活動団体として信頼できるサポート

  • 買いとるぞう

    手数料 対応
    スピード
    取り扱い
    サービス
    営業時間 必要書類
    手数料2社間12%前後
    3社間7%前後
    対応
    サービス
    最短
    即日
    取り扱い
    サービス
    2社間
    3社間
    営業時間9:30~19:00 必要書類ラクラク無料査定申込書
    契約書、請求書、領収書 etc
    取引先からの入金が確認できる通帳のコピー
    特徴
    ・締め日前の債権でも買取可能
    ・契約前の面談不要

ビジネスローン企業比較

    • ipgファイナンシャルソリューションズ

      実施年率 限度額 融資スピード 個人事業主の利用
      実施年率7.8%~18.0% 限度額1万円〜500万 融資スピード即日 個人事業主の利用可能
      特徴
      ・実店舗がなくWEB上での申込のみ可能
      ・カード発行不要で利用可能

    • 株式会社ユニーファイナンス

      実施年率 限度額 融資スピード 個人事業主の利用
      実施年率12.00%~17.95% 限度額~200万円(ビジネスローン)
      100万円~1000万円(スーパービジネスローン)
      融資スピード平日PM2:00までに審査完了された
      お客様は新規の場合を除き当日中
      個人事業主の利用不可
      特徴
      ・プロミスATMでご利用可能
      ・スーパービジネスローンの場合に担保・保証人が必要

  • 株式会社トライフィナンシャルサービス

    実施年率 限度額 融資スピード 個人事業主の利用
    実施年率6.8%~12.65% 限度額300万円~5,000万円 融資スピード審査状況によって異なるが、
    即日での融資実行が可能な場合がある
    個人事業主の利用可能
    特徴
    ・担保・保証人不要で5,000万円まで融資可能
    ・返済回数最大360回

カードローン企業比較

    • 株式会社セントラル

      実施年率 限度額 融資スピード 収入証明書
      実施年率4.80%~18.0% 限度額300万円 融資スピード最短即日 収入証明書当社ご利用限度額が50万円超、
      または他社を含めた借入総額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要
      特徴
      ・女性オペレーターが対応する女性専用のプランがある
      ・平日14時までのお申し込みで即日振込が可能

    • フタバ株式会社

      実施年率 限度額 融資スピード 収入証明書
      実施年率14.96%~17.95% 限度額10万円~50万円 融資スピード最短即日 収入証明書借入額が50万円を超える場合に必要
      特徴
      ・郵送物なし、カードレスのWEB完結でご利用可能
      ・ポイントサービスの利用で一定期間無利息で借入可能

  • アイフル株式会社

    実施年率 限度額 融資スピード 収入証明書
    実施年率3.0%~18.0% 限度額1万円~800万円
    融資スピード最短即日 収入証明書必要な場合もあり
    特徴
    ・21時までのお手続き完了で当日融資可能
    ・楽天銀行口座をお持ちの場合24時間振込可能
あなたの資金繰り状況にあった【診断書】を受け取る

無料3秒診断

オペレーターによる電話診断を希望される方はこちら!
資金調達に関する事ならお任せください

調達希望金額
調達希望日

人気キーワード

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
f_ranking_top_list
case
columns
partner
company_compare
column
company
interview_category
tinymcetemplates
middle_category
acf-field
acf-field-group
資産調達事例