1. ホーム
  2. 資金調達コラム一覧
  3. 税金ノウハウ
  4. 建設機械の導入時に利用できる優遇税制とは

建設機械の導入時に利用できる優遇税制とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿日:2019年03月20日

企業を経営する上では、さまざまな費用が掛かります。中でも、設備を導入する際には莫大な費用が掛かることとなり、企業規模のあまり大きくない中小企業にとっては非常に大きな負担となるでしょう。建設機械の導入時に利用できるさまざまな優遇制度、特に税制の優遇制度について紹介します。

建設機械の導入時に利用できる優遇税制とは

優遇税制とは

税制優遇制度とは、ある特定の要件を見たいしている団体や組織、あるいは個人などに対して、通常とは異なる措置がなされることです。

優遇税制とは、この優遇制度が税制措置においてなされたものであり、社会福祉法人などにおいてよく優遇されています。

優遇税制は、企業活動においても導入されており、特に中小企業や小規模事業者では、法人税の税率が大企業などに比べて軽減されていることがよく知られているでしょう。

この他にも、中小企業・小規模事業者に向けて、その企業活動を支援するために、さまざまな優遇税制が備えられています。

どのような税金に対して、どのような優遇措置が取られているか、どのような要件を満たせば受けることができるかは、それぞれ異なります。

中小企業に対して行われる優遇税制の多くは、設備投資に対して行われるものが多いです。

特定の設備、建設機械を導入するなどという要件を満たした場合に、設備に対する特別償却や特別控除、税額控除を受けることができます。

建設機械の購入で使える優遇税制

中小企業・小規模事業者に対して行われる優遇税制の多くは、設備投資を行った際になされるものが数多くあります。

建設機械の購入に使える優遇税制の中で、平成19年度中であれば活用できる制度としては、中小企業等経営強化税制や中小企業投資促進税制をあげることが可能です。

中小企業投資促進税制とは、建設機械をはじめとしてソフトウェアや器具備品、工具などにおいて160万円以上の機械の設置などの設備投資を行った際に活用できる優遇税制です。

取得価格の30パーセントの特別償却を受けることができます。

また、資本金が3,000万円以下の法人の場合は、取得価格の7パーセントの税額控除を選択することもできます。

 

一方、中小企業等経営強化税制とは、中小企業投資促進税制を受けている企業や商業・サービス業・農林水産業などの対象となる事業を行っている中小企業が、経営力向上計画を作成し、それに基づいて器械設置などに設備投資した際に受けられる優遇税制です。

取得価格の100パーセントの特別償却か取得価格の7パーセントの税額控除を受けることができ、資本金が3,000万円以下の法人ならば取得価格の10パーセントの税額控除を選択することもできます。

これらの優遇税制を受けるためには、単に建設機械を導入しているだけでは受けることはできません。

いずれの制度も青色申告をしている法人・個人事業主が対象となります。

また、どのような設備に対する投資なのかは細かく定められているので、要件をしっかり確認することが必要です。

なお、中小企業とは資本金が1億円以下の法人、または資本金がなく従業員数が1,000人以下の法人で、大規模法人に経営を支配されていない企業のことです。

さまざまな優遇制度があるので、期間終了後に自社が利用できる税制がないか情報に気を付けておき積極的に利用することが勧められます。

優遇税制利用の流れ

優遇税制制度の利用は、対象になれば自動的にできるわけではありません。

必ず、年度末に行われる確定申告において、必要書類を企業の在籍している自治体の役所に提出して手続きをしなければ、税制優遇を活用することはできない仕組みになっています。

また、単に確定申告をするだけでも申請が受理されず、対象設備を購入した段階からしっかりと準備することが必要です。

建設機械などの設備を購入したことによって、優遇税制を受けるためには、必ず証明書が必要となります。

そして、証明書は、対象設備を購入した販売店店舗でしか入手することはできません。

設備購入を決定したのならば、購入した店舗で税制措置を受けるための証明書を発行してもらえるように依頼します。

販売店店舗が、日本建設機械工業会に確認・発行の依頼をして、およそ2~3週間ほどで証明書が発行されるでしょう。

申請する優遇税制を選択し、確定申告時に必要書類に証明書を添付して提出します。

これで申請は完了するので、特別不備がなければ受理されて終了です。

建設機械の導入時に優遇税制を利用するメリットと注意点

優遇税制は、対象企業にとって大きなメリットともなりますが、どのような場合でも建設機械を導入すれば優遇税制を受けられるわけではなく、いくつかの注意点もあるので、あらかじめ了承しておかなければなりません。

建設機械の導入に優遇税制を利用する最大のメリットは、やはり税負担を軽減できるということです。

高額な設備を購入すれば、それだけで費用負担が大きくのしかかります。

加えて、税負担がかかれば、資本金の少ない中小企業では資金繰りが苦しくなるでしょう。

そのような負担を軽減することができれば、資金面で大きなメリットとなります。

注意点としては、建設機械の導入といっても、すべての設備導入で受けることができる制度というわけではないということです。

建設機械でも、中古やレンタル、旧モデルの建設機械では適応されないケースもあるので、購入前にあらかじめ対象となるのかどうかを確認することが勧められます。

建設業にオススメの資金調達方法

中小企業に対しては、設備投資の際に、さまざまな税制優遇がありますが、いつであっても受けることができるわけではありません。

期間が終了してしまったり、そもそも購入するための初期費用がなかったりする場合もあるでしょう。

そのような場合は、資金調達の方法としてファクタリングを利用するという方法もあります。

ファクタリングとは、売掛債権(商品・サービス提供時に、その売却代金を請求できる権利)を入金する前に譲渡して、現金化するという資金調達方法のことです。

売掛債権が入金されるまでには、いくらかの期間が設けられます。

その期間が過ぎる前に、第三者に売却して資金調達をすることであり、売掛金の手数料が若干減ってしまうというデメリットはありますが、早い場合には即日の現金化も可能で、資金繰りが早く改善できるという点がメリットとなります。

支払いサイトが長く資金繰りが過酷な建設業の資金調達には、ファクタリングは向いているといえるでしょう。

 

建設機械の購入時には、優遇税制を利用すれば特別償却や税額控除が受けられます。

さまざまな優遇税制があり、何らかの優遇税制が終了しても新たな税制が設けられる可能性がありますので情報を集めてみましょう。

ファクタリング企業一覧はこちら

ファクタリング企業比較はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合わせて読みたい記事

資金調達ランキング

  • 株式会社ビートレーディング

    手数料 2社間平均10%前後、
    3社間平均 5%前後
    対応スピード 最短12時間
    取り扱いサービス 全般
    営業時間 9:30~19:00
    必要書類 本査定申込書
    通帳のコピー(表紙付3ヶ月分)
    契約書、請求書、領収書 etc
    特徴 ・全国各地16,000社以上の豊富な 買取実績
    ・専任の担当者による迅速・丁寧な対応

    企業詳細へ

  • OLTA

    手数料 手数料2 - 9%
    対応スピード 最短即日
    取り扱いサービス OLTAクラウドファクタリング
    営業時間

    24時間

    ※電話受付:10:00~18:00

    必要書類

    1. 代表者様の本人確認書類

    2. 売却する対象の請求書

    3. 直近7カ月の入出金明細

    4. 昨年度の決算書

    特徴 ・ネットで完結!紙の書類・面談も不要
    ・ユーザー様のリピート率80%超!

    企業詳細へ

  • 三共サービス

    手数料 2社間 5%~10%
    3社間 1.5%~8%
    対応スピード 最短1日
    取り扱いサービス 全般
    営業時間 9:00~19:00
    必要書類

    身分証明書
    会社謄本
    決算書(直近2期分)
    売掛先への請求書
    契約書、請求書、領収書 etc
    入出金の通帳・当座勘定表
    小切手帳・手形帳
    納税証明書

    印鑑証明
    社判・実印 

    特徴 ・最低手数料1.5%~の低価格設定
    ・2001年設立の安心の実績

    企業詳細へ

  • ipgファイナンシャルソリューションズ

    実施年率 7.8%~18.0%
    限度額 1万円〜500万
    融資スピード 即日
    個人事業主の利用 不可
    特徴 ・実店舗がなくWEB上での申込のみ可能
    ・カード発行不要で利用可能

    企業詳細へ

  • 株式会社ユニーファイナンス

    実施年率 12.00%~17.95%
    限度額 ~200万円(ビジネスローン)
    100万円~1000万円(スーパービジネスローン)
    融資スピード 平日PM2:00までに審査完了された
    お客様は新規の場合を除き当日中
    個人事業主の利用 不可
    特徴 ・プロミスATMでご利用可能
    ・スーパービジネスローンの場合に担保・保証人が必要

    企業詳細へ

  • 株式会社トライフィナンシャルサービス

    実施年率 6.8%~12.65%
    限度額 300万円~5,000万円
    融資スピード 審査状況によって異なるが、
    即日での融資実行が可能な場合がある
    個人事業主の利用 可能
    特徴 ・担保・保証人不要で5,000万円まで融資可能
    ・返済回数最大360回

    企業詳細へ

  • 株式会社セントラル

    実施年率 4.80%~18.0%
    限度額 300万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 当社ご利用限度額が50万円超、
    または他社を含めた借入総額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要
    特徴 ・女性オペレーターが対応する女性専用のプランがある
    ・平日14時までのお申し込みで即日振込が可能

    企業詳細へ

  • フタバ株式会社

    実施年率 14.96%~17.95%
    限度額 10万円~50万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 借入額が50万円を超える場合に必要
    特徴 ・郵送物なし、カードレスのWEB完結でご利用可能
    ・ポイントサービスの利用で一定期間無利息で借入可能

    企業詳細へ

  • アイフル株式会社

    実施年率 3.0%~18.0%
    限度額 1万円~800万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 必要な場合もあり
    特徴 ・21時までのお手続き完了で当日融資可能
    ・楽天銀行口座をお持ちの場合24時間振込可能

    企業詳細へ