1. ホーム
  2. 資金調達コラム一覧
  3. 税金ノウハウ
  4. 医療法人との違いは? MS法人のメリット・デメリット

医療法人との違いは? MS法人のメリット・デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿日:2019年03月20日

開業医などが節税するために法人化することがありますが、MS法人というのも節税の1つです。MS法人にすることによりどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。今回の記事ではMS法人についてご紹介します。

医療法人との違いは? MS法人のメリット・デメリット

MS法人とは

MS法人(メディカルサービス法人)とは、法律により定められた法人格ではありません。

株式会社などの法人が医療系サービスを事業として行う際に使われる名称であるため、便宜的にMS法人と呼ばれます。

また、法律により定められていないため、医療法においては営利法人業務を行うことはできませんが、都道府県による認可や指導を受けないことが特徴です。

このMS法人単独では医療行為を行うことができないため、医療法人の理事や関係者が密接にかかわることで運営がなされます。

MS法人と医療法人の違い

では、MS法人と医療法人ではどういった点が異なるのでしょうか。

まず、医療法人は医療行為を行える法人格です。

公益性が高く、営利目的を否定するもので、医療法に基づいた特別な法人です。

そのため、医療機器の販売やリース、病院や医院を不動産として賃貸に出す、レセプト請求などの会計業務など営利目的とされる行為を行うことができません

一方で、MS法人は利益を追求する会社法に基づいた法人であるため、営利目的の行為ができます。

したがって、医療機器の販売やリースはもちろん、会計業務や備品類の管理・販売、金融機関から資金を調達することが可能です。

また、医療品となる材料の仕入れや在庫の管理などもMS法人が行います。

院内で食べられる給食業務もMS法人でないと受託できません。

病医院との取引を行う際には、薬事法や薬機法、医療法により規制されていない行為か注意を払う必要があります。

MS法人はこのような業務を医療法人から受注し、業務委託の形で請け負うことになります。

つまり、MS法人へ業務委託をすることにより、病医院としては経費、MS法人としては収入になります。

開業医などの個人クリニックでMS法人を設立し、病医院長がMS法人の役員となると給与所得控除を受けることができ、節税を行うことができます。

さらには、家族や親族を役員とすることにより節税の幅が広がります。

MS法人のメリット・デメリット

まず、MS法人のメリットとして病院や医院にも所得がありますが、そこで得た収益をMS法人に分散することにより、節税効果が期待されます。

また、家族や親族などを従業員にし、給与などを支払うことが可能です。

医療法人では禁止されている株主配当もMS法人では認められているため、利益の分配が可能となるため株による資金繰りを行えます。

さらには、病院の土地や建物などの不動産を分配することができるため、生前から相続対策ができます。

医療行為以外の営利目的で収益をあげることも可能となり、また医療業務とその他業務を区分し効率的な経営が可能となります。

特に、資金繰りに関しては、MS法人にすることにより大きなメリットを得られます。

医療法人だけでは診療報酬債権が中心となりますが、この診療報酬は請求を行ってから支払いを受けるまで何カ月もかかります。

そのため、MS法人を併用することで社債の発行や株の発行、金融機関からの借入などを行うことができます。

また、早期に資金が必要な場合ファクタリングを利用することで、最短で即日現金化ができるということもメリットです。

もちろん、メリットだけではなくデメリットもあります。

MS法人は会社法により設営されているため、納税義務者となってしまい、税負担があります。

また、都道府県の認可は必要ありませんが、医療法人とMS法人間の取引が公正なものであるかということが必要となってきます。

そのため、取引が合理的でないあるいは妥当性がないと判断される場合、税務調査で否定されてしまう可能性が少なくありません。

人員も割かなければならないため、人件費や運営コストが増え結果として見かけ上の収益が減少する場合もあり、結果として節税にならないこともあります。

2つの法人間で取引を行うため、契約書の作成が必要になるなど事務手続きが煩雑化します。

MS法人を設立すべきか迷ったら専門家に相談しよう

MS法人を設立したからといって、すべての場合で節税などの対策ができるというわけではありません。

デメリットでもある課税対象者となること、人件費や運営コストがかかるということから税金やコストが増えるという事例もあります。

また、利益を求めない医療法人と利益を求めるMS法人は利益相反のため避けるべきとされています。

そのため、税理士などの専門家に相談を行い、運営コストや節税のシミュレーションで判断することが大切だとされています。

顧問税理士からMS法人を勧められた時も、何人かの専門家から見解を得て、慎重に判断するほうが無難でしょう。

MS法人は医療法人と併設されることにより、医療業務以外の業務を行うことができる会社法に基づく法人です。

節税効果を得ることができますが、場合によっては人件費やコストが節税以上にかかることもあります。

設立する場合は、なるべく複数人の専門家に相談し、計画的に行うことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合わせて読みたい記事

資金調達ランキング

  • 株式会社ビートレーディング

    手数料 2社間平均10%前後、
    3社間平均 5%前後
    対応スピード 最短12時間
    取り扱いサービス 全般
    営業時間 9:30~19:00
    必要書類 本査定申込書
    通帳のコピー(表紙付3ヶ月分)
    契約書、請求書、領収書 etc
    特徴 ・全国各地16,000社以上の豊富な 買取実績
    ・専任の担当者による迅速・丁寧な対応

    企業詳細へ

  • OLTA

    手数料 手数料2 - 9%
    対応スピード 最短即日
    取り扱いサービス OLTAクラウドファクタリング
    営業時間

    24時間

    ※電話受付:10:00~18:00

    必要書類

    1. 代表者様の本人確認書類

    2. 売却する対象の請求書

    3. 直近7カ月の入出金明細

    4. 昨年度の決算書

    特徴 ・ネットで完結!紙の書類・面談も不要
    ・ユーザー様のリピート率80%超!

    企業詳細へ

  • 三共サービス

    手数料 2社間 5%~10%
    3社間 1.5%~8%
    対応スピード 最短1日
    取り扱いサービス 全般
    営業時間 9:00~19:00
    必要書類

    身分証明書
    会社謄本
    決算書(直近2期分)
    売掛先への請求書
    契約書、請求書、領収書 etc
    入出金の通帳・当座勘定表
    小切手帳・手形帳
    納税証明書

    印鑑証明
    社判・実印 

    特徴 ・最低手数料1.5%~の低価格設定
    ・2001年設立の安心の実績

    企業詳細へ

  • ipgファイナンシャルソリューションズ

    実施年率 7.8%~18.0%
    限度額 1万円〜500万
    融資スピード 即日
    個人事業主の利用 不可
    特徴 ・実店舗がなくWEB上での申込のみ可能
    ・カード発行不要で利用可能

    企業詳細へ

  • 株式会社ユニーファイナンス

    実施年率 12.00%~17.95%
    限度額 ~200万円(ビジネスローン)
    100万円~1000万円(スーパービジネスローン)
    融資スピード 平日PM2:00までに審査完了された
    お客様は新規の場合を除き当日中
    個人事業主の利用 不可
    特徴 ・プロミスATMでご利用可能
    ・スーパービジネスローンの場合に担保・保証人が必要

    企業詳細へ

  • 株式会社トライフィナンシャルサービス

    実施年率 6.8%~12.65%
    限度額 300万円~5,000万円
    融資スピード 審査状況によって異なるが、
    即日での融資実行が可能な場合がある
    個人事業主の利用 可能
    特徴 ・担保・保証人不要で5,000万円まで融資可能
    ・返済回数最大360回

    企業詳細へ

  • 株式会社セントラル

    実施年率 4.80%~18.0%
    限度額 300万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 当社ご利用限度額が50万円超、
    または他社を含めた借入総額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要
    特徴 ・女性オペレーターが対応する女性専用のプランがある
    ・平日14時までのお申し込みで即日振込が可能

    企業詳細へ

  • フタバ株式会社

    実施年率 14.96%~17.95%
    限度額 10万円~50万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 借入額が50万円を超える場合に必要
    特徴 ・郵送物なし、カードレスのWEB完結でご利用可能
    ・ポイントサービスの利用で一定期間無利息で借入可能

    企業詳細へ

  • アイフル株式会社

    実施年率 3.0%~18.0%
    限度額 1万円~800万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 必要な場合もあり
    特徴 ・21時までのお手続き完了で当日融資可能
    ・楽天銀行口座をお持ちの場合24時間振込可能

    企業詳細へ