1. ホーム
  2. 資金調達コラム一覧
  3. ベンチャーキャピタル
  4. ベンチャーキャピタルで資金調達をするコツ

ベンチャーキャピタルで資金調達をするコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿日:2019年04月25日

ベンチャーキャピタルによる資金調達は数億円という規模での資金を得ることが可能です。では、どのようにすればそのような多額の出資を引き出せるのでしょうか。ベンチャーキャピタルを活用する際に知っておくべきコツについて解説します。

ベンチャーキャピタルで資金調達をするコツ

ベンチャーキャピタルで資金調達するのに向いている企業

ベンチャーキャピタルを活用した資金調達には、そもそも向いている企業と向いていない企業とがあります。まず、上場を目指している未上場の企業が向いています。なぜならベンチャーキャピタルの目的は、未上場時に株式を引き受けることなどによって投資を行い、上場後などに株式を売却することで、キャピタルゲインを獲得したり事業を売却して利益を得たりすることにあるためです。

また、革新的なIT技術を持っている、競争力の高い商品を生み出す素養があるなど、ベンチャーキャピタルにとって魅力的な企業、将来の大きなリターンを見込める企業であることも条件となります。ベンチャーという名が付いていることから想像できるように、ベンチャーキャピタルは新しいビジネスを展開しようとしているベンチャー企業と親和性の高い存在です。

業種はIT、製造業、バイオなどが代表的です。ただ、ベンチャーキャピタルは銀行系ベンチャーキャピタル、証券会社系ベンチャーキャピタル、事業会社系ベンチャーキャピタル、独立系ベンチャーキャピタルに分類でき、それぞれに投資対象となる業種が異なるため、その範囲は意外に幅広いといえます。

また、ベンチャーキャピタルが出資しやすいのは、シード期やアーリー期よりももう少しステージが進み、ビジネスモデルが出来上がってこれから市場を拡大するという時期の企業です。ある程度、安定した売上が確保されていて、これからその売上を一気に拡大させていくために資金が必要な時期・状態であることが理想とされます。

ほかには、投資先企業の経営陣のクオリティーの高さも求められます。ベンチャーキャピタルは投資先企業に対して経営コンサルティング的なサポートやコミットも行いますが、それを受けて着実に成果を上げられるような経営手腕を持つ人材が揃ってるかどうかが重視されます。

ベンチャーキャピタルで資金調達するのに向いていない企業

衣料品や飲食などのリアル店舗、あるいは昔から存在していて新規参入が難しくないビジネスはベンチャーキャピタルによる資金調達には向いていないといえます。これらの経営ノウハウが確立されている業種・企業はハイリスク・ハイリターンを狙うベンチャーキャピタルによる出資よりも、銀行などによる資金調達(融資)の方が親和性は高いでしょう。

ベンチャーキャピタルで資金調達するコツ

ベンチャーキャピタルで資金調達するには事業計画書が仔細かつ綿密に書かれていることが求められます。事業計画書のストーリーは、まず自分たちの企業は何を目指す組織なのかというビジョンを掲げ、具体的にユーザーが抱えるどのような課題を解決するのか、どんなニーズに応えるのかを明確に示し、目標達成・課題解決のためにどんなソリューションや強みを持っているのかを示す必要があります。

事業計画書を書くコツ

実際に事業計画書を書く際は、特に以下のような項目について自社の優位性をアピールしましょう。

成長性

最も重要な訴求ポイントとなるのが成長性です。ビジョンを掲げると同時にデータなどを駆使して成長が見込める根拠を示し、それをどのように実現させていくかという成長戦略を伝える必要があります。すでにある程度のステージに進んでいる会社であれば、KPI(重要業績評価指標)などの定量的な指標を示すのも有効でしょう。アーリーステージのスタートアップなら数年先までの事業展開ステップを提示し、競合・類似企業の例を引くなどしてポテンシャルを具体的にイメージできるように伝えたいところです。

優位性

競合分析とポジショニング定義を行い、自社が市場においてどのような優位性を発揮できるかを示します。差別化ポイントとそのための戦略を構築して提示することも重要です。また適切で現実的な市場規模を算定し、どの程度のシェアが見込めるのかをデータとともに示します。

計画性

成長性と優位性を裏付けるための数値計画を用意します。ビジネスモデルに応じた利用者数、顧客転換率、継続率などの数値を挙げて、数年分の事業収支のシミュレーション結果を示すなどの方法があるでしょう。

戦略

プロダクト戦略、マーケティング戦略、販売戦略などの戦略も不可欠です。とくに成長を加速させるための戦略になっているかどうかが問われます。

実績

現段階までに積み上げてきた実績も当然、アピール材料になります。とくにミドルステージ以降はKPIなどによる業績評価を示すのが効果的です。ただしそれも今後の成長性につながる実績であるか、資金を得ることでどこまでビジネスを拡大できるのかという点が明確であるほど、ベンチャーキャピタルに対する訴求力を持つはずです。

ベンチャーキャピタルから資金調達を受けるのにもコツが必要です。事業計画書を通じてツボを押さえたプレゼンテーションをしましょう。また、企業の資金調達の手段としては売掛金を売却するファクタリングを利用するのも有効です。

ファクタリング企業一覧はこちら

ファクタリング企業比較はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合わせて読みたい記事

資金調達ランキング

  • 日本中小企業金融サポート機構

    手数料 2社間10~15%
    3社間1~9%
    対応スピード 最短即日
    取り扱いサービス 全般
    営業時間 9:30~19:00
    必要書類 お客様情報シートと売掛先情報(当社規定)
    売掛金の入金が確認出来る通帳のコピー3ヵ月分(表紙付)
    契約書、請求書、領収書 etc
    身分証明書(免許証、パスポートなど)
    特徴 ・完全非対面による郵送ファクタリング
    ・BtoBシエン独自のファクタリングサービスで最短当日お振込み

    企業詳細へ

  • 株式会社ビートレーディング

    手数料 2社間平均10%前後、
    3社間平均 5%前後
    対応スピード 最短12時間
    取り扱いサービス

    全般

    営業時間

    9:30~19:00

    必要書類

    本査定申込書
    通帳のコピー(表紙付3ヶ月分)
    契約書、請求書、領収書 etc

    特徴

    ・全国各地16,000社以上の豊富な 買取実績
    ・専任の担当者による迅速・丁寧な対応

    企業詳細へ

  • MentorCapital

    手数料 2社間 10%~不明
    3社間 3%~不明
    対応スピード 最短即日
    取り扱いサービス

    2社間
    3社間

    営業時間 9:30~18:30(平日)
    必要書類

    商業登記簿謄本と印鑑証明書
    決算書や確定申告書のような会社の業績が確認できる資料
    売掛先企業との基本契約書
    契約書や発注書、納品書、請求書など
    過去の入金の確認ができる通帳

    特徴

    ・幅広い業種に対応可能
    ・赤字決済、債務超過などにも柔軟対応

    企業詳細へ

  • ipgファイナンシャルソリューションズ

    実施年率 7.8%~18.0%
    限度額 1万円〜500万
    融資スピード 即日
    個人事業主の利用 不可
    特徴 ・実店舗がなくWEB上での申込のみ可能
    ・カード発行不要で利用可能

    企業詳細へ

  • 株式会社ユニーファイナンス

    実施年率 12.00%~17.95%
    限度額 ~200万円(ビジネスローン)
    100万円~1000万円(スーパービジネスローン)
    融資スピード 平日PM2:00までに審査完了された
    お客様は新規の場合を除き当日中
    個人事業主の利用 不可
    特徴 ・プロミスATMでご利用可能
    ・スーパービジネスローンの場合に担保・保証人が必要

    企業詳細へ

  • 株式会社トライフィナンシャルサービス

    実施年率 6.8%~12.65%
    限度額 300万円~5,000万円
    融資スピード 審査状況によって異なるが、
    即日での融資実行が可能な場合がある
    個人事業主の利用 可能
    特徴 ・担保・保証人不要で5,000万円まで融資可能
    ・返済回数最大360回

    企業詳細へ

  • 株式会社セントラル

    実施年率 4.80%~18.0%
    限度額 300万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 当社ご利用限度額が50万円超、
    または他社を含めた借入総額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要
    特徴 ・女性オペレーターが対応する女性専用のプランがある
    ・平日14時までのお申し込みで即日振込が可能

    企業詳細へ

  • フタバ株式会社

    実施年率 14.96%~17.95%
    限度額 10万円~50万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 借入額が50万円を超える場合に必要
    特徴 ・郵送物なし、カードレスのWEB完結でご利用可能
    ・ポイントサービスの利用で一定期間無利息で借入可能

    企業詳細へ

  • アイフル株式会社

    実施年率 3.0%~18.0%
    限度額 1万円~800万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 必要な場合もあり
    特徴 ・21時までのお手続き完了で当日融資可能
    ・楽天銀行口座をお持ちの場合24時間振込可能

    企業詳細へ