1. ホーム
  2. 資金調達コラム一覧
  3. ベンチャーキャピタル
  4. どちらで資金調達すべき?ベンチャーキャピタル(VC)とファンドの違い

どちらで資金調達すべき?ベンチャーキャピタル(VC)とファンドの違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿日:2019年03月11日

企業の経営者が頭を悩ませることの1つが、資金調達に関することではないでしょうか。金融機関からの融資を受けるなど方法はいろいろとありますが、ベンチャーキャピタル(VC)や投資ファンドから資金提供を受けるという選択肢もあります。 ベンチャーキャピタル(VC)と投資ファンドの違いについて説明します。 企業の経営者が頭を悩ませることの1つが、資金調達に関することではないでしょうか。金融機関からの融資を受けるなど方法はいろいろとありますが、ベンチャーキャピタル(VC)や投資ファンドから資金提供を受けるという選択肢もあります。 ベンチャーキャピタル(VC)と投資ファンドの違いについて説明します。

どちらで資金調達すべき?ベンチャーキャピタル(VC)とファンドの違い

投資ファンドとは

投資ファンドとは、投資家から資金を集めて投資先に投資し、上がった配当や売却益などのリターンを投資家に分配する仕組みや、それを行う企業のことを指します。

投資先として上場企業や新興市場など、さまざまな企業が対象となり得ます。

また、どのような商品を対象とするかによって、投資ファンドはいくつかの種類に分類されます。

公開株式や公社債に投資を行うのは、伝統的運用ファンドやヘッジファンドです。

不良債権に投資するファンドは、ディストレスファンドや再生ファンドと呼ばれます。

未公開株式に投資を行うファンドは、再生ファンドやバイアウトファンド、ベンチャーキャピタルなどです。

不動産業界に投資するファンドは、不動産ファンドに分類されます。

不良債権や未公開株式に対して投資を行うファンドは、一括りに、プライベートエクイティファンド(PE)と呼ばれることがあります。

この、プライベートエクイティファンドは、市場にまだ受け入れられていないような事業や、資本主義市場の自然な働きに運営を任せることができないような企業に対して、市場とは異なる観点から投資を行うファンドのことです。

投資対象の企業とパートナーシップのような関係を結んだ上で、経営における意思決定に深く関与し、企業の価値を高めていきます。

ディストレスファンド、再生ファンド、バイアウトファンドやベンチャーキャピタルなどの分類は、投資対象となる企業がそれぞれどのようなタイプかによって区別されます。

ディストレスファンドは、破綻企業が投資対象です。

不良債権や社債を安値で買い取り、債務整理後に影響力を行使し利益を得ようとします。

再生ファンドは、経営が不振の企業に投資を行います。

ディストレスファンドとは異なり、再生の可能性がある企業が対象です。

バイアウトファンドは、ある程度創業から期間が経ち、成熟してきた企業を対象に投資を行います。

多数の株式を取得することによって、経営に関与する権利を手に入れて、企業価値を高めた後に売却して利益を得ようとします。

ベンチャーキャピタルは、立ち上げ間もない創業期のベンチャー企業の情報を集め、投資先に決めた会社に出資し支援します。

会社の経営に深くかかわり、株式の上場などを通して企業価値を創造してから、充分に株の価格が上昇したところで売却し、利益を得ようとします。

ベンチャーキャピタル(VC)と投資ファンドの違い

ベンチャーキャピタル(VC)は、株式が未公開のベンチャー企業が主な対象です。

投資ラウンドの考え方に基づいて、スタートアップ時に投資を行い、IPO(新規公開株)で利益を得ようとします。

自社が利益を得るために、経営に対し影響力を行使して、対象企業の業績向上を目指します。

最終的には株式を上場し、その株価が充分に上昇したところで対象企業との関係を解消します。

自身は株式の売却によって利益を得た後、また新たな投資先を探します。

必ずしも対象企業の株式が上場にまで至るわけではなく、非常にリスクが高いですが、期待通りに株式上場できれば、投資額の何十倍ものリターンを得られる可能性のある投資手法です。

一方の投資ファンドは、基本的には、株式上場済みである成熟した企業を対象とします。

短い期間で株の売買を行うよりは、どちらかというと中長期的な視点に基づく投資手法が採られており、企業買収など、バイアウトによって利益を得る傾向があります。

ただし、プライベートエクイティファンドの箇所で述べたように、ファンドの中にもベンチャーキャピタルの手法や方針を採っているものがあります。

その場合には、投資ファンドかベンチャーキャピタルかで、ほとんど違いはありません。

ベンチャーキャピタル(VC)とファンドのどちらで資金調達をすべきか

実際に資金調達を考える時には、ベンチャーキャピタルとファンドのどちらで行うと良いのでしょうか。

結論からいうと、ベンチャーやスタートアップ段階の場合にはベンチャーキャピタルで、それ以外の場合にはファンドで行うことが適しています。

投資対象としている主な企業がそれぞれ違うということもありますが、お勧めする理由はそれだけではありません。

ベンチャーキャピタルは多くのベンチャー企業の経営に参加してきています。

そのため、ベンチャーキャピタルに関与してもらうと、豊富な経験に基づいた、経営知識やノウハウを提供してもらえます。

さらに、ベンチャーキャピタルから資金提供を受けることで財務状況が改善するため、金融機関からの融資がスムーズに受けられる可能性もあります。

創業間もないベンチャー企業にとってベンチャーキャピタルは、非常に頼もしい存在です。

一方でそれ以外の企業の場合、ある程度成熟しているがゆえ、経営陣の企業運営に関する要望が多岐にわたることが考えられます。

ファンドの方がいろいろな方針や投資手法を採用しており、そのような要望にも柔軟に対応し得るため、お勧めなのです。

ベンチャーキャピタル(VC)の主な投資先はベンチャーや株式上場前の企業ですが、ファンドの投資先は上場企業や新興市場などさまざまです。

自社が投資ラウンドのどのステージにいるかで適した資金調達先は変わるため、自社の状況を見て判断しましょう。

また、予期せぬ事態などによる資金繰りの悪化に関しては、ファクタリングという資金調達サービスも覚えておくと役立ちます。

経営において何より大切な資金繰りですから、いろいろな選択肢を用意しておくようにしましょう。

ファクタリング企業一覧はこちら

ファクタリング企業比較はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合わせて読みたい記事

資金調達ランキング

  • 株式会社ビートレーディング

    手数料 2社間平均10%前後、
    3社間平均 5%前後
    対応スピード 最短12時間
    取り扱いサービス 全般
    営業時間 9:30~19:00
    必要書類 本査定申込書
    通帳のコピー(表紙付3ヶ月分)
    契約書、請求書、領収書 etc
    特徴 ・全国各地16,000社以上の豊富な 買取実績
    ・専任の担当者による迅速・丁寧な対応

    企業詳細へ

  • OLTA

    手数料 手数料2 - 9%
    対応スピード 最短即日
    取り扱いサービス OLTAクラウドファクタリング
    営業時間

    24時間

    ※電話受付:10:00~18:00

    必要書類

    1. 代表者様の本人確認書類

    2. 売却する対象の請求書

    3. 直近7カ月の入出金明細

    4. 昨年度の決算書

    特徴 ・ネットで完結!紙の書類・面談も不要
    ・ユーザー様のリピート率80%超!

    企業詳細へ

  • 三共サービス

    手数料 2社間 5%~10%
    3社間 1.5%~8%
    対応スピード 最短1日
    取り扱いサービス 全般
    営業時間 9:00~19:00
    必要書類

    身分証明書
    会社謄本
    決算書(直近2期分)
    売掛先への請求書
    契約書、請求書、領収書 etc
    入出金の通帳・当座勘定表
    小切手帳・手形帳
    納税証明書

    印鑑証明
    社判・実印 

    特徴 ・最低手数料1.5%~の低価格設定
    ・2001年設立の安心の実績

    企業詳細へ

  • ipgファイナンシャルソリューションズ

    実施年率 7.8%~18.0%
    限度額 1万円〜500万
    融資スピード 即日
    個人事業主の利用 不可
    特徴 ・実店舗がなくWEB上での申込のみ可能
    ・カード発行不要で利用可能

    企業詳細へ

  • 株式会社ユニーファイナンス

    実施年率 12.00%~17.95%
    限度額 ~200万円(ビジネスローン)
    100万円~1000万円(スーパービジネスローン)
    融資スピード 平日PM2:00までに審査完了された
    お客様は新規の場合を除き当日中
    個人事業主の利用 不可
    特徴 ・プロミスATMでご利用可能
    ・スーパービジネスローンの場合に担保・保証人が必要

    企業詳細へ

  • 株式会社トライフィナンシャルサービス

    実施年率 6.8%~12.65%
    限度額 300万円~5,000万円
    融資スピード 審査状況によって異なるが、
    即日での融資実行が可能な場合がある
    個人事業主の利用 可能
    特徴 ・担保・保証人不要で5,000万円まで融資可能
    ・返済回数最大360回

    企業詳細へ

  • 株式会社セントラル

    実施年率 4.80%~18.0%
    限度額 300万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 当社ご利用限度額が50万円超、
    または他社を含めた借入総額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要
    特徴 ・女性オペレーターが対応する女性専用のプランがある
    ・平日14時までのお申し込みで即日振込が可能

    企業詳細へ

  • フタバ株式会社

    実施年率 14.96%~17.95%
    限度額 10万円~50万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 借入額が50万円を超える場合に必要
    特徴 ・郵送物なし、カードレスのWEB完結でご利用可能
    ・ポイントサービスの利用で一定期間無利息で借入可能

    企業詳細へ

  • アイフル株式会社

    実施年率 3.0%~18.0%
    限度額 1万円~800万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 必要な場合もあり
    特徴 ・21時までのお手続き完了で当日融資可能
    ・楽天銀行口座をお持ちの場合24時間振込可能

    企業詳細へ