ファクタリングと手形の違い

手形割引は受取手形を担保にした融資

そもそも手形とは何かというと、一定の資格や権利を有することを証明する書面のことです。

そのため、昔は旅をする権利を保証する書面のことを通行手形と呼んでいました。

しかし、現代では「代金をいつまでに支払います」と記した約束手形のことを手形と称するのが一般的です。

例えば、A社が商品を製造するためにB社から原料を購入したいけれど、手元に現金がない場合などに約束手形がよく用いられます。

B社に約束手形を渡して支払いを待ってもらい、製造した商品を販売して得た利益によって約束の期日までに代金を支払うというわけです。

ちなみに、このときB社が受け取った手形を受取手形といいます。

ただ、B社もお金の支払いを待っていると資金繰りに困ってしまう場合があります。

その際には、銀行などの金融機関で受取手形を換金することが可能です。

金融機関側からすると、受取手形を担保にしてB社にお金を融資した形になります。

これを手形割引といい、受取手形を早期現金化する有力な手段の一つになっています。

ファクタリングは売掛債権の売却による資金調達法

金融機関で受取手形を換金する手形割引に対し、ファクタリングは売掛金を請求する権利を意味する売掛債権を金融機関や民間系のファクタリング会社に売却することで資金を得る方法です。

仮に、A社がB社から6月1日に1000万円の原料を購入し、その代金を8月1日に支払う約束になっていたとします。

ところが、B社は手元に現金がないのにもかかわらず、どうしても7月15日までに1000万円近いお金を入金しなければならない事態が起きたとしましょう。

そのような場合は、B社は8月1日に支払いを受け取る権利をファクタリング会社に売却することで1000万円から手数料を引いた金額を受け取ることができるのです。

ちなみに、ファクタリングには大きく分けて2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2つのタイプがあります。

2社間ファクタリングの場合は最初にB社が1000万円から手数料を引いた金額をファクタリング会社から受け取り、入金に当てます。

そして、8月1日になるとA社から1000万円を回収し、それをそのままファクタリング会社に渡すのです。

この場合、売掛債権を売却したという事実が表面化しないため、A社からの信頼を失わずにすみます。

一方、3社間ファクタリングの場合はB社がA社に売掛債権を売却した事実を通知した上でファクタリング会社に回収を行ってもらいます。

A社からの信頼は失われますが、2社間ファクタリングより手数料が安くなるのが利点です。

なぜ、利息が安くなるかというと、ファクタリング会社からすると直接回収ができるため、回収リスクが低減するからです。

手形とファクタリングのメリット・デメリット

手形割引とファクタリングを比較した場合、まず、共通するメリットとして挙げられるのが両者とも売掛金の支払い期日前にそれを現金化できるという点です。

したがって、急に現金が必要になった場合は共に有効な手段ということになります。

一方で、手形割引もファクタリングも現金化するのに手数料がかかるというのが共通のデメリットです。

ただし、手数料がいくらになるかはその手段によって変わってきます。

手形割引の場合は1.5~5.5%程度が相場です。

基本的に都市銀行が最も安く、地方銀行・信用金庫・信用組合の順に高くなっていきます。

それに対して、ファクタリングは2社間ファクタリングを選択すると手数料の相場は10~30%と高くなりますが、3社間ファクタリングなら1~9%程度に抑えることが可能です。

しかし、手形割引とファクタリングの最大の違いは現金化した売掛金を返却する必要があるかどうかです。

手形割引は受取手形を担保にした融資という形をとっています。

そのため、手形割引によって得たお金は期日までに返却しなければなりません。

通常であれば、期日までに受取手形が現金になるので問題はないはずです。

ところが、もし、その手形が不渡りになった場合は担保が無効となり、別の方法でお金を返却しなくてはならなくなってしまいます。

その点、ファクタリングなら心配は不要です。

たとえ、売掛金が破綻してもすでに売掛債権ごと売却しているため、その後、売掛金がどうなろうとこちらには無関係だからです。

また、手形割引は融資と同等の扱いになるので審査もそれなりに厳しくなりますが、ファクタリングは銀行に融資を断られるような状況でも審査を通りやすいというメリットがあります。

しかも、審査結果が出るのが早いため、緊急性が高いときなどには非常に便利です。

ファクタリングは手形割引に比べてリスクが少なく、スムーズな現金化が可能です。どちらかを利用するというのなら、ファクタリングの方がメリットは大きいといえるでしょう。したがって、資金繰りに悩んだときはまず、ファクタリングの契約を検討してみてはいかがでしょうか。

ファクタリング企業一覧はこちら

ファクタリング企業比較はこちら

おすすめコンテンツ

資金調達コラム