1. ホーム
  2. 資金調達コラム一覧
  3. 経営戦略
  4. 保険の見込み客情報が入手できる? リーズの活用方法を解説

保険の見込み客情報が入手できる? リーズの活用方法を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿日:2019年03月11日

「リーズ」という保険業界の用語を聞いたことがありますか。保険代理店の中には、この「リーズ」を活用して営業活動を行っている会社が数多くあります。「リーズ」とはいったい何でしょうか。「リーズ」のメリット・デメリットなど以下、順を追って説明していきましょう。

保険の見込み客情報が入手できる? リーズの活用方法を解説

保険の見込み客情報を入手できる「リーズ」とは

見込み客探しが仕事の9割、とさえいわれるのが保険業界です。

見込み客の新規開拓には、多大な苦労がつきものでしょう。

そのような中で、保険会社に見込み客を紹介・販売している会社があるのを知っているでしょうか。

このようなサービスを提供している会社を「リーズ会社」といいます。

そして、そこから入手できる保険見込み客の情報を「リーズ案件」といいます。

リーズ会社からリーズ案件を入手することにより、保険会社は新規開拓の手間と労力を大幅に削減することができます。

さて、いったいどのようなシステムで運用されているのでしょうか。

リーズ案件には、大きく分けて「買い取り型」と「折半型」の2種類があります。

以下、具体的に説明していきましょう。

買い取り型リーズ案件の特徴

買い取り型リーズ案件とは、どのような仕組みになっているのでしょうか。

まず、買い取り型のリーズ業者はアフィリエイトなどを使ってWebサイトから見込み客を集客し、集客した見込み客の情報を保険営業マンに販売します。

リーズ業者は見込み客の獲得に2万円ほどの経費をかけているので、たいていの場合、獲得した見込み客を3万円~10万円ほどの相場で保険営業マンに提供します。

保険会社は、この購入額を上回る報酬が見込めるプランをお客さんに提案して利益を図るというわけです。

この買い取り型リーズ案件のメリットは、見込み客に確実に会うことができること、そして商品を自由に販売できることでしょう。

保険業者にとって、見込み客の新規獲得にはたいへんな労力と骨折りがつきものです。

しかし、リーズ会社を利用すれば、手間も労力もなくして見込み客を見いだせるのです。

これは非常に大きな利点といえるでしょう。

一方で、デメリットは見込み客を選ぶことができないという点です。

中には、リーズ会社が申し込み特典として提供しているポイントや商品などを目当てに保険相談に申し込む顧客もいます。

このような見込み客が成約につながるというケースは、ごくまれでしょう。

もっとも、かつては商品券なども申し込み特典として提供され、高い集客効果を上げていましたが、2017年に施行された保険業法の改定によって、リーズ業者は商品券を申し込み特典として顧客に提供できなくなりました。

最近は、商品券の代わりに軽めのプレゼントを渡すだけにとどまっています。

保険業法の改正により、いくらかは改善されています。

しかし、依然としてプレゼント欲しさに保険相談をする客は存在しています。

このような客は、決して少なくはないでしょう。

成約するかどうか分からない見込み客の獲得のために、購入費用を支払わなければいけないのは、やはりデメリットと言わざるを得ません。

折半型リーズ案件の特徴

折半型リーズ案件は、買い取り型とは違い、先に購入費用を支払う必要がありません。

その代わり、契約された保険契約から支払われる報酬を折半するというものです。

折半の割合は、事前の契約で定められたものによります。

この折半型のメリットは、成約しなければ費用が発生しないという点です。

費用の払い損がないことは大きな利点でしょう。

一方、デメリットはリーズ会社の意向によって販売できるものに制約がかかってしまうという点です。

折半型は、リーズ会社と保険会社の両方が保険代理店となるため、二社で共同募集という形を取ることになります。

そのため、連携している会社の意向もきちんと汲み取って保険商品を販売しなければいけないのです。

まさに二人三脚の販売となるため、場合によっては、自社の方針に則って顧客に対応することさえ難しくなることもあるでしょう。

リーズの活用方法

リーズ案件は「買い取り型」「折半型」共に、1カ月10件・20件という形で契約します。

案件は定期的に供給されるので、スケジュール管理の点で非常に便利でしょう。

また、リーズ案件を受け取った時点で、見込み客の名前や住所、生年月日などが把握できているので商談の準備も非常にしやすくなります。

ただし、上述した通りデメリットもそれぞれにあるので、自社の状況に合わせてリーズ案件を検討すると良いでしょう。

たとえば、見込み客が足りないときだけスポットで利用する、という利用方法は非常に有効な手段です。

保険業界において、見込み客探しはもっとも重要な仕事です。

この大切な仕事をまったく外部に任せてしまうのではなく、自社の必要に合わせてバランスよく活用するのです。

自社の営業力も養いながら、程よくリーズ案件も組み込んでいきましょう。

リーズ会社を利用するなら、見込み客の新規開拓は不要になるでしょう。

ただし上述の通り、費用や見込み客の質などの点で注意すべきポイントもありました。

リーズ案件のメリット・デメリットを考慮して上手に活用すれば、会社のさらなる活性化につながるでしょう。

保険業界の資金調達事例はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合わせて読みたい記事

資金調達ランキング

  • 株式会社ビートレーディング

    手数料 2社間平均10%前後、
    3社間平均 5%前後
    対応スピード 最短12時間
    取り扱いサービス 全般
    営業時間 9:30~19:00
    必要書類 本査定申込書
    通帳のコピー(表紙付3ヶ月分)
    契約書、請求書、領収書 etc
    特徴 ・全国各地16,000社以上の豊富な 買取実績
    ・専任の担当者による迅速・丁寧な対応

    企業詳細へ

  • OLTA

    手数料 手数料2 - 9%
    対応スピード 最短即日
    取り扱いサービス OLTAクラウドファクタリング
    営業時間

    24時間

    ※電話受付:10:00~18:00

    必要書類

    1. 代表者様の本人確認書類

    2. 売却する対象の請求書

    3. 直近7カ月の入出金明細

    4. 昨年度の決算書

    特徴 ・ネットで完結!紙の書類・面談も不要
    ・ユーザー様のリピート率80%超!

    企業詳細へ

  • 三共サービス

    手数料 2社間 5%~10%
    3社間 1.5%~8%
    対応スピード 最短1日
    取り扱いサービス 全般
    営業時間 9:00~19:00
    必要書類

    身分証明書
    会社謄本
    決算書(直近2期分)
    売掛先への請求書
    契約書、請求書、領収書 etc
    入出金の通帳・当座勘定表
    小切手帳・手形帳
    納税証明書

    印鑑証明
    社判・実印 

    特徴 ・最低手数料1.5%~の低価格設定
    ・2001年設立の安心の実績

    企業詳細へ

  • ipgファイナンシャルソリューションズ

    実施年率 7.8%~18.0%
    限度額 1万円〜500万
    融資スピード 即日
    個人事業主の利用 不可
    特徴 ・実店舗がなくWEB上での申込のみ可能
    ・カード発行不要で利用可能

    企業詳細へ

  • 株式会社ユニーファイナンス

    実施年率 12.00%~17.95%
    限度額 ~200万円(ビジネスローン)
    100万円~1000万円(スーパービジネスローン)
    融資スピード 平日PM2:00までに審査完了された
    お客様は新規の場合を除き当日中
    個人事業主の利用 不可
    特徴 ・プロミスATMでご利用可能
    ・スーパービジネスローンの場合に担保・保証人が必要

    企業詳細へ

  • 株式会社トライフィナンシャルサービス

    実施年率 6.8%~12.65%
    限度額 300万円~5,000万円
    融資スピード 審査状況によって異なるが、
    即日での融資実行が可能な場合がある
    個人事業主の利用 可能
    特徴 ・担保・保証人不要で5,000万円まで融資可能
    ・返済回数最大360回

    企業詳細へ

  • 株式会社セントラル

    実施年率 4.80%~18.0%
    限度額 300万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 当社ご利用限度額が50万円超、
    または他社を含めた借入総額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要
    特徴 ・女性オペレーターが対応する女性専用のプランがある
    ・平日14時までのお申し込みで即日振込が可能

    企業詳細へ

  • フタバ株式会社

    実施年率 14.96%~17.95%
    限度額 10万円~50万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 借入額が50万円を超える場合に必要
    特徴 ・郵送物なし、カードレスのWEB完結でご利用可能
    ・ポイントサービスの利用で一定期間無利息で借入可能

    企業詳細へ

  • アイフル株式会社

    実施年率 3.0%~18.0%
    限度額 1万円~800万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 必要な場合もあり
    特徴 ・21時までのお手続き完了で当日融資可能
    ・楽天銀行口座をお持ちの場合24時間振込可能

    企業詳細へ