1. ホーム
  2. 資金調達コラム一覧
  3. ファクタリング
  4. ファクタリング会社の選び方を徹底解説

ファクタリング会社の選び方を徹底解説

公開日:
更新日:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ファクタリングを利用したいけど、どこに依頼すべきかわからない」「ファクタリング会社を選ぶ基準が知りたい」と思われていませんか?

昨今では多くのファクタリング会社が存在するため、どこを選んだらよいのか、迷うかもしれません。

本記事では、ファクタリングの概要をおさらいしたのち、自社に適したファクタリング会社の選び方を詳しく解説します。

納得した会社で資金を調達したい方は、ぜひ参考にしてください。

ファクタリング会社の選び方を徹底解説

おすすめのファクタリング会社

申し込みから最短2時間で入金可能

  • 審査時間は最短30分、業界最高水準の対応スピード
  • 手数料2%~で業界最低水準
  • 審査に必要な書類は2点のみ
  • オンライン契約で全国対応可能
  • 累計取扱高1,300億円、累計取引社数58,000社(2024年3月時点)

ファクタリングとは

ファクタリングとは、商取引で発生した売掛金を、ファクタリング会社に買い取ってもらい、本来の支払期日よりも前に現金化するサービスのことです。

 

サービスを利用する事業者は、手数料を支払うことによって、速やかに資金を調達できます。
ファクタリング会社によっては、最短即日で入金してくれるところもあります。

 

なお、ファクタリングはあくまでも「売掛金の売買契約」であり、「借入」ではないため、融資やローンとは違って負債が増えることはありません。

 

ファクタリングは利用目的によって、「買取型ファクタリング」と「保証型ファクタリング」に分けられます。

 

概要と利用目的について、以下で詳しく解説します。

 

買取型ファクタリング

 

買取型ファクタリングは、売掛金を早期に現金化したい事業者向けのサービスです。

 

サービスを利用する事業者は、売掛先からの支払いよりも前に、売掛金から手数料を差し引いた代金を受け取れます。

 

買取型ファクタリングの審査基準の一つは、売掛先の信用力なので、サービスを利用する事業者の信用力は、売掛先ほど重視されません。

 

そのため、買取型ファクタリングなら、赤字決算や債務超過の状況でも、利用できる可能性があります。

 

一般的にファクタリングといえば、この買取型ファクタリングのことを指し、契約形態によって「2者間ファクタリング」と「3者間ファクタリング」の2種類に分類されます。

 

前者は、サービスを利用する事業者とファクタリング会社だけで取引を行い、後者は、そこに売掛先も直接関係する仕組みです。

 

保証型ファクタリング

 

保証型ファクタリングは、貸倒れリスクや、その影響によって起こりうる連鎖倒産のリスクを回避・軽減したい事業者に向けたサービスです。

 

あらかじめファクタリング会社に保証料を支払うことによって、万が一売掛先が倒産した場合に、売掛金の全額、または一部を受け取れます。

無事に売掛先から売掛金を回収できれば、支払った保証料が返ってくることはないため、掛け捨て保険に近いイメージです。

 

保証料は売掛先の貸倒れリスクの度合いによって変動し、リスクが高い売掛先の売掛金ほど高くなります。

 

新規取引を行う場合や、今までの売掛先との取引規模を拡大する場合に広く利用されています。

 

自社に適したファクタリング会社の選び方

ここからは、ファクタリング会社に依頼するうえで押さえておきたい、6つのポイントを解説していきます。

 

自社にとって最適な会社を見極められるよう、選定時にお役立てください。

 

手数料率が希望に合いそうかどうかで選ぶ

ファクタリング利用時には、まず手数料率を確認しましょう。

 

契約形態によって、必要な手数料は異なります。

 

【利用時に必要な手数料率の目安】

2者間ファクタリング

8%~18%

3者間ファクタリング

2%~9%

 

ファクタリング会社が定めている手数料率には幅があり、同じ会社であっても、売掛金の金額や売掛先の信用力などによって変動します。

そのため、ファクタリング会社に見積もりを依頼しなければ、実際の手数料を知ることはできません。

 

検討中の会社があるなら、複数社から見積もりをとって、比較検討することをおすすめします。

 

もし、30%を超えるような法外な手数料を提示された場合は、合理的な取引ではないと考えられるため、契約を避けてください。

 

入金までのスピードで選ぶ

早期の現金化を利用目的とするファクタリングにおいて、契約から入金までのスピードも忘れてはなりません。

 

【ファクタリングで現金化できるまでの期間】

2者間ファクタリング

最短即日

3者間ファクタリング

数日~1週間程度

 

2者間では、利用者とファクタリング会社の間だけで取引が交わされるので、最短即日で入金してもらうことが叶います。

他方、3者間ファクタリングは、そこに売掛先も加わるため、その分入金までに時間がかかります。

 

なお、ファクタリング会社の公式サイトに、現金化できるまでの期間が記載されている場合でも、必ずその通りになるとは限りません。

 

たとえば、申し込みは土日・祝日も受け付けていても、審査や入金の対応は平日のみというケースなどがあります。

資金調達を急いでいる場合は、最短何日で入金してもらえるのかを、申し込み前に確認しましょう。

 

買取可能額の下限・上限で選ぶ

ファクタリングを利用するなら、買取可能額の下限・上限も確認したいところです。

 

ファクタリング会社によって、買い取りできる売掛金の金額に下限・上限が設定されています。

数万円程度の少額に対応しているサービスから、数億円規模まで対応しているものと幅広く、下限・上限なしの会社も存在します。

 

ただし、高額な売掛金の買取の場合は、法人に限定されているケースが少なくありません。

なかには、必要な金額を設定して、売掛金の一部だけを買い取ってもらえるサービスもあります。

 

そのようなサービスを選べば、高額な売掛金しかない場合でも、必要な分だけファクタリングに利用することが可能です。

 

債権譲渡登記の義務がない会社を選ぶ

債権譲渡登記の義務がないファクタリング会社を選ぶことも、ポイントとして挙げられます。

 

債権譲渡登記制度は、債権の譲渡にあたって、誰が正当な権利者であるのかを対外的に周知するための制度です。

債権譲渡があった旨を登記することで、債権がいつ、誰から誰に譲渡されたのかを公示し、権利者は第三者に対して、自身が正当な権利者であると主張できます。

 

2者間ファクタリングでは、売掛金を譲渡した旨を売掛先に通知しないので、債権譲渡登記を求められることがあります。

 

譲渡済みの売掛金を他社にも売却する「二重譲渡」が行われると、ファクタリング会社は支払いを受けられなくなる可能性があるためです。

債権譲渡登記がされていれば、ファクタリング会社は二重譲渡を防止し、万が一損失が発生した場合には損害賠償を請求することが可能です。

 

しかし債権譲渡登記には、司法書士に対する報酬も含めると、8万円~10万円程度の費用が別途かかり、基本的には利用者が実費で負担しなければなりません。

 

そのため、債権譲渡登記を必要としないファクタリング会社を選ぶことをおすすめします。

 

関連記事:ファクタリングで売掛金の二重譲渡が罪になる理由とは?

 

償還請求権がない会社を選ぶ

安心してファクタリングを利用するには、契約に償還請求権がない会社を選ぶ必要もあります。

 

償還請求権とは、金銭債権を譲渡したのちに、その債務者が支払不能になった際に、現在の債権者がもとの債権者に遡って金銭を請求できる権利のことを指します。

償還請求権がない契約なら、ファクタリング会社が支払いの責任を負うため、売掛先に万が一の事態が生じても、利用者に対して売掛金相当額が請求されることはありません。

 

しかし、償還請求権がある契約の場合、売掛先が倒産すれば、利用者にファクタリング会社への弁済義務が生じます。

もしもの場合を考えるなら、償還請求権がない契約を結ぶことが大切です。

 

なお、ファクタリングは売掛金の売買契約なので、違法な会社でない限り、基本的には償還請求権がない契約になります。

 

ファクタリングにおける償還請求権の意味と、その有無によって生じる影響については、こちらの記事をご覧ください。

 

関連記事:ファクタリングにおける償還請求権の意味とその影響を解説

 

オンライン上での手続きに対応しているかどうかで選ぶ

ファクタリング会社を選ぶときは、オンライン上での手続きの対応可否も重要になってきます。

 

オンライン上での手続きに対応していない場合、審査や契約のためにファクタリング会社への訪問や、必要書類を郵送するやり取りが発生し、時間と手間がかかります。

 

一方、オンライン上で申し込みから入金までの一連の手続きを完結する方法は、時間と場所を選ばずに非対面で利用できるため、スピーディーで効率的です。

オンライン上での申し込みの操作や、書類のデータ化などに不慣れでなければ、オンラインに対応しているファクタリング会社に依頼するのも一案です。

 

オンラインのみの手続きが心配な場合は、電話によるサポートがある会社を検討するとよいでしょう。

 

ファクタリング会社の種類

ファクタリング会社は、運営会社によって「独立系」「ノンバンク系」「銀行系」の3つの系列に分けられます。

ここからは、それぞれの特徴を紹介しています。

 

独立系

独立系は、後述するノンバンクや銀行などのグループに属さない会社が、独立して運営しているファクタリング会社です。

 

ファクタリングサービスを専門に提供している会社が多く、独自の審査基準を設けているため、審査のハードルがそれほど高くなく、比較的審査に通過しやすい傾向にあります。

 

2者間ファクタリングを採用している会社がほとんどで、最短即日で入金してもらえることも珍しくなく、スピーディーな資金調達が叶います。

少額の売掛金の買取に対応している会社も多く、小規模事業者だけでなく、個人事業主やフリーランスの方が利用できるのも魅力です。

 

ただし、ファクタリング業は貸金業に分類されないため、貸金業の登録を受けていないケースが少なくありません。

 

それゆえ、悪徳業者が紛れ込んでいても不思議ではないので、公式サイトやこれまでの実績、提示された手数料などから、優良な会社かどうかを見極めることが大切です。

 

関連記事:ファクタリングが違法ではない根拠と悪徳業者の特徴を解説

 

ノンバンク系

ノンバンク系は、預金を取り扱わない銀行以外の金融機関で、貸金業を登録しているファクタリング会社です。

 

消費者金融やクレジットカード会社のほか、カードローン会社、信販会社などが該当します。

3者間ファクタリングをメインで提供しており、2者間ファクタリングを実施している場合は、債権譲渡登記を求められることがあります。

 

大手企業のグループ会社が運営している場合が多く、資金が潤沢なので、高額な売掛金の買取にも対応可能です。

 

また親会社によっては、ファクタリングだけでなく、経営コンサルティングや金融機関への融資の紹介など、ファクタリング以外のサービスも受けることができます。

 

銀行系

銀行系は、銀行が直接、あるいはグループ会社で運営しているファクタリング会社です。

大手メガバンクや地方銀行、信用金庫などの銀行のグループ会社が出資して運営するファクタリング会社も含まれます。

 

基本的に、売掛金の未回収リスクを抑えるために、2者間ファクタリングではなく、3者間ファクタリングを採用しています。

 

また、買取型ファクタリングだけでなく、保証型ファクタリングや、海外の会社との取引に対する「国際ファクタリング」など、取り扱うラインナップも豊富です。

 

ただし、銀行が運営しているので、豊富な資金力によって数億円規模の売掛金の買取にも対応してもらえる一方で、買取可能額に下限が設定され、少額の取引には応じてもらえません。

銀行系だけに、ほかの系列と比較すると審査の基準が厳しく、売掛先や利用者の信用力などによっては利用できない可能性もあります。

 

同時に、審査に時間もかかるため、スピーディーさには欠けるといえます。

 

【タイプ別】ファクタリング会社の紹介

ここまでご覧いただき、選定時のポイントやファクタリング会社の種類は理解したものの、「結局、どの会社を選べばいいのか?」と思われているかもしれません。

 

そこでここからは、おすすめのファクタリング会社をタイプ別に紹介していきます。

 

自社にとって適しているタイプのなかから会社を選べるよう、優先順位をつけながらお考えください。

 

タイプ➀オンライン手続きにより現金化までのスピードが迅速

すぐに現金が必要なときにおすすめしたいのが、オンライン上で手続きが完結するファクタリング会社です。

 

必要書類のデータをアップロードするだけで、申し込みから審査、入金までスムーズに進みます

 

以下の表に、オンライン上で手続きが完結し、入金までのスピードに強みを持つ2社
ビートレーディング」と「QuQuMo(ククモ)」についてまとめました。

 

【オンライン上で手続きが完結する会社】

 

ビートレーディング

QuQuMo(ククモ)

契約形態

2者間ファクタリング・3者間ファクタリング

2者間ファクタリング

手数料

2者間:4%~12%程度

3者間:2%~9%程度

1%~

入金までのスピード

最短2時間

最短2時間

買取可能額

下限・上限なし

下限・上限なし

審査方法

オンライン、対面、出張、郵送

オンライン

利用者

法人・個人事業主

法人・個人事業主

 

 

ビートレーディングは、ファクタリングのパイオニアとして知られています。

 

2024年3月における累計取引社数は、58,000社という実績を誇ります。

オンライン上で手続きを完結できるため、申し込みから最短2時間での入金も可能です。

 

希望すれば、東京・仙台・名古屋・大阪・福岡の店舗や、出張、郵送でも手続きしてもらえます。

 

2者間ファクタリングの手数料が4%~12%と、相場の8%~18%と比較して低めに設定されているのも魅力です。

 

ビートレーディングに
無料で相談する

 

 

 

QuQuMoも、オンライン完結型のファクタリングで、申し込みから最短2時間で入金が完了します。

 

契約締結には、電子契約「クラウドサイン」が採用されており、万全のセキュリティ体制のもと手続きを進められます。

 

取り扱いは2者間ファクタリングのみですが、手数料は1%~と良心的で、そのほかの事務手数料は一切かからないので安心です。

 

買取可能額に上限が設けられていないため、高額な売掛金にも柔軟に対応しています。

 

タイプ②一定規模以上の買取額に対応

まとまった額の資金を調達したいときは、数億円規模に対応している会社や、買取可能額の上限がないファクタリング会社を選びたいところです。

 

高額な売掛金の対応実績がある会社を選ぶと、相談や審査がスムーズに進みます。

 

マネーフォワード アーリーペイメント」と「トップ・マネジメント」は、一定規模以上の資金調達に適しています。

 

【一定規模以上の資金調達に対応している会社】

 

マネーフォワード アーリーペイメント

トップ・マネジメント

契約形態

2者間ファクタリング

2者間ファクタリング・3者間ファクタリング

手数料

1%~10%(初回のみ2%〜10%)

2者間:3.5%~12.5%程度

3者間:0.5%~3.5%程度

入金までのスピード

最短2営業日

最短即日

買取可能額

50万円~数億円

30万円~3億円

審査方法

オンライン

オンライン

利用者

法人

法人・個人事業主

 

 

マネーフォワード アーリーペイメントは、法人の利用に特化しているサービスです。

 

数億円以上の売掛金の買取が可能で、実質的に上限金額がないため、大口の資金調達が必要な大企業にぴったりです。

 

手数料は1%~10%ですが、初回のみ2%~10%となっており、実際の手数料はこの範囲内で審査後に決まります。

 

注文書など発注時点での売掛金の買取にも対応し、早い段階で申し込めるので、資金繰りに悩む企業の心強い味方になってくれます。

 

 

 

一方、トップ・マネジメントは、法人・個人事業主問わず利用でき、最大3億円の売掛金の買取に対応しているファクタリング会社です。

 

創業13年で、55,000社を超える実績を達成しています。

 

申し込みから入金までのスピードも早く、夕方に申し込んだ場合も夜間のキャッシュデリバリーで、その日の夜には代金を受け取ることも可能です。

 

製造業や建設業などに多い、3~6か月の支払いサイトが比較的長い売掛金の買取にも応じています

 

タイプ③契約・審査方法が複数から選択可能

契約形態を迷っているときや、資金調達の進め方を相談したい場合などは、契約・審査方法に柔軟に対応してくれるファクタリング会社を選びましょう。

 

そんな場合に適しているのが、「日本中小企業金融サポート機構」と「ベストファクター」の2社です。

 

【複数の契約・審査方法を選べる会社】

 

日本中小企業金融サポート機構

ベストファクター

契約形態

2者間ファクタリング・3者間ファクタリング

2者間ファクタリング・3者間ファクタリング

手数料

1.5%~

2%~20%

入金までのスピード

最短3時間

最短即日

買取可能額

下限・上限なし

30万円~1億円

審査方法

オンライン、メール、FAX、LINE

オンライン、メール、FAX

※契約時は対面による面談が必須

利用者

法人・個人事業主

法人・個人事業主

 

 

日本中小企業金融サポート機構は、資金繰りに関する課題を解決するために、ファクタリングをはじめとする資金調達に関する相談など、幅広いサービスを提供する一般社団法人です。

 

2者間・3者間ファクタリングのいずれからも、選ぶことができます。

 

申し込みから最短3時間で現金化というスピード感と、一般社団法人ならではの手数料の低さも魅力です。

 

中小企業の経営の知識に長けたスタッフが対応するため、中小企業の経営者の方に特におすすめです。

 

日本中小企業金融サポート機構に

無料で相談する

 

 

 

ベストファクターでは、2者間ファクタリングを中心に取り扱いますが、3者間ファクタリングにも対応してもらえます。

 

審査まではオンラインやメールで行えるものの、契約は対面での手続きが必要です。

 

多くの業界でファクタリングを実施し、なかでも建設業と物流業の実績が豊富にあります。

 

運営会社が提供するコンサルティングサービスもあり、ファクタリングの利用者なら無料で依頼できるため、会社の資金計画の見直しにも役立ちます。

 

自社に適しているファクタリング会社を選んで、資金調達を図りましょう

本記事では、ファクタリングの概要をおさらいしたうえで、自社に適したファクタリング会社の選び方を詳しく解説しました。

 

ファクタリングは、商取引で発生した売掛金を、ファクタリング会社に買い取ってもらうことで、本来の支払期日よりも先に現金化するサービスです。

ファクタリング会社ごとに、手数料率や入金までのスピード、契約形態などが異なるため、自社で優先したい条件を決めて、利用する会社を決めましょう

 

資金調達ニュース.comでは、資金調達に関する情報を多数掲載しています。

 

ファクタリング会社を選ぶポイントや注意点なども紹介しておりますので、資金調達先に迷われている方は、当サイトをぜひご覧ください。

おすすめのファクタリング会社

申し込みから最短2時間で入金可能

  • 審査時間は最短30分、業界最高水準の対応スピード
  • 手数料2%~で業界最低水準
  • 審査に必要な書類は2点のみ
  • オンライン契約で全国対応可能
  • 累計取扱高1,300億円、累計取引社数58,000社(2024年3月時点)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合わせて読みたい記事

おすすめの資金調達企業

  • 日本中小企業金融サポート機構

    手数料 1.5%~
    対応スピード 最短3時間~
    取り扱いサービス

    全般

    詳細はこちら→https://chushokigyo-support.or.jp/column/factoring/

    営業時間 9:30~18:00
    必要書類 売掛金の入金が確認出来る通帳のコピー3ヵ月分(表紙付)
    売掛金に関する資料(請求書・契約書など)
    特徴

    ・一般社団法人だから実現した低手数料1.5%~

    ・最短30分審査&最短3時間で入金

    ・買取金額の下限・上限なし

    企業詳細へ

     

  • 株式会社ビートレーディング

    手数料 2者間4%~12%、
    3者間2%~9%
    対応スピード 最短2時間
    取り扱いサービス

    2者間・3者間ファクタリング

    注文書ファクタリング

    介護・診療報酬ファクタリング

    営業時間

    9:30~18:00

    必要書類

    ・通帳のコピー(表紙付き、直近2か月分)
    ・売掛金に関する資料(請求書、契約書など)

    特徴

    ・全国各地58,000社以上の豊富な 買取実績

    ・入金まで最短2時間

    ・専任女性オペレーター制度導入

    企業詳細へ

     

  • MentorCapital

    手数料 2社間 10%~不明
    3社間 3%~不明
    対応スピード 最短即日
    取り扱いサービス

    2社間
    3社間

    営業時間 9:30~18:30(平日)
    必要書類

    商業登記簿謄本と印鑑証明書
    決算書や確定申告書のような会社の業績が確認できる資料
    売掛先企業との基本契約書
    契約書や発注書、納品書、請求書など
    過去の入金の確認ができる通帳

    特徴

    ・幅広い業種に対応可能
    ・赤字決済、債務超過などにも柔軟対応

    企業詳細へ

  • 株式会社セントラル

    実施年率 4.80%~18.0%
    限度額 300万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 当社ご利用限度額が50万円超、
    または他社を含めた借入総額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要
    特徴 ・女性オペレーターが対応する女性専用のプランがある
    ・平日14時までのお申し込みで即日振込が可能

    企業詳細へ

  • フタバ株式会社

    実施年率 14.96%~17.95%
    限度額 10万円~50万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 借入額が50万円を超える場合に必要
    特徴 ・郵送物なし、カードレスのWEB完結でご利用可能
    ・ポイントサービスの利用で一定期間無利息で借入可能

    企業詳細へ

  • アイフル株式会社

    実施年率 3.0%~18.0%
    限度額 1万円~800万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 必要な場合もあり
    特徴 ・21時までのお手続き完了で当日融資可能
    ・楽天銀行口座をお持ちの場合24時間振込可能

    企業詳細へ