1. ホーム
  2. 資金調達コラム一覧
  3. ファクタリング
  4. 土日・祝日でも対応しているファクタリング会社16選

土日・祝日でも対応しているファクタリング会社16選

公開日:
更新日:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「今すぐ資金調達したいけれど、土日・祝日に利用できる金融機関がない」とお困りではありませんか?
そのようなときでも、ファクタリングなら休日に利用できる会社が存在します。

そこで今回は、土日・祝日でも対応可能なファクタリング会社を、利用時の注意点とともに紹介します。
ご自身のタイミングでファクタリングを利用したい方は、ぜひご覧ください。

土日・祝日でも対応しているファクタリング会社16選

Index

ファクタリングは土日・祝日でも利用できる

ファクタリングは、土日・祝日でも利用できます

 

しかし、ファクタリング会社によって休日の対応が異なっており、ファクタリングの「申し込みだけを受け付けているケース」や「入金も可能なケース」などさまざまです。
また、審査までは対応し、入金は月曜日以降となるファクタリング会社もあります。

 

休日にファクタリングを利用する際は、土日・祝日対応可能な会社を選ぶだけではなく、具体的な対応範囲もよく確認しましょう。

 

土日・祝日に申し込み可能なファクタリング会社8選

ここからは、土日・祝日に申し込み可能なファクタリング会社を8社紹介していきます。
土日・祝日のうちにファクタリングの申し込みをしておけば、月曜日以降、早めに審査を行ってもらえる場合があります。

 

週明け速やかに資金調達したいという方は、ぜひお役立てください。

 

ビートレーディング

 

ビートレーディング」は、2023年9月時点で取引先企業が5.2万社、月間契約件数1,000件という豊富な実績をもつファクタリング会社です。

 

ビートレーディングの強みは、とにかく入金スピードが早く、平日であれば、申し込みから入金まで最短2時間で対応可能な点です。
土日・祝日は、LINEや問い合わせフォームから審査の申し込みを行うと月曜日以降に入金される流れとなります。

 

さらに、ビートレーディングでは、一般的な売掛債権に加えて、診療報酬・介護報酬債権や注文書も買い取っています。
利用できるファクタリングの幅が広く、さまざまなニーズに対応可能です。

 

また、ファクタリングのほかに、コンサルティング事業も行っており、資金繰りに関する悩みを相談できるので、長期的な資金繰りの改善が見込めます。

 

資金調達のスピードにこだわる方や、経営に関して相談したい方におすすめです。

 

ビートレーディングに
無料で相談する

 

日本中小企業金融サポート機構

 

日本中小企業金融サポート機構」は、ファクタリングだけではなく、中小企業の経営者に寄り添ったさまざまなサービスも提供している一般社団法人です。
資金調達のサポートはもちろん、M&Aに関する相談や事業マッチング、リースバックなど多岐にわたるサービスを展開しています。

 

ファクタリングにおいては、手数料が業界最低水準の1.5%からとなっています。

 

また、土日・祝日のうちに無料見積フォームから申し込みを行い、月曜日の15時までに審査を終えて契約が完了すれば、休み明けすぐの入金が可能です。

 

さらに、日本中小企業金融サポート機構は、中小企業支援に関する、一定の専門知識や業務経験を有している「経営革新等支援機関」としても認められています。
財務や税務についての知識が豊富なスタッフが在籍しているため、経営をより良い方向へ導く支援を受けられるのも利点です。

 

日本中小企業金融サポート機構に

無料で相談する

 

ペイトナーファクタリング

 

フリーランスや個人事業主など、小規模なビジネスを行う方に向けたファクタリングサービスには、「ペイトナーファクタリング」が挙げられます。

 

買取可能な売掛債権は1万円~25万円と、ほかのファクタリング会社よりも低く設定されています。
ただし、この上限金額はペイトナーファクタリングの初回利用時のみです。
利用回数を重ねるごとに上限金額が拡大し、最大買取額は100万円となります。

 

ペイトナーファクタリングでは、手数料が10%に固定されており、振込金額の算出や返済の計画を立てやすい点が魅力です。

 

また、AIによって審査が簡潔化していることから、申し込みから入金までにかかる時間は平日で最短10分と、驚異の速さを誇ります。
土日・祝日は、申し込みのみの受付となりますが、休み明けすぐに資金調達できる可能性があるため、入金スピードを重視する方は検討してみてもよいかもしれません。

 

QuQuMo

 

申し込みから入金までオンラインで完結するファクタリングなら、株式式会社アクティブサポートが運営する「QuQuMo(ククモ)」がおすすめです。

 

QuQuMoの特徴は、対面でのやり取りが不要なため、気軽に利用でき、面談や契約時にファクタリング会社に出向く手間もかからないところです。

 

しかし、オンラインでの申し込みが苦手な方は、「わからないことがあったらどうしよう」と不安になるかもしれません。
そのようなときは、電話で丁寧なサポートを受けられるので心配無用です。

 

また、QuQuMoでは、平日の場合「申し込みから入金まで最短2時間」「買取金額の上限なし」と良心的なサービスを提供しています。
土日・祝日はメールから問い合わせや申し込みのみ可能です。

 

QuQuMoは、ファクタリングを気軽に利用したい方や、柔軟に資金調達したい方にぴったりです。

 

ベストファクター

ベストファクター

 

ベストファクター」は、売却できる売掛債権の種類や、資金繰りの改善サポートが充実しているファクタリングサービスです。
営業時間は平日の10:00~19:00で、申し込みから最短即日~3営業日程度で入金されます。

 

一般的な売掛債権に加え、診療報酬・介護報酬ファクタリングにも対応しており、利用者の多彩なニーズに応えられます
さらに、「ベストペイ」という注文書・受注書ファクタリングサービスも展開しているため、経営状態が悪化しても、持ち直しが期待できるでしょう。

 

一方で、対面での契約が必須なので、申し込みから入金までに少々手間がかかります。
契約時は、運営会社である「株式会社アレシア」の本社のある東京都新宿区または、支社のある大阪府大阪市まで足を運ぶか、ベストファクター側に出張を依頼する必要があります。

 

交通費などの費用がかかることから、遠方の場合は、他社の利用も検討したほうがよいかもしれません。

 

PayToday

 

とにかく手数料を抑えてファクタリングを利用したいのであれば、「PayToday(ペイトゥデイ)」をおすすめします。
PayTodayは2者間ファクタリング専門サービスですが、手数料は1%~9.5%と低いため、売掛債権をできるだけ高く売却したい方にぴったりです。

 

審査には独自開発のAIが使われており、申し込みから最短30分での入金が可能です。
土日・祝日に申し込んだ場合は、休み明けに行われる審査に通過したのちに入金されます。

 

基本的には、オンラインで取引が完結しますが、対面を希望する際は、事務手数料などの費用として3万円を要します。

 

また、通常のファクタリングは、売掛先からお金を回収する期限が、45日後までの売掛債権が売却可能となるのが一般的です。
一方で、PayTodayでは90日後までの売掛債権が売却対象なので、売上代金の回収に時間がかかる場合でも、安心して利用できます。

 

オッティ

 

オッティ」は、雑誌の掲載経験や市場調査での3冠達成など、実績・評判ともに高いファクタリング会社です。
メールでの相談は24時間受け付けており、土日・祝日に申し込んでも、休み明けの平日に最短3時間でスピード審査に対応してもらえます。

 

手数料は5%から、買取上限は5,000万円までなので、高額な売掛債権の売却にも向いています。

 

オッティの強みは、会社経営や事業資金についての知識が豊富なスタッフによる、丁寧なヒアリングと提案を受けられる点です。
利用者の悩みに寄り添いながら、適切な手数料や条件を提案してくれるので、資金調達の不安を解消できます。

 

特に、開業したばかりの場合や、経営不振に陥った場合は、融資を受けるのが難しいケースもあるかもしれません。
そのようなときでも、豊富な実績をもつオッティのファクタリングサービスなら、ご自身にとって最適かつ安心できる条件で利用できるでしょう。

 

onfact

 

2者間ファクタリングに特化したサービスなら「onfact(オンファクト)」がおすすめです。
土日・祝日に申し込んでおけば、月曜日以降、審査から最短1時間で入金されるため、資金調達のスピードを重視する方にとっては魅力的ではないでしょうか。

 

また、最低買取金額が30万円なので、少額で資金調達したいフリーランスや個人事業主の方にも適しています。
資金調達の達成率87%という高い数値が出ている点からも、頼れる存在であることがうかがえるでしょう。

 

さらに、onfactを運営している「株式会社onfact」では、広告運用やコンサルティングなどの事業も行っています。
そのため、WEB業界や広告業界の方は、広告の運用に関する相談も可能です。

 

少額の資金調達をしたい方や、広告運用の悩みを相談したいという方にもぴったりなファクタリングサービスです。

 

土日・祝日に入金可能なファクタリング会社8選

「土日・祝日に申し込みできても、入金されるのが月曜日だと間に合わない」という方もいらっしゃるでしょう。

 

ここでは、土日・祝日でも入金可能なファクタリング会社を8社紹介します。
休日に資金調達したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

みんなのファクタリング

 

みんなのファクタリング」は、2者間ファクタリング特化型のオンラインサービスです。

 

独自のAI審査の導入によって、申し込みから入金までオンラインで完結します。
土日・祝日でも、18時までに申請すれば、申し込みから最短1時間での入金が可能です。

 

また、利用者に対して電話がかかってくることはないため、面倒なやり取りをしたくない方や、電話が苦手な方でも安心して利用できるでしょう。
もちろん、対面の面談も必要ありません。

 

買取可能金額は1万円~300万円となっており、少額からの資金調達に向いています。

 

さらに、売掛債権の買取依頼を申請する際は、請求書を提出するだけなので、多くの書類をそろえなくてよいのも利点です。

 

少額の資金調達にも向いていることから、今すぐお金が必要なフリーランスや個人事業主の方にもおすすめです。

 

labol

 

フリーランスや、個人事業主の方に向いているファクタリングサービスには、「labol(ラボル)」も挙げられます。

 

labolでは、独立したばかりの方や、新規の売掛先との売掛債権も含め、事業の規模や業種・職種問わず、幅広い売掛債権を買い取っています。

 

また、labolは、株式会社ラボルが2021年に開始した、比較的新しいファクタリングサービスです。

「できたばかりで不安」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、株式会社ラボルは、プライム上場の株式会社セレスの100%子会社なので、安心して取引できます。

 

手数料は一律10%、最低買取金額は1万円とシンプルな設定です。

 

また、24時間365日、申し込みから最短1時間での入金に対応しています。
曜日のみならず、営業時間も気にせず資金調達できるため、気軽に利用できるのがメリットです。

 

えんナビ

 

えんナビ」は、高額を資金調達したい場合に、おすすめのファクタリングサービスです。
買取可能金額が、50万円~5,000万円となっており、まとまった売掛債権がある際の利用に適しています。

 

えんナビでは、24時間365日対応で、丁寧なサポートや適切な条件を提示してくれることから、顧客満足度93%という実績を誇っています。
時間にかかわらず、資金調達が必要なときにすぐ対応してもらえるので、心に余裕がもてるでしょう。

 

しかし、えんナビの審査では、「商業登記謄本」のような役所に申請する書類の提出が求められる場合があります。
書類に不備があると審査を受けられないため、土日・祝日に確実に資金調達したい場合は、忘れずに必要書類を確認しておきましょう

 

また、えんナビを利用する前には、公式サイトにある簡単査定を試し、売掛債権の売値や手数料を確かめてみるのもおすすめです。

 

資金調達QUICK

 

ファクタリングを利用する際、とにかくスピードと余分なコスト削減を求めるなら「資金調達QUICK(クイック)」をおすすめします。

 

資金調達QUICKは、「申し込みから入金まで最短10分」「手数料は1%から」と、ファクタリングにおける無駄を省きたい方の心強い味方になってくれるサービスです。

 

さらに、個人間の取引での利用や、個人用の銀行口座への入金が可能なのも利点の一つです。
その利便性の高さから、累計申し込み数は2023年9月時点で10万件を突破しています。

 

また、資金調達QUICKのファクタリングサービスを利用する際は、通帳と身分証明書、請求書の3点以外は一切必要ありません。
事業計画書は不要ですので、書類を準備する手間がなく、気軽にファクタリングを利用できるでしょう。

 

資金調達にかかる手間を少しでも減らしたい方は、資金調達QUICKを利用してみてはいかがでしょうか。

 

GoodPlus株式会社

 

ファクタリングの利用に関する不安を軽減したいなら、GoodPlus株式会社(グッドプラス)」がおすすめです。

 

ファクタリングに必要な手数料は5%~15%と一般的ですが、取引において、最適かつ良い条件を提示してくれる点が特徴です。
さらに、他社から乗り換えると、手数料を5%優遇するサービスも行っています。

 

また、GoodPlus株式会社では、必要に応じて司法書士や弁護士、税理士などの専門家が会社経営に関する悩みを解決してくれる機会も設けています。
レスポンスの速さも魅力で、メールやLINE、電話など、利用者の都合に合わせてコミュニケーションが取れるので、使い勝手が良いと言えるでしょう。

 

ファクタリングの利用者一人ひとりに丁寧に接してくれるため、資金調達の不安をなくし、安心して取引できるファクタリング会社を選択したい方にぴったりです。

 

株式会社JTC

 

株式会社JTC」は、「入金前払いシステム」というファクタリングサービスを提供している会社です。
市場調査では、中小企業におすすめのファクタリング会社として2年連続で1位を獲得しています。

 

しかし、やや利用条件が厳しいことが難点です。

 

株式会社JTCのファクタリングを利用する条件には、「年商7,000万円以上」「最低買取金額100万円」が挙げられます。
さらに、土日の入金に対応しているのは、営業拠点である名古屋、大阪、東京の周辺地域のみです。

 

ただし、株式会社JTCでは、利用条件がクリアできず、ファクタリングを利用できないときでも、資金調達に関する支援を受けられます
M&Aの相談や事業計画の作成など、経営に関するセミナー相談会を開催しているため、専門家のアドバイスを受けて経営状況を改善したいときは、参加するのもよいでしょう。

 

ランクファクター

 

ランクファクター」は、優良な7つのファクタリング会社から、条件に合ったサービスを提案してくれるファクタリングの相談窓口です。

 

利用者とファクタリング会社の仲介役として、適切なファクタリングを利用できるようにサポートを行います。
さらに、ファクタリング会社への交渉も可能なので、ファクタリング会社と直接やり取りするよりも良い条件でファクタリングを利用できるかもしれません。

 

初めて利用する際には、売掛債権額の1%をキャッシュバックするキャンペーンも行っています。

 

また、土日・祝日も9時から24時まで無料で相談を受け付けているため、ファクタリングに関する不安を徹底的になくすことができます。

 

ファクタリング会社選びに悩んでいる方や、初めてファクタリングを利用する方にもおすすめです。

 

ジャパンマネジメント

 

審査に通過できるか不安なら、ジャパンマネジメント」を利用してもよいかもしれません。

 

ジャパンマネジメントの特徴は、審査が柔軟かつ、売掛債権を積極的に買い取ってもらえる点です。

 

そのため、ほかのファクタリング会社で審査に落ちてしまった場合でも、通過する可能性があります。
継続した取引のある売掛先の債権をもっている場合は、さらに審査の通過率が高くなるでしょう。

 

また、診療報酬・介護報酬ファクタリングも利用できることから、幅広い事業者の役に立つファクタリングサービスであることがわかります。

ジャパンマネジメントでは、出張サービスも行っているため、全国どこからでも利用できます。
来店不要で取引でき、交通費などの余分な費用もかかりません。

 

利用者に優しいサービスを提供しているので、資金不足の悩みをとことん解決したいと思っている方は、利用してみてください。

 

土日・祝日対応のファクタリングサービスをスムーズに利用するコツ

 

土日・祝日でもファクタリングの申し込みや入金に対応できる会社があるとわかり、資金調達に対する不安も少し軽減されたのではないでしょうか。

 

「休日のうちに何としても資金調達したい」と急いでいるときには、入金までスムーズに進めたいものです。

 

ここからは、土日・祝日対応のファクタリングサービスをよりスムーズに利用する3つのコツを紹介していきます。

 

コツ①必要な書類を事前に集めておく

暦上の休日にファクタリングを利用する際は、必要な書類を平日の段階で事前に集めておきましょう。

 

ほとんどのファクタリングサービスでは、請求書や通帳のコピー、身分証明書などの書類が必要です。
当日に準備すれば間に合うものもありますが、役所に申請しなければならない公的書類の提出も、追加で求められるかもしれません。

 

役所は土日・祝日が休業の場合がほとんどですので、必要な書類は事前に用意しておくことが大切です。

 

【関連記事】ファクタリングに必要な書類は?必要書類が少ないファクタリング業者7選もご紹介

 

コツ②申し込み手続きを早い時間帯に対応する

土日・祝日にファクタリングをスムーズに利用したいなら、できるだけ早い時間帯に申し込むことも重要です。
なぜなら、決められた時間までに審査を終えた場合のみ、即日の入金が可能なケースがあるからです。

 

ファクタリングの審査は、AIを導入してスピーディーに行う会社もありますが、スタッフが一つひとつ丁寧に確認している会社も数多く存在します。
専門家がチェックする場合、ファクタリングの申し込み数が多かったり、申し込みが営業時間ぎりぎりになったりすると、翌日以降の対応の可能性も考えられます。

 

そのため、少しでも早い時間に申し込み手続きを行い、資金調達にかかる時間を短縮できるように努めましょう。

 

コツ③信用力の高い売掛債権を売却する

審査に落ちて土日・祝日に資金調達できないという事態を避けるため、信用力の高い売掛債権を売却することも、休日にファクタリングを利用するコツの一つです。

 

ファクタリングの審査では、売掛先の信用力が重視されます。
それは、売掛先の支払い能力が低ければ、ファクタリング会社は売掛債権を回収できない可能性が高まるからです。

 

そのため、信用力の高い売掛債権を売却したほうがファクタリングの審査を通過しやすく、スムーズに取引が進むでしょう。
特に、大手企業や長期で取引している企業などの売掛債権を売却することが成功の鍵です。

 

土日・祝日対応のファクタリングサービスを利用する際の注意点

土日・祝日対応のファクタリングサービスは、確実に平日と同じように利用できるとは言い切れません。

 

ここでは、土日・祝日対応のファクタリングサービスを利用する際の3つの注意点を紹介します。

 

注意点①振込先の金融機関が土日・祝日に対応していないケースがある

振込先の金融機関によっては、土日・祝日に対応しておらず、ファクタリング会社から入金があっても、現金を受け取れないというケースがあります。

 

金融機関のほとんどは、土日・祝日でも入金があった場合、当日中に反映されます。
しかし、必ずしもすべての金融機関で反映されるわけではありません。

 

また、夜間では反映が難しいケースや、ATMの稼働時間の関係で現金を引き出せないケースも考えられますので、金融機関の対応可否を確認しておいてください。

 

注意点②審査に時間がかかると入金が土日・祝日に間に合わないケースがある

即日対応を謳っているファクタリング会社でも、審査に時間がかかるケースがあると覚えておきましょう。

 

土日・祝日であっても、必要書類の確認や売掛先の信用力のチェックなど、審査内容は平日と変わりません。
審査スピードはファクタリング会社によって異なりますが、細かい審査を行う場合は、予定よりも審査に時間がかかることもあり得ます。

 

審査に時間がかかると、土日・祝日のうちに入金が間に合わない可能性もあるため、間に合わなかった際の対処法を考えておくと安心です。

 

注意点③審査に落ちるケースがある

土日・祝日に限ったことではありませんが、ファクタリングの審査に落ちる場合も考えられます

 

審査の通過率が90%を超えるファクタリング会社に申し込んだとしても、必要書類の不備や売掛先の信用力の低さが原因で、審査に落ちてしまうかもしれません
審査に落ちると、当然ファクタリングは利用できませんので、資金調達は叶わなくなってしまいます。

 

ファクタリングの審査の通過率を少しでも上げるためにも、必要書類の確認や信用力の高い売掛債権の選択を行いましょう。

 

ファクタリング以外で土日・祝日に資金調達する方法

土日・祝日にファクタリングを利用して資金調達しようと思っていたものの、利用が難しくなる可能性もあり得ます。

 

どうしても資金調達したい場合は、ほかの方法を利用すれば、危機を脱することができるかもしれません。

 

ここでは、ファクタリング以外で土日・祝日に資金調達する方法を3つ紹介します。

 

方法①カードローンを利用する

土日・祝日に利用できるファクタリング以外の資金調達方法には、消費者金融のカードローンが挙げられます。

 

消費者金融は、一般の個人に対して融資を行う業者であり、申し込みから借入までのスピードが早く、当日中に資金調達できるのが特徴です。

 

消費者金融のほかには、銀行のカードローンもありますが、多くの銀行は、土日・祝日が休業となっています。
そのため、休日に資金調達したいのなら、休日も対応してくれる消費者金融を選択するしかありません。

 

また、消費者金融を選ぶ際は、返済の負担を減らすためにも、金利や無利息期間に注目することが大切です。

 

【関連記事】カードローンの仕組みを簡単に紹介

 

方法②クレジットカードのキャッシング枠を利用する

クレジットカードのキャッシング枠を利用するのも、土日・祝日に早急に資金調達する方法の一つです。
キャッシング枠とは、クレジットカードに付帯している借入可能な限度額のことです。

 

金融機関のほかに、ATMやインターネットを利用して、口座への振り込み依頼と現金の引き出しができます。

 

利用する際は、キャッシング枠のみで資金調達したい額を賄えるのかを確認し、具体的な返済計画を立てたあとに借入を決定すると安心です。

 

【関連記事】カードローンとキャッシングの違い

 

方法③周囲の方に借りる

土日・祝日に資金調達するには、苦肉の策として、家族や友人など、周囲の方にお金を借りるという手段もあります。
資金調達の際には、特別な契約や取引が必要なく、融通が利きやすいでしょう。

 

ただし、個人間の金銭の貸し借りは、人間関係のトラブルに発展しやすいため、慎重にやり取りを進める必要があります。

 

もし、周囲の方からお金の支援を受けるのであれば、借用証明を作成し、貸借した金額の食い違いを起こさないことが重要です。
そして、必ず返済期日を守り、感謝の気持ちをきちんと伝えることも忘れてはなりません。

 

土日・祝日にファクタリングを利用する際は、信用力の高い売掛債権を売却しよう

いかがでしたでしょうか。

 

土日・祝日にファクタリングを利用する際は、「申し込みの受付のみ可能なのか」「入金も可能なのか」を確認する必要があります。

 

審査の通過率が高くても、必ず審査に受かるとは限りません。
土日・祝日に資金調達を成功させるためには、申し込みの時間や売却する売掛債権の信用力、必要書類の不備などに気をつけることが重要です。

 

資金調達ニュース.comでは、土日・祝日の資金調達にも対応している優良なファクタリング会社を紹介しています。
ご自身に合ったファクタリング会社を見つけたい方は、ぜひご覧ください。

 

監修者の写真

株式会社ビートレーディング 代表取締役社長
佐々木 英世

中小企業の資金調達を支援する方法として質屋ビジネスに着目し、「BtoBの質屋」を目指して2012年4月 株式会社ビートレーディングを設立。
多くの企業が保有する資産「売掛債権」を買い取る「ファクタリングサービス」の提供を開始。
創業以来、52,000社以上の資金調達を支援し、買取債権総額は1,170億円超。
ファクタリングを社会に根付かせるため、SNS等での情報発信も行っている。

TOKYO MX「ええじゃないかBiz」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合わせて読みたい記事

おすすめの資金調達企業

  • 日本中小企業金融サポート機構

    手数料 1.5%~
    対応スピード 最短3時間~
    取り扱いサービス

    全般

    詳細はこちら→https://chushokigyo-support.or.jp/column/factoring/

    営業時間 9:30~18:00
    必要書類 売掛金の入金が確認出来る通帳のコピー3ヵ月分(表紙付)
    売掛金に関する資料(請求書・契約書など)
    特徴

    ・一般社団法人だから実現した低手数料1.5%~

    ・最短30分審査&最短3時間で入金

    ・買取金額の下限・上限なし

    企業詳細へ

     

  • 株式会社ビートレーディング

    手数料 2者間4%~12%、
    3者間2%~9%
    対応スピード 最短2時間
    取り扱いサービス

    全般

    詳細はこちら→https://betrading.jp/contents/factoring/

    営業時間

    9:30~18:00

    必要書類

    ・通帳のコピー(表紙付き、直近2か月分)
    ・売掛金に関する資料(請求書、契約書など)

    特徴

    ・全国各地52,000社以上の豊富な 買取実績

    ・入金まで最短2時間

    ・専任女性オペレーター制度導入

    企業詳細へ

     

  • MentorCapital

    手数料 2社間 10%~不明
    3社間 3%~不明
    対応スピード 最短即日
    取り扱いサービス

    2社間
    3社間

    営業時間 9:30~18:30(平日)
    必要書類

    商業登記簿謄本と印鑑証明書
    決算書や確定申告書のような会社の業績が確認できる資料
    売掛先企業との基本契約書
    契約書や発注書、納品書、請求書など
    過去の入金の確認ができる通帳

    特徴

    ・幅広い業種に対応可能
    ・赤字決済、債務超過などにも柔軟対応

    企業詳細へ

  • 株式会社セントラル

    実施年率 4.80%~18.0%
    限度額 300万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 当社ご利用限度額が50万円超、
    または他社を含めた借入総額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要
    特徴 ・女性オペレーターが対応する女性専用のプランがある
    ・平日14時までのお申し込みで即日振込が可能

    企業詳細へ

  • フタバ株式会社

    実施年率 14.96%~17.95%
    限度額 10万円~50万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 借入額が50万円を超える場合に必要
    特徴 ・郵送物なし、カードレスのWEB完結でご利用可能
    ・ポイントサービスの利用で一定期間無利息で借入可能

    企業詳細へ

  • アイフル株式会社

    実施年率 3.0%~18.0%
    限度額 1万円~800万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 必要な場合もあり
    特徴 ・21時までのお手続き完了で当日融資可能
    ・楽天銀行口座をお持ちの場合24時間振込可能

    企業詳細へ