1. ホーム
  2. 資金調達コラム一覧
  3. 相続と事業承継
  4. 従業員に事業継承を行う際の課題とは

従業員に事業継承を行う際の課題とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿日:2019年06月28日

中堅企業や中小企業の事業承継では、かつては子供などの親族が後継者になるというケースが一般的でした。しかし現在では従業員の中から後継者を選び、事業を承継するという方法が一般的になりつつあります。従業員が事業承継することによるメリットと課題について解説します。

従業員に事業継承を行う際の課題とは

従業員への事業承継(従業員承継、会社内承継)とは

中堅企業や中小企業にとって、事業を続けていくために誰を後継者として選ぶのかというのは非常に重要な経営課題です。

少子高齢化が進む近年では子供を始めとする親族に事業を承継するのが難しくなってきています。子供がいたとしても、自らが自由に好きな道を選ぶために事業を引き継がないというケースもあります。そのため従業員(役員を含む)の中から後継者を選ぶことを検討する企業が増えています。

一般的に事業承継には、経営者を誰にするかという経営承継と、自社株を誰に引き継がせるかという所有承継、そして後継者をどのように育てるかという人的承継(後継者教育)という3つの課題があります。

従業員から後継者を選んで事業承継を行う際も、多くの場合、この3つの課題をどう解決していくかが焦点となります。

従業員に事業承継するメリット

親族内承継ができない場合でも、従業員が事業を引き継いでくれるなら廃業を免れることになります。また、そのほかにも従業員に事業承継することには次のようなメリットがあります。

会社の文化・理念を維持できる

創業からの積み上げられてきた企業文化や経営理念を理解している従業員が会社を引き継ぐことができるため、スムーズな世代交代ができます。経営者が変わったとしても事業のやり方、戦略、社風といったものを大きく転換させることなく事業を継続させられます。あるいは何かを変えるとしても、あくまでもベースの部分は踏襲した上で新しい方向性を打ち出すことができるはずです。

後継者教育がやりやすい

従業員の中からであれば、経営手腕や経営センスがあると見込んだ人物を選ぶことができます。またすでに会社や事業に関する知識はあるので、そこにプラスして経営者として知っておくべきこと、学ぶべきことについて指導していくことができるでしょう。それらを一から教える場合と比べて大幅に教育コストを抑えられます。

顧客・取引先からの理解を得やすい

これまで顧客や取引先との付き合いや交流のあった従業員が事業を承継すれば、顧客・取引先からの信頼も受けやすいでしょう。資金調達を受けている銀行なども同様です。そのためにはある程度計画性を持って、あらかじめ顧客・取引先と後継の従業員との信頼関係を築いておくことも大切です。

ほかの従業員から受け入れられやすい

その従業員がほかの従業員からも一定の評価を受けていて、新しい経営者としてふさわしく、事業承継が自然な流れで行われるのであれば、従業員から反発されることは少ないはずです。外部から新しい経営者が入ってくる場合などに比べれば格段に受け入れられやすいでしょう。

従業員が事業承継する場合の課題

一方、従業員が事業承継するにあたって課題となりやすいポイントも挙げてみます。

株式を買い取る資金がない

中小企業ではオーナー経営者が自社の株式を多く所有しているのが一般的です。事業承継の際は、後継者が新しくオーナー権を得るために株式を買い取る必要があります。しかしその対価は数億円になる場合もあり、後継者にそこまでの資金が用意できることはまれです。

会社の借金が多い

会社が多くの借入金を抱えている場合は、当然、その借金も後継者が引き継ぐことになります。また、多くの中小企業では経営者個人が借入金の連帯保証人となっています。事業承継ではこの連帯保証の引き継ぎをどうするかも問題となります。後継者が新たに連帯保証人になるとしても、個人資産が少ない従業員の場合は銀行側が難色を示すこともあります。

従業員に引き受けてもらえない

ぜひ後継者にと望む人材がいるものの、相談したところ、その従業員自身から承諾が得られなかったという事例は多々あります。さらに本人が承諾したとしても、本人の配偶者などが反対するケースも考えられます。経営者になるというのは重責を担うことであり、会社の中で重要なポジションを担うとはまた別の覚悟が必要だということを理解しておく必要があります。

スムーズに従業員承継を進めるためのポイント

まずは何といっても人選が重要です。当人の能力や資質を見極めると同時に、意思確認も慎重に行う必要があります。借入金の連帯保証などのリスクについてもしっかりと説明しておくべきです。

また、株式の購入資金をどうするのかという課題についても当人と話し合い、資金面のサポート含めて最良の方法を考える必要があります。

資金がなく株式の買取ができない場合の対処法

株式の購入資金が足りない場合はいくつかの対処法が考えられます。代表的なの方法を列挙してみましょう。

  • 後継者に遺贈する(遺言を用意しておく)
  • 株価を意図的に下げて売却する(経営者が多額の退職金を受け取って資産を減らすなど)
  • 銀行やファンド、日本政策金融公庫から購入資金を調達する
  • 贈与または譲渡する(後継者に贈与税が発生する)

またこれらのほかに、後継者には株式を売却せず、経営権のみを与えるという方法もあります。ただしその場合、オーナーは旧経営者のままで所有と経営が分離した状態になります。本当の意味での事業承継とはならないので注意が必要です。

メリットの多い従業員への事業承継ですが、さまざまな課題もあります。準備期間をしっかり設けて、計画的に進めましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合わせて読みたい記事

資金調達企業比較

ファクタリング企業比較

    • 株式会社ビートレーディング

      手数料 対応
      スピード
      取り扱い
      サービス
      営業時間 必要書類
      手数料

      2社間平均10%前後

      3社間平均 5%前後
      対応
      スピード
      最短12時間
      取り扱い
      サービス
      全般
      営業時間9:30~19:00 必要書類本査定申込書
      通帳のコピー(表紙付3ヶ月分)
      契約書、請求書、領収書 etc
      特徴
      ・全国各地16,000社以上の豊富な買取実績
      ・専任の担当者による迅速・丁寧な対応

    • 一般社団法人日本中小企業金融サポート機構

      手数料 対応
      スピード
      取り扱い
      サービス
      営業時間 必要書類
      手数料2社間10~15%
      3社間1~9%
      対応
      スピード
      最短
      即日
      取り扱い
      サービス
      全般
      営業時間9:30~19:00 必要書類お客様情報シートと売掛先情報(当社規定)
      売掛金の入金が確認出来る通帳のコピー3ヵ月分(表紙付)
      契約書、請求書、領収書 etc
      身分証明書(免許証、パスポートなど)
      特徴
      ・完全非対面による郵送ファクタリング
      ・非営利活動団体として信頼できるサポート

  • 買いとるぞう

    手数料 対応
    スピード
    取り扱い
    サービス
    営業時間 必要書類
    手数料2社間12%前後
    3社間7%前後
    対応
    サービス
    最短
    即日
    取り扱い
    サービス
    2社間
    3社間
    営業時間9:30~19:00 必要書類ラクラク無料査定申込書
    契約書、請求書、領収書 etc
    取引先からの入金が確認できる通帳のコピー
    特徴
    ・締め日前の債権でも買取可能
    ・契約前の面談不要

ビジネスローン企業比較

    • ipgファイナンシャルソリューションズ

      実施年率 限度額 融資スピード 個人事業主の利用
      実施年率7.8%~18.0% 限度額1万円〜500万 融資スピード即日 個人事業主の利用可能
      特徴
      ・実店舗がなくWEB上での申込のみ可能
      ・カード発行不要で利用可能

    • 株式会社ユニーファイナンス

      実施年率 限度額 融資スピード 個人事業主の利用
      実施年率12.00%~17.95% 限度額~200万円(ビジネスローン)
      100万円~1000万円(スーパービジネスローン)
      融資スピード平日PM2:00までに審査完了された
      お客様は新規の場合を除き当日中
      個人事業主の利用不可
      特徴
      ・プロミスATMでご利用可能
      ・スーパービジネスローンの場合に担保・保証人が必要

  • 株式会社トライフィナンシャルサービス

    実施年率 限度額 融資スピード 個人事業主の利用
    実施年率6.8%~12.65% 限度額300万円~5,000万円 融資スピード審査状況によって異なるが、
    即日での融資実行が可能な場合がある
    個人事業主の利用可能
    特徴
    ・担保・保証人不要で5,000万円まで融資可能
    ・返済回数最大360回

カードローン企業比較

    • 株式会社セントラル

      実施年率 限度額 融資スピード 収入証明書
      実施年率4.80%~18.0% 限度額300万円 融資スピード最短即日 収入証明書当社ご利用限度額が50万円超、
      または他社を含めた借入総額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要
      特徴
      ・女性オペレーターが対応する女性専用のプランがある
      ・平日14時までのお申し込みで即日振込が可能

    • フタバ株式会社

      実施年率 限度額 融資スピード 収入証明書
      実施年率14.96%~17.95% 限度額10万円~50万円 融資スピード最短即日 収入証明書借入額が50万円を超える場合に必要
      特徴
      ・郵送物なし、カードレスのWEB完結でご利用可能
      ・ポイントサービスの利用で一定期間無利息で借入可能

  • アイフル株式会社

    実施年率 限度額 融資スピード 収入証明書
    実施年率3.0%~18.0% 限度額1万円~800万円
    融資スピード最短即日 収入証明書必要な場合もあり
    特徴
    ・21時までのお手続き完了で当日融資可能
    ・楽天銀行口座をお持ちの場合24時間振込可能
あなたの資金繰り状況にあった【診断書】を受け取る

無料3秒診断

オペレーターによる電話診断を希望される方はこちら!
資金調達に関する事ならお任せください

調達希望金額
調達希望日

人気キーワード

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
f_ranking_top_list
case
columns
partner
company_compare
column
company
interview_category
tinymcetemplates
middle_category
acf-field
acf-field-group
資産調達事例