1. ホーム
  2. 資金調達コラム一覧
  3. 税金ノウハウ
  4. 飲食店が取り組みたい節税対策とは

飲食店が取り組みたい節税対策とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿日:2019年03月20日

飲食店経営を継続させるためには売り上げを伸ばすだけではなく、売り上げの中からどれだけ利益を確保できるかがとても重要になります。利益を確保する方法はお客さまをたくさん呼び込むだけではありません。税金対策をすることによっても利益を増やすことが可能です。この記事では飲食店の節税対策について紹介します。

飲食店が取り組みたい節税対策とは

節税には個人事業主と法人どちらが良い?

飲食店経営だけではなく、自分で事業を興して経営をしていく方法には個人事業主として経営をする方法と、会社を設立し法人化して経営していく方法との2種類があります。

税金を節税するためには個人事業主と法人のどちらが良いのか、比較してみましょう。

 

経営の状況によって支払うこととなる税金は異なるので全てに当てはまるわけではありませんが、一般的には登記の費用を確保できている状態で共同経営者がいる、家族が従業員で会社の利益から給料を支払っているなどの状況で、一定以上の売り上げが見込めるのであれば会社を設立し、企業として経営した方が節税になるといわれています。

だいたい600万円以上の売り上げを毎年安定して確保できるのであれば法人として事業を行っていた方が節税になるでしょう。

 

上記の条件に当てはまらないのであれば個人事業主として経営を続けていた方が税金面ではお得です。

個人事業主として経営していくメリットの1つにいろいろなものを経費として認めてもらえるというのがあります。

経費は多ければ多いほどその分利益を少なく計上することができます。

利益を少なく計上できればそれに比例して税金は安くなるため、経費の面では個人事業主のほうが税金対策はしやすいでしょう。

 

特に、事業を始めたばかりのころは開業時にはさまざまな経費がかかりますし、顧客を確保できるまでは売り上げもあまり見込めないので個人事業主としてスタートしたほうが無難です。

飲食店経営者が把握しておくべき税金

経営者として事業を続けていくためには事業をすることによってどのような税金がかかるのかをしっかりと把握しておくことも節税をするためには大切です。

 

個人事業主として飲食店を経営した場合は、所得税、住民税、消費税、個人事業税などが必要になります。

所得税は会社員の人でも支払うこととなっていますが、労働や売買などによって一定以上の利益を得た場合にかかる税金です。

住民税は住んでいる都道府県に対して支払うこととなる税金で住んでいる場所によって住民税は異なります。

 

個人事業税は個人で事業を経営している人に対してかかる税金ですが、事業所得が290万円以下の場合、個人事業税は免除となります。

また、個人事業主の場合は消費税も支払うこととなります。

所得税は赤字の時には免除となりますが、消費税に関しては100万円以上の取引があった場合、赤字でも支払わなければいけないため注意が必要です。

 

一方、会社を設立するといろいろと細かい税金を支払うことになりますが、特に押さえておきたいのが法人税、法人事業税、消費税、法人住民税です。

法人税は会社が事業をし、所得を得た際に支払うこととなる、個人事業主でいえば所得税にあたる税金です。

 

ちなみに会社として経営していれば基本的に所得税は支払う必要がありませんが、会社の売り上げから社長の給料を支払っている場合は社長の給料に対して所得税がかかります。

また、住民税と同様にその会社を経営している都道府県に対して法人住民税も支払うこととなっています。

法人事業税は個人事業主が支払う税金のうち、個人事業税に当たる税金です。

そして、事業を行う際には顧客との取引が必ず発生しるため、個人事業主と同様に消費税も支払う必要があります。

飲食店の節税対策のポイント

飲食店独自の節税対策としては経費となるものを正しく理解し、できるだけ詳細に確定申告の際に報告するのが最も確実です。

飲食店が経費として計上できるものの中には意外なものが経費として認められることが多いです。

飲食店が節税をするためには一年間でどのような出費があったかをまとめ、個別に経費として計上できないかチェックしていくことが大切です。

節税のために知っておきたい飲食店の経費

飲食店を経営していて経費として計上できるものとして代表的なものは料理を作るために必要な食材の仕入れ代や店舗を運営していくために必要となる光熱費です。

例えば、社員全員で忘年会などをした場合にかかった費用は接待交際費として認められれば経費として計上することが可能です。

 

また、社員などに出されるまかないも社員が食費の半運以上負担していて、会社の負担額が月3,500円以下の場合は福利厚生費として計上することができます。

先ほど書いた通り個人事業主は接待交際費に上限が無いなど、経費を計上するためのハードルが法人と比べるとかなり低いので経費をいかに計上できるかが節税対策の大きなポイントとなります。

さらに、法人として飲食店を経営し、経営者自身や家族の給料を会社の売り上げから支払っている場合も経費として認められます。

飲食店の節税対策は経営していく上でどのようなことで出費をしているかをきちんと把握し、一つ一つ経費として計上できないかチェックした上で確定申告時に詳細に経費を申告することがとても重要です。

もし、経費として計上できるか判断に困った場合は税理士など専門家に相談してみましょう。

飲食店の資金調達事例はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合わせて読みたい記事

資金調達ランキング

  • 日本中小企業金融サポート機構

    手数料 2社間10~15%
    3社間1~9%
    対応スピード 最短即日
    取り扱いサービス 全般
    営業時間 9:30~19:00
    必要書類 お客様情報シートと売掛先情報(当社規定)
    売掛金の入金が確認出来る通帳のコピー3ヵ月分(表紙付)
    契約書、請求書、領収書 etc
    身分証明書(免許証、パスポートなど)
    特徴 ・完全非対面による郵送ファクタリング
    ・BtoBシエン独自のファクタリングサービスで最短当日お振込み

    企業詳細へ

  • 株式会社ビートレーディング

    手数料 2社間平均10%前後、
    3社間平均 5%前後
    対応スピード 最短12時間
    取り扱いサービス

    全般

    営業時間

    9:30~19:00

    必要書類

    本査定申込書
    通帳のコピー(表紙付3ヶ月分)
    契約書、請求書、領収書 etc

    特徴

    ・全国各地16,000社以上の豊富な 買取実績
    ・専任の担当者による迅速・丁寧な対応

    企業詳細へ

  • MentorCapital

    手数料 2社間 10%~不明
    3社間 3%~不明
    対応スピード 最短即日
    取り扱いサービス

    2社間
    3社間

    営業時間 9:30~18:30(平日)
    必要書類

    商業登記簿謄本と印鑑証明書
    決算書や確定申告書のような会社の業績が確認できる資料
    売掛先企業との基本契約書
    契約書や発注書、納品書、請求書など
    過去の入金の確認ができる通帳

    特徴

    ・幅広い業種に対応可能
    ・赤字決済、債務超過などにも柔軟対応

    企業詳細へ

  • ipgファイナンシャルソリューションズ

    実施年率 7.8%~18.0%
    限度額 1万円〜500万
    融資スピード 即日
    個人事業主の利用 不可
    特徴 ・実店舗がなくWEB上での申込のみ可能
    ・カード発行不要で利用可能

    企業詳細へ

  • 株式会社ユニーファイナンス

    実施年率 12.00%~17.95%
    限度額 ~200万円(ビジネスローン)
    100万円~1000万円(スーパービジネスローン)
    融資スピード 平日PM2:00までに審査完了された
    お客様は新規の場合を除き当日中
    個人事業主の利用 不可
    特徴 ・プロミスATMでご利用可能
    ・スーパービジネスローンの場合に担保・保証人が必要

    企業詳細へ

  • 株式会社トライフィナンシャルサービス

    実施年率 6.8%~12.65%
    限度額 300万円~5,000万円
    融資スピード 審査状況によって異なるが、
    即日での融資実行が可能な場合がある
    個人事業主の利用 可能
    特徴 ・担保・保証人不要で5,000万円まで融資可能
    ・返済回数最大360回

    企業詳細へ

  • 株式会社セントラル

    実施年率 4.80%~18.0%
    限度額 300万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 当社ご利用限度額が50万円超、
    または他社を含めた借入総額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要
    特徴 ・女性オペレーターが対応する女性専用のプランがある
    ・平日14時までのお申し込みで即日振込が可能

    企業詳細へ

  • フタバ株式会社

    実施年率 14.96%~17.95%
    限度額 10万円~50万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 借入額が50万円を超える場合に必要
    特徴 ・郵送物なし、カードレスのWEB完結でご利用可能
    ・ポイントサービスの利用で一定期間無利息で借入可能

    企業詳細へ

  • アイフル株式会社

    実施年率 3.0%~18.0%
    限度額 1万円~800万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 必要な場合もあり
    特徴 ・21時までのお手続き完了で当日融資可能
    ・楽天銀行口座をお持ちの場合24時間振込可能

    企業詳細へ