1. ホーム
  2. 資金調達コラム一覧
  3. ファクタリング
  4. ファクタリングは運送業に最適!おすすめの会社7選を紹介

ファクタリングは運送業に最適!おすすめの会社7選を紹介

公開日:
更新日:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運送業の需要は伸び続けていますが、多くの事業者が資金繰りに苦しんでいる業種でもあります。
「売掛金が入金されるまでに、資金がショートしてしまう……」とお悩みの方も、多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、運送業のキャッシュフローを悪化させている要因を整理したうえで、その解決策となるファクタリング会社を紹介します。
事業を継続するために、売掛金の早期現金化を希望する運送業の方は、ぜひご覧ください。

ファクタリングは運送業に最適!おすすめの会社7選を紹介

おすすめのファクタリング会社

申し込みから最短2時間で入金可能

  • 審査時間は最短30分、業界最高水準の対応スピード
  • 手数料2%~で業界最低水準
  • 審査に必要な書類は2点のみ
  • オンライン契約で全国対応可能
  • 累計取扱高1,300億円、累計取引社数58,000社(2024年3月時点)

運送業における資金繰りの問題点

運送業は、業界特有のさまざまな要因によって、資金繰りが悪化しやすい傾向にあります。
代表的な問題点を、一つずつ確認していきましょう。

 

運送コストが安定しない

運送業では、トラックやバイクで荷物を運びます。

 

この際生じる燃料費は、日々価格が変動するものなので、運送コストが安定しません。

 

近年、原油価格が高騰している背景に、円安による輸入コストの上昇や、新型コロナウイルスの感染者数が減少し、経済活動が回復するなかでの需要増加などがあります。

 

これにくわえて、中東やウクライナで起こっている地政学的リスクの高まりも、長期的要因に挙げられるでしょう。

 

日本では、ガソリンや軽油の原料である原油の99%以上を輸入に頼っています。

 

そのため、国際情勢の変動で原油価格が高騰したときに、どうしても燃料コストがかさみ、運送業は打撃を受けてしまうのです。

 

売上が年間を通して一定ではない

売上が年間を通して一定ではないこともまた、運送業の抱える問題点です。

 

運送業は繁忙期と閑散期がはっきりしており、売上に大きな差が生まれます。

 

たとえば、クリスマスやお正月のある年末年始は、オンラインショッピングを利用する方が増えるため、運送業の需要が高まるタイミングです。

 

一方で、イベントがないシーズンは仕事の量が少なくなり、売上も低下してしまいます。

 

事前にある程度予測することはできるものの、うまくキャッシュフローを管理しなければ、閑散期に資金不足に陥りかねません

 

ただ、売上が増加すれば安心できるわけでもなく、それに伴い燃料費や人件費も膨らみます。

 

これらの運転資金は現預金などで支払う必要があるため、売掛金の回収までに手元の資金が底をつき、黒字倒産を招くおそれもあります。

 

利益率が低い

運送業は、比較的利益率が低い業種です。

 

特に近年は、燃料費の高騰や労働力不足により、赤字経営の事業者が増えています。

 

業界団体である全日本トラック協会の発表によると、運送業の令和3年度における平均営業利益率は-0.9%となっており、ここ数年は小幅ながら赤字続きの状況です。

 

【運送業の平均営業利益率の推移】

年度

平均営業利益率

令和3年度

-0.9%

令和2年度

-0.4%

令和元年度

-1.0%

平成30年度

-0.1%

平成29年度

-0.3%

 

運送業は、車両10台以下の小規模な事業者がほとんどです。

 

車両10台以下の事業者では、その65%が営業赤字というデータが出ています。

 

赤字の状態が続いている事業者は、なんらかの対策を講じない限り、近い将来、事業継続が困難になるかもしれません。

 

参照元:経営分析報告書 令和3年度決算版

 

固定費がかかる

運送業が事業を継続させるには、多くの固定費がかかります。

 

【運送業の固定費】

  • 従業員に支払う給料
  • 自動車税
  • 自動車保険の保険料
  • 事務所や駐車場などの地代家賃

これらの固定費は売上の多寡にかかわらず、必ず発生するものです。

 

月々の売上が安定しない運送業においては、資金繰りの悪化を防ぐうえで、可能な限り固定費を抑えることが重要です。

 

当然のことながら、固定費がかさめばかさむほど、資金繰りが悪化する要因となります。

 

車両の故障や事故などの予期せぬ支出がある

どんなに注意していたとしても、車両の故障や事故などによって、突発的な支出が発生する可能性があります。

 

交通事故で車両が使えなくなった場合、修理や買い替えが必要です。

 

新たに車両を購入しなくてはならないときは、数百万円~数千万円がかかります。

 

保険に加入していない場合はその全額を、保険に加入している場合でも保険金でまかないきれない部分は、自身で負担しなければなりません。

 

ほかにも、積み荷に生じた損害の補償やドライバーの治療費、加害者となった場合には示談金など、事故を起こすと諸々の費用がかかります。

 

ただでさえ運送業は、法改正や規制強化に対応するため、コストがかさみがちです。

 

たった1件の事故がきっかけで、廃業に追い込まれた事業者も少なくありません

 

運送業を取り巻く2024年問題

運送業で常態化している資金繰りの問題点にくわえて、現在事業者たちの頭を悩ませている要因には「2024年問題」も含まれます。

 

トラックドライバーは長いあいだ、長時間労働が慢性化していました。

 

その背景には、ドライバーの人員不足や、EC(電子商取引)の成長による、需要の増加があります。

 

それを問題視した国は、働き方改革関連法を改正し、2024年4月から時間外労働時間に上限が設定されることになりました。

 

一見すると、労働環境が改善されて、業界がホワイト化する良いきっかけに思えますが、新たに発生する問題も少なくありません。

 

労働時間に制限が設けられたことで、これまで通りの売上を維持するには、ドライバーを増員する必要があるものの、十分な人員を確保できていないのが最大の問題です。

 

これを放置したままでは、運送業の売上や利益の減少につながり、資金繰りはますます悪化することが予想されます。

 

そのような状況になったときに事業を継続するには、なんらかの方法で資金を調達する必要があります。

 

参照元:厚生労働省「建設業・ドライバー・医師等の時間外労働の上限規制

 

ビートレーディング

 

ファクタリングとは

ファクタリングとは、事業者が保有する売掛金を売却し、手数料を差し引いた額を調達できるサービスのことです。

 

本来の支払期日を待つことなく、売掛金を現金化できるため、特に支払いサイトの長い業種に適しています。

 

これは、売掛金の発生から回収までに60日程度を要することが珍しくない、運送業も例外ではありません。

 

ファクタリングを利用して、早期に資金を調達することで、キャッシュフローの改善が見込めます。

 

運送業がファクタリングを利用するメリット

ここからは、運送業がファクタリングを利用する3つのメリットを解説します。

 

メリット①素早く資金を調達できる

ファクタリングを利用する最大のメリットは、すぐに資金を調達できる点です。

 

運送業は、売掛金の支払いサイトが長く設定されることが多く、手元の資金が不足しやすい業種です。

 

下請事業者の利益の保護を目的とする「下請代金支払遅延等防止法」では、売掛金の発生から支払いまでの期間を60日以内とすることが定められています。

 

(下請代金の支払期日)
第二条の二 下請代金の支払期日は、親事業者が下請事業者の給付の内容について検査をするかどうかを問わず、親事業者が下請事業者の給付を受領した日(役務提供委託の場合は、下請事業者がその委託を受けた役務の提供をした日。次項において同じ。)から起算して、六十日の期間内において、かつ、できる限り短い期間内において、定められなければならない。
2 下請代金の支払期日が定められなかつたときは親事業者が下請事業者の給付を受領した日が、前項の規定に違反して下請代金の支払期日が定められたときは親事業者が下請事業者の給付を受領した日から起算して六十日を経過した日の前日が下請代金の支払期日と定められたものとみなす。

引用元:下請代金支払遅延等防止法 _ e-Gov法令検索

 

ほとんどの場合、この規定ギリギリで支払期日が設定されることが多く、実態として多数の運送事業者が長い支払いサイトを受け入れています

 

ファクタリング会社に売掛金を売却すれば、設定されている支払いサイトにかかわらず、素早く現金を手にすることが可能です。

 

売掛金を回収するサイクルが長いために、資金繰りが悪化している事業者は、ファクタリングが大きな助けとなるでしょう。

 

メリット②審査に通りやすい

ファクタリングは、一般的な銀行融資と比較し、審査に通りやすい傾向があります。

 

銀行融資の審査で重視されるのは、事業者自身の返済能力です。

 

しかし、先述の通り運送業は利益率が低く、赤字経営の事業者も珍しくありません。

 

そのような状況から、返済能力が不十分だと判断されれば、審査に通るのは厳しいでしょう。

 

一方で、ファクタリングの審査では、売掛先の信用度が重視されます。

 

買取対象の売掛金に問題がないと判断されれば、審査を通過し、問題なく資金を調達できるはずです。

 

メリット③利用者の負債が増えない

ファクタリングは銀行融資とは異なり、利用する事業者の負債が増えることはありません。

 

なぜなら、ファクタリングは債権譲渡契約に該当するからです。

 

運送業はただでさえ、赤字の事業者が多い業種です。

 

売掛金を売却して得た資金は、貸借対照表上、負債に計上されないため、これ以上財務状況を悪化させたくない場合も、ファクタリングは有力な選択肢になります。

 

運送業がファクタリング会社を選ぶときに確認したいポイント

ファクタリング会社は数多く存在しており、それぞれ強みの異なるサービスを提供しています。

 

ファクタリングを利用する際は、以下のポイントを確認し、自社に適したサービスを選んでください。

 

ポイント①手数料率

まずは、売掛金を売却する際に差し引かれる、手数料の料率を確認しましょう。

 

ファクタリング会社によって、設定されている手数料率が異なるため、それが妥当なものであるかを見極めないといけません。

 

手数料率の相場は、2者間ファクタリングが8%~18%3者間ファクタリングが2%~9%となっています。

 

相場を大きく上回る手数料率を設定しているファクタリング会社は、違法業者の可能性があるため、利用を控えるのが無難です。

 

ポイント②取引実績

ファクタリング会社の取引実績も、確認したい項目の一つです。

 

一部のファクタリング会社のホームページには、過去に取引した事業者数や、売掛金の累計買取額が掲載されています。

 

日本は現状、ファクタリングに関する規制が緩く、乱立するファクタリング会社のなかに悪徳会社も紛れているのが実態です。

 

複数社を比較検討し、ホームページが存在しない、または取引実績を公表していないところを避けることで、信用に足るファクタリング会社を選ぶことができます。

 

ポイント③入金スピード

ファクタリング会社に売掛金を持ち込んでから、入金されるまでのスピードは、急いで資金を得なければならない事業者が、もっとも重視したいポイントです。

 

事前に確認しておかなければ「慌てて申し込んだものの、入金されるのが遅く、資金が必要なタイミングに間に合わなかった」という事態にあいかねません。

 

「最短即日の入金が可能」「土日・祝日は対応していない」など、会社によって営業日や営業時間が異なるため、注意しましょう。

 

ポイント④買取可能額

売掛金の買取可能額も、ファクタリング会社によって差がある部分です。

 

当然のことながら、現金化したい売掛金の額がファクタリング会社の提示条件に合致していなければ、買い取ってもらうことができません。

 

買取可能額には上限だけではなく、下限も設定されているケースがあります

 

一方で、買取可能額に制限を設けていない会社もあるので、不安な方はそのようなファクタリング会社を選ぶのがおすすめです。

 

ポイント⑤契約形態

ファクタリングの契約形態にも、目を通しておきましょう。

 

ファクタリングには、2者間ファクタリングと3者間ファクタリングが存在し、両者は現金化までのスピードや、手数料率の相場などが異なります

 

もっとも大きな違いとしては、債権譲渡契約に際する、売掛先への通知の有無が挙げられます。

 

それぞれメリットとデメリットがあり、どちらの契約形態が良いとは一概に言えないため、重視する項目を絞って選んでください。

 

ポイント⑥償還請求権

ファクタリング会社を選ぶ際は、償還請求権の有無も確認しておきましょう。

 

ファクタリング契約には本来、償還請求権がないため、売掛金の売却後に売掛先が倒産したとしても事業者が責任を負うことはありません。

 

しかし、契約内容に償還請求権がある場合、ファクタリングと名のつくサービスであっても、その契約は融資に該当する可能性があります。

 

償還請求権がある融資契約を締結すると、売掛先が倒産したときに、回収できなくなった売掛金を事業者が弁済する責任が生じます。

 

あくまでも償還請求権のない契約が一般的ですから、念のためチェックしておくのがよいでしょう。

 

ポイント⑦対象事業者

ご自身が個人事業主として運送業を営んでいる場合は、ファクタリング会社が対象としている事業者に、自らが該当しているかの確認も必須です。

 

ファクタリング会社によっては、対象事業者を法人のみとしているところがあり、個人事業主とは取引していない可能性があるからです。

 

「条件の良いファクタリング会社をピックアップしたものの、個人事業主に対応しておらず、利用できなかった」ということもありますので、注意しましょう。

 

運送業におすすめのファクタリング会社7選

ここからは、運送業におすすめのファクタリング会社7選を紹介します。
上に挙げたポイントに注目し、ご自身に合ったサービスを見つけてください。

 

ビートレーディング

 

手数料率

2者間:4%~12%

3者間:2%~9%

審査時間

最短30分

入金スピード

最短2時間

買取可能額

制限なし

契約形態

2者間・3者間

対象事業者

個人事業主・法人

運営会社

株式会社ビートレーディング

 

ビートレーディングは、2024年3月時点で58,000社以上の取引実績のある、大手ファクタリング会社です。

 

ほかのファクタリング会社と比べて、提出する書類が少なく、直近2か月分の通帳のコピーと、請求書など売掛金の存在を示す資料の2点のみで申し込めます

 

申し込みから最短2時間で入金されるため、一刻も早く現金が必要、という場合には心強い味方といえます。

 

ビートレーディングに
無料で相談する

 

日本中小企業金融サポート機構

 

手数料率

1.5%~

審査時間

最短30分

入金スピード

最短3時間

買取可能額

制限なし

契約形態

2者間・3者間

対象事業者

個人事業主・法人

運営会社

一般社団法人日本中小企業金融サポート機構

 

日本中小企業金融サポート機構は、中小企業の資金調達を支援することを目的に、さまざまなサービスを展開しています。

 

その一つであるファクタリングサービスでは、買取可能額に制限を設けていないため、少額から高額までのさまざまな売掛金が買取対象となっています。

 

関東財務局長および関東経済産業局長が認定する「経営革新等支援機関」であることも、安心できる材料です。

 

日本中小企業金融サポート機構に

無料で相談する

 

みんなのファクタリング

 

手数料率

非公開

審査時間

最短1時間

入金スピード

最短1時間

買取可能額

制限なし

契約形態

2者間

対象事業者

個人事業主・法人

運営会社

株式会社チェンジ

 

入金スピードを重視したいときにおすすめなのが、みんなのファクタリングです。

 

すべての手続きをWeb上で進められるのはもちろん、独自のAIを用いた審査によって、申し込みから最短1時間で振込が完了します。

 

また、18時までに契約に進めば、土日・祝日であっても当日中に資金を調達できるため、予期せぬ支出があった際に重宝するサービスです。

 

株式会社Mentor Capital

 

手数料率

非公開

審査時間

最短30分

入金スピード

最短1日

買取可能額

30万円~1億円

契約形態

2者間・3者間

対象事業者

個人事業主・法人

運営会社

株式会社Mentor Capital

 

株式会社Mentor Capitalが提供するファクタリングサービスでは、対面で対応してもらえる安心感があります。

 

契約の際は、東京にある本社への来店または担当者の出張が必要ですが、決して入金スピードが遅いわけではありません。

 

担当者の出張による契約は、全国どこでも対応しており、手続きがスムーズに進めば、最短で即日の入金が可能です。

 

ベストファクター

 

手数料率

2%~

審査時間

最短1日

入金スピード

最短1日

買取可能額

30万円~1億円

契約形態

2者間・3者間

対象事業者

個人事業主・法人

運営会社

株式会社アレシア

 

ベストファクターは、申し込み当日の振込にも対応しているファクタリングサービスです。

 

2024年3月時点での即日振込実行率は59.5%と、多くの事業者が素早い資金調達を実現していることがわかります。

 

また、運営元である株式会社アレシアは、請求書だけではなく、注文書や発注書を現金化する『BESTPAY』というサービスも提供しています。

 

OLTA

 

手数料率

2%~9%

審査時間

最短1日

入金スピード

最短1日

買取可能額

制限なし

契約形態

2者間

対象事業者

個人事業主・法人

運営会社

OLTA株式会社

 

信頼性の高いファクタリング会社をお探しの場合は、OLTAが適しています。

 

三菱UFJ銀行や三井住友銀行、みずほ銀行など、メガバンクをはじめ、多くの金融機関と提携しており、利用者が安心して利用できるサービスの提供に力を入れています。

 

また、日本経済新聞やきんざいOnlineなど、誰もが知る大手メディアで取り上げられた実績が豊富にあることも、信頼を裏打ちするポイントです。

 

うんそうくん

 

手数料率

5%~

審査時間

最短2時間

入金スピード

最短2時間

買取可能額

制限なし

契約形態

2者間

対象事業者

個人事業主・法人

運営会社

株式会社adbiz

 

うんそうくんは、運送業に特化したファクタリングサービスです。

 

請求書だけではなく、注文書をもとにした売掛金の買取にも対応しています。

 

運送業であれば、個人事業主や開業したばかりの事業者、赤字決算の法人など、多くの方が利用できます。

 

金融機関やほかのファクタリング会社から利用を断られてしまった方は、一度相談してみてはいかがでしょうか。

 

運送業がファクタリングを利用するタイミング

運送業が資金繰りに悩み、ファクタリングの利用を検討するタイミングとしては、次のようなものが考えられます。

 

【運送業がファクタリングを利用するタイミング】

  • 運送コストが高騰したとき
  • 車両や設備を導入したいとき
  • 人員確保のための費用を捻出したいとき
  • 予期せぬトラブルが発生したとき
  • 売掛金が膨らみ、手元資金がひっ迫したとき
  • つなぎ資金がほしいとき

運送業では、イレギュラーな支出が発生し、まとまった資金が必要になるシチュエーションが往々にして起こります。

 

そのようなときに、ファクタリングサービスを利用し、売掛金を早期に現金化しておくことは、問題を解決する有力な手段になるはずです。

 

ファクタリングは、運送業特有のトラブルを解決してくれる

本記事では、運送業における資金繰りの問題点を解説したうえで、それを解決するおすすめのファクタリング会社を紹介しました。

 

運送業は赤字経営の事業者が珍しくないうえに、突発的な支出が発生し、さらにキャッシュフローが悪化するリスクを恒常的に抱えています。

 

そのような場面でうまくファクタリングサービスを利用できれば、負債を計上せずに迅速な資金調達が叶うはずです。

 

資金調達ニュース.comでは、優良なファクタリングサービスを数多く紹介しています。

売掛金の早期現金化を希望する運送業の方は、ぜひ参考にしてください。

おすすめのファクタリング会社

申し込みから最短2時間で入金可能

  • 審査時間は最短30分、業界最高水準の対応スピード
  • 手数料2%~で業界最低水準
  • 審査に必要な書類は2点のみ
  • オンライン契約で全国対応可能
  • 累計取扱高1,300億円、累計取引社数58,000社(2024年3月時点)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合わせて読みたい記事

おすすめの資金調達企業

  • 日本中小企業金融サポート機構

    手数料 1.5%~
    対応スピード 最短3時間~
    取り扱いサービス

    全般

    詳細はこちら→https://chushokigyo-support.or.jp/column/factoring/

    営業時間 9:30~18:00
    必要書類 売掛金の入金が確認出来る通帳のコピー3ヵ月分(表紙付)
    売掛金に関する資料(請求書・契約書など)
    特徴

    ・一般社団法人だから実現した低手数料1.5%~

    ・最短30分審査&最短3時間で入金

    ・買取金額の下限・上限なし

    企業詳細へ

     

  • 株式会社ビートレーディング

    手数料 2者間4%~12%、
    3者間2%~9%
    対応スピード 最短2時間
    取り扱いサービス

    2者間・3者間ファクタリング

    注文書ファクタリング

    介護・診療報酬ファクタリング

    営業時間

    9:30~18:00

    必要書類

    ・通帳のコピー(表紙付き、直近2か月分)
    ・売掛金に関する資料(請求書、契約書など)

    特徴

    ・全国各地58,000社以上の豊富な 買取実績

    ・入金まで最短2時間

    ・専任女性オペレーター制度導入

    企業詳細へ

     

  • MentorCapital

    手数料 2社間 10%~不明
    3社間 3%~不明
    対応スピード 最短即日
    取り扱いサービス

    2社間
    3社間

    営業時間 9:30~18:30(平日)
    必要書類

    商業登記簿謄本と印鑑証明書
    決算書や確定申告書のような会社の業績が確認できる資料
    売掛先企業との基本契約書
    契約書や発注書、納品書、請求書など
    過去の入金の確認ができる通帳

    特徴

    ・幅広い業種に対応可能
    ・赤字決済、債務超過などにも柔軟対応

    企業詳細へ

  • 株式会社セントラル

    実施年率 4.80%~18.0%
    限度額 300万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 当社ご利用限度額が50万円超、
    または他社を含めた借入総額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要
    特徴 ・女性オペレーターが対応する女性専用のプランがある
    ・平日14時までのお申し込みで即日振込が可能

    企業詳細へ

  • フタバ株式会社

    実施年率 14.96%~17.95%
    限度額 10万円~50万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 借入額が50万円を超える場合に必要
    特徴 ・郵送物なし、カードレスのWEB完結でご利用可能
    ・ポイントサービスの利用で一定期間無利息で借入可能

    企業詳細へ

  • アイフル株式会社

    実施年率 3.0%~18.0%
    限度額 1万円~800万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 必要な場合もあり
    特徴 ・21時までのお手続き完了で当日融資可能
    ・楽天銀行口座をお持ちの場合24時間振込可能

    企業詳細へ