1. ホーム
  2. 資金調達コラム一覧
  3. 金融機関からの借入
  4. 【相場はどれくらい?】個人事業主が銀行融資を受ける場合の金利とは

【相場はどれくらい?】個人事業主が銀行融資を受ける場合の金利とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

個人事業主の方が資金調達をする場合、銀行融資は有力な選択肢のひとつです。ただ、銀行融資を受ける以上は必ず返済しなければならないので、どれぐらいの金利で銀行融資を受けられるかは個人事業主の方にとって悩みの種かもしれません。本記事では、銀行から低金利で融資を受けるポイントなどについて説明すると同時に、銀行融資を受けられない場合に利用できる資金調達の方法についても紹介します。

【相場はどれくらい?】個人事業主が銀行融資を受ける場合の金利とは

ここでは下記3つについて徹底解説をしていきます。
・銀行などの各金融機関での金利相場
・低金利で銀行融資を受けるための4つのポイント
・銀行融資を受けられない場合に取りうる選択肢

 

ぜひ、最後までご覧ください。

融資可能な金融機関は主に3種類

個人事業主の方が融資を受ける際に利用できる可能性のある金融機関は、主に以下の3種類です。

・政府系金融機関(日本政策金融公庫)

・銀行や信用金庫

・消費者金融などのノンバンク

 

政府系の金融機関である日本政策金融公庫は、主に中小企業や個人事業主を対象にして融資を行っています。

 

ほかの金融機関と比べても低金利での融資が可能であり、新しく起業したい方から既存事業をより手広く行うための資金が必要な方まで、幅広い人が融資を受けることができます。

 

銀行や信用金庫は、「融資を受ける」と聞いた先に真っ先に思い浮かべる金融機関ではないでしょうか。

 

銀行や信用金庫自体の数が非常に多いですし、それぞれの銀行・信用金庫で複数の融資商品を取り扱っているので、融資に関して非常に多くの選択肢があります。

 

消費者金融などのノンバンクでは、ほかの金融機関よりもスピーディーに融資を受けられる可能性が高いです。

 

ただしその分金利が少々高めになっていることが多いので、返済時の負担を十分考慮したうえで利用しなければなりません。

各金融機関での金利相場

それぞれの金融機関での金利について、低めや高めという部分に少し触れましたが、具体的にはどれくらいの金利で融資が受けられるのでしょうか。

 

金融機関や融資商品、または融資を受ける側の属性などによって多少変わりはしますが、各金融機関での金利相場は、概ね以下の通りです。

金融機関 金利相場
日本政策金融公庫 1%台
銀行や信用金庫 2%台~10%前後
消費者金融などのノンバンク 5%前後~17%前後

 

日本政策金融公庫の金利が頭一つ抜けて低く、銀行や信用金庫およびノンバンクの金利は、非常に幅広くなっています。

 

金利だけ見ると日本政策金融公庫で融資を受けるのが理想的なのですが、日本政策金融公庫では融資の審査に1ヵ月程度の期間を要します。

 

銀行の場合は1週間程度で融資を受けられるので、融資を受けられるまでにかかる時間と金利のバランスを考えると、銀行でできるだけ低金利で融資をしてもらうことを目指すのがよいでしょう。

 

低金利で銀行融資を受ける4つのポイント

銀行融資で適用される金利は、さまざまな要素をもとにして決定されます。

 

銀行から低金利で融資を受けるためのポイントについて、以下で説明します。

 

格付けを改善する

銀行では個人事業主や企業それぞれに対して、「格付け」を定めています。

この格付けが一定以上でなければ銀行融資自体そもそも行ってもらえませんし、一定以上の中でさらに上の位置付けになるほど、より有利な条件で銀行融資を受けられます。

そのため、銀行の中での格付けを改善してもらうことで、低金利で銀行融資を受けられる可能性が高くなります。

格付けは経営状況や決算書の内容などによって決まるので、以下に挙げるようなことを心がけましょう。

・業績を上げて黒字決算を実現する

・財務状況を改善してキャッシュフローをよくする

融資希望金額と資金使途を明確にする

銀行にとって「なぜ借りたいのか」「どれくらい借りたいのか」は、銀行融資の可否を判断するうえで重要なポイントです。

この部分がしっかりしていると好印象を与えられるだけでなく、銀行融資の際にも有利な条件を適用してもらえる可能性が高くなります。

逆に「使い道は決まっていないけれど借りられるだけ借りたい」というような融資希望者は、銀行がもっとも敬遠するタイプです。

使い道が決まっていない以上、今後の計画をまっとうに立てられるわけがなく、返済計画にも信頼をおけないからです。

融資希望金額と資金使途を明確にしたうえで申し込むことを心がけましょう。

説得力のある経営計画書を作成する

銀行は格付けを行う際に、決算書だけでなく経営計画書の中身も重視します。

決算書にはこれまでの事業の成果が表れていますが、経営計画書には未来に対する展望が表れているからです。

そのため、決算書の内容があまり芳しくなくとも、経営計画書に記されているビジョンがしっかりしていると思ってもらえれば、有利な条件で資金調達を行える可能性があります。

経営計画書の内容を裏付けるためのデータや、計画の具体的な実現方法などを盛り込むことで、説得力のある経営計画書を作成しましょう。

適切な会計処理を行う

会計処理が適切であるかどうかも、融資条件の判断におけるポイントのひとつです。

会計処理が適切であるかどうかの判断には、日本税理士会連合会・日本公認会計士協会・日本商工会議所・企業会計基準委員会によって作成された「中小企業の会計に関する指針」が用いられることが多いです。

この指針に沿って会計処理を行っていれば、会計処理が適切であると判断されて、銀行融資を受けやすくなります。

会計処理をどのように行うかは各企業・個人事業主次第ではありますが、有利とされる方法があるのであれば、その方法に従わない手はありません。

銀行融資を受けられない際は別の選択肢も

銀行融資を受けられない場合は、ほかの金融機関でも同様に融資を受けられない可能性があります。

 

その場合は、融資以外の方法で資金を調達しなければなりません。

主に考えられる方法として、クラウドファンディングとファクタリングについて、以下で説明します。

 

クラウドファンディング

クラウドファンディングでは、新しい商品・サービス・事業などのアイデアを公開して、賛同してくれる人から出資を募ります。

融資ではないので集まったお金を返済する必要はありませんし、金融機関の審査に通過できるだけの信用力がない企業や個人事業主でも、資金を調達することができます。

ただし、資金を集められるまでには少し時間がかかりますし、アイデアをネットに公開する以上、盗用されてしまう可能性は念頭に置いておかなければなりません。

ファクタリング

ファクタリングは、保有している売掛金をファクタリング会社に買い取ってもらって資金化することで、資金調達を行う方法です。

売掛金をもとにして資金調達を行えるので、自社の信用は一切関係ありませんし、利用するファクタリング会社によっては即日で資金調達を行えることもあります。

ただし、ファクタリングで資金調達を行ったことが取引先に知られてしまうと、資金繰りや経営状況に関してよからぬ誤解を持たれてしまうかもしれません。

ファクタリングには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがありますが、取引先にファクタリングのことについて承諾を得たくない場合は、2社間ファクタリングを利用するとよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合わせて読みたい記事

資金調達ランキング

  • 日本中小企業金融サポート機構

    手数料 2社間10~15%
    3社間1~9%
    対応スピード 最短即日
    取り扱いサービス 全般
    営業時間 9:30~19:00
    必要書類 お客様情報シートと売掛先情報(当社規定)
    売掛金の入金が確認出来る通帳のコピー3ヵ月分(表紙付)
    契約書、請求書、領収書 etc
    身分証明書(免許証、パスポートなど)
    特徴 ・完全非対面による郵送ファクタリング
    ・BtoBシエン独自のファクタリングサービスで最短当日お振込み

    企業詳細へ

  • 株式会社ビートレーディング

    手数料 2社間平均10%前後、
    3社間平均 5%前後
    対応スピード 最短12時間
    取り扱いサービス

    全般

    営業時間

    9:30~19:00

    必要書類

    本査定申込書
    通帳のコピー(表紙付3ヶ月分)
    契約書、請求書、領収書 etc

    特徴

    ・全国各地16,000社以上の豊富な 買取実績
    ・専任の担当者による迅速・丁寧な対応

    企業詳細へ

  • MentorCapital

    手数料 2社間 10%~不明
    3社間 3%~不明
    対応スピード 最短即日
    取り扱いサービス

    2社間
    3社間

    営業時間 9:30~18:30(平日)
    必要書類

    商業登記簿謄本と印鑑証明書
    決算書や確定申告書のような会社の業績が確認できる資料
    売掛先企業との基本契約書
    契約書や発注書、納品書、請求書など
    過去の入金の確認ができる通帳

    特徴

    ・幅広い業種に対応可能
    ・赤字決済、債務超過などにも柔軟対応

    企業詳細へ

  • ipgファイナンシャルソリューションズ

    実施年率 7.8%~18.0%
    限度額 1万円〜500万
    融資スピード 即日
    個人事業主の利用 不可
    特徴 ・実店舗がなくWEB上での申込のみ可能
    ・カード発行不要で利用可能

    企業詳細へ

  • 株式会社ユニーファイナンス

    実施年率 12.00%~17.95%
    限度額 ~200万円(ビジネスローン)
    100万円~1000万円(スーパービジネスローン)
    融資スピード 平日PM2:00までに審査完了された
    お客様は新規の場合を除き当日中
    個人事業主の利用 不可
    特徴 ・プロミスATMでご利用可能
    ・スーパービジネスローンの場合に担保・保証人が必要

    企業詳細へ

  • 株式会社トライフィナンシャルサービス

    実施年率 6.8%~12.65%
    限度額 300万円~5,000万円
    融資スピード 審査状況によって異なるが、
    即日での融資実行が可能な場合がある
    個人事業主の利用 可能
    特徴 ・担保・保証人不要で5,000万円まで融資可能
    ・返済回数最大360回

    企業詳細へ

  • 株式会社セントラル

    実施年率 4.80%~18.0%
    限度額 300万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 当社ご利用限度額が50万円超、
    または他社を含めた借入総額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要
    特徴 ・女性オペレーターが対応する女性専用のプランがある
    ・平日14時までのお申し込みで即日振込が可能

    企業詳細へ

  • フタバ株式会社

    実施年率 14.96%~17.95%
    限度額 10万円~50万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 借入額が50万円を超える場合に必要
    特徴 ・郵送物なし、カードレスのWEB完結でご利用可能
    ・ポイントサービスの利用で一定期間無利息で借入可能

    企業詳細へ

  • アイフル株式会社

    実施年率 3.0%~18.0%
    限度額 1万円~800万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 必要な場合もあり
    特徴 ・21時までのお手続き完了で当日融資可能
    ・楽天銀行口座をお持ちの場合24時間振込可能

    企業詳細へ