1. ホーム
  2. 資金調達コラム一覧
  3. 資金調達の基礎知識
  4. トラック買い替えのタイミングはいつ? 資金調達方法も併せて紹介

トラック買い替えのタイミングはいつ? 資金調達方法も併せて紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿日:2019年03月12日

トラックの買い替えの目安は判断が難しいといわれています。特に買い替えに伴う資金調達の関係で、買い替えのタイミングを逃す場合もあります。今回はトラック買い替えのベストなタイミングの判断と、買い替えの時の資金調達の方法を紹介します。

トラック買い替えのタイミングはいつ? 資金調達方法も併せて紹介

トラックの寿命の目安

トラックの寿命の目安は以下の項目から判断して、総合的に決めるのがおすすめだとされています。

耐久年数の目安

トラックの寿命の目安は、全日本トラック協会が2010年に調査した「平均使用年数」で普通トラックで14.87年、小型トラックで11.92年となっています。

過去のデーターから見ると1975年から2010年まで毎年、右肩上がりで使用年数は伸びています。

年数の目安としては10年から15年を一つの目安と考えておくと良いでしょう。

走行距離による目安

走行距離の目安としてはトラックの大きさにより変わり、小型トラックで10万キロ、中型トラックで50万、大型トラックで70万〜100万キロを目安にすることが一般的です。

大型トラックの場合は小型トラック以上に一回あたりの走行距離が長く、発進や停止などのエンジンに負担の掛かる動作が少ないため、より長い距離を走ることができます。

エンジントラブルの発生

10年を過ぎるころからトラックのエンジンは徐々に調子が悪くなってきます。

エンジントラブルが頻繁に発生してメンテナンス費用がかさみ始めてきた場合は、できるだけ早いタイミングでトラックの買い替えを検討することが必要です。

買取価格を考慮した買い替えタイミングの見極め方

中古トラックの買取業者による査定では、購入から7年目までであれば高額での買取が期待できます。

そして購入してから10年を過ぎると買取価格は大幅に低下します。

トラックの寿命にまだ余裕があるからといって、買い替えのタイミングを逃すと買取価格が下がること以外に、メンテナンスや修理に掛かる費用も増加してくるでしょう。

修理の事例としては、オイル漏れの場合、修理費用は約20万円近く掛かります。

更にトラブルが進み、エンジンのオーバーホールが必要になってくると100万円を超える修理費用が掛かることもあるのです。

 

そうならないようにできるだけ早いタイミングでトラックの買い替え時期を見極めることが必要です。

7年を過ぎてもトラックはまだまだ走りますが、定期的なメンテナンスをより徹底しなければ、安全走行も難しくなってきます。

買取価格とメンテナンス費用の総合的なバランスを考慮して、ベストなタイミングでトラックの買い替えを検討することが必要です。

排気ガス規制への対応は? 大きな出費につながる可能性も

トラックの排気ガス規制は年々厳しくなってきています。

2002年に施行された自動車NOx・PM法では、大都市圏(関東圏・関西圏)などの規制対策地域において、一定の基準に適合しない車両は新車登録ができない、乗り入れができないなどの規制が設けられています。

それに伴いDPF装置という、ディーゼル微粒子捕集フィルターの装着が義務づけられました。

DPF装置はディーゼル車の排気ガスを浄化する装置で、古いトラックにはこれらが付いていないためそのようなトラックにはこの装置を新たに付ける必要があります。

費用は10万から40万円程掛かるでしょう。

 

またこのDPF装置を装着すると排気ガスは綺麗になりますが、燃費は悪くなるのです。

このように排気ガス規制が厳しくなり古い基準のエンジンを載せたトラックだと、大きな出費につながる可能性があります。

古いトラックを長く使用していると今後、更に規制が厳しくなり、また新たな浄化装置が必要となる可能性もあるでしょう。

7年から10年を目安に最新の規制に適合したエンジンを搭載したトラックに買い替えていけば、長い目で見るとトータル費用の削減にもつながります。

トラックの買い替えやメンテナンスのための資金調達方法

新たなトラックの買い替えやメンテナンスのための資金調達方法として、金融機関からの融資以外で、ファクタリングを利用する方法があります。

ファクタリングとは売掛債権を売掛先からの入金前に現金化する資金調達方法です。

一般的な取引であれば、商品やサービスを納品し、売掛先から入金されるまで約1カ月から2カ月先にならないと売掛金を現金化できません。

しかしファクタリングを利用すれば早い場合、即日で現金化できるメリットがあります。

この得た資金によって金融機関から融資をしてもらうことなく、新たなトラック購入費用、会社の運転資金に充てることができます。

 

また銀行融資やビジネスローンなどと違い、企業の業績などが審査対象では無く、売掛先の信用力が審査の対象です。

そのため企業規模が小さな企業でも、信用力のある大きな企業と取引していれば、ファクタリングを利用することができます。

 

トラックの買い替えは7年から10年程度を目安に、買い替えて行くことが最終的に費用の削減につながります。

この記事を参考にトラック買い替えのタイミングを検討してみてください。

資金調達に関しては負債にならず、返済の心配もないファクタリングがお薦めです。

建設業界のファクタリング活用事例はこちら

ファクタリング企業一覧はこちら

ファクタリング企業比較はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合わせて読みたい記事

資金調達ランキング

  • 株式会社ビートレーディング

    手数料 2社間平均10%前後、
    3社間平均 5%前後
    対応スピード 最短12時間
    取り扱いサービス 全般
    営業時間 9:30~19:00
    必要書類 本査定申込書
    通帳のコピー(表紙付3ヶ月分)
    契約書、請求書、領収書 etc
    特徴 ・全国各地16,000社以上の豊富な 買取実績
    ・専任の担当者による迅速・丁寧な対応

    企業詳細へ

  • OLTA

    手数料 手数料2 - 9%
    対応スピード 最短即日
    取り扱いサービス OLTAクラウドファクタリング
    営業時間

    24時間

    ※電話受付:10:00~18:00

    必要書類

    1. 代表者様の本人確認書類

    2. 売却する対象の請求書

    3. 直近7カ月の入出金明細

    4. 昨年度の決算書

    特徴 ・ネットで完結!紙の書類・面談も不要
    ・ユーザー様のリピート率80%超!

    企業詳細へ

  • 三共サービス

    手数料 2社間 5%~10%
    3社間 1.5%~8%
    対応スピード 最短1日
    取り扱いサービス 全般
    営業時間 9:00~19:00
    必要書類

    身分証明書
    会社謄本
    決算書(直近2期分)
    売掛先への請求書
    契約書、請求書、領収書 etc
    入出金の通帳・当座勘定表
    小切手帳・手形帳
    納税証明書

    印鑑証明
    社判・実印 

    特徴 ・最低手数料1.5%~の低価格設定
    ・2001年設立の安心の実績

    企業詳細へ

  • ipgファイナンシャルソリューションズ

    実施年率 7.8%~18.0%
    限度額 1万円〜500万
    融資スピード 即日
    個人事業主の利用 不可
    特徴 ・実店舗がなくWEB上での申込のみ可能
    ・カード発行不要で利用可能

    企業詳細へ

  • 株式会社ユニーファイナンス

    実施年率 12.00%~17.95%
    限度額 ~200万円(ビジネスローン)
    100万円~1000万円(スーパービジネスローン)
    融資スピード 平日PM2:00までに審査完了された
    お客様は新規の場合を除き当日中
    個人事業主の利用 不可
    特徴 ・プロミスATMでご利用可能
    ・スーパービジネスローンの場合に担保・保証人が必要

    企業詳細へ

  • 株式会社トライフィナンシャルサービス

    実施年率 6.8%~12.65%
    限度額 300万円~5,000万円
    融資スピード 審査状況によって異なるが、
    即日での融資実行が可能な場合がある
    個人事業主の利用 可能
    特徴 ・担保・保証人不要で5,000万円まで融資可能
    ・返済回数最大360回

    企業詳細へ

  • 株式会社セントラル

    実施年率 4.80%~18.0%
    限度額 300万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 当社ご利用限度額が50万円超、
    または他社を含めた借入総額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要
    特徴 ・女性オペレーターが対応する女性専用のプランがある
    ・平日14時までのお申し込みで即日振込が可能

    企業詳細へ

  • フタバ株式会社

    実施年率 14.96%~17.95%
    限度額 10万円~50万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 借入額が50万円を超える場合に必要
    特徴 ・郵送物なし、カードレスのWEB完結でご利用可能
    ・ポイントサービスの利用で一定期間無利息で借入可能

    企業詳細へ

  • アイフル株式会社

    実施年率 3.0%~18.0%
    限度額 1万円~800万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 必要な場合もあり
    特徴 ・21時までのお手続き完了で当日融資可能
    ・楽天銀行口座をお持ちの場合24時間振込可能

    企業詳細へ