1. ホーム
  2. 資金調達コラム一覧
  3. 相続と事業承継
  4. 企業の経営者が考えるべき事業承継の準備

企業の経営者が考えるべき事業承継の準備

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿日:2019年03月20日

企業の事業承継をするには、さまざまな準備が必要です。事業承継の準備にかかる時間は、決して短くはありません。そのため、計画的に準備を進めることが重要です。今回は、企業の経営者にとって大切な事業承継の準備について説明します。

企業の経営者が考えるべき事業承継の準備

事業承継の準備はいつから始めれば良い?

事業承継の準備には、5年から10年程度の期間が必要です。ゆとりをもって事業承継を進めれば、その分しっかりと経営ノウハウや人脈を後継者へ引き継ぐことができます。なお、事業承継の準備を始める具体的な時期は、引退年齢から逆算して決めると良いでしょう。十分な期間を確保するには、遅くとも60歳頃には事業承継の準備に着手すると安心です。

事業承継を計画的に進めないとどうなるのか

事業承継はしっかり準備して進めないと、問題が生じる可能性が高いです。例えば、きちんと事業承継せずに経営者が後退すれば、その後あっという間に経営が傾く恐れがあります。そうなると、会社としての存続さえ危うくなるでしょう。もちろん、経営者とともに会社の方向性が変化するケースはあります。しかし、それは後継者がもとの経営をよく理解した上で行なっていることです。事業承継をするなら、計画的な準備が必要不可欠です。

事業承継に必要な準備

事業承継をするには、さまざまな準備が必要になります。着実に事業承継するにはどれも欠かせない要素となるため、しっかりと取り組むようにしましょう。

後継者の決定

事業承継をするなら、まずは後継者を決定する必要があります。後継者を選ぶ方法は、大きく分けて3つです。

1つ目としては、親族内承継があげられます。親族に事業承継すれば、会社の内外から理解を得やすいでしょう。ただし、経営に対する意欲やセンスをもっている人が、必ず親族内にいるとは限らない点に注意が必要です。

2つ目は、自社の従業員への承継です。後継者として従業員を選べば、実際の仕事ぶりを見た上で安心して経営を任せられる人を選べます。とはいえ、従業員を後継者にする場合、株式取得にかかる資金力があるかどうかも重要なポイントとなります。

3つ目は第三者への承継です。第三者へ事業承継するなら、幅広い候補者の中から適任な人物を選べます。ただし、条件に合う人を見つけるためには労力が必要です。

事業承継の手法の決定

事業承継をする手法としては、いくつか種類があります。まず、親族に事業承継する場合は、生前贈与または相続を利用します。生前贈与で事業承継を行えば、相続よりも税金をおさえられるケースが多いです。

ただし、場合によっては生前贈与でも費用がおさえられないこともあります。そのため、具体的な状況を考慮しつつ、事業承継の方法として相続も検討した方が良いでしょう。また、第三者に事業承継する手法としてはM&Aがあります。M&Aを利用する場合、売却により利益を得られるということがメリットです。

資産の配分

事業承継を進める中で、資産の配分も必要です。会社の支配権を握るのは、株式をもっとも多くもつ人です。そのため、後継者は最低でも過半数の株式を取得しなければなりません。

株式を承継する方法は、譲渡や売買などさまざまです。いずれも、資金が必要になることに加え、税金もかかります。やり方次第で節税できる場合もあるので、きちんと下調べをした方が良いでしょう。

また、中小企業であれば、人材や技術などの知的財産も経営者個人に帰属しています。知的財産の引継ぎには時間がかかるため、計画的に行う必要があります。

後継者の教育

事業承継では、後継者の教育も大切です。経営ノウハウをしっかりと伝え、企業理念も着実に承継するようにしましょう。

後継者の教育方法としては、現経営者が直接指導する方法のほかにもさまざまなものがあげられます。
例えば、後継者を責任ある地位に就かせれば、経営に対する自覚を養えます。また、経験や知識を積ませるために各部門をローテーションさせるのも有効です。

さらに、他社で勤務させたり子会社の経営を任せたりするなど、社外で教育することも可能です。
社外での教育には、人脈を形成したり新しい経営手法を習得したりできるメリットもあります。いずれにせよ、経営に関するさまざま情報を後継者に理解させることが重要です。

事業承継の注意点

事業承継をするには、十分な資金を確保しておく必要があります。事業承継で相続や贈与をする場合、たくさんの税金が発生する可能性が高いです。不安な場合は、会社の財務について把握している公認会計士や税理士に相談しながら進めると良いでしょう。

また、後継者が株式を集めるときにも多くの費用が必要になります。費用面に問題があるなら、より早い段階で資金の調達方法を検討した方が良いでしょう。資金調達といえば銀行からの融資が一般的ですが、売掛金を早期現金化できるファクタリングの活用も有効です。ファクタリングは借り入れとは異なるため、よりスムーズに資金を調達できる可能性があります。

企業の事業承継をするには、5年から10年程度の期間がかかるのが一般的です。また、事業承継のためには決して安くはない費用もかかります。そのため、計画的な準備をしつつ、余裕をもって事業承継を進めていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合わせて読みたい記事

資金調達ランキング

  • 日本中小企業金融サポート機構

    手数料 2社間10~15%
    3社間1~9%
    対応スピード 最短即日
    取り扱いサービス 全般
    営業時間 9:30~19:00
    必要書類 お客様情報シートと売掛先情報(当社規定)
    売掛金の入金が確認出来る通帳のコピー3ヵ月分(表紙付)
    契約書、請求書、領収書 etc
    身分証明書(免許証、パスポートなど)
    特徴 ・完全非対面による郵送ファクタリング
    ・BtoBシエン独自のファクタリングサービスで最短当日お振込み

    企業詳細へ

  • 株式会社ビートレーディング

    手数料 2社間平均10%前後、
    3社間平均 5%前後
    対応スピード 最短12時間
    取り扱いサービス

    全般

    営業時間

    9:30~19:00

    必要書類

    本査定申込書
    通帳のコピー(表紙付3ヶ月分)
    契約書、請求書、領収書 etc

    特徴

    ・全国各地16,000社以上の豊富な 買取実績
    ・専任の担当者による迅速・丁寧な対応

    企業詳細へ

  • MentorCapital

    手数料 2社間 10%~不明
    3社間 3%~不明
    対応スピード 最短即日
    取り扱いサービス

    2社間
    3社間

    営業時間 9:30~18:30(平日)
    必要書類

    商業登記簿謄本と印鑑証明書
    決算書や確定申告書のような会社の業績が確認できる資料
    売掛先企業との基本契約書
    契約書や発注書、納品書、請求書など
    過去の入金の確認ができる通帳

    特徴

    ・幅広い業種に対応可能
    ・赤字決済、債務超過などにも柔軟対応

    企業詳細へ

  • ipgファイナンシャルソリューションズ

    実施年率 7.8%~18.0%
    限度額 1万円〜500万
    融資スピード 即日
    個人事業主の利用 不可
    特徴 ・実店舗がなくWEB上での申込のみ可能
    ・カード発行不要で利用可能

    企業詳細へ

  • 株式会社ユニーファイナンス

    実施年率 12.00%~17.95%
    限度額 ~200万円(ビジネスローン)
    100万円~1000万円(スーパービジネスローン)
    融資スピード 平日PM2:00までに審査完了された
    お客様は新規の場合を除き当日中
    個人事業主の利用 不可
    特徴 ・プロミスATMでご利用可能
    ・スーパービジネスローンの場合に担保・保証人が必要

    企業詳細へ

  • 株式会社トライフィナンシャルサービス

    実施年率 6.8%~12.65%
    限度額 300万円~5,000万円
    融資スピード 審査状況によって異なるが、
    即日での融資実行が可能な場合がある
    個人事業主の利用 可能
    特徴 ・担保・保証人不要で5,000万円まで融資可能
    ・返済回数最大360回

    企業詳細へ

  • 株式会社セントラル

    実施年率 4.80%~18.0%
    限度額 300万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 当社ご利用限度額が50万円超、
    または他社を含めた借入総額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要
    特徴 ・女性オペレーターが対応する女性専用のプランがある
    ・平日14時までのお申し込みで即日振込が可能

    企業詳細へ

  • フタバ株式会社

    実施年率 14.96%~17.95%
    限度額 10万円~50万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 借入額が50万円を超える場合に必要
    特徴 ・郵送物なし、カードレスのWEB完結でご利用可能
    ・ポイントサービスの利用で一定期間無利息で借入可能

    企業詳細へ

  • アイフル株式会社

    実施年率 3.0%~18.0%
    限度額 1万円~800万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 必要な場合もあり
    特徴 ・21時までのお手続き完了で当日融資可能
    ・楽天銀行口座をお持ちの場合24時間振込可能

    企業詳細へ