1. ホーム
  2. 資金調達コラム一覧
  3. ビジネスローン
  4. 【どちらが向いてる?】ビジネスローンと銀行融資の違いとは

【どちらが向いてる?】ビジネスローンと銀行融資の違いとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿日:2019年03月13日

事業資金が必要だという時に銀行に融資してもらおうと考える人は多いでしょうが、ビジネスローンを利用するという方法もあります。ビジネスローンと銀行融資の違いとは何なのでしょうか。今回は、ビジネスローンと銀行融資、それぞれのメリットやデメリットについて解説すると同時に、それぞれが向いているケースについても紹介します。

【どちらが向いてる?】ビジネスローンと銀行融資の違いとは

ここでは下記3つについて徹底解説をしていきます。
・ビジネスローンとは何か
・ビジネスローンと銀行融資の違い
・ビジネスローンと銀行融資がそれぞれ向いているケース

 

ぜひ、最後までご覧ください。

そもそもビジネスローンとは

ビジネスローンとは、消費者金融やカード会社など、銀行以外でも取り扱っている法人・個人事業主向けのローンです。

 

カードローンのように借入枠が設定されるものが多いですが、フリーローンのような形で融資を受けるものもあります。

 

ただし法人・個人事業主向けのローンなので、カードローンやフリーローンとは異なり、資金使途が事業用資金に限定されているというのが大きな特徴です。

 

ビジネスローンと銀行融資の違い

ビジネスローンと銀行融資の違いを、項目ごとに見ていきましょう。

 

融資金額

融資金額に関しては、圧倒的に銀行融資のほうが多くの金額を借りることができます。

取り扱っている金融機関にもよりますが、ビジネスローンの融資上限金額は1,000万円程度であることが大半です。

それに対して銀行融資は、融資金額の上限が設定されているわけではなく、それぞれの企業の財務状況などを鑑みて柔軟に融資金額が設定されます。

場合によっては1億円程度の金額の融資を受けられることもあるでしょう。

適用金利

適用金利は銀行融資のほうが低くなることが多いです。

ビジネスローンの金利には幅があり、下限の金利が適用されれば3~4%程度で融資を受けることもできますが、上限金利の場合は15%前後になってしまうこともあります。

一方の銀行融資では、1%~3%程度の金利で融資を受けることが可能です。

審査難易度

審査難易度はビジネスローンのほうが低い傾向にあります。

銀行融資では、提出された書類から財務状況や資金使途などをしっかりと確認したうえで融資の可否が判断され、場合によっては融資を受けられないこともあります。

一方のビジネスローンでは、決算書や申し込みデータの内容を入力すると、融資可能かどうかを自動的に判断してくれる「スコアリングシステム」を用いて審査を行っています。

銀行融資と比べると精密な調査・判断が行われるわけではないので、審査基準は比較的甘く通りやすいと言えます。

審査にかかる時間

審査にかかる時間は、ビジネスローンのほうが圧倒的に短いです。

審査時間の違いには上述した審査形式の違いが関わっており、銀行融資では書類のチェックなどにある程度の時間を要します。

また、信用保証協会の保証付き融資の場合には、銀行だけでなく信用保証協会の審査も受けなければなりません。

これに対してビジネスローンでは、スコアリングシステムが融資可能かどうかを判断してくれるため、非常にスピーディーな融資が可能です。

消費者金融などが取り扱っているものの中には、即日や翌営業日での融資が可能なものも多々あります。

担保や保証人

担保や保証人に関しては、必ず用意しなければならないかどうかが両者で異なります。

銀行融資の場合は保証人は必ず必要ですし、担保も用意しなければならない場合が多いです。

一方ビジネスローンは、担保や保証人なしで利用できることが大半ですし、金融機関によっては担保・保証人ありのものとなしのものを両方取り扱っている場合もあります。

利用形式

利用形式に関しては、ビジネスローンのほうが融通が利くケースが多いです。

銀行融資では、契約した金額を最初に一括で借り入れて、その後分割で返済を行っていきます。

ビジネスローンの中にも、銀行融資と同じような形式で融資を行うものもありますが、借入の「枠」を与える形で融資を行うケースが多いと言えます。

つまり、決められた金額の範囲内であれば自由に借入・返済を行うことが可能なので、少額の資金を何度も出し入れしたいような場合に向いています。

ビジネスローンが向いているケース

ビジネスローンでも銀行融資でも事業用の資金を調達することはできますが、両者が向いているケースはそれぞれ異なります。

 

ビジネスローンには、以下のような特徴があります。

・審査難易度が低め

・審査にかかる時間が短い

・担保や保証人なしでも利用できる

そのため、急いで資金を調達しなければならないケースでは、銀行融資よりもビジネスローンのほうが適していると言えます。

 

新型コロナウイルスの影響を受けており、資金繰りが急速に悪化しているような場合は、スピーディーに融資を受けられるビジネスローンは非常に重宝します。

 

また、事業を始めたばかりで企業や個人事業主としての信用力が低く、担保に設定できるような資産がないような場合も、ビジネスローンのほうが向いているでしょう。

 

金利が高めなのはビジネスローンを利用するうえでのネックのひとつなので、早めに返済することを心がけましょう。

 

銀行融資が向いているケース

銀行融資には、以下のような特徴があります。

・融資可能な金額が大きい

・適用金利が低い

・時間をかけてじっくりと審査が行われる

 

そのため、まとまった金額を調達したい場合(1,000万円超~)には銀行融資のほうが適しています。

 

まとまった金額を調達すると、金利による利子負担も大きくなってしまいますが、銀行融資の適用金利はビジネスローンよりも低めなので、その点もある程度は安心です。

 

同じ銀行で繰り返し融資を受けると、適用金利や融資金額といった融資条件がよりよくなっていくことも多いです。

 

今後の資金調達のことも踏まえると、銀行融資を利用して銀行との関係性を築いておくというのは、非常に有用と言えるでしょう。

 

状況に応じて併用することも重要

ビジネスローンと銀行融資はどちらか一方しか利用してはいけないということではなく、もちろん併用することも可能です。

 

その場合は、ビジネスローンと銀行融資双方の特徴をうまく生かせると、併用する効果をより大きくできます。

 

たとえば、「目先の資金として100万円必要で、さらに事業拡大のために別途800万円必要」というケースがあったとします。

 

そのような場合は、目先の資金調達のためにビジネスローンを利用して、事業拡大のための資金調達には銀行融資を利用するとよいでしょう。

 

合計しても900万円なので、ビジネスローンだけで調達できる可能性も十分あります。

 

ただ、ビジネスローンで全額借り入れてしまうと返済負担が大きくなるので、時間的に猶予のある事業拡大のための資金に関しては、銀行融資を利用したほうがよいでしょう。

 

返済負担を気にしてすべてを銀行融資でまかなおうとしてしまうと、目先の資金需要を満たせない可能性もあります。

 

このように、それぞれの融資のメリットをうまく活用しながら併用することを心がけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合わせて読みたい記事

おすすめの資金調達企業

  • 日本中小企業金融サポート機構

    手数料 2社間10~15%
    3社間1~9%
    対応スピード 最短即日
    取り扱いサービス 全般
    営業時間 9:30~19:00
    必要書類 お客様情報シートと売掛先情報(当社規定)
    売掛金の入金が確認出来る通帳のコピー3ヵ月分(表紙付)
    契約書、請求書、領収書 etc
    身分証明書(免許証、パスポートなど)
    特徴 ・完全非対面による郵送ファクタリング
    ・BtoBシエン独自のファクタリングサービスで最短当日お振込み

    企業詳細へ

  • 株式会社ビートレーディング

    手数料 2社間平均10%前後、
    3社間平均 5%前後
    対応スピード 最短12時間
    取り扱いサービス

    全般

    営業時間

    9:30~19:00

    必要書類

    本査定申込書
    通帳のコピー(表紙付3ヶ月分)
    契約書、請求書、領収書 etc

    特徴

    ・全国各地16,000社以上の豊富な 買取実績
    ・専任の担当者による迅速・丁寧な対応

    企業詳細へ

  • MentorCapital

    手数料 2社間 10%~不明
    3社間 3%~不明
    対応スピード 最短即日
    取り扱いサービス

    2社間
    3社間

    営業時間 9:30~18:30(平日)
    必要書類

    商業登記簿謄本と印鑑証明書
    決算書や確定申告書のような会社の業績が確認できる資料
    売掛先企業との基本契約書
    契約書や発注書、納品書、請求書など
    過去の入金の確認ができる通帳

    特徴

    ・幅広い業種に対応可能
    ・赤字決済、債務超過などにも柔軟対応

    企業詳細へ

  • ipgファイナンシャルソリューションズ

    実施年率 7.8%~18.0%
    限度額 1万円〜500万
    融資スピード 即日
    個人事業主の利用 不可
    特徴 ・実店舗がなくWEB上での申込のみ可能
    ・カード発行不要で利用可能

    企業詳細へ

  • 株式会社ユニーファイナンス

    実施年率 12.00%~17.95%
    限度額 ~200万円(ビジネスローン)
    100万円~1000万円(スーパービジネスローン)
    融資スピード 平日PM2:00までに審査完了された
    お客様は新規の場合を除き当日中
    個人事業主の利用 不可
    特徴 ・プロミスATMでご利用可能
    ・スーパービジネスローンの場合に担保・保証人が必要

    企業詳細へ

  • 株式会社トライフィナンシャルサービス

    実施年率 6.8%~12.65%
    限度額 300万円~5,000万円
    融資スピード 審査状況によって異なるが、
    即日での融資実行が可能な場合がある
    個人事業主の利用 可能
    特徴 ・担保・保証人不要で5,000万円まで融資可能
    ・返済回数最大360回

    企業詳細へ

  • 株式会社セントラル

    実施年率 4.80%~18.0%
    限度額 300万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 当社ご利用限度額が50万円超、
    または他社を含めた借入総額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要
    特徴 ・女性オペレーターが対応する女性専用のプランがある
    ・平日14時までのお申し込みで即日振込が可能

    企業詳細へ

  • フタバ株式会社

    実施年率 14.96%~17.95%
    限度額 10万円~50万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 借入額が50万円を超える場合に必要
    特徴 ・郵送物なし、カードレスのWEB完結でご利用可能
    ・ポイントサービスの利用で一定期間無利息で借入可能

    企業詳細へ

  • アイフル株式会社

    実施年率 3.0%~18.0%
    限度額 1万円~800万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 必要な場合もあり
    特徴 ・21時までのお手続き完了で当日融資可能
    ・楽天銀行口座をお持ちの場合24時間振込可能

    企業詳細へ