1. ホーム
  2. 資金調達コラム一覧
  3. ビジネスローン
  4. ビジネスローンと銀行融資の違いとは?

ビジネスローンと銀行融資の違いとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿日:2019年03月13日

事業資金が必要だという時に銀行に融資してもらおうと考える人は多いでしょうが、ビジネスローンという方法もあります。ビジネスローンと銀行融資の違いとは何なのでしょうか。今回は、ビジネスローンと銀行融資、それぞれのメリットやデメリットについて解説します。

ビジネスローンと銀行融資の違いとは?

ビジネスローンと銀行融資の違い

ビジネスローンとは、消費者金融やカード会社など、銀行以外でも取り扱っている法人・個人事業主向けのローンです。銀行融資と比較した場合、融資上限が設けられていない銀行融資に対し、ビジネスローンは限度額が1,000万円に定められているという違いがあるのです。また、上限額だけでなく、銀行融資とビジネスローンでは審査方法、金利など、さまざまな面での違いがあります。

ビジネスローンと銀行融資の審査はどう違う?

審査については、銀行融資の場合は担当者によって個別に調査されるという特徴があります。そのため、審査にはある程度の時間がかかりますし、その審査基準が厳しいといえるでしょう。一方ビジネスローンは、スコアリングシステムという方法で審査されることが一般的です。

スコアリングシステムとは、決算書や申し込みデータなどを入力すると、システムが融資可能かどうかを自動的に算出してくれます。このため、審査スピードが早く銀行融資に比べて審査基準も低いというのが特徴でしょう。銀行融資を受けられなかったという人でも、ビジネスローンなら問題なく借り入れできるというケースもあります。

担保や保証人が不要なビジネスローンと必要な銀行融資

担保の有無という点でも違いがあります。銀行融資の場合には、信用保証協会の保証付きでない場合には、担保や保証人が必要になるのです。不動産担保や有価証券担保、人的担保と呼ばれる保証人など、万が一払えなくなったときの保険として担保を求められます。

銀行融資は金利が低く設定されていて、万が一返済がされないということだと銀行側のリスクが高くなるので、信用保証協会の保証や担保が必要になることが一般的です。対して、ビジネスローンの場合には、担保や保証人を必要としません。ですので、ビジネスローンは担保となるものがないというような中小企業などにも重宝されているのです。

どちらが高い? ビジネスローンと銀行融資の金利

金利という面で見ても、銀行融資とビジネスローンには大きな違いがあります。金利を低く抑えられるのは銀行融資になるでしょう。

銀行融資の場合には、金利が低いということもあり審査基準が厳しくなっていたり担保や保証人が必要だったりするのです。借り入れのハードルは高くなっていますが、その分金利の負担が低いのが銀行融資です。

ビジネスローンの場合には、金利は銀行融資よりも高くなっています。多くのビジネスローンでは、利息制限法と出資法の上限金利に近く設定されているので、金利による負担は重くならざるを得ません。ビジネスローンでは上限金利が18%程度ということが少なくありません。銀行融資の場合の上限金利は14%前後が一般的ですから、ビジネスローンの金利の高さが分かるでしょう。

ビジネスローンと銀行融資はどちらを選択すべきか

ビジネスローンと銀行融資、それぞれにメリットやデメリットがありますがどちらを選択すれば良いか悩んでいるという人もいるでしょう。

まず、緊急性が低いという場合には銀行融資を選ぶとメリットが大きくなります。急ぎで資金を調達しなければいけないという事情がないのなら、金利の低い銀行融資を選んだ方が返済の負担を抑えられるのです。
銀行融資の審査のハードルはビジネスローンよりも高いため、経営状況に問題がある場合は、審査で落とされる確率が高くなります。経営状態に特に問題がなく、融資実行まである程度の時間がかかっても許容できる状況であれば、銀行融資を申し込んでみると良いでしょう。

緊急性が高いという場合には、ビジネスローンを選んでください。ビジネスローンは、銀行融資とは異なり、審査基準が低く融資スピードも早いです。即日融資に対応しているという業者もあるので、急ぎで資金が必要という場合には良いでしょう。
また、緊急性が高い場合なら、ファクタリングなどのほかの資金調達方法も視野に入れておくと良いでしょう。ファクタリングとは、売掛債権をファクタリング会社に譲渡して現金化する方法ですが、早ければ即日での現金化も可能です。素早く資金調達したいという場合には、ビジネスローンやファクタリングを利用すると良いでしょう。

このように、銀行融資は金利が低く設定されていて返済の負担が軽く済みますが、審査基準が厳しく審査にかかる時間も長いので融資まで時間がかかってしまうというデメリットがあります。ビジネスローンは金利が高くなりますが、審査基準は低くスピードも速いので急ぎで資金調達しなければいけないという時には良いでしょう。それぞれにメリットとデメリットがありますので、自分の状況に応じて選んでみてください。

ビジネスローンと同じように審査基準が低く結果が早く出る資金調達方法としては、ファクタリングという方法もありますので、併せて検討してみましょう。

ファクタリング企業一覧はこちら

ファクタリング企業比較はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合わせて読みたい記事

資金調達企業比較

ファクタリング企業比較

    • 株式会社ビートレーディング

      手数料 対応
      スピード
      取り扱い
      サービス
      営業時間 必要書類
      手数料

      2社間平均10%前後

      3社間平均 5%前後
      対応
      スピード
      最短12時間
      取り扱い
      サービス
      全般
      営業時間9:30~19:00 必要書類本査定申込書
      通帳のコピー(表紙付3ヶ月分)
      契約書、請求書、領収書 etc
      特徴
      ・全国各地16,000社以上の豊富な買取実績
      ・専任の担当者による迅速・丁寧な対応

    • 一般社団法人日本中小企業金融サポート機構

      手数料 対応
      スピード
      取り扱い
      サービス
      営業時間 必要書類
      手数料2社間10~15%
      3社間1~9%
      対応
      スピード
      最短
      即日
      取り扱い
      サービス
      全般
      営業時間9:30~19:00 必要書類お客様情報シートと売掛先情報(当社規定)
      売掛金の入金が確認出来る通帳のコピー3ヵ月分(表紙付)
      契約書、請求書、領収書 etc
      身分証明書(免許証、パスポートなど)
      特徴
      ・完全非対面による郵送ファクタリング
      ・非営利活動団体として信頼できるサポート

  • 買いとるぞう

    手数料 対応
    スピード
    取り扱い
    サービス
    営業時間 必要書類
    手数料2社間12%前後
    3社間7%前後
    対応
    サービス
    最短
    即日
    取り扱い
    サービス
    2社間
    3社間
    営業時間9:30~19:00 必要書類ラクラク無料査定申込書
    契約書、請求書、領収書 etc
    取引先からの入金が確認できる通帳のコピー
    特徴
    ・締め日前の債権でも買取可能
    ・契約前の面談不要

ビジネスローン企業比較

    • ipgファイナンシャルソリューションズ

      実施年率 限度額 融資スピード 個人事業主の利用
      実施年率7.8%~18.0% 限度額1万円〜500万 融資スピード即日 個人事業主の利用可能
      特徴
      ・実店舗がなくWEB上での申込のみ可能
      ・カード発行不要で利用可能

    • 株式会社ユニーファイナンス

      実施年率 限度額 融資スピード 個人事業主の利用
      実施年率12.00%~17.95% 限度額~200万円(ビジネスローン)
      100万円~1000万円(スーパービジネスローン)
      融資スピード平日PM2:00までに審査完了された
      お客様は新規の場合を除き当日中
      個人事業主の利用不可
      特徴
      ・プロミスATMでご利用可能
      ・スーパービジネスローンの場合に担保・保証人が必要

  • 株式会社トライフィナンシャルサービス

    実施年率 限度額 融資スピード 個人事業主の利用
    実施年率6.8%~12.65% 限度額300万円~5,000万円 融資スピード審査状況によって異なるが、
    即日での融資実行が可能な場合がある
    個人事業主の利用可能
    特徴
    ・担保・保証人不要で5,000万円まで融資可能
    ・返済回数最大360回

カードローン企業比較

    • 株式会社セントラル

      実施年率 限度額 融資スピード 収入証明書
      実施年率4.80%~18.0% 限度額300万円 融資スピード最短即日 収入証明書当社ご利用限度額が50万円超、
      または他社を含めた借入総額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要
      特徴
      ・女性オペレーターが対応する女性専用のプランがある
      ・平日14時までのお申し込みで即日振込が可能

    • フタバ株式会社

      実施年率 限度額 融資スピード 収入証明書
      実施年率14.96%~17.95% 限度額10万円~50万円 融資スピード最短即日 収入証明書借入額が50万円を超える場合に必要
      特徴
      ・郵送物なし、カードレスのWEB完結でご利用可能
      ・ポイントサービスの利用で一定期間無利息で借入可能

  • アイフル株式会社

    実施年率 限度額 融資スピード 収入証明書
    実施年率3.0%~18.0% 限度額1万円~800万円
    融資スピード最短即日 収入証明書必要な場合もあり
    特徴
    ・21時までのお手続き完了で当日融資可能
    ・楽天銀行口座をお持ちの場合24時間振込可能
あなたの資金繰り状況にあった【診断書】を受け取る

無料3秒診断

オペレーターによる電話診断を希望される方はこちら!
資金調達に関する事ならお任せください

調達希望金額
調達希望日

人気キーワード

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
f_ranking_top_list
case
columns
partner
company_compare
column
company
interview_category
tinymcetemplates
middle_category
acf-field
acf-field-group
資産調達事例