1. ホーム
  2. 資金調達コラム一覧
  3. ビジネスローン
  4. ビジネスローンとは?特徴やメリット・デメリットを徹底解説

ビジネスローンとは?特徴やメリット・デメリットを徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿日:2021年08月06日

中小企業の経営者や個人事業主の方にとって、資金調達は頭を悩ませる問題のひとつです。資金調達の方法はさまざまですが、その中にひとつにビジネスローンがあります。ビジネスローンのメリットは、早さと審査通過率です。 ただ、デメリットも把握していなければ利用すべきかどうかの判断は難しいでしょう。本記事では、ビジネスローンの特徴・メリット・デメリットなどについて説明し、ビジネスローンを利用すべきシチュエーションについても紹介します。

ビジネスローンとは?特徴やメリット・デメリットを徹底解説

ここでは下記3つについて徹底解説をしていきます。
・ビジネスローンの特徴
・ビジネスローンのメリット・デメリット
・ビジネスローンを利用すべきケース

 

ぜひ、最後までご覧ください。

ビジネスローンとは

ビジネスローンとは、事業資金の融資に特化した金融商品です。

住宅ローンは土地・住宅の購入、ブライダルローンは結婚式関連の費用といったように、資金使途が決められているローンは多いですが、ビジネスローンもそのようなローンの一種です。

取り扱っている金融機関もさまざまですが、三井住友銀行・楽天銀行などの銀行や、オリックス・アイフルなどのノンバンクが取り扱っているものが主流です。

ビジネスローンの特徴

ビジネスローンは銀行融資とは異なる特徴を有しており、それらは資金調達の選択肢を選ぶ際の判断基準としても重要です。

ビジネスローンの特徴を、以下でいくつか説明します。

 

スコアリングシステムによる審査

ビジネスローンでは、審査時に「スコアリングシステム」というシステムを用いることが多く、大手の業者であればアイフルやオリックスなども採用しています。

スコアリングシステムとは、融資希望者の信用情報や決算書のデータなどを数値化して、融資の可否や金利などを機械的に判断するシステムのことです。

会社が抱える独自の事情や金融機関との関係性などが審査結果に反映されにくいので、非常に客観的で公平な判断を下すのに役立ちます。

担保や保証人不要で利用可の場合も

銀行融資を受ける場合は、担保や保証人を用意しなければならないケースが大半です。

しかし、ビジネスローンは無担保・無保証で利用できることも多く、担保や保証人を用意するのが難しい方にとっては見逃せません。

なお金融機関によっては、担保や保証人が必要なローンと無担保・無保証のローンの両方を取り扱っていることもあります。

担保や保証人の有無によって、金利や融資を受けられる金額は異なります。

少額でかまわないからすぐに融資を受けたい場合は無担保・無保証のローンを、まとまった資金を調達したい場合は担保や保証人が必要なローンを、というように使い分けられるのは、利用者にとっては大きなメリットです。

ビジネスローンのメリット

ビジネスローンを利用するメリットとしては、主に以下のようなことが挙げられます。

 

最短即日での融資が可能

銀行融資で資金を調達しようと思うと、申し込んでから実際に融資を受けるまでに1ヵ月以上かかるケースもざらにあります。

しかしそれでは、喫緊の資金需要を満たすことはできません。

一方ビジネスローンでは、上述したスコアリングシステムのおかげで、審査にあまり時間をかける必要がありません。

担保が不要なローンの場合は、担保となる不動産の調査なども必要ないので、より審査時間を短縮できます。

金融機関によっては最短即日での資金調達も可能であり、このスピード感は銀行融資にはない大きな魅力です。

審査に比較的通過しやすい

ローンの利用しやすさや融資の受けやすさは、それぞれの金融商品で異なりますが、ビジネスローンは総じて審査が甘めで融資を受けやすい傾向にあります。

金利や利用限度額・返済期間といった金融商品の詳細は、融資を希望するにあたってもちろん重視すべきです。

ただ、どれだけ条件がよい商品でも審査落ちになってしまうようであれば、それは絵に描いた餅でしかありません。

資金を調達することができなければ事業が行き詰まってしまうような場合は、融資の受けやすさという観点からも金融商品を比較する必要があります。

そのようなケースでは、比較的審査に通過しやすいビジネスローンの存在は、非常に頼もしく思えるでしょう。

総量規制を気にせず融資を受けられる

一般的に、信販会社や消費者金融などのノンバンク(貸金業者)から融資を受ける場合は、「総量規制」と呼ばれる規制を意識しておかなければなりません。

総量規制とは貸金業法の中で制定されている規制で、貸金業者が融資できる金額を「申込者の年収の3分の1まで」と制限しています。

事業に必要な資金は個人の年収と比べるとはるかに高額になるのが一般的なので、総量規制の範囲内の融資では、十分な金額を調達するのは難しいと言わざるを得ません。

しかしビジネスローンは、総量規制で設けられている「例外」に当てはまる融資なので、年収の3分の1以上の金額でも気にせず申し込むことができます。

もちろん高額な金額の融資を受けると、その分返済が厳しくなることは避けられません。

しかし、総量規制の壁に阻まれて必要な金額の融資を受けられないよりは、そちらのほうがはるかによいでしょう。

ビジネスローンのデメリット

反対にビジネスローンを利用するデメリットとしては、主に以下のようなことが挙げられます。

 

金利設定は比較的高めの傾向

金利は返済負担に直接的に関わる要素ですが、ビジネスローンの金利は銀行融資などと比べると少々高めです。

銀行から事業融資を受ける場合、1%台~2%台といった低い金利設定で融資を受けることができるのに対して、代表的なビジネスローンの金利は以下のようになっています。

・楽天銀行「楽天スーパービジネスローン」:3.0%~15.0%

・アイフルビジネスファイナンス「ビジネスローン」:3.1%~18.0%

・オリックス「VIPローンカードBUSINESS」:6.0%~17.8%

上限金利での融資となると、金融機関から事業融資を受ける場合と比べて、金利差が10%以上生じることになってしまいます。

低金利で融資を受けたいと考えている場合は、ビジネスローン以外の選択肢を検討するのが無難です。

高額の融資には向かない

金融機関からの事業融資では、数千万円、場合によっては1億円以上の融資を受けられる可能性もあります。

しかしビジネスローンでは、そこまでの高額な融資には対応していません。

たとえば、アイフルビジネスファイナンスの「ビジネスローン」の融資金額は最大で1,000万円ですし、オリックスの「VIPローンカードBUSINESS」の融資金額は最大で500万円です。

そのため、数千万円単位での融資を受けたい場合には、ビジネスローンの融資金額では不十分です。

仮にビジネスローンで数千万円単位の融資を受けられるとしても、10%を超すような金利でそれだけの金額の融資を受けてしまうと、返済負担が重くのしかかるでしょう。

いずれにせよ、ビジネスローンは高額の融資には向かない方法だと言えます。

ビジネスローンを利用すべきケース

ビジネスローンでも金融機関の事業融資でも、事業用の資金を調達することはできるので、大事なことはそれらを状況に応じて使い分けることです。

ビジネスローンを利用するべきケースについて、以下で説明します。

 

銀行などで融資を受けられなかった

融資によって資金調達を行う予定の場合、銀行や信用金庫などの金融機関から事業融資を受けられなければ、事業計画が狂ってしまうでしょう。

しかし、金融機関に事業融資を断られたとしても、その金融機関が取り扱っているビジネスローンであれば審査に通過できることもあります。

また、銀行などが取り扱うビジネスローンよりもノンバンクが取り扱うビジネスローンのほうが、審査基準が緩い傾向にあります。

そのため、金融機関で融資を受けられなかった場合、まずはその金融機関が取り扱うビジネスローンに申し込み、それでもだめならノンバンクのビジネスローンに申し込むのがおすすめです。

すぐに資金調達する必要がある

申し込んでから融資を受けられるまでのスピードは、ビジネスローンの大きな強みです。

事業を行っていると、よい意味でも悪い意味でも想定していなかった不慮の事態が起きるものです。

そのような場合、事態に対処するためにお金が必要になることも多々あります。

しかし、申し込んでから融資を受けられるまでに1ヵ月程度かかる銀行融資では、資金調達が間に合わない可能性もあります。

そのようなときには、最短即日での資金調達も可能なビジネスローンを利用するのが、おすすめです。

差し当たって必要な金額だけをビジネスローンで用意して、残りの金額は銀行融資で調達するというように、使い分けをすることも考えられます。

担保や保証人を用意できない

銀行融資で資金調達をするためには、担保や保証人を用意しなければなりません。

しかし保証人はともかくとして、不動産を用いることが多い担保に関しては、用意できない方もいらっしゃると思います。

また、身内などへの保証人の依頼が難航しているうちに時間が経過してしまって、適切なタイミングでの資金調達に失敗してしまうかもしれません。

そのような方にとっては、無担保・無保証で利用できるビジネスローンは非常に頼りになる存在でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合わせて読みたい記事

おすすめの資金調達企業

  • 日本中小企業金融サポート機構

    手数料 2社間10~15%
    3社間1~9%
    対応スピード 最短即日
    取り扱いサービス 全般
    営業時間 9:30~19:00
    必要書類 お客様情報シートと売掛先情報(当社規定)
    売掛金の入金が確認出来る通帳のコピー3ヵ月分(表紙付)
    契約書、請求書、領収書 etc
    身分証明書(免許証、パスポートなど)
    特徴 ・完全非対面による郵送ファクタリング
    ・BtoBシエン独自のファクタリングサービスで最短当日お振込み

    企業詳細へ

  • 株式会社ビートレーディング

    手数料 2社間平均10%前後、
    3社間平均 5%前後
    対応スピード 最短12時間
    取り扱いサービス

    全般

    営業時間

    9:30~19:00

    必要書類

    本査定申込書
    通帳のコピー(表紙付3ヶ月分)
    契約書、請求書、領収書 etc

    特徴

    ・全国各地16,000社以上の豊富な 買取実績
    ・専任の担当者による迅速・丁寧な対応

    企業詳細へ

  • MentorCapital

    手数料 2社間 10%~不明
    3社間 3%~不明
    対応スピード 最短即日
    取り扱いサービス

    2社間
    3社間

    営業時間 9:30~18:30(平日)
    必要書類

    商業登記簿謄本と印鑑証明書
    決算書や確定申告書のような会社の業績が確認できる資料
    売掛先企業との基本契約書
    契約書や発注書、納品書、請求書など
    過去の入金の確認ができる通帳

    特徴

    ・幅広い業種に対応可能
    ・赤字決済、債務超過などにも柔軟対応

    企業詳細へ

  • ipgファイナンシャルソリューションズ

    実施年率 7.8%~18.0%
    限度額 1万円〜500万
    融資スピード 即日
    個人事業主の利用 不可
    特徴 ・実店舗がなくWEB上での申込のみ可能
    ・カード発行不要で利用可能

    企業詳細へ

  • 株式会社ユニーファイナンス

    実施年率 12.00%~17.95%
    限度額 ~200万円(ビジネスローン)
    100万円~1000万円(スーパービジネスローン)
    融資スピード 平日PM2:00までに審査完了された
    お客様は新規の場合を除き当日中
    個人事業主の利用 不可
    特徴 ・プロミスATMでご利用可能
    ・スーパービジネスローンの場合に担保・保証人が必要

    企業詳細へ

  • 株式会社トライフィナンシャルサービス

    実施年率 6.8%~12.65%
    限度額 300万円~5,000万円
    融資スピード 審査状況によって異なるが、
    即日での融資実行が可能な場合がある
    個人事業主の利用 可能
    特徴 ・担保・保証人不要で5,000万円まで融資可能
    ・返済回数最大360回

    企業詳細へ

  • 株式会社セントラル

    実施年率 4.80%~18.0%
    限度額 300万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 当社ご利用限度額が50万円超、
    または他社を含めた借入総額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要
    特徴 ・女性オペレーターが対応する女性専用のプランがある
    ・平日14時までのお申し込みで即日振込が可能

    企業詳細へ

  • フタバ株式会社

    実施年率 14.96%~17.95%
    限度額 10万円~50万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 借入額が50万円を超える場合に必要
    特徴 ・郵送物なし、カードレスのWEB完結でご利用可能
    ・ポイントサービスの利用で一定期間無利息で借入可能

    企業詳細へ

  • アイフル株式会社

    実施年率 3.0%~18.0%
    限度額 1万円~800万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 必要な場合もあり
    特徴 ・21時までのお手続き完了で当日融資可能
    ・楽天銀行口座をお持ちの場合24時間振込可能

    企業詳細へ