1. ホーム
  2. 資金調達コラム一覧
  3. ビジネスローン
  4. ビジネスローンの審査は甘い?審査基準や期間も紹介!

ビジネスローンの審査は甘い?審査基準や期間も紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

企業や個人事業主がビジネスローンを利用するときは、スコアリングシステムをはじめとした審査を受ける必要があります。融資の可否を決めるのはどのような要素なのでしょうか。ビジネスローンで審査に通るコツや審査に通りすいビジネスローンの見分け方をご紹介します。

ビジネスローンの審査は甘い?審査基準や期間も紹介!

ここでは下記3つについて徹底解説をしていきます。
・ビジネスローン審査のカギを握るスコアリングシステムとは
・ビジネスローンの審査に通るコツ
・審査に通りすいビジネスローンの見分け方

 

ぜひ、最後までご覧ください。

 

スコアリングシステムがカギを握る

ビジネスローンの審査で大きなカギを握るのは、スコアリングシステムというシステムです。

 

スコアリングシステムでは、融資を申し込んだ会社が申請した内容や一緒に提出された決算書のほか、信用情報などの照会も行い、それらを点数付けして融資を実行できるかどうかを判断します。

 

また、融資を実行できると判断した場合は、その際の貸付限度額や金利はどのくらいが適切かなども含めて、自動的に割り出します。

 

スコアリングシステムで最も重視されるのは、決算書のデータです。

 

決算書データからは収益性、事業の安全性、返済能力、インタレストカバレッジレシオ(金利負担能力を知るための比率)などが分析されます。

 

その後、その会社と類似した過去の融資実績データが参照され、過去の貸し倒れ率から「推定貸し倒れ率」が導かれます。

 

貸し倒れ率による損失が金利で得られる収益よりも小さければ、金融機関に利益が出ます。

 

単純にいえば、貸し倒れ率が10%なら、金利を10%より高く設定すれば利息収入額が損失額を上回ります。

 

そのためスコアリングシステムでは、「推定貸し倒れ率+金融機関の利益」が算出されます。

 

そしてその金融機関が上限と定める金利以下で利益が出る場合は融資可能、利益が出ない場合は融資不可と判断されます。

 

これがスコアリングシステムの基本的な仕組みです。

 

審査基準や審査期間にも影響

スコアリングシステムは、審査基準や審査期間にも大きく影響します。

システムを用いて画一的な判断を下すことができるので、融資担当者ごとに融資可否のラインが異なるということがありません。

そのため、過去に審査に通過した(または落ちた)会社の情報を参考にすることで、自社が審査に通過できるかどうかを判断しやすいと言えます。

また、システムが融資可否をすばやく判断してくれるので、審査にかかる時間も大手ならおおよそ即日~1日程度と非常にスピーディーです。

最短即日での融資も可能なビジネスローンが多いのは、スコアリングシステムのおかげです。

ビジネスローンの審査に通るコツ

ビジネスローンの審査に通るコツについて、以下で説明します。

 

融資希望額は必要最低限で申し込む

融資希望額が大きくなればなるほど、金融機関にとってのリスクも大きくなるため、審査は厳しめに行われる傾向にあります。

また、資金使途から推測される金額と融資希望額の乖離が大きいと、今後の見通しがきちんと立てられていないのではないか、と捉えられてしまうかもしれません。

資金計画などを正確に立てたうえで、必要最低限の融資希望額で申し込むことを心がけましょう。

同時に複数社に申し込まない

融資を受けたい気持ちが先行して、同時に複数社に申し込みを行うことは避けなければなりません。

金融機関にローンの申し込みを行ったという情報は信用情報に登録されるので、複数社に同時に申し込みを行ったという事実は、金融機関に筒抜けになってしまいます。

「複数社に同時に申し込みを行っている=それだけ資金に困っている」と捉えられて、それだけで審査落ちになってしまう可能性があります(申し込みブラック)。

どれだけ資金を必要としていても、1社ずつ申し込むことが重要です。

代表者の信用情報に問題がないか確認

ビジネスローンの審査では、代表者の信用情報も確認されます。

過去にローンの返済やクレジットカードの支払いなどを延滞したことがあると、その情報が信用情報に一定期間登録されます。

個人の信用情報は信用情報機関に照会を行うことで確認できるので、ビジネスローンに申し込む前に、信用情報によくない情報が登録されていないか、確認しておくのが賢明でしょう。

未納の税金があれば必ず支払っておく

事業を行ううえではさまざまな出費が発生しますが、税金もそのうちのひとつです。

優先順位がかなり高いはずの税金を支払っていないということは、それだけ資金繰りに窮していると捉えられてしまうため、即審査落ちになってしまいます。

税金の支払い状況を確認して、支払うべきものをきちんと支払ってから申し込めばOKです。

データなどを偽らず正直に申し込む

スコアリングシステムでは決算書の内容がチェックされるため、決算書の内容を偽って申し込むことで、審査に通りやすくなると考える方もいらっしゃるかもしれません。

ただし、ほかに提出する書類の内容などから、決算書の内容が偽りのものであることが判明してしまうと、審査落ちは免れません。

決算書の内容に不安があるとしても、正直に申し込むことを心がけましょう。

審査に通りやすいビジネスローンの特徴

ビジネスローン自体、審査に通りやすい傾向のローンと言えます。

 

ただ、より審査通過の可能性を高めたいのであれば、どのビジネスローンを選べばよいかというところから考えたほうがよいでしょう。

 

審査に通りやすいビジネスローンの見分け方を、以下で説明します。

 

大手よりは中小の金融機関

大手も中小も、基本的にはスコアリングシステムを用いて審査を行いますが、審査通過の基準が異なる可能性があります。

属性のよい申込者は基本的に大手の金融機関で融資を受けるため、中小の金融機関は少し審査通過のボーダーを下げてでも、融資対象者を確保する必要があるからです。

少しでも審査通過の可能性を高めたければ、中小の金融機関が取り扱っているビジネスローンに申し込むとよいでしょう。

上限金利の設定が高め

上限金利の設定が高いということは、金融機関が許容できるリスクの幅もそれだけ広がっていることを意味します。

そのため、決算書の内容に多少不安があるような場合でも、融資を受けられる可能性が高いと言えます。

ただし、金利の高さは返済負担に直結するので、融資を受けた場合はなるべく早く返済できるような計画を立てるようにしましょう。

有担保ローンがある

ビジネスローンは基本的に無担保・無保証ですが、中には有担保ローンを取り扱っている金融機関もあります。

有担保ローンでは不動産などを担保に設定しなければなりませんが、担保がある分だけ金融機関もリスクを取った融資が可能です。

担保に設定できるような不動産を所有している場合は、有担保のビジネスローンに申し込むことも検討してみましょう。

独自審査を行っている

ビジネスローンの審査ではスコアリングシステムが用いられるケースが大半ですが、中小の金融機関の中には独自の基準で審査を行っているところもあります。

決算書の内容はもちろんチェックされますが、それだけではなく面談の内容や代表者の人柄など、さまざまな点を踏まえて、融資の可否を判断してくれるのです。

スコアリングシステムを導入している金融機関では融資を受けられないという場合は、こういった独自審査を行っている金融機関に申し込みを行いましょう。

ビジネスローンに落ちた場合の対処法

ビジネスローンに審査落ちした場合は、ファクタリングによる資金調達という選択肢も残されています。

 

ファクタリングとは、会社が保有する売掛金をファクタリング会社に買い取ってもらって資金化する方法です。

 

ファクタリングを利用する際は手数料がかかりますが、初めての利用でも即日などスピーディーにキャッシュが得られます。

 

しかも、ビジネスローンとは違って返済は不要です。

 

ある程度まとまった金額の売掛金を所有している場合は、ファクタリングも検討してみるとよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合わせて読みたい記事

おすすめの資金調達企業

  • 日本中小企業金融サポート機構

    手数料 2社間10~15%
    3社間1~9%
    対応スピード 最短即日
    取り扱いサービス 全般
    営業時間 9:30~19:00
    必要書類 お客様情報シートと売掛先情報(当社規定)
    売掛金の入金が確認出来る通帳のコピー3ヵ月分(表紙付)
    契約書、請求書、領収書 etc
    身分証明書(免許証、パスポートなど)
    特徴 ・完全非対面による郵送ファクタリング
    ・BtoBシエン独自のファクタリングサービスで最短当日お振込み

    企業詳細へ

  • 株式会社ビートレーディング

    手数料 2社間平均10%前後、
    3社間平均 5%前後
    対応スピード 最短12時間
    取り扱いサービス

    全般

    営業時間

    9:30~19:00

    必要書類

    本査定申込書
    通帳のコピー(表紙付3ヶ月分)
    契約書、請求書、領収書 etc

    特徴

    ・全国各地16,000社以上の豊富な 買取実績
    ・専任の担当者による迅速・丁寧な対応

    企業詳細へ

  • MentorCapital

    手数料 2社間 10%~不明
    3社間 3%~不明
    対応スピード 最短即日
    取り扱いサービス

    2社間
    3社間

    営業時間 9:30~18:30(平日)
    必要書類

    商業登記簿謄本と印鑑証明書
    決算書や確定申告書のような会社の業績が確認できる資料
    売掛先企業との基本契約書
    契約書や発注書、納品書、請求書など
    過去の入金の確認ができる通帳

    特徴

    ・幅広い業種に対応可能
    ・赤字決済、債務超過などにも柔軟対応

    企業詳細へ

  • ipgファイナンシャルソリューションズ

    実施年率 7.8%~18.0%
    限度額 1万円〜500万
    融資スピード 即日
    個人事業主の利用 不可
    特徴 ・実店舗がなくWEB上での申込のみ可能
    ・カード発行不要で利用可能

    企業詳細へ

  • 株式会社ユニーファイナンス

    実施年率 12.00%~17.95%
    限度額 ~200万円(ビジネスローン)
    100万円~1000万円(スーパービジネスローン)
    融資スピード 平日PM2:00までに審査完了された
    お客様は新規の場合を除き当日中
    個人事業主の利用 不可
    特徴 ・プロミスATMでご利用可能
    ・スーパービジネスローンの場合に担保・保証人が必要

    企業詳細へ

  • 株式会社トライフィナンシャルサービス

    実施年率 6.8%~12.65%
    限度額 300万円~5,000万円
    融資スピード 審査状況によって異なるが、
    即日での融資実行が可能な場合がある
    個人事業主の利用 可能
    特徴 ・担保・保証人不要で5,000万円まで融資可能
    ・返済回数最大360回

    企業詳細へ

  • 株式会社セントラル

    実施年率 4.80%~18.0%
    限度額 300万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 当社ご利用限度額が50万円超、
    または他社を含めた借入総額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要
    特徴 ・女性オペレーターが対応する女性専用のプランがある
    ・平日14時までのお申し込みで即日振込が可能

    企業詳細へ

  • フタバ株式会社

    実施年率 14.96%~17.95%
    限度額 10万円~50万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 借入額が50万円を超える場合に必要
    特徴 ・郵送物なし、カードレスのWEB完結でご利用可能
    ・ポイントサービスの利用で一定期間無利息で借入可能

    企業詳細へ

  • アイフル株式会社

    実施年率 3.0%~18.0%
    限度額 1万円~800万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 必要な場合もあり
    特徴 ・21時までのお手続き完了で当日融資可能
    ・楽天銀行口座をお持ちの場合24時間振込可能

    企業詳細へ