1. ホーム
  2. 資金調達コラム一覧
  3. ファクタリング
  4. 延現金払いとファクタリングの違いとは?どちらを利用するべき?

延現金払いとファクタリングの違いとは?どちらを利用するべき?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿日:2021年08月06日

取引を行うにあたって、すぐに支払いを行うのが難しい場合の対処法として、延現金払いやファクタリングがあります。両者は性格が異なるので、どちらを選ぶべきかは難しいところです。本記事では延現金払いとファクタリングのどちらを利用するべきかについて説明しますので、買掛先への支払いに悩まれている経営者の方はぜひ参考にしてみてください。

延現金払いとファクタリングの違いとは?どちらを利用するべき?

ここでは下記3つについて徹底解説をしていきます。
・延現金払いとは何か
・延現金払いのメリット・デメリット
・延現金払いよりもファクタリングを利用するべき理由

 

ぜひ、最後までご覧ください。

 

そもそも延現金払いとは?

通常、取引が終わったあとの支払いについては、買掛金を用いることによって1ヵ月後や2ヵ月後などに行うのが一般的です。

 

しかし、手元の資金が乏しい、資金繰りをよくしたいなどの理由から、1ヵ月後や2ヵ月後よりもさらにあとに支払期日を設定したい場合もあるでしょう。

 

そういった場合は通常は手形を用いて対処しなければなりませんが、手形を用いずに口約束のみで支払いを後回しにすることを、延現金払いと言います(期日現金払いとい言う場合も)。

延現金払いのメリット

買掛金を支払う際に延現金払いを行うメリットとしては、以下のようなことが挙げられます。

 

支払期間を通常より長めに設定できる

延現金払いのメリットは何と言っても、支払期間を通常よりも長めに設定できることです。

支払いまでの期間を1ヵ月ではなく3ヵ月にすることができれば、資金に2ヵ月分の猶予が生まれるため、取引の幅を広げることができます。

手元の資金が乏しい中小企業にとっては、これは非常に大きなメリットと言えるでしょう。

手形発行と違いコストが発生しない

延現金払いと同じように支払いのタイミングを先延ばしにすることは、手形を発行することで行うことができます。

ただし手形を発行するためには手数料が必要ですし、金融機関を通す必要があるのでその分だけ事務手続きも増えます。

延現金払いではそういったコストが一切必要ないにも関わらず、手形発行と同じような恩恵を得ることができるのです。

延現金払いのデメリット

反対に延現金払いを行うデメリットとしては、以下のようなことが挙げられます。

 

利用できるケースが限られている

上述したように延現金払いには大きなメリットがありますが、下請法によって利用できるケースは厳密に決められています。

下請法が適用されるのは親事業者と下請事業者の資本金の間に、以下のような関係があるときです。

・親事業者の資本金が3億円超かつ下請事業者の資本金が3億円以下

・親事業者の資本金が1,000万円~3億円以下かつ下請事業者の資本金が1,000万円以下

上述したいずれかの関係に該当する場合は、延現金払いを利用することはできません。

そのため、支払期日を通常よりも後回しにしたい場合は、手形を発行する必要があります。

買掛先にとってのメリットがない

延現金払いは、買掛金を支払う側にとってはメリットだらけの方法ではあります。

しかしその一方で、買掛先にとってはお金が入るタイミングが後ろ倒しになって資金繰りが悪化するだけの、何のメリットもない方法です。

支払いが後ろ倒しになるとしても、手形を発行してもらっていれば手形割引という方法を利用して、お金を早めに受け取ることも可能です。

しかし延現金払いでは手形を発行してもらっていないので、手形割引を利用することもできません。

自社の都合を優先して延現金払いを多用してしまうと、買掛先との関係性が悪化してしまう可能性もあります。

ファクタリングを利用すべき理由

延現金払いにはメリットもありますが、デメリットのことも踏まえて考えると、ファクタリングを利用するのがおすすめです。

 

ファクタリングとは、売掛金をファクタリング会社に買い取ってもらうことで、資金調達を行えるサービスのことです。

 

売掛金が本来入金されるよりも早いタイミングで、資金を手にすることが可能です。

 

ファクタリングを利用すべき理由を、以下でいくつか挙げていきます。

 

買掛先からの信頼を失うことがない

延現金払いとファクタリングでは、資金の支払いが厳しいときに行う対処としてのスタンスがまったく異なります。

延現金払いは、「1ヵ月や2ヵ月で支払いを行うのは厳しいからもう少し待ってほしい」と買掛先にお願いすることです。

つまり、こちらの懐事情を相手に押し付けて要求を吞んでもらっているような状態です。

これに対してファクタリングは、「手元の資金が乏しいから何とかして資金を作る」といった方向性で対処を行うことであり、買掛先に無茶な要求は行いません。

そのため、買掛先にとっては延現金払いよりもありがたい方法なので、買掛先からの信頼を失うことがありません。

支払いに必要な分だけを資金化できる

支払いを行うだけの資金がないのであれば、金融機関から融資を受けて対処するという方法も考えられます。

しかし、ひとつの取引に必要な分の金額を融資で調達するのは、非常に非効率的です。

その点ファクタリングであれば、売掛金を必要な分だけ資金化することができます。

最短即日での資金化も可能なので、資金化のスピードおよび効率という点においてファクタリングは非常に優秀です。

延現金にこそファクタリング

あらためて、本稿におけるファクタリングのメリットを整理します。

 

ファクタリングは延現金払いでの支払いに困っている場合にこそ、有用な方法です。

 

延現金払いは手形とは異なるため、先方(支払いを待ってくれている人)としても、手形割引のように前倒しでの資金化はできません。

 

しかし、ファクタリングを利用してもらうことで、前倒しでの資金化が可能なのです。

 

その仕組みとは、「3社間ファクタリング」です。

 

ファクタリングには自社とファクタリング会社だけで完結する「2社間ファクタリング」と、取引相手の会社も交えて行う「3社間ファクタリング」があります。

 

したがって、延現金払いを打診する際、3社間ファクタリングも提案してみるとよいでしょう。

 

先方(支払いを待ってくれている人)としては、延現金払いによるメリットが皆無だと分かっている以上、手間がかかったとしても、3社間ファクタリングを承諾してくれる可能性は十分ありえます。

 

もちろん、信頼できるファクタリング業者選びは必要ですが、上手く3社間ファクタリングで合意できれば、Win-Winになれる可能性があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合わせて読みたい記事

おすすめの資金調達企業

  • 日本中小企業金融サポート機構

    手数料 2社間10~15%
    3社間1~9%
    対応スピード 最短即日
    取り扱いサービス 全般
    営業時間 9:30~19:00
    必要書類 お客様情報シートと売掛先情報(当社規定)
    売掛金の入金が確認出来る通帳のコピー3ヵ月分(表紙付)
    契約書、請求書、領収書 etc
    身分証明書(免許証、パスポートなど)
    特徴 ・完全非対面による郵送ファクタリング
    ・BtoBシエン独自のファクタリングサービスで最短当日お振込み

    企業詳細へ

  • 株式会社ビートレーディング

    手数料 2社間平均10%前後、
    3社間平均 5%前後
    対応スピード 最短12時間
    取り扱いサービス

    全般

    営業時間

    9:30~19:00

    必要書類

    本査定申込書
    通帳のコピー(表紙付3ヶ月分)
    契約書、請求書、領収書 etc

    特徴

    ・全国各地16,000社以上の豊富な 買取実績
    ・専任の担当者による迅速・丁寧な対応

    企業詳細へ

  • MentorCapital

    手数料 2社間 10%~不明
    3社間 3%~不明
    対応スピード 最短即日
    取り扱いサービス

    2社間
    3社間

    営業時間 9:30~18:30(平日)
    必要書類

    商業登記簿謄本と印鑑証明書
    決算書や確定申告書のような会社の業績が確認できる資料
    売掛先企業との基本契約書
    契約書や発注書、納品書、請求書など
    過去の入金の確認ができる通帳

    特徴

    ・幅広い業種に対応可能
    ・赤字決済、債務超過などにも柔軟対応

    企業詳細へ

  • ipgファイナンシャルソリューションズ

    実施年率 7.8%~18.0%
    限度額 1万円〜500万
    融資スピード 即日
    個人事業主の利用 不可
    特徴 ・実店舗がなくWEB上での申込のみ可能
    ・カード発行不要で利用可能

    企業詳細へ

  • 株式会社ユニーファイナンス

    実施年率 12.00%~17.95%
    限度額 ~200万円(ビジネスローン)
    100万円~1000万円(スーパービジネスローン)
    融資スピード 平日PM2:00までに審査完了された
    お客様は新規の場合を除き当日中
    個人事業主の利用 不可
    特徴 ・プロミスATMでご利用可能
    ・スーパービジネスローンの場合に担保・保証人が必要

    企業詳細へ

  • 株式会社トライフィナンシャルサービス

    実施年率 6.8%~12.65%
    限度額 300万円~5,000万円
    融資スピード 審査状況によって異なるが、
    即日での融資実行が可能な場合がある
    個人事業主の利用 可能
    特徴 ・担保・保証人不要で5,000万円まで融資可能
    ・返済回数最大360回

    企業詳細へ

  • 株式会社セントラル

    実施年率 4.80%~18.0%
    限度額 300万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 当社ご利用限度額が50万円超、
    または他社を含めた借入総額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要
    特徴 ・女性オペレーターが対応する女性専用のプランがある
    ・平日14時までのお申し込みで即日振込が可能

    企業詳細へ

  • フタバ株式会社

    実施年率 14.96%~17.95%
    限度額 10万円~50万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 借入額が50万円を超える場合に必要
    特徴 ・郵送物なし、カードレスのWEB完結でご利用可能
    ・ポイントサービスの利用で一定期間無利息で借入可能

    企業詳細へ

  • アイフル株式会社

    実施年率 3.0%~18.0%
    限度額 1万円~800万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 必要な場合もあり
    特徴 ・21時までのお手続き完了で当日融資可能
    ・楽天銀行口座をお持ちの場合24時間振込可能

    企業詳細へ