1. ホーム
  2. 資金調達コラム一覧
  3. 資金調達の基礎知識
  4. 【要チェック】系統別のクラウドファンディングおすすめサイトを紹介

【要チェック】系統別のクラウドファンディングおすすめサイトを紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「資金調達のためにクラウドファンディングを利用したい」「リターンを期待してクラウドファンディングで出資したい」とお考えの方も多いと思います。ただ、クラウドファンディングサイトは数が多いので、どのサイトを利用すればよいのかで悩んでしまう方もいらっしゃるでしょう。本記事では、クラウドファンディングのサイトを系統別に紹介します。起案者と出資者双方にとってのメリットについて説明するので、ぜひ参考にしてみてください。

【要チェック】系統別のクラウドファンディングおすすめサイトを紹介

ここでは下記3つについて徹底解説をしていきます。

 

・クラウドファンディングの系統
・各系統におけるおすすめのクラウドファンディングサイト
・各サイトにおける起案者・支援者それぞれにとってのおすすめポイント

 

ぜひ、最後までご覧ください。

 

クラウドファンディングの主な系統

 

クラウドファンディングには、手がけるプロジェクトの方向性やリターンの種類などに応じて、いくつかの系統があります。

 

どの系統のサイトを利用するべきかは、クラウドファンディングに何を望むかによって異なります。

 

以下では、クラウドファンディングの主な系統とその特徴について、説明します。

 

購入型

購入型では、出資してくれた人に対するリターンとして、プロジェクトで手がける商品やサービスなどが設定されます。

まだ世に出ていない商品などを一足早く利用できたり、便利なサービスを割引料金で利用できたりするのが、出資者にとっての主なメリットです。

一般的に「クラウドファンディング」と言うと、この系統のことを指すことが多いです。

寄付型

 

寄付型は他の系統とは異なり、出資者に対する商品やサービスのリターンがありません。

寄付型のプロジェクトは、難病患者や被災地などへの支援のような社会貢献性の高い内容のものが多く、活動報告やお礼のメッセージなどがリターンとして設定されています。

出資者は、クラウドファンディングを通じて社会貢献ができているということを、実感することができます。

融資型

 

融資型では、出資者からの資金をサイト運営者が取りまとめて、プロジェクトの起案者に対して融資を行います。

起案者はその資金をもとにしてプロジェクトを進行させ、出資者は起案者が一定の間隔で支払う利息をリターンとして受け取ることが可能です。

「ソーシャルレンディング」と呼ばれることも多く、融資や出資などを受けられない場合の資金調達方法として、中小企業や個人事業主に活用されるケースが多いです。

株式投資型

 

株式投資型では、プロジェクトを手がけた企業の未公開株がリターンとして設定されます。

起案者にとってはまとまった資金を調達できる手段で、出資者にとっては一般的にはあまり出資する機会のない企業に対して出資できる手段となっています。

企業の成長次第で未公開株の価値が大きく変わるため、出資者にとってはハイリスクハイリターンな方法であるとも言えるでしょう。

ファンド型

 

ファンド型では、プロジェクトを進めるのに必要な資金を調達することが可能です。

他の系統と異なる点は、リターンが商品やサービス・未公開株などではなく、プロジェクトによって得られる収益による「分配金」であるということです。

出資者はプロジェクトの状況を厳しくチェックする必要がありますし、起案者はそのことを踏まえたうえでプロジェクトに臨むことが求められます。

購入型のおすすめサイト

 

それぞれの系統の特徴を把握できたところで、系統ごとのおすすめサイトを紹介したいと思います。

 

まずは購入型のおすすめサイトからです。

 

CAMPFIRE

 

CAMPFIREはテレビCMも放送しているような、日本最大級のクラウドファンディングサイトです。

これまで利用したことがないサービスを利用する場合、大手や知名度の高いものを優先的に選ぼうとする人は多いものです。

非常に知名度が高いがゆえに支援者からの資金が集まりやすいことは、起案者にとっての大きなメリットと言えるでしょう。

プロジェクトを手がける場合に専任の担当が付いてくれて、手厚いサポートが受けられることも見逃せません。

出資者にとっては、非常に幅広いプロジェクトの中から自分が気に入るプロジェクトを探すことができるというのが、大きな魅力です。

数千円という少額からでも出資が可能で、支援に対するハードルも高くないので、クラウドファンディングを行うのが初めての人にもおすすめです。

Makuake

 

Makuakeも、テレビCMなどによって最近知名度が高まってきているクラウドファンディングサイトです。

「Makuakeアナリティクス」という独自のツールを利用することが可能で、プロジェクトページの閲覧数や訪問者の流入元などを確認することができます。

そういったデータをもとにしてプロジェクトページの見せ方などを改善することで、より一層支援を集めやすくなります。

プロジェクトの企画段階から終了まで、スタッフによる手厚いサポートを受けられるのも安心材料です。

決済方法の種類が豊富なのは、支援者にとってうれしいポイントです。

初めて利用するサイトにクレジットカードの情報を登録するのは不安、と感じられる方も多いと思われます。

しかしMakuakeでは、クレジットカード払い以外にコンビニ払いや銀行振込などにも対応しているので、安心して利用することができます。

寄付型のおすすめサイト

続いては寄付型のおすすめサイトです。

 

 

READY FOR

 

READY FORは2011年にスタートした、日本初のクラウドファンディングサイトです。

今回は寄付型としてご紹介していますが、購入型での利用も可能なので、プロジェクトの性格に応じて適したほうで利用することができます。

「シンプルプラン」「フルサポートプラン」の2種類のプランが用意されているので、サポートの充実度や手数料などを比較して、どちらのプランを利用するかを決めることが可能です。

支援者にとっては、READY FORを通じて社会貢献性の高い活動に関われることが大きなメリットです。

また、READY FORでは支援者に対して手数料を請求しておらず支援金以外に出費が発生しないので、安心して支援することができるでしょう。

A-port

 

A-portは朝日新聞社によって運営されているクラウドファンディングサイトで、READY FOR同様に寄付型だけでなく購入型のサービスも提供しています。

プロジェクトに対して、朝日新聞社の資本力を生かした全面的なバックアップが期待できるので、成功率もグッと上がるでしょう。

支援者のメリットとしては、READY FOR同様に社会貢献性の高いプロジェクトの支援を行えることが挙げられます。

自分がまったく知らない世界との接点を持てるというのは、A-Portのような寄付型のクラウドファンディングならではのメリットと言えるでしょう。

READY FORとA-Port両方に言えることではありますが、リターンを希望する場合は寄付型ではなく購入型のプロジェクトを選ばなければならないことだけは、注意しておく必要があります。

融資型のおすすめサイト

 

続いては融資型のおすすめサイトです。

 

 

OwnersBook

 

OwnersBookは、不動産案件に特化していることが大きな特徴のクラウドファンディングサイトです。

1万円という少額からの投資が可能なのは、支援者にとっては気軽に支援できる、起案者にとってはそれゆえ資金が集まりやすいと、双方にとってメリットになっていると考えられます。

融資型のクラウドファンディングを利用する方にとっては、利回りの高さも重要なポイントですが、比較的利回りが高い案件が多いのは大きな魅力でしょう。

融資型のクラウドファンディングサイトに共通して言えることですが、出資したあとはとくに運用の手間などがかからないので、放置しておけるのもメリットです。

 

Crowd Bank

 

Crowd Bankは、不動産を中心としつつ再生可能エネルギーや金融などの幅広い案件を取り扱っています。

最低投資金額が1万円なので、OwnersBook同様に幅広い方からの支援を見込むことができるでしょう。

親権者の同意があれば未成年でも支援を行うことができるというのも、Crowd Bankの大きな特徴のひとつです。

若いうちから投資などの仕組みを勉強することができるというのは、支援者の方にとってのメリットと言えるでしょう。

株式投資型のおすすめサイト

 

続いては株式投資型のおすすめサイトです。

 

 

FUNDINNO

 

FUNDINNOは、日本で最初に株式投資型のクラウドファンディングサービスを始めたサイトです。

プロジェクトの起案者が年間で募集できる金額の上限は1億円で、規模の小さな会社の方にとっては貴重な資金調達手段です。

支援者にとっても、少額投資や分散投資にうってつけの方法です。

プロジェクトによっては株式優待を設けているところもあるので、そういった点を基準にして支援先を決められるというのも、大きな魅力のひとつです。

CAMPFIRE Angels

 

CAMPFIRE Angelsは、CAMPFIREと同じ企業によって運営されている株式投資型のクラウドファンディングサイトです。

「CAMPFIRE」の名を冠していることで多くの支援者からの出資が期待できるのは、起案者にとって大きなメリットになると考えられます。

CAMPFIRE Angelsでは、それぞれの案件で公開されている情報が非常に豊富です。

事前にいろいろな情報を判断したうえで支援先を決められるのは、支援者にとっての大きなメリットと言えるでしょう。

また、CAMPFIRE Angelsでの出資に対して付与される株式は、普通株式です。

そのため支援者は希望すれば、株主総会に参加することもできます。

ファンド型のおすすめサイト

 

最後はファンド型のおすすめサイトです。

 

 

セキュリテ

 

セキュリテは、社会貢献などに比重を置いたプロジェクトが多く登録されているクラウドファンディングサイトです。

ファンド型だけでなく、購入型や寄付型のサービスも提供しているので、プロジェクトの方向性に適した形のサービスを利用することができます。

支援者にとっては、寄付型と同じようなイメージの案件の支援を行いながら、リターンを得られる可能性もあるというのが非常に大きな魅力です。

また、セキュリテでは「SDGs」を評価軸のひとつとして採用しているのも、大きな特徴のひとつです。

環境保護などに興味がある方にとっては、興味深い案件が多数用意されていることでしょう。

 

Sony Bank GATE

 

Sony Bank GATEは、ソニー銀行が運営しているクラウドファンディングサイトです。

ソニー銀行運営という看板があるため支援者からの資金が集まりやすいのは、起案者にとってメリットであると考えられます。

また、プロジェクトの内容に関しても比較的詳細に公開されています。

ソニー銀行のお墨付きという看板と詳細な情報公開によって安心して支援を行いやすいのは、支援者にとって大きなメリットです。

なお、Sony Bank GATEにはベンチャー企業やスタートアップ企業も、数多くプロジェクトを公開しています。

普段あまり支援する機会のないような企業に対して支援を行えることも、支援者目線からすれば魅力的なポイントと言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合わせて読みたい記事

資金調達ランキング

  • 日本中小企業金融サポート機構

    手数料 2社間10~15%
    3社間1~9%
    対応スピード 最短即日
    取り扱いサービス 全般
    営業時間 9:30~19:00
    必要書類 お客様情報シートと売掛先情報(当社規定)
    売掛金の入金が確認出来る通帳のコピー3ヵ月分(表紙付)
    契約書、請求書、領収書 etc
    身分証明書(免許証、パスポートなど)
    特徴 ・完全非対面による郵送ファクタリング
    ・BtoBシエン独自のファクタリングサービスで最短当日お振込み

    企業詳細へ

  • 株式会社ビートレーディング

    手数料 2社間平均10%前後、
    3社間平均 5%前後
    対応スピード 最短12時間
    取り扱いサービス

    全般

    営業時間

    9:30~19:00

    必要書類

    本査定申込書
    通帳のコピー(表紙付3ヶ月分)
    契約書、請求書、領収書 etc

    特徴

    ・全国各地16,000社以上の豊富な 買取実績
    ・専任の担当者による迅速・丁寧な対応

    企業詳細へ

  • MentorCapital

    手数料 2社間 10%~不明
    3社間 3%~不明
    対応スピード 最短即日
    取り扱いサービス

    2社間
    3社間

    営業時間 9:30~18:30(平日)
    必要書類

    商業登記簿謄本と印鑑証明書
    決算書や確定申告書のような会社の業績が確認できる資料
    売掛先企業との基本契約書
    契約書や発注書、納品書、請求書など
    過去の入金の確認ができる通帳

    特徴

    ・幅広い業種に対応可能
    ・赤字決済、債務超過などにも柔軟対応

    企業詳細へ

  • ipgファイナンシャルソリューションズ

    実施年率 7.8%~18.0%
    限度額 1万円〜500万
    融資スピード 即日
    個人事業主の利用 不可
    特徴 ・実店舗がなくWEB上での申込のみ可能
    ・カード発行不要で利用可能

    企業詳細へ

  • 株式会社ユニーファイナンス

    実施年率 12.00%~17.95%
    限度額 ~200万円(ビジネスローン)
    100万円~1000万円(スーパービジネスローン)
    融資スピード 平日PM2:00までに審査完了された
    お客様は新規の場合を除き当日中
    個人事業主の利用 不可
    特徴 ・プロミスATMでご利用可能
    ・スーパービジネスローンの場合に担保・保証人が必要

    企業詳細へ

  • 株式会社トライフィナンシャルサービス

    実施年率 6.8%~12.65%
    限度額 300万円~5,000万円
    融資スピード 審査状況によって異なるが、
    即日での融資実行が可能な場合がある
    個人事業主の利用 可能
    特徴 ・担保・保証人不要で5,000万円まで融資可能
    ・返済回数最大360回

    企業詳細へ

  • 株式会社セントラル

    実施年率 4.80%~18.0%
    限度額 300万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 当社ご利用限度額が50万円超、
    または他社を含めた借入総額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要
    特徴 ・女性オペレーターが対応する女性専用のプランがある
    ・平日14時までのお申し込みで即日振込が可能

    企業詳細へ

  • フタバ株式会社

    実施年率 14.96%~17.95%
    限度額 10万円~50万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 借入額が50万円を超える場合に必要
    特徴 ・郵送物なし、カードレスのWEB完結でご利用可能
    ・ポイントサービスの利用で一定期間無利息で借入可能

    企業詳細へ

  • アイフル株式会社

    実施年率 3.0%~18.0%
    限度額 1万円~800万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 必要な場合もあり
    特徴 ・21時までのお手続き完了で当日融資可能
    ・楽天銀行口座をお持ちの場合24時間振込可能

    企業詳細へ