1. ホーム
  2. 資金調達コラム一覧
  3. 助成金・補助金
  4. 中小企業向けの補助金・助成金にはどのようなものがある?

中小企業向けの補助金・助成金にはどのようなものがある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

企業を経営していく上で、さまざまなことが課題として浮かび上がってくるでしょう。新たな人材を教育する必要性が生じる一方で、販路などを拡大していき売り上げも上げていかなければ企業は継続していきません。資金調達も、その一つでしょう。資金調達は、特に規模の小さな中小企業にとっては大きな問題です。中小企業が資金調達をする上で役立つ、補助金や助成金について紹介します。

中小企業向けの補助金・助成金にはどのようなものがある?

中小企業の資金調達に補助金・助成金は活用できる?

中小企業にとって企業を経営していく上で資金繰りというものは非常に重要な問題です。どの部分にどれだけのお金を割くのかなどの内訳もさることながら、そもそもどこからお金を調達するのかなど、資金調達では常に頭を悩ませている中小企業も多いでしょう。

中小企業が資金調達をするためには、さまざまな方法があります。創業間もない中小企業なら創業融資などの方法もありますが、それも期間が決まっているのでいつまでも頼るわけにはいきません。このほかでいえば、融資や個人投資家からの投資を受けるなどの方法もありますが、もちろんデメリットもあるので慎重になる必要があります。
その中で、お薦めの資金調達の方法として、中小企業が申し込める補助金・助成金を活用するという方法があります。補助金・助成金には、中小企業を対象としたものが数多くあります。

補助金・助成金とは、国や地方自治体が運営して給付する金銭のことです。国や地方自治体が掲げる政策目標を達成することに貢献する事業を行われる際に、その事業者に対して事業を補助する目的で支払われます。国や地方自治体は、中小企業の運営が活性化し拡大することにより、より経済が活性化することを目指しています。そのため、中小企業に対して、運転資金や設備資金、雇用促進・人材育成など、さまざまな用途に対して補助金・助成金を行っているのです。

中小企業を対象とした補助金・助成金を受給するためには、さまざまな条件がありますが、もっとも必要な条件は、資本金や従業員数など中小企業の条件を満たしていることです。

中小企業が補助金・助成金で資金調達するメリット

中小企業が行う資金調達の方法としては、銀行融資や公的機関などからの借り入れ、個人投資家からの投資を受けるなどの方法も広く使われています。補助金・助成金による資金調達は、これらの方法とはさまざまな違いがあり、多くのメリットがあります。

補助金・助成金を受けていると、企業イメージが向上するというメリットがあります。補助金・助成金は国や地方自治体が行うものであるため、高い信用性があります。それを受け取れているということが、企業イメージに良い影響を与え、売り上げの向上や、新たな資金調達の道を確保することにつながる可能性も高まるのです。これがメリットの一つです。

補助金・助成金を受けることの最大のメリットは、返済が不要であるということです。銀行や公的機関などから借り入れを受けることによって資金調達をすると、いわゆる借金となります。いくら低い金利で借り入れることができたとしても、いずれは金利を含めて返済しなければなりません。しかし、補助金・助成金の場合、その必要性はありません。補助金・助成金は、基本的に事業の一部や全額を後払いで補助するものであり、返済義務は負わなくて良いのです。

中小企業が補助金・助成金で資金調達するときの注意点

補助金・助成金を活用できるからといって、すべての資金調達をそれで賄うことはできません。また、デメリットが全くないわけではないので注意が必要です。補助金・助成金を受給する際に注意すべきポイントを紹介します。

補助金・助成金を受ける際の注意点の一つは、後払いであるということです。基本的に補助金・助成金は、定められた事業が終わった後に支払われる後払いの制度です。そのため、資金繰りについて考慮しながら事業を展開する必要があります。

また、申請手続きには手間や時間がかかることもあれば、補助金の場合は申請しても必ず採択されるとは限りません。こちらも注意が必要なことです。補助金・助成金には、目的があり、その目的に事業内容が沿っていなければ支給されません。それを審査するために申請手続きが必要であり、事業計画など、さまざまな書類を制作する手間や時間がかかり、申請が通るまでに事業終了後半年以上の期間がかかる可能性もあります。

さらに、助成金の場合は資格要件を満たせば受けることができますが、補助金の場合は全企業が受けらえるわけではありません。数や金額に限りがあり、事業内容や社会的意義を説明して、その権利を勝ち取ることが必要です。必ずもらえると考えて、無計画に事業を進めてしまうと、後悔することもあるので注意しなければなりません。

中小企業が利用できる主な補助金・助成金

一口に補助金・助成金といってもさまざまな種類があります。目的に沿った補助金・助成金の情報を探すには、中小企業庁のサイトやガイドブック、支援機関に頼ることが勧められます。代表的な補助金・助成金をいくつか紹介します。

小規模事業者持続化補助金

小規模事業者を対象にした補助金であり、申請に当たって作成した経営計画に基づいた販路拡大などの取り組みに対して、50万円以下の補助金が出ます。また、商工会議所からの指導や助言を受けることも可能です。

ものづくり補助金

生産性向上に貢献する革新的なサービスの開発や試作品開発、生産プロセスの改善などを行うための設備投資を行う中小企業に対して、その資金の一部を補助する補助金です。国際的な社会情勢の変化に対応することを目的としており、上限は1000万円まで、事業種類により3種類に分かれます。

下請自立化補助金

二つ以上の特定下請事業者が連携して、新たな事業活動をし、下請事業者の特定企業に対する依存状態を改善する働きをした場合に行われる補助金です。活動により、販路拡大や官公庁からの受注、下請取引のあっせんなどを行った場合には、最大2000万円までが補助されます。

創業補助金

新たな需要や雇用創出を目的として、新たに創業する場合に、創業にかかる経費の一部を補助するものです。なお特定創業支援事業を受け、事業完了日までに従業員を1名以上雇い入れなければなりません。

特定求職者雇用開発助成金

高年齢者や障害者などの就職困難者をハローワークなどの紹介を経て、継続して雇用する労働者として雇い入れた場合に支払われる助成金です。支給額は対象労働者と企業規模、対象期間によって異なります。

キャリアアップ助成金

非正規労働者の企業内でのキャリアアップを促して、正社員化や処遇改善に取り組んだ事業に対して支払われる助成金です。優秀な人材を確保することを目的とし、取り組みによりさまざまなコースに分かれています。

中小企業にとって、常に課題となる資金調達ですが、補助金や助成金を活用することがおすすめされます。補助金・助成金は、後払いや申請の手間などのデメリットもありますが、そのほかの資金調達とは異なり、返済不要で非常に有用な資金調達方法です。さまざまな種類の制度があるので、自社の事業内容に合ったものを賢く活用しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合わせて読みたい記事

資金調達ランキング

  • 株式会社ビートレーディング

    手数料 2社間平均10%前後、
    3社間平均 5%前後
    対応スピード 最短12時間
    取り扱いサービス 全般
    営業時間 9:30~19:00
    必要書類 本査定申込書
    通帳のコピー(表紙付3ヶ月分)
    契約書、請求書、領収書 etc
    特徴 ・全国各地16,000社以上の豊富な 買取実績
    ・専任の担当者による迅速・丁寧な対応

    企業詳細へ

  • OLTA

    手数料 手数料2 - 9%
    対応スピード 最短即日
    取り扱いサービス OLTAクラウドファクタリング
    営業時間

    24時間

    ※電話受付:10:00~18:00

    必要書類

    1. 代表者様の本人確認書類

    2. 売却する対象の請求書

    3. 直近7カ月の入出金明細

    4. 昨年度の決算書

    特徴 ・ネットで完結!紙の書類・面談も不要
    ・ユーザー様のリピート率80%超!

    企業詳細へ

  • 三共サービス

    手数料 2社間 5%~10%
    3社間 1.5%~8%
    対応スピード 最短1日
    取り扱いサービス 全般
    営業時間 9:00~19:00
    必要書類

    身分証明書
    会社謄本
    決算書(直近2期分)
    売掛先への請求書
    契約書、請求書、領収書 etc
    入出金の通帳・当座勘定表
    小切手帳・手形帳
    納税証明書

    印鑑証明
    社判・実印 

    特徴 ・最低手数料1.5%~の低価格設定
    ・2001年設立の安心の実績

    企業詳細へ

  • ipgファイナンシャルソリューションズ

    実施年率 7.8%~18.0%
    限度額 1万円〜500万
    融資スピード 即日
    個人事業主の利用 不可
    特徴 ・実店舗がなくWEB上での申込のみ可能
    ・カード発行不要で利用可能

    企業詳細へ

  • 株式会社ユニーファイナンス

    実施年率 12.00%~17.95%
    限度額 ~200万円(ビジネスローン)
    100万円~1000万円(スーパービジネスローン)
    融資スピード 平日PM2:00までに審査完了された
    お客様は新規の場合を除き当日中
    個人事業主の利用 不可
    特徴 ・プロミスATMでご利用可能
    ・スーパービジネスローンの場合に担保・保証人が必要

    企業詳細へ

  • 株式会社トライフィナンシャルサービス

    実施年率 6.8%~12.65%
    限度額 300万円~5,000万円
    融資スピード 審査状況によって異なるが、
    即日での融資実行が可能な場合がある
    個人事業主の利用 可能
    特徴 ・担保・保証人不要で5,000万円まで融資可能
    ・返済回数最大360回

    企業詳細へ

  • 株式会社セントラル

    実施年率 4.80%~18.0%
    限度額 300万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 当社ご利用限度額が50万円超、
    または他社を含めた借入総額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要
    特徴 ・女性オペレーターが対応する女性専用のプランがある
    ・平日14時までのお申し込みで即日振込が可能

    企業詳細へ

  • フタバ株式会社

    実施年率 14.96%~17.95%
    限度額 10万円~50万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 借入額が50万円を超える場合に必要
    特徴 ・郵送物なし、カードレスのWEB完結でご利用可能
    ・ポイントサービスの利用で一定期間無利息で借入可能

    企業詳細へ

  • アイフル株式会社

    実施年率 3.0%~18.0%
    限度額 1万円~800万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 必要な場合もあり
    特徴 ・21時までのお手続き完了で当日融資可能
    ・楽天銀行口座をお持ちの場合24時間振込可能

    企業詳細へ