1. ホーム
  2. 資金調達コラム一覧
  3. ベンチャーキャピタル
  4. ベンチャーキャピタルで資金調達するなら知っておきたい「投資ラウンド」とは

ベンチャーキャピタルで資金調達するなら知っておきたい「投資ラウンド」とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿日:2019年03月13日

資金調達は、起業するに当たって大きな課題です。方法はいくつもありますが、実際にどの融資を選んで良いのか分からない方が多いのではないでしょうか。ここでは、資金調達に関する言葉の意味やベンチャーキャピタル(VC)での投資ラウンドについてまとめてみました。

ベンチャーキャピタルで資金調達するなら知っておきたい「投資ラウンド」とは

理解しておきたい投資用語「投資ラウンド」とは

起業直後の場合、会社の状況(創業期や成長期・安定期など会社の成長ステージ)によってどの資金調達が適しているかは異なってきます。

投資ラウンドとは、会社のそれぞれのステージに対して投資家が投資をする段階を表す言葉で、アメリカのシリコンバレーで使用されています。

特に、起業したばかりの会社に投資するファンドをベンチャーキャピタル(VC)といいますが、出資はこの投資ラウンドの考えに基づいて行われます。

ベンチャーキャピタルは、自分の投資した利益が最大化しやすい時期の会社に投資をするという特徴を持ちます。

スタートアップからの投資ラウンドの流れ

上述したように、投資ラウンドは起業をした会社に対して行われる投資の段階のことで、会社の成長に応じた投資が行われていきます。

起業した会社がどのような段階にあるかを投資家に分かりやすくするために、投資ラウンドにはそれぞれ名前が付けられています。

一般的にシード・アーリー・エクスパンション(シリーズA)・グロース(シリーズB)・レイター(シリーズC)の5つに分類して説明されることが多いです。

※ ここで使用するシリーズは投資側によってステージと呼ばれることもあります。

シード

シードは、起業前のステージを表す投資ラウンド名です。

会社を設立する前の段階で、商品を開発中、またはビジネスモデルだけが決まっているような段階が当てはまります。

実際に費用が必要になることはまだ少ないかもしれませんが、将来的にビジネスをスタートさせるための設立費用や研究費などが必要になることもあります。

この段階は、しっかりとプランを練って自分のビジネスの質を高めることにより、投資家の心をゲットすることが可能です。

また、企画に賛同してくれる投資家に出会うためにも、広い人脈を持つ努力も欠かせません。

アーリー

アーリーは、起業直後のステージを表す投資ラウンド名です。会社をスタートさせたばかりの段階で赤字経営の会社も多いため、投資リスクが高いという見方をする投資家が多い時期です。

資金調達を受けるには、自社のビジネスプランが実現可能であることをしっかりとアピールすることが投資家を納得させる大切なポイントになります。

この時期はベンチャーキャピタル以外にも、創業支援として国や自治体・金融機関などから補助金や助成金・借り入れなどをしやすいので、上手く活用していくことも大切です。

エクスパンション(シリーズA)

エクスパンション(シリーズA)は、事業を本格的に始める段階の投資ラウンド名です。

本格的にマーケティングが始まった段階で、シリーズAはスタートAとも呼ばれます。

資金調達先であるベンチャーキャピタルからの社会的信用を得られる時期で、会社のステージとしては出資も受けやすいです。

投資家側からの経営に関するアドバイスなどももらえるので、会社を順調に運営していくには、自分の会社に合ったベンチャーキャピタルを見つけることがとても重要になります。

グロース(シリーズB)

グロース(シリーズB)は、事業がやや軌道に乗り始めたステージを表す投資ラウンド名です。

シリーズBはステージBとも呼ばれます。

株式上場をする会社もあり、いくつかの部署が並行して仕事を進めることが可能です。

会社をもっと大きくするための資金繰りが忙しくなるのもこの段階です。

ここでは、必要になる資金の額も大きいので、1つだけでなく複数のベンチャーキャピタルからの出資を考えた方が効率的です。

レイター(シリーズC)

レイター(シリーズC)は、会社が黒字になり経営が確立したステージの投資ラウンド名です。

会社経営が軌道に乗り、売り上げや利益の確保が十分な段階です。

株式を公開するなど知名度も上がり、経営的にはピークを迎えます。

目標の一つのエグジット(起業家やベンチャーキャピタルが投資した資金を回収する方法)のために、海外への進出や全国展開など、さらに経営が安定するための組織や仕組み作りが求められます。

多額の資金が必要になりますが、資金調達の難易度はこれまでの実績などから下がります。

ベンチャーキャピタルの出資が受けられるのはどのラウンド?

ベンチャーキャピタルからの資金調達は、どの投資ラウンドでも利用できる可能性があります。

ただ、企業の成長段階によって、以下のように出資額は異なってきます。

ビジネスプランの準備中であるシードではベンチャーキャピタルからの出資がほとんどで、金額としては500万程度です。

アーリーでも積極的なベンチャーキャピタルは少なく、国や自治体・金融機関などの補助金・助成金などを活用しながら会社運営をするので、出資額もシードとあまり変わりはありません。

ある程度企業の方向性が定まるシリーズAでは、ベンチャーキャピタルからの信用が得やすくなるので、数千万円の資金調達が可能です。

シリーズBやシリーズCでは、会社の規模拡大に向けて資金調達が活発化する時期で、数億円以上の資金調達が期待できます。

民間の金融機関やメガバンクからも投資の話が持ち上がるなど多方面から出資を受けられる状況でしょう。

以上が、ベンチャーキャピタルと投資ラウンドについてのまとめです。

起業する前に投資ラウンドをしっかりと理解することはとても重要です。

投資側が自分の会社をどのように捉えているかがよく分かるので、資金調達に向けて対策が練りやすくなります。

基礎知識として頭に入れておくとよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合わせて読みたい記事

資金調達ランキング

  • 日本中小企業金融サポート機構

    手数料 2社間10~15%
    3社間1~9%
    対応スピード 最短即日
    取り扱いサービス 全般
    営業時間 9:30~19:00
    必要書類 お客様情報シートと売掛先情報(当社規定)
    売掛金の入金が確認出来る通帳のコピー3ヵ月分(表紙付)
    契約書、請求書、領収書 etc
    身分証明書(免許証、パスポートなど)
    特徴 ・完全非対面による郵送ファクタリング
    ・BtoBシエン独自のファクタリングサービスで最短当日お振込み

    企業詳細へ

  • 株式会社ビートレーディング

    手数料 2社間平均10%前後、
    3社間平均 5%前後
    対応スピード 最短12時間
    取り扱いサービス

    全般

    営業時間

    9:30~19:00

    必要書類

    本査定申込書
    通帳のコピー(表紙付3ヶ月分)
    契約書、請求書、領収書 etc

    特徴

    ・全国各地16,000社以上の豊富な 買取実績
    ・専任の担当者による迅速・丁寧な対応

    企業詳細へ

  • MentorCapital

    手数料 2社間 10%~不明
    3社間 3%~不明
    対応スピード 最短即日
    取り扱いサービス

    2社間
    3社間

    営業時間 9:30~18:30(平日)
    必要書類

    商業登記簿謄本と印鑑証明書
    決算書や確定申告書のような会社の業績が確認できる資料
    売掛先企業との基本契約書
    契約書や発注書、納品書、請求書など
    過去の入金の確認ができる通帳

    特徴

    ・幅広い業種に対応可能
    ・赤字決済、債務超過などにも柔軟対応

    企業詳細へ

  • ipgファイナンシャルソリューションズ

    実施年率 7.8%~18.0%
    限度額 1万円〜500万
    融資スピード 即日
    個人事業主の利用 不可
    特徴 ・実店舗がなくWEB上での申込のみ可能
    ・カード発行不要で利用可能

    企業詳細へ

  • 株式会社ユニーファイナンス

    実施年率 12.00%~17.95%
    限度額 ~200万円(ビジネスローン)
    100万円~1000万円(スーパービジネスローン)
    融資スピード 平日PM2:00までに審査完了された
    お客様は新規の場合を除き当日中
    個人事業主の利用 不可
    特徴 ・プロミスATMでご利用可能
    ・スーパービジネスローンの場合に担保・保証人が必要

    企業詳細へ

  • 株式会社トライフィナンシャルサービス

    実施年率 6.8%~12.65%
    限度額 300万円~5,000万円
    融資スピード 審査状況によって異なるが、
    即日での融資実行が可能な場合がある
    個人事業主の利用 可能
    特徴 ・担保・保証人不要で5,000万円まで融資可能
    ・返済回数最大360回

    企業詳細へ

  • 株式会社セントラル

    実施年率 4.80%~18.0%
    限度額 300万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 当社ご利用限度額が50万円超、
    または他社を含めた借入総額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要
    特徴 ・女性オペレーターが対応する女性専用のプランがある
    ・平日14時までのお申し込みで即日振込が可能

    企業詳細へ

  • フタバ株式会社

    実施年率 14.96%~17.95%
    限度額 10万円~50万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 借入額が50万円を超える場合に必要
    特徴 ・郵送物なし、カードレスのWEB完結でご利用可能
    ・ポイントサービスの利用で一定期間無利息で借入可能

    企業詳細へ

  • アイフル株式会社

    実施年率 3.0%~18.0%
    限度額 1万円~800万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 必要な場合もあり
    特徴 ・21時までのお手続き完了で当日融資可能
    ・楽天銀行口座をお持ちの場合24時間振込可能

    企業詳細へ