1. ホーム
  2. 資金調達コラム一覧
  3. ベンチャーキャピタル
  4. ベンチャーキャピタルに選ばれる起業家の特徴

ベンチャーキャピタルに選ばれる起業家の特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿日:2019年06月28日

銀行などからの融資とは異なり、ベンチャーキャピタルには担保が必要なく、返済義務もありません。数億円単位での資金調達が実現する可能性もあるベンチャーキャピタルに投資先として選ばれるポイントを、起業家の特徴などにフォーカスしながらご紹介します。

ベンチャーキャピタルに選ばれる起業家の特徴

ベンチャーキャピタルとは

ベンチャーキャピタル(VC)とは、ベンチャー企業などの有望な未上場企業を対象に、銀行や投資家などから広く資金を集めて投資を行う投資組織のことです。単に資金を投入するだけではなく、育成支援につながる経営コンサルティングを提供するケースもよく見られます。

ベンチャーキャピタルには次のような種類があります。

政府系・公的機関系ベンチャーキャピタル

政府や公的機関が運営するベンチャーキャピタルです。東京中小企業投資育成や産業革新機構が代表的です。

銀行系ベンチャーキャピタル

都市銀行・地銀・信用金庫などが設立したベンチャーキャピタルです。基本的に投資先のメインバンク系列のベンチャーキャピタルが投資を行います。審査に際して安定性が重視されるなど、銀行融資に近い特徴も見られます。

証券会社系ベンチャーキャピタル

証券会社が設立したベンチャーキャピタルです。創業間もないアーリーステージの企業でも、成長見込みがあればアグレッシブに投資を行う傾向があります。証券会社系ならではのノウハウを駆使して上場までのマネジメントを行うケースが多いでしょう。

保険会社系ベンチャーキャピタル

損害保険会社や生命保険会社が設立したベンチャーキャピタルです。数社の保険会社が経営統合したベンチャーキャピタルもあります。

また、銀行・証券・保険のいずれにも属さない信販系などの金融機関系ベンチャーキャピタルも存在します。

事業系ベンチャーキャピタル

投資を本業としない一般的な事業会社が設立したベンチャーキャピタルです。各社が手がける事業との関連性や相乗効果を企図した投資が中心となります。

独立系ベンチャーキャピタル

どこかの企業グループの傘下に属しているわけではない、独立資本の企業や組織によるベンチャーキャピタルです。

ベンチャーキャピタルの投資目的

ベンチャーキャピタルが投資を行う目的は、投資先の上場や成長後に株式や事業、起業自体を売却することにより利益を得ることに集約されます。

中でもIPO(新規公開株)に焦点を合わせてキャピタルゲイン(投資額と売却額との差額)によるハイリターンを得る手法はメジャーなものといえます。

また、自社の事業分野との事業シナジーを実現し、協業によって新たな利益を生み出すことを目的とした投資を行う組織の場合は、ベンチャーキャピタルと区別してコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)と呼ぶ場合もあります。

ベンチャーキャピタルからの資金調達に向いていない事業

ベンチャーキャピタルからの資金調達には、向いている事業モデルと向いていない事業モデルがあります。言わば相性のようなものですが、ここではどのような事業が向いていないのかを見てみましょう。

実店舗での販売が主体の事業

リアルに販売店舗を構えてモノを売るという昔からある小売業、あるいは飲食店などで売上を伸ばしていくには、商品の販売数や店舗数を増やしていくといった地道な企業努力の積み重ねが求められます。昔ながらの販売業は、急速な成長性に期待するベンチャーキャピタルの選択肢からは外れることが多いでしょう。

ビジネスモデルがすでに市場に浸透している事業

ビジネスモデルがすでに確立し、市場に浸透している事業では、チャレンジ性や冒険心よりも堅実な計画とそれを着実に遂行していく手腕が求められます。そうした事業であればベンチャーキャピタルよりも銀行などからの融資の方が得られやすいはずです。

成長拡大に時間がかかる事業

長期的なスパンで成長拡大していくタイプの事業も、やはりベンチャーキャピタルよりは銀行などからの融資向きといえます。ベンチャーキャピタルでは数年単位で上場を目指すような短期決戦型の事業モデルの方が好まれます。

ベンチャーキャピタルに選ばれる起業家の特徴

では、ベンチャーキャピタルに選ばれる起業家とはどのような特徴や傾向を持っているのか、具体的に挙げてみましょう。

事業の成長性や競合他社との差別化ポイントの有無が問われます。またそうした事業モデル自体の優位性に加えて、起業家にも自社を成長させ、ベンチャーキャピタルに利益をもたらすための特徴が備わっていることが求められます。具体的にどのような特徴があるのかを挙げてみましょう。

起業しようとしている業界に関する知識

起業する業界での経験があり、技術や市場への理解が深いほど信頼度は高くなります。経験が少なくても、その業界について豊富な知識があり、自社の事業モデルにどのような優位性があるのか、競合他社との差別化ポイントはどこなのかを示すことができなければベンチャーキャピタルからの評価は得られないでしょう。

IPOを焦点とした計画性

事業自体の成長拡大ももちろんですが、IPOに至る明確なビジョンを有していることも重要です。計画性を持ち、どのような工程を経てIPOを達成するのかがはっきりとしていれば、ベンチャーキャピタルのニーズにも訴えられます。

事業に対する熱意

事業を成功させることに対する高いモチベーションや情熱を持っていることも大きな意味を持ちます。精神論と思われがちですが、客観性や冷静さと同時に自身の成功に対し、信念やパッションを有していることも起業家としての資質に大いに関係があるとみなされます。

書類の提出・修正などへの対応力

ベンチャーキャピタルの審査では事業計画書や株価算定書などさまざまな書類の提出や再考が求められるシーンが多くあります。それに対し迅速に修正するなどの対応力があることも評価ポイントになります。

ベンチャーキャピタルからの資金調達を考えるのであれば、ベンチャーキャピタルが投資先として選ぶ事業なのかどうか、そして起業家としての自分がそうした特徴や資質を有しているのかどうかを客観的にチェックしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合わせて読みたい記事

資金調達ランキング

  • 株式会社ビートレーディング

    手数料 2社間平均10%前後、
    3社間平均 5%前後
    対応スピード 最短12時間
    取り扱いサービス 全般
    営業時間 9:30~19:00
    必要書類 本査定申込書
    通帳のコピー(表紙付3ヶ月分)
    契約書、請求書、領収書 etc
    特徴 ・全国各地16,000社以上の豊富な 買取実績
    ・専任の担当者による迅速・丁寧な対応

    企業詳細へ

  • BestFactor

    手数料 手数料2%~
    対応スピード 最短24時間
    取り扱いサービス

    2社間ファクタリング

    3社間ファクタリング

    営業時間

    10:00~19:00

    必要書類

    1. 本人確認書類

    2. 入出金の通帳

    3. 請求書・見積書・契約書など

    特徴

    申込み画面から請求書を送信するだけで

    最短24時間以内で入金

    企業詳細へ

  • AccelFactor

    手数料 手数料 2%~
    対応スピード 最短即日
    取り扱いサービス

    2社間
    3社間
    診療報酬債権

    営業時間 9:30~19:00
    必要書類

    御見積書や取引の根拠となる契約書(基本契約書、請負契約書、業務委託契約書等)
    事業で利用されている預金通帳
    法人税の確定申告で税務署へ提出した財務関係書類
    代表者様の身分証明書
    代表者様個人のご実印及び貴社のご実印
    代表者様の個人印鑑証明書・法人の印鑑証明書

    特徴

    ・買取金額500万円以下の小口買取専門
    ・審査通過率90%以上

    企業詳細へ

  • ipgファイナンシャルソリューションズ

    実施年率 7.8%~18.0%
    限度額 1万円〜500万
    融資スピード 即日
    個人事業主の利用 不可
    特徴 ・実店舗がなくWEB上での申込のみ可能
    ・カード発行不要で利用可能

    企業詳細へ

  • 株式会社ユニーファイナンス

    実施年率 12.00%~17.95%
    限度額 ~200万円(ビジネスローン)
    100万円~1000万円(スーパービジネスローン)
    融資スピード 平日PM2:00までに審査完了された
    お客様は新規の場合を除き当日中
    個人事業主の利用 不可
    特徴 ・プロミスATMでご利用可能
    ・スーパービジネスローンの場合に担保・保証人が必要

    企業詳細へ

  • 株式会社トライフィナンシャルサービス

    実施年率 6.8%~12.65%
    限度額 300万円~5,000万円
    融資スピード 審査状況によって異なるが、
    即日での融資実行が可能な場合がある
    個人事業主の利用 可能
    特徴 ・担保・保証人不要で5,000万円まで融資可能
    ・返済回数最大360回

    企業詳細へ

  • 株式会社セントラル

    実施年率 4.80%~18.0%
    限度額 300万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 当社ご利用限度額が50万円超、
    または他社を含めた借入総額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要
    特徴 ・女性オペレーターが対応する女性専用のプランがある
    ・平日14時までのお申し込みで即日振込が可能

    企業詳細へ

  • フタバ株式会社

    実施年率 14.96%~17.95%
    限度額 10万円~50万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 借入額が50万円を超える場合に必要
    特徴 ・郵送物なし、カードレスのWEB完結でご利用可能
    ・ポイントサービスの利用で一定期間無利息で借入可能

    企業詳細へ

  • アイフル株式会社

    実施年率 3.0%~18.0%
    限度額 1万円~800万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 必要な場合もあり
    特徴 ・21時までのお手続き完了で当日融資可能
    ・楽天銀行口座をお持ちの場合24時間振込可能

    企業詳細へ