1. ホーム
  2. 資金調達コラム一覧
  3. ビジネスローン
  4. ビジネスローンの申し込み方法とメリット・デメリット

ビジネスローンの申し込み方法とメリット・デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿日:2019年03月13日

資金調達の一つの手段であるビジネスローン。利便性が高い反面、リスクがあるのも事実です。 そのようなビジネスローンを実際に申し込む前に、ビジネスローンの概要を押さえつつ、メリット・デメリットや申し込み方法について見ていきましょう。

ビジネスローンの申し込み方法とメリット・デメリット

即日融資も可能? ビジネスローンの特徴

ビジネスローンとは、簡単にいうと法人や個人事業主向けの事業資金用ローンのことです。呼び方はビジネスローンの他に、事業ローン、自営業ローン、法人ローンなど、各金融機関で自由に設定されています。

ビジネスローンはその名の通り事業のために利用するものなので、個人事業主や法人経営者であることが借り入れの条件となり、個人が利用することはできません。また、ビジネスローンによっては、個人事業主向け、法人経営者向け、と利用者を選ぶ商品もあります。

ビジネスローンと銀行融資の違いを知るためには、まずビジネスローンが生まれた経緯を見ていくと良いでしょう。
今ではノンバンクが主流のビジネスローンですが、元々は銀行によって開発されたローンでした。ビジネスローンが開発された当時の融資といえば、銀行で高いリスクを背負わなければならないプロパー融資のみでした。そのため、必然的に融資を受ける際の審査が厳しくなり、倒産の可能性が高い中小企業や零細企業では審査を通過することができませんでした。それを受けて中小企業や零細企業向けに開発されたのが、金利を他の融資よりも高く設定することで審査の基準を下げ、中小企業でも契約しやすくしたビジネスローンです。

しかし、信用保証協会の保証付融資が誕生すると中小企業でも一般的な銀行融資を受けられるようになったので、ビジネスローンを取り扱う銀行が減っていきました。そこに目をつけたのが消費者金融やカード会社などのノンバンクです。信用保証協会の保証付融資の審査に通らない中小企業向けにビジネスローンを取り扱うノンバンクが増えていきました。

ビジネスローンの審査には決算書などの情報を入力するだけで審査が完了するスコアリングシステムが採用されており、銀行融資のように融資担当者による細かな審査を必要としません。そのため、商品によっては即日融資が可能なものもあります。

また、無担保・保証人不要をうたっているものも多く、より融資へのハードルを引き下げています。ただし、商品によっては不動産や売掛債権を担保にする場合もあり、一口にビジネスローンといってもさまざまな商品が存在しています。

融資元によって分けられるビジネスローンの種類

先ほども触れたように、ビジネスローンはノンバンク系が主流となっています。しかし、一部の銀行でも引き続きビジネスローンを取り扱っているため、現在のビジネスローンは銀行系ビジネスローンとノンバンク系ビジネスローンの2種類が存在していることになります。

銀行系ビジネスローンは、ノンバンク系ビジネスローンと比べて借入限度額が高く金利が低いのが魅力です。しかし、その分審査が厳しく設定されています。
また、ビジネスローンと銘打っているにもかかわらず、実際にはプロパー融資や保証協会の保証付融資と審査内容が大差ない場合もあります。そのため、審査に時間をかけたくないという理由でビジネスローンの利用を考えている人は、検討している商品が本当にビジネスローンか判断する必要があるでしょう。

ノンバンク系ビジネスローンの審査は易しく設定されています。審査が簡単なので即日融資に対応しているローンも多くあり、一度審査が通ればカードローンのように限度額内で何度も借入れすることが可能です。
また、ローンカードを発行することで、いつでもATMで借入・返済することが可能なビジネスローンもあり、利便性という点ではノンバンク系ビジネスローンは優れているといえます。
しかし、ノンバンク側のリスク回避のため銀行系ビジネスローンと比べると借入限度額は低く、金利は高く設定されていることが多いため、利用には注意が必要です。

スコアリングシステムの審査とは? ビジネスローンの仕組み

ビジネスローンの審査を受ける前に、ビジネスローンの特徴であるスコアリングシステムについて押さえておきましょう。
スコアリングシステムは、決算書などの企業や代表者の属性情報から、融資しても問題ないかを自動で判断し、問題ない場合の融資限度額を計算するシステムのことをいいます。

システム内には、過去の融資データや似たような企業での貸し倒れ率などの情報があらかじめ入っており、それらの情報と決算書などの内容を見比べて審査を行っています。スコアリングシステム内に蓄積されている貸し倒れ率などのデータや分析方法は、金融機関によって異なります。そのため、「A社の審査が通らなかったけれどもB社は通った」となる可能性があります。

融資可能かどうかの判断はすべてシステムが行うため、人が行う操作は入力のみです。最近ではオンラインでの申し込みが可能なノンバンク系ビジネスローンも増えてきているため、来店せずに融資を受けることができる場合もあります。

スコアリングシステムによる審査を通過すると、融資が受けられます。その際の融資方法は2種類に分かれており、融資額がまとめて指定の口座へと振り込まれる証書貸付型と、提携ATMから限度額以内を好きに引き出すカードローン型があります。

カードローン型は必要な時に自由に引き出せるため便利ですが、知らず知らずのうちに総借入額が増えてしまう可能性もあるため、計画的な利用を心がける必要があります。
どちらの方法が優れているということはないので、事業にとって都合の良い方法を選びましょう。

ビジネスローンで資金調達するメリット

低金利な銀行融資ではなくビジネスローンを利用するメリットは一体どこにあるのかを見ていきましょう。

担保や保証人ナシでも融資を受けることが可能

融資を受ける際に大きなハードルとなるのが担保や保証人を用意することです。ビジネスローンの場合、中小企業や零細企業でも融資を受けやすいことをコンセプトにしているため、これらのハードルを取っ払っていることが多いです。
しかし、すべてのビジネスローンに当てはまるわけではないので、どのビジネスローンを利用するか検討する際には、担保や保証人の有無の確認は怠らないようにしましょう。

総量規制の制限を受けない

個人でお金を借りる場合、借入総額は年収等の3分の1まで制限されることになっています。これを総量規制といいます。
「総量規制によって十分な事業資金を調達することができないのでは」と不安に思う人もいるでしょう。しかし、その心配はいりません。なぜならば、個人が事業資金として借り入れる場合は総量規制の対象外となるからです。そのため、事業資金の融資を目的とするビジネスローンならば、総量規制の制限を受けることはありません。

審査基準が低い

審査が通りにくい中小企業向けに開発されたのがビジネスローンなので、当然銀行融資よりも審査基準が低く設定されています。スコアリングシステムが採用されているので、決算書などの数値上で問題なければ、ほとんどの場合は審査を通ることができるでしょう。

融資の実行が早い

一般的な銀行融資であれば、担当者による綿密な審査や銀行内での決済により、申し込みから融資までに数週間かかることがほとんどです。しかし、ビジネスローンでの審査はスコアリングシステムによるもののみであるため、審査自体は数分程度で完了します。そのため、早いところでは申し込んだその日にお金を受け取ることも可能です。どうしても早急に資金を用意しなければならない場合は、有効な手段だといえるでしょう。

ビジネスローンで資金調達するデメリット

メリットばかりではなく、デメリットもあります。負債を抱えることになるからこそ、しっかりとデメリットについても把握しておきましょう。

金利が高い

貸し倒れ率の高い企業や個人事業主に融資する場合、貸し倒れになったとしても最低限の利益は確保できるように、銀行融資よりも高い金利が設定されています。そのため、返済が長期化すると金利による負担が大きくなります。高い金利を考慮した上で、返済プランをきちんと立ててからビジネスローンを利用するのが望ましいです。

融資の限度額が低い

融資限度額が銀行融資よりも低いのは、やはり貸し倒れに備えてのことでしょう。膨大な金額の融資を行った結果、貸し倒れが続出しては、融資元である金融機関の経営が立ちいかなくなってしまいます。高額の資金を調達しなければならない場合、ビジネスローンは最善の資金調達方法とはいえないでしょう。

ビジネスローンの申し込み方法

ビジネスローンの申し込み方法は金融機関によってさまざまで、来店して申し込むこともあれば、電話やネットだけで申し込みが完了する場合もあります。ネット申し込みならば24時間対応しているので、店舗に出向く時間がない人にはうってつけの方法といえるかもしれません。

必要書類も商品によって異なるため、事前に調べておく必要があります。
法人の場合であれば申込書の他に、本人確認書類や登記事項証明書、決算書、決算報告書などの提出を求められることが多いようです。
個人事業主の場合であれば、本人確認書類、確定申告書や課税証明書などの収入証明書類、資金計画書などを用意しておきましょう。

書類によっては準備に時間を要するものもあるため、融資をスムーズに進めたいなら、どの書類にどれくらいの時間がかかるのか把握しておきましょう。また、本人確認書類として利用できるものとそうでないものも会社によっては異なるため、事前にしっかり確認することが大切です。

担保や保証人を用意せずに、簡単な審査のみで融資を受けられるのがビジネスローンの魅力です。総量規制のせいで十分な額の資金を手に入れられないということもありません。また、融資に時間がかからないので、緊急でお金が必要になった場合には有効な資金調達方法だといえるでしょう。

しかし、融資のハードルが低い分金利が高いのもビジネスローンの特徴です。また、限度額も低く設定されているため、高額融資には向かないという面も持っています。
融資を申し込む際には、審査の難易度と金利のバランスを見極めることが大切です。ビジネスローンにはさまざまな商品が存在しているので、どの商品が自分の事業に合っているかをしっかり検討した上で申し込むように心掛けましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合わせて読みたい記事

資金調達企業比較

ファクタリング企業比較

    • 株式会社ビートレーディング

      手数料 対応
      スピード
      取り扱い
      サービス
      営業時間 必要書類
      手数料

      2社間平均10%前後

      3社間平均 5%前後
      対応
      スピード
      最短12時間
      取り扱い
      サービス
      全般
      営業時間9:30~19:00 必要書類本査定申込書
      通帳のコピー(表紙付3ヶ月分)
      契約書、請求書、領収書 etc
      特徴
      ・全国各地16,000社以上の豊富な買取実績
      ・専任の担当者による迅速・丁寧な対応

    • 一般社団法人日本中小企業金融サポート機構

      手数料 対応
      スピード
      取り扱い
      サービス
      営業時間 必要書類
      手数料2社間10~15%
      3社間1~9%
      対応
      スピード
      最短
      即日
      取り扱い
      サービス
      全般
      営業時間9:30~19:00 必要書類お客様情報シートと売掛先情報(当社規定)
      売掛金の入金が確認出来る通帳のコピー3ヵ月分(表紙付)
      契約書、請求書、領収書 etc
      身分証明書(免許証、パスポートなど)
      特徴
      ・完全非対面による郵送ファクタリング
      ・非営利活動団体として信頼できるサポート

  • 買いとるぞう

    手数料 対応
    スピード
    取り扱い
    サービス
    営業時間 必要書類
    手数料2社間12%前後
    3社間7%前後
    対応
    サービス
    最短
    即日
    取り扱い
    サービス
    2社間
    3社間
    営業時間9:30~19:00 必要書類ラクラク無料査定申込書
    契約書、請求書、領収書 etc
    取引先からの入金が確認できる通帳のコピー
    特徴
    ・締め日前の債権でも買取可能
    ・契約前の面談不要

ビジネスローン企業比較

    • ipgファイナンシャルソリューションズ

      実施年率 限度額 融資スピード 個人事業主の利用
      実施年率7.8%~18.0% 限度額1万円〜500万 融資スピード即日 個人事業主の利用可能
      特徴
      ・実店舗がなくWEB上での申込のみ可能
      ・カード発行不要で利用可能

    • 株式会社ユニーファイナンス

      実施年率 限度額 融資スピード 個人事業主の利用
      実施年率12.00%~17.95% 限度額~200万円(ビジネスローン)
      100万円~1000万円(スーパービジネスローン)
      融資スピード平日PM2:00までに審査完了された
      お客様は新規の場合を除き当日中
      個人事業主の利用不可
      特徴
      ・プロミスATMでご利用可能
      ・スーパービジネスローンの場合に担保・保証人が必要

  • 株式会社トライフィナンシャルサービス

    実施年率 限度額 融資スピード 個人事業主の利用
    実施年率6.8%~12.65% 限度額300万円~5,000万円 融資スピード審査状況によって異なるが、
    即日での融資実行が可能な場合がある
    個人事業主の利用可能
    特徴
    ・担保・保証人不要で5,000万円まで融資可能
    ・返済回数最大360回

カードローン企業比較

    • 株式会社セントラル

      実施年率 限度額 融資スピード 収入証明書
      実施年率4.80%~18.0% 限度額300万円 融資スピード最短即日 収入証明書当社ご利用限度額が50万円超、
      または他社を含めた借入総額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要
      特徴
      ・女性オペレーターが対応する女性専用のプランがある
      ・平日14時までのお申し込みで即日振込が可能

    • フタバ株式会社

      実施年率 限度額 融資スピード 収入証明書
      実施年率14.96%~17.95% 限度額10万円~50万円 融資スピード最短即日 収入証明書借入額が50万円を超える場合に必要
      特徴
      ・郵送物なし、カードレスのWEB完結でご利用可能
      ・ポイントサービスの利用で一定期間無利息で借入可能

  • アイフル株式会社

    実施年率 限度額 融資スピード 収入証明書
    実施年率3.0%~18.0% 限度額1万円~800万円
    融資スピード最短即日 収入証明書必要な場合もあり
    特徴
    ・21時までのお手続き完了で当日融資可能
    ・楽天銀行口座をお持ちの場合24時間振込可能
あなたの資金繰り状況にあった【診断書】を受け取る

無料3秒診断

オペレーターによる電話診断を希望される方はこちら!
資金調達に関する事ならお任せください

調達希望金額
調達希望日

人気キーワード

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
f_ranking_top_list
case
columns
partner
company_compare
column
company
interview_category
tinymcetemplates
middle_category
acf-field
acf-field-group
資産調達事例