1. ホーム
  2. 資金調達コラム一覧
  3. ビジネスローン
  4. ビジネスローンのおすすめ借り換え先を比較!メリットや注意点も

ビジネスローンのおすすめ借り換え先を比較!メリットや注意点も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネスローンを利用している時に、もう少し金利が低いところへ借り換えたいと思うこともあるでしょう。ビジネスローンの借り換えには、どのようなメリットがあるのでしょうか。これから、借り換えのメリットや注意点・主な借り換え先をご説明しますので、参考にしてみてください。

ビジネスローンのおすすめ借り換え先を比較!メリットや注意点も

ここでは下記3つについて徹底解説をしていきます。
・ビジネスローンを借り換えるメリット
・ビジネスローンを借り換える際の注意点
・ビジネスローンの主な借り換え先

 

ぜひ、最後までご覧ください。

 

ビジネスローンを借り換えるメリット

ビジネスローンは貸し付け条件や審査基準が緩く、審査も早いという特徴があります。

 

また、保証人や担保がなくても契約できる場合も多く、急いで資金調達をしたい人には便利でしょう。

 

しかし、融資時の金利は高めです。

 

一般的に、ビジネスローンの金利は約15%~18%といわれています。

 

金利の上限は賃金業法によって決まっていますが、その金利上限に近い数値で取引することが多いでしょう。

 

銀行融資は約2%~5%の金利になるため、大きな違いがあります。

 

ビジネスローンでは、繰り上げ返済の手数料や諸費用を無料にしているところが多いです。

 

つまり、金利が低い融資先に借り換えをするときでも、繰り上げ返済や諸費用を支払うことなく変更できるでしょう。

 

とくに、金利が低くなることで、月々やトータルの返済額を減らせることはメリットです。

ビジネスローン借り換え時の注意点

ビジネスローンの借り換えをするときには、借り換え先に対して「借り換えを目的にしている」ということを伝えましょう。

 

借り換え先では、ビジネスローンでの借入額や返済期間を把握しなければなりません。

 

借り換えを目的にしていると分かれば、借り換え先もそれを前提に考えてくれるでしょう。

 

あらかじめ伝えておかなかった場合、「ビジネスローンで借りているのに、さらに融資が必要な経営状態なのか」などと判断されてしまうことになります。

 

つまり、経営状態が悪いのではないかと疑われ、審査で不利になってしまうのです。

 

とくに個人事業主の場合、ビジネスローンだけでなく銀行融資を申し込むと、年商額に対して貸付額が高いと判断されて、審査に通りにくくなってしまいます。

 

法人でも同じように判断されることがあるので、しっかりと借り換えを目的にしていると伝えることが大切です。

 

また、借り換えによってサービス内容が変わり、今まで利用していた機能が使えなくなることもあるので、注意しましょう。

 

さらに、借り換え時には印紙代や保証料などがかかります。

 

よって、金利を減らすことはできますが、借り換え時には事務手数料などが必要になるので、注意しましょう。

ビジネスローンの主な借り換え先

ビジネスローンを借り換える際の候補はいくつかあり、それぞれでメリットやデメリットが異なります。

 

ビジネスローンの主な借り換え先について、以下で説明します。

 

銀行

ビジネスローンの借り換え先としてもっとも有力なのは、銀行です。

冒頭でも触れたように、ビジネスローンの金利は15%~18%程度、銀行融資の金利は2%~5%程度と、10%以上の金利差があることもあります。

銀行融資に借り換えることができれば、金利差分だけ毎月の返済に余裕ができるでしょう。

ただし審査はビジネスローンよりも厳しいことが多いので、借り換えを希望しても必ずしも借り換えられるとは限りません。

また、審査に時間がかかることも多いので、申し込んでからすぐに借り換えられるわけではないことも、ネックになる可能性があります。

普段から付き合いのある銀行であれば、取引状況などを鑑みて審査を行ってくれることもあります。

少しでも審査通過の可能性を高めたい場合は、普段から金融商品を利用したり口座を開設したりしている、馴染みのある銀行に申し込むとよいでしょう。

信用金庫や信用組合

信用金庫や信用組合も、ビジネスローンの借り換え先としては有力な候補です。

銀行ほどではないものの金利設定は3%~7%程度が相場で低めですし、何より信用金庫や信用組合は地元密着で事業を行っていることが多いです。

そのため地元で頑張っているような中小企業や個人事業主に対しては、何とかして融資を行ってあげようという姿勢が見られます。

ずっとその地域で事業を行っていき、長い付き合いになることを考えるのであれば、メインバンクとしては銀行よりも優れていると言えるかもしれません。

とは言え、信用金庫や信用組合も事業で融資を行っているため、銀行ほどではないにせよ審査は厳しめに行われます。

関係性だけで融資を受けられるほど甘いわけではないので、事業計画書などはしっかりと練ったものを持っていき、融資担当者に納得してもらえることを心がけましょう。

自治体の制度融資

金利という観点ではもっとも有利なのが、自治体の制度融資です。

公的融資という扱いになり、銀行の事業融資よりも低い金利で融資を受けることができるので、利用できれば返済負担を非常に軽くできます。

たとえば東京都の制度融資の一種である「DX・イノベ産業育成支援融資」「社会課題解決融資」では、どちらも適用金利が1.7%~2.2%となっており、融資限度額は最大で2億8,000万円です。

これはあくまでも一例であり、自治体が変われば制度融資の内容も変わります。

ただし、自治体とのやり取りになるので手続きが煩雑になる傾向にありますし、借り換えには対応していない場合もあります。

また、そもそも自治体によっては制度融資を行っていない場合もあるので、必ずしも選択肢に入るというわけではありません。

利用できれば大きなアドバンテージになることは間違いないので、まずはお住まいの自治体で制度融資を行っているかどうかについて、確認してみるとよいでしょう。

消費者金融

借り換えでは、借り換え前の金利よりも借り換え後の金利のほうを低くするのが鉄則です。

そういった観点から考えると、融資金利が15%~18%程度のことが多い消費者金融での借り換えは、積極的におすすめできるわけではありません。

ただ、結果として消費者金融で借り換えたほうが今のビジネスローンの金利よりも低くなるのであれば、借り換え先の選択肢のひとつになり得ます。

審査が比較的緩く借り換えが行いやすいのも、メリットです。

ただし、総じて金利が高めであることは間違いないので、次に借り換えを行う候補も並行して探しておくのがおすすめです。

コロナの影響による借り換えも可能

新型コロナウイルスによる影響でビジネスローンの返済に苦しんでいる場合は、日本政策金融公庫の「新型コロナウイルス感染症特別貸付」の利用がおすすめです。

 

融資限度額は最大で8,000万円で、融資金利は1.26%~1.65%(基準利率)ですが、6,000万円を限度として融資後3年目までは「基準利率-0.9%」で融資を受けることができます。

 

一般的に日本政策金融公庫では、民業を圧迫することを避けるために、借り換えを目的とした融資を受けることはできません。

 

ただし「新型コロナウイルス感染症特別貸付」は、借り換え目的での利用も可能です。

 

新型コロナウイルスの影響で売り上げが一時的に減少しているものの、中長期的に業況が回復する見込みがあれば利用することができます。

 

最長で5年間の据置期間を設定することができるので、経営が厳しい間も返済なしで乗り切ることができるのは、非常に大きなメリットです。

 

新型コロナウイルスの感染が終息すれば募集も停止されると思いますので、利用できる間に利用しておくのがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合わせて読みたい記事

おすすめの資金調達企業

  • 日本中小企業金融サポート機構

    手数料 2社間10~15%
    3社間1~9%
    対応スピード 最短即日
    取り扱いサービス 全般
    営業時間 9:30~19:00
    必要書類 お客様情報シートと売掛先情報(当社規定)
    売掛金の入金が確認出来る通帳のコピー3ヵ月分(表紙付)
    契約書、請求書、領収書 etc
    身分証明書(免許証、パスポートなど)
    特徴 ・完全非対面による郵送ファクタリング
    ・BtoBシエン独自のファクタリングサービスで最短当日お振込み

    企業詳細へ

  • 株式会社ビートレーディング

    手数料 2社間平均10%前後、
    3社間平均 5%前後
    対応スピード 最短12時間
    取り扱いサービス

    全般

    営業時間

    9:30~19:00

    必要書類

    本査定申込書
    通帳のコピー(表紙付3ヶ月分)
    契約書、請求書、領収書 etc

    特徴

    ・全国各地16,000社以上の豊富な 買取実績
    ・専任の担当者による迅速・丁寧な対応

    企業詳細へ

  • MentorCapital

    手数料 2社間 10%~不明
    3社間 3%~不明
    対応スピード 最短即日
    取り扱いサービス

    2社間
    3社間

    営業時間 9:30~18:30(平日)
    必要書類

    商業登記簿謄本と印鑑証明書
    決算書や確定申告書のような会社の業績が確認できる資料
    売掛先企業との基本契約書
    契約書や発注書、納品書、請求書など
    過去の入金の確認ができる通帳

    特徴

    ・幅広い業種に対応可能
    ・赤字決済、債務超過などにも柔軟対応

    企業詳細へ

  • ipgファイナンシャルソリューションズ

    実施年率 7.8%~18.0%
    限度額 1万円〜500万
    融資スピード 即日
    個人事業主の利用 不可
    特徴 ・実店舗がなくWEB上での申込のみ可能
    ・カード発行不要で利用可能

    企業詳細へ

  • 株式会社ユニーファイナンス

    実施年率 12.00%~17.95%
    限度額 ~200万円(ビジネスローン)
    100万円~1000万円(スーパービジネスローン)
    融資スピード 平日PM2:00までに審査完了された
    お客様は新規の場合を除き当日中
    個人事業主の利用 不可
    特徴 ・プロミスATMでご利用可能
    ・スーパービジネスローンの場合に担保・保証人が必要

    企業詳細へ

  • 株式会社トライフィナンシャルサービス

    実施年率 6.8%~12.65%
    限度額 300万円~5,000万円
    融資スピード 審査状況によって異なるが、
    即日での融資実行が可能な場合がある
    個人事業主の利用 可能
    特徴 ・担保・保証人不要で5,000万円まで融資可能
    ・返済回数最大360回

    企業詳細へ

  • 株式会社セントラル

    実施年率 4.80%~18.0%
    限度額 300万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 当社ご利用限度額が50万円超、
    または他社を含めた借入総額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要
    特徴 ・女性オペレーターが対応する女性専用のプランがある
    ・平日14時までのお申し込みで即日振込が可能

    企業詳細へ

  • フタバ株式会社

    実施年率 14.96%~17.95%
    限度額 10万円~50万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 借入額が50万円を超える場合に必要
    特徴 ・郵送物なし、カードレスのWEB完結でご利用可能
    ・ポイントサービスの利用で一定期間無利息で借入可能

    企業詳細へ

  • アイフル株式会社

    実施年率 3.0%~18.0%
    限度額 1万円~800万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 必要な場合もあり
    特徴 ・21時までのお手続き完了で当日融資可能
    ・楽天銀行口座をお持ちの場合24時間振込可能

    企業詳細へ