1. ホーム
  2. 資金調達コラム一覧
  3. 金融機関からの借入
  4. 銀行借り入れの際に担保にできるもの・できないものには何がある?

銀行借り入れの際に担保にできるもの・できないものには何がある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿日:2019年06月14日

銀行からの借り入れをする際、担保を用意すれば審査に通りやすく、また金利も低くなる可能性が高くなります。代表的な担保には不動産がありますが、それ以外にも担保にできるものは存在します。銀行借り入れの際に担保として利用できるものにはどのようなものがあるか、具体的に解説していきます。

銀行借り入れの際に担保にできるもの・できないものには何がある?

銀行借り入れの担保とは

銀行が融資を行う際、万一、債務者が返済不能に陥ったときにそのことによる損害を補う手段として設ける物品や人のことを担保と呼びます。融資を受ける債務者が、債権者である銀行に対して、担保となるものを保証として差し出します。

担保としてよく知られているのは建物や土地などの不動産です。担保があれば、銀行は融資した企業が返済できなくなった場合でも、その担保を売却することで貸したお金の全額または一部を回収できます。そのため、一般的に担保があればその分、融資のための審査に通りやすくなります。

銀行借り入れの担保にできるもの・できないもの

担保には大きく分けて人的担保と物的担保の2種類があります。それぞれの概要について説明します。

人的担保

人的担保とは債務者が返済不能になった場合、債務者以外の人が債務者に代わって債務を履行することを指します。

代表的な例は連帯保証人です。会社の資金調達においては、返済できなくなった場合、連帯保証人が代わりに返済の義務を負います。中小企業が銀行融資を利用する際は多くの場合、代表者(経営者)自身か、取締役である家族が連帯保証人となることが求められます(その方が金利は低くなります)。それ以外の第三者が連帯保証人になることも不可能ではありませんが、多大な責任を負うことになるため実際にはレアケースです。

物的担保

物的担保とは特定の物や、財産権による担保を指します。

銀行が求める物的担保は流動性の高いものが中心です。流動性とは、簡単にいえば売却してすぐに現金化できるかどうかということです。借入金額と同等かそれ以上の価値を持ち、換金性が高く、価格が安定していることが、担保にできる物の条件です。また、銀行が管理しやすいかどうかも目安となります。

銀行借り入れにおける主な担保とは

具体的に、銀行借り入れにおいて担保(物的担保)にできる代表的な物をご紹介します。

不動産

自宅、オフィスビル、店舗、工場、その他の土地などの不動産を保有していれば、それらを担保にできます。不動産担保ローンなどの融資商品もあります。

ただし、不動産を担保にするには、所有権の争いがない、建築基準法に合致している、仮登記、賃借権などの登記が付いていないなどの要件を満たしている必要があります。要件に問題がなければ、路線価や固定資産税評価額などをもとに評価額が算出され、どの程度の融資額が可能なのかが提示されます。

証券

代表者などが保有している株式や国内債券などの有価証券も担保に利用できます。上場企業の株式や日本国債であれば売却して現金化しやすいため、流動性が高いと評価されるでしょう。ただし、株式の価値は変動するものなので、時価の6~8割程度の担保価値とみなされることが多いようです。

一方、上場企業の株式や日本国債ではなく、未上場企業の株券や一般企業の社債などは担保として利用できないことがあります。しかし代表者が所有する自社の株式の場合は、それを失えば経営権を譲り渡すことにつながるため、代表者に対して融資の返済を促す効果が期待できることから担保として認められるケースもあります。

売掛債権

受取手形や売掛金など、取引先に対して請求を行ったものの未だ支払いがされていない債権も担保として利用できる場合があります。

ただし、銀行からの融資で売掛債権だけを担保にできるケースはまれです。受取手形の期日までの一時的な融資や、不動産などの担保物件がない場合に代わりに利用されることがあるといった程度です。銀行よりも審査基準が柔軟なノンバンクでは売掛債権が担保になる可能性も高くなります。

また、売掛債権はファクタリング会社に売却することで簡単に現金化することができます。このような方法はファクタリングと呼ばれ、一定の手数料がかかるものの、簡単かつスピーディーに資金を調達する方法として知られています。

預金

定期預金などの預金も担保とすることができます。融資を受ける銀行に定期預金口座を作る方法が一般的で、定期預金残高が多いほど高額な融資を受けられます。

銀行にとっては、融資先の会社が返済不能に陥った場合にはすぐに預金を差し押さえて返済に充てられるので、これ以上流動性が高く安定した担保はありません。

ただ、融資を受ける会社からすれば1,000万円の定期預金を組んで、より金利の高い1,000万円の融資を受けるのでは意味がありません。実際には会社が3,000万円の融資を引き出そうとしたときに、「1,000万円の定期預金を組んで担保として設定すれば可能です」などと銀行から提案されるケースがほとんどです。その場合、定期預金を会社が自由に使うわけにはいかないので、そうした面も理解した上で利用すべきです。

知的財産権

特許権を始めとする知的財産権も担保として利用可能です。保有する特許を担保にするには、特許に安定性・収益性・将来性があることが条件となります。高い価値があると認められれば高額融資を受けられるケースも少なくありません。

銀行借り入れで担保を用意するメリット・デメリット

最後に、担保を用意することによるメリットとデメリットを整理しておきます。

メリット

メリットは融資を受けられる可能性が高くなること、担保の価値によっては融資額の上限が上がること、無担保融資に比べて金利が低くなること、返済期間を長期に設定しやすいことなどが挙げられます。多額の融資を受け、長期に渡って低金利で返済できれば、返済計画も立てやすくなります。

デメリット

デメリットは返済できなければ担保を失うことです。また、不動産担保なら抵当権設定登記費用や司法書士報酬がかかるなど諸費用が発生しやすい点、担保の価値を確認作業が加わるため融資までのスピードがやや遅くなる点もデメリットといえます。

銀行借り入れの担保には、人的担保と物的担保があり、条件を満たさないと担保として認められません。担保を設定することにはメリットとデメリットがあるためよく検討した上で決断しましょう。

ファクタリング企業一覧はこちら

ファクタリング企業比較はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合わせて読みたい記事

おすすめの資金調達企業

  • 日本中小企業金融サポート機構

    手数料 2社間10~15%
    3社間1~9%
    対応スピード 最短即日
    取り扱いサービス 全般
    営業時間 9:30~19:00
    必要書類 お客様情報シートと売掛先情報(当社規定)
    売掛金の入金が確認出来る通帳のコピー3ヵ月分(表紙付)
    契約書、請求書、領収書 etc
    身分証明書(免許証、パスポートなど)
    特徴 ・完全非対面による郵送ファクタリング
    ・BtoBシエン独自のファクタリングサービスで最短当日お振込み

    企業詳細へ

  • 株式会社ビートレーディング

    手数料 2社間平均10%前後、
    3社間平均 5%前後
    対応スピード 最短12時間
    取り扱いサービス

    全般

    営業時間

    9:30~19:00

    必要書類

    本査定申込書
    通帳のコピー(表紙付3ヶ月分)
    契約書、請求書、領収書 etc

    特徴

    ・全国各地16,000社以上の豊富な 買取実績
    ・専任の担当者による迅速・丁寧な対応

    企業詳細へ

  • MentorCapital

    手数料 2社間 10%~不明
    3社間 3%~不明
    対応スピード 最短即日
    取り扱いサービス

    2社間
    3社間

    営業時間 9:30~18:30(平日)
    必要書類

    商業登記簿謄本と印鑑証明書
    決算書や確定申告書のような会社の業績が確認できる資料
    売掛先企業との基本契約書
    契約書や発注書、納品書、請求書など
    過去の入金の確認ができる通帳

    特徴

    ・幅広い業種に対応可能
    ・赤字決済、債務超過などにも柔軟対応

    企業詳細へ

  • ipgファイナンシャルソリューションズ

    実施年率 7.8%~18.0%
    限度額 1万円〜500万
    融資スピード 即日
    個人事業主の利用 不可
    特徴 ・実店舗がなくWEB上での申込のみ可能
    ・カード発行不要で利用可能

    企業詳細へ

  • 株式会社ユニーファイナンス

    実施年率 12.00%~17.95%
    限度額 ~200万円(ビジネスローン)
    100万円~1000万円(スーパービジネスローン)
    融資スピード 平日PM2:00までに審査完了された
    お客様は新規の場合を除き当日中
    個人事業主の利用 不可
    特徴 ・プロミスATMでご利用可能
    ・スーパービジネスローンの場合に担保・保証人が必要

    企業詳細へ

  • 株式会社トライフィナンシャルサービス

    実施年率 6.8%~12.65%
    限度額 300万円~5,000万円
    融資スピード 審査状況によって異なるが、
    即日での融資実行が可能な場合がある
    個人事業主の利用 可能
    特徴 ・担保・保証人不要で5,000万円まで融資可能
    ・返済回数最大360回

    企業詳細へ

  • 株式会社セントラル

    実施年率 4.80%~18.0%
    限度額 300万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 当社ご利用限度額が50万円超、
    または他社を含めた借入総額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要
    特徴 ・女性オペレーターが対応する女性専用のプランがある
    ・平日14時までのお申し込みで即日振込が可能

    企業詳細へ

  • フタバ株式会社

    実施年率 14.96%~17.95%
    限度額 10万円~50万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 借入額が50万円を超える場合に必要
    特徴 ・郵送物なし、カードレスのWEB完結でご利用可能
    ・ポイントサービスの利用で一定期間無利息で借入可能

    企業詳細へ

  • アイフル株式会社

    実施年率 3.0%~18.0%
    限度額 1万円~800万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 必要な場合もあり
    特徴 ・21時までのお手続き完了で当日融資可能
    ・楽天銀行口座をお持ちの場合24時間振込可能

    企業詳細へ