1. ホーム
  2. 資金調達コラム一覧
  3. 資金調達の基礎知識
  4. デットファイナンスとは?語の意味やメリット・デメリットを解説

デットファイナンスとは?語の意味やメリット・デメリットを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

企業や個人事業主が資金調達を行う際の方法のひとつに、デットファイナンスという方法があります。ただ、その言葉を聞いてもイマイチどのような方法か分からない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。本記事ではデットファイナンスとはどのような資金調達の方法なのか、どのようなメリット・デメリットがあるのかなどについて、説明します。資金調達を行おうとお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

デットファイナンスとは?語の意味やメリット・デメリットを解説

ここでは下記3つについて徹底解説をしていきます。

 

・デットファイナンスとは何か
・デットファイナンスの種類
・デットファイナンスのメリット・デメリット

 

ぜひ、最後までご覧ください。

 

デットファイナンスは借入での資金調達

デットファイナンスは英語表記すると「debt finance」となり、「debt」は「負債」、「finance」は「資金調達」を意味します。

 

つまりデットファイナンスは、負債つまり借入による資金調達方法のことを指します。

 

デットファイナンスは、企業が資金調達を行う際の一般的な方法と言えるでしょう。

 

エイクティファイナンスとの違いとは

デットファイナンスと並んで企業が資金調達を行う際の主な方法に、エクイティファイナンスがあります。

エクイティファイナンスも同様に英語表記すると「equity finance」となり、「equity」は「株式・資産・資本」などを意味します。

つまりエクイティファイナンスは、株式の発行によって自己資本を増加させる資金調達方法のことを指します。

エクイティファイナンスに分類される方法としては、主に以下のようなものが挙げられます。

・時価発行増資

・株主割当増資

・第三者割当増資

・転換社債型新株予約権付社債

デットファイナンスもエクイティファイナンスも資金調達においては重要な方法なので、自社の置かれている状況などを鑑みて、いずれの方法で資金調達を行うかを決めるようにしましょう。

デットファイナンスの種類

以下では、デットファイナンスの主な種類や特徴などについて、解説します。

 

銀行などの金融機関からの融資

デットファイナンスでもっともオーソドックスな方法は、銀行などの金融機関から融資を受けるという方法です。

銀行自体非常に数が多いですし、融資商品をいくつか取り扱っている銀行もあるので、非常に幅広い選択肢の中から利用する商品を選ぶことができます。

融資で資金調達を行うと、その後利子を上乗せして返済しなければなりませんが、銀行の適用金利は比較的低めなので、返済時の負担も大きくなりにくいです。

ただ、審査に通過できなければ資金調達を行うことはできませんし、申し込んでから実際に資金を調達できるまでに1ヵ月~程度の時間がかかることは、念頭に置いておきましょう。

日本政策金融公庫からの融資

日本政策金融公庫は政府系の金融機関であり、銀行同様に起業や事業拡大のために資金が必要な企業や個人事業主に対して、融資を行っています。

銀行よりも低金利で融資を受けられるのが大きな特徴なので、返済負担をできるだけ抑えたい場合は日本政策金融公庫から融資を受けるのがおすすめです。

また、日本政策金融公庫は、比較的規模の小さな企業や個人事業主を支援するための金融機関として設立されました。

そのため、中小企業や個人事業主でも融資を受けやすいというのも、非常に大きなメリットです。

ただ、審査は銀行以上に時間がかかることが多いですし、審査時に提出しなければならない書類が非常に多いため、その点がネックになる可能性があります。

社債の発行

社債は、企業が資金調達の手段として、投資家から資金を募る際に発行する債券です。

社債にはいくつか種類がありますが、代表的なのは公募社債や私募債です。

公募社債は一般的に「社債」と言われるもので、発行に際しては有価証券報告書や有価証券通知書などの提出義務があります。

私募債は公募社債とは異なり、発行に際して公募手続きが必要なく比較的簡単な手続きで発行できるので、中小企業の資金調達で利用されることが多いです。

いろいろ種類のある中から、自社にとってメリットの大きな方法を選ぶことができるのは、社債による資金調達のメリットと考えられます。

自治体の制度融資

自治体が民間の金融機関や信用保証協会などと連携して提供している制度融資も、デットファイナンスにおいては有力な選択肢のひとつです。

自治体が利子の負担を軽減してくれ、金融機関や信用保証協会が信用保証を行ってくれるので、非常に融資を受けやすい制度です。

自治体によって制度融資の具体的な内容は異なりますが、担保や保証人なしで利用できる可能性もあります。

ただ、関わる組織が多い分、審査を経て融資が実行されるまでに少し時間がかかる傾向にあることには、注意しておきましょう。

興味がある場合は、まずはお住まいの自治体ではどのような制度融資ができるのかについて、役所などに確認してみるとよいでしょう。

ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングは、クラウドファンディングを利用して融資を受けることで、「融資型クラウドファンディング」と呼ばれることもあります。

銀行や日本政策金融公庫から融資を受ける場合と比較すると、適用金利は少々高めです。

ただ、銀行などの金融機関から融資を受けられない場合でも利用できる可能性があるので、信用力の低い中小企業や個人事業主にとっては、貴重な資金調達の方法と言えるでしょう。

デットファイナンスのメリット

デットファイナンスのメリットとしては、以下のようなことが挙げられます。

 

経営権に影響がない

エクイティファイナンスでは株式を発行して資金調達を行うので、調達する金額によっては経営権に大きな影響を及ぼす可能性があります。

株式の保有割合が多い大株主の意向も気にしなければならないので、経営陣が思うような経営ができなくなってしまうかもしれません。

その点デットファイナンスでは、どれだけの金額を調達しても経営権への影響は一切ありません。

外部からの圧力を気にすることなく事業経営を行いたい場合には、エクイティファイナンスよりもデットファイナンスでの資金調達がおすすめです。

節税効果を期待できる

デットファイナンスでは、融資を受けた金額に関しては利息を上乗せして返済しなければなりません。

ただ、この利息に関しては税務上「損金」として扱うことができ、所得から差し引くことができます。

そのため、法人事業税や法人住民税といった税金の節税効果を期待できるでしょう。

返済実績を作れる

金融機関から融資を受けるためには、過去の返済実績が非常に重要です。

「融資を受けたお金に関してきちんと返済したことがある」という実績があれば、金融機関としても安心して融資を行えますし、より有利な条件での融資にもつながります。

デットファイナンスのデメリット

続いてデットファイナンスのデメリットとしては、以下のようなことが挙げられます。

 

返済の義務が発生する

毎月一定の利息を上乗せしたうえで返済しなければならないのは、デットファイナンスで資金調達を行うにあたって、もっとも大きなネックとなります。

返済がどの程度経営に負担を与えるかを事前にきちんとシミュレーションしたうえで、デットファイナンスで資金調達を行うかどうかを判断することを心がけましょう。

自己資本比率が下がる

融資によって得られるお金は当然自己資本ではないので、デットファイナンスで資金調達を行うと、自己資本比率が下がってしまいます。

自己資本比率は、企業運営や資金調達において重要な要素のひとつです。

そのため、自己資本比率が下がると以下のようなデメリットが考えられます。

・金融機関から融資を受けにくくなる

・補助金や助成金の審査に通過しにくくなる

・取引先などのステークホルダーからの評価や評判が下がる

創業したてのころは資金調達を行うための選択肢も少ないので、自己資本比率のことまで考える余裕はあまりないかもしれません。

ただ、企業としても少し成長して事業も軌道に乗ってくるようになると、資金調達のための選択肢は広がってきます。

その段階に至るころには、自己資本比率のことまで念頭においたうえで、判断を下すようにするのが賢明です。

デットファイナンスで資金調達を行うのかどうか、行う場合はどれぐらいの金額を調達するのかを、よく考えるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合わせて読みたい記事

おすすめの資金調達企業

  • 日本中小企業金融サポート機構

    手数料 2社間10~15%
    3社間1~9%
    対応スピード 最短即日
    取り扱いサービス 全般
    営業時間 9:30~19:00
    必要書類 お客様情報シートと売掛先情報(当社規定)
    売掛金の入金が確認出来る通帳のコピー3ヵ月分(表紙付)
    契約書、請求書、領収書 etc
    身分証明書(免許証、パスポートなど)
    特徴 ・完全非対面による郵送ファクタリング
    ・BtoBシエン独自のファクタリングサービスで最短当日お振込み

    企業詳細へ

  • 株式会社ビートレーディング

    手数料 2社間平均10%前後、
    3社間平均 5%前後
    対応スピード 最短12時間
    取り扱いサービス

    全般

    営業時間

    9:30~19:00

    必要書類

    本査定申込書
    通帳のコピー(表紙付3ヶ月分)
    契約書、請求書、領収書 etc

    特徴

    ・全国各地16,000社以上の豊富な 買取実績
    ・専任の担当者による迅速・丁寧な対応

    企業詳細へ

  • MentorCapital

    手数料 2社間 10%~不明
    3社間 3%~不明
    対応スピード 最短即日
    取り扱いサービス

    2社間
    3社間

    営業時間 9:30~18:30(平日)
    必要書類

    商業登記簿謄本と印鑑証明書
    決算書や確定申告書のような会社の業績が確認できる資料
    売掛先企業との基本契約書
    契約書や発注書、納品書、請求書など
    過去の入金の確認ができる通帳

    特徴

    ・幅広い業種に対応可能
    ・赤字決済、債務超過などにも柔軟対応

    企業詳細へ

  • ipgファイナンシャルソリューションズ

    実施年率 7.8%~18.0%
    限度額 1万円〜500万
    融資スピード 即日
    個人事業主の利用 不可
    特徴 ・実店舗がなくWEB上での申込のみ可能
    ・カード発行不要で利用可能

    企業詳細へ

  • 株式会社ユニーファイナンス

    実施年率 12.00%~17.95%
    限度額 ~200万円(ビジネスローン)
    100万円~1000万円(スーパービジネスローン)
    融資スピード 平日PM2:00までに審査完了された
    お客様は新規の場合を除き当日中
    個人事業主の利用 不可
    特徴 ・プロミスATMでご利用可能
    ・スーパービジネスローンの場合に担保・保証人が必要

    企業詳細へ

  • 株式会社トライフィナンシャルサービス

    実施年率 6.8%~12.65%
    限度額 300万円~5,000万円
    融資スピード 審査状況によって異なるが、
    即日での融資実行が可能な場合がある
    個人事業主の利用 可能
    特徴 ・担保・保証人不要で5,000万円まで融資可能
    ・返済回数最大360回

    企業詳細へ

  • 株式会社セントラル

    実施年率 4.80%~18.0%
    限度額 300万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 当社ご利用限度額が50万円超、
    または他社を含めた借入総額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要
    特徴 ・女性オペレーターが対応する女性専用のプランがある
    ・平日14時までのお申し込みで即日振込が可能

    企業詳細へ

  • フタバ株式会社

    実施年率 14.96%~17.95%
    限度額 10万円~50万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 借入額が50万円を超える場合に必要
    特徴 ・郵送物なし、カードレスのWEB完結でご利用可能
    ・ポイントサービスの利用で一定期間無利息で借入可能

    企業詳細へ

  • アイフル株式会社

    実施年率 3.0%~18.0%
    限度額 1万円~800万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 必要な場合もあり
    特徴 ・21時までのお手続き完了で当日融資可能
    ・楽天銀行口座をお持ちの場合24時間振込可能

    企業詳細へ