1. ホーム
  2. 資金調達コラム一覧
  3. 金融機関からの借入
  4. どちらが審査に通りやすい? 銀行の短期融資と長期融資の特徴

どちらが審査に通りやすい? 銀行の短期融資と長期融資の特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿日:2019年03月13日

企業の資金繰りにおいて銀行からの融資を検討する際、短期融資と長期融資ではどちらの融資にするべきか、悩む経営者も多いのではないでしょうか。 はたしてどちらにするべきなのか、今回はそれぞれの審査の問題や、融資の上での特徴をご紹介します。

どちらが審査に通りやすい? 銀行の短期融資と長期融資の特徴

銀行の短期融資と長期融資はどちらが審査に通りやすい?

結論からいうと、短期融資のほうが比較的審査には通りやすいでしょう。

まず、短期融資ですがこちらの場合、一般的に手形貸付で取引がされます。

1年以内に返済する取引で、頻度的にも頻繁に取引されています。

そして、長期融資は証書貸付で取引されます。

1年以上の返済の場合は長期ということになり、審査も厳しくなるでしょう。

当然のことですが、期間が長いほど何かしらの問題も起きる可能性があります。

要するに貸し倒れのリスクが増すということです。

つまり、貸付側のリスクは大きくなってしまいます。

長期融資を望むには、ある程度の信用が必要となってくるでしょう。

短期融資を繰り返して実績を作ることができれば、それも信頼へと変わって行きます。

短期融資と長期融資で借入を行う手順

短期融資の場合、頻度が多く、短期(1年以内)ということで、企業が銀行に借入用手形を差し入れるだけと、手続き的にも簡潔です。

手続きが簡潔で、審査も速いのでその分融資までのスピードも当然速くなるのです。

証書貸付は本格的な取引で、会社の署名、捺印の他に保証人の署名、捺印が必要で、それに加えそれぞれの、商業登記簿謄本や印鑑証明書の提出も毎回必要になるので、準備にもある程度の時間がかかります。

審査も、もちろん厳しくなるので、その分の時間が必要です。

そのため、長期融資で考えを運んでいく場合は、少し時間には余裕を持って動くべきといえるでしょう。

最悪でも、審査のかかる時間を計算した上でもつなげる程度の計画性は必要となってきます。

銀行の短期融資の特徴

短期融資の特徴としては、上記でも説明した通り、審査も通りやすく、融資までの期間も速いのがまず1つの特徴です。

そして、銀行と約束した期日に、一括で返済をしなければならないという返済方法なのも特徴的です。

なので、短期融資をする際は、よく考え計画的にお金を動かしていきましょう。

中小企業では、この短期融資を繰り返し利用するケースが多く見られます。

貸し付けを受ける時点で、返済のメドが立っている場合や、つなぎの資金として利用されることが一般的で、適した利用方法といえるでしょう。

しかし、状況にもよりますが上記のような場合は、ファクタリングという手段もあります。

メドがある、つなぎの資金というのであれば、状況的にもファクタリングを利用できる状態ではないでしょうか。

短期融資の利用を考えている場合は、一度ファクタリングも検討してみると良いでしょう。

銀行の長期融資の特徴

長期融資は、手続きが本格的な形で進行していくので、その分手間も時間もかかるというのと、審査も厳しいというのが特徴です。

その分、金利は抑えられるので、短期融資では現実的ではない額の融資が欲しいときに、利用するのが一般的でしょう。

例えるのであれば、設備の資金のような大きな額の融資が必要なときに、利用するなどの場合です。

ファクタリングが利用できる可能性も

前述のファクタリングはご存知でしょうか。

ファクタリングとは、企業がクライアントにサービスを提供した際に発生する売掛債権を基に取引されます。

この売掛債権が発生したら、それをファクタリングの会社に売ることができます。

手数料などで多少は金額が引かれますが、本来1カ月~2カ月ほど入金に時間がかかってしまう売掛金を、ファクタリングの会社に売ることによって、待たずに受け取ることができる資金調達サービスです。

つまり例をあげると、企業が取引先に100万円のサービスを提供し、100万円の売掛債権を保有しているとします。

売掛金保有会社が、その売掛債権をファクタリング会社に売却します。

この売却価格は、売掛金の金額から手数料を差し引いた金額となるのです。

手数料が10%の場合、売掛金保有会社は支払期日を待たずに90万円の現金を調達できるという仕組みになっています。

銀行の短期融資と長期融資はどちらを利用すべき?

どちらを利用するべきかは、その状況によって変化します。一概に出せる答えはないので、今の自身の状況をよく見極め決めるのが最善です。

短期融資でも十分なら、無理して長期融資にすることもないですし、短期融資ではどうしても資金繰りが難しそうなら、少し無理をしてでも長期融資にしなければなりません。

どうしても、上手く決めることができないのであれば、周りの経験のあるかたに相談してみるのも大事です。

そのようなときは、経験者ほど頼りになるものもないでしょう。

短期融資と長期融資で、審査に通りやすいのは短期融資です。

しかし、資金調達の際は、自社の状況や融資額を考慮し、どの方法で融資を依頼するか検討しましょう。

そして、ファクタリングという融資以外の方法も、一応頭には入れておくと、いざというときに役に立つかもしれません。

ファクタリング企業一覧はこちら

ファクタリング企業比較はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合わせて読みたい記事

資金調達ランキング

  • 株式会社ビートレーディング

    手数料 2社間平均10%前後、
    3社間平均 5%前後
    対応スピード 最短12時間
    取り扱いサービス 全般
    営業時間 9:30~19:00
    必要書類 本査定申込書
    通帳のコピー(表紙付3ヶ月分)
    契約書、請求書、領収書 etc
    特徴 ・全国各地16,000社以上の豊富な 買取実績
    ・専任の担当者による迅速・丁寧な対応

    企業詳細へ

  • BestFactor

    手数料 手数料2%~
    対応スピード 最短24時間
    取り扱いサービス

    2社間ファクタリング

    3社間ファクタリング

    営業時間

    10:00~19:00

    必要書類

    1. 本人確認書類

    2. 入出金の通帳

    3. 請求書・見積書・契約書など

    特徴

    申込み画面から請求書を送信するだけで

    最短24時間以内で入金

    企業詳細へ

  • AccelFactor

    手数料 手数料 2%~
    対応スピード 最短即日
    取り扱いサービス

    2社間
    3社間
    診療報酬債権

    営業時間 9:30~19:00
    必要書類

    御見積書や取引の根拠となる契約書(基本契約書、請負契約書、業務委託契約書等)
    事業で利用されている預金通帳
    法人税の確定申告で税務署へ提出した財務関係書類
    代表者様の身分証明書
    代表者様個人のご実印及び貴社のご実印
    代表者様の個人印鑑証明書・法人の印鑑証明書

    特徴

    ・買取金額500万円以下の小口買取専門
    ・審査通過率90%以上

    企業詳細へ

  • ipgファイナンシャルソリューションズ

    実施年率 7.8%~18.0%
    限度額 1万円〜500万
    融資スピード 即日
    個人事業主の利用 不可
    特徴 ・実店舗がなくWEB上での申込のみ可能
    ・カード発行不要で利用可能

    企業詳細へ

  • 株式会社ユニーファイナンス

    実施年率 12.00%~17.95%
    限度額 ~200万円(ビジネスローン)
    100万円~1000万円(スーパービジネスローン)
    融資スピード 平日PM2:00までに審査完了された
    お客様は新規の場合を除き当日中
    個人事業主の利用 不可
    特徴 ・プロミスATMでご利用可能
    ・スーパービジネスローンの場合に担保・保証人が必要

    企業詳細へ

  • 株式会社トライフィナンシャルサービス

    実施年率 6.8%~12.65%
    限度額 300万円~5,000万円
    融資スピード 審査状況によって異なるが、
    即日での融資実行が可能な場合がある
    個人事業主の利用 可能
    特徴 ・担保・保証人不要で5,000万円まで融資可能
    ・返済回数最大360回

    企業詳細へ

  • 株式会社セントラル

    実施年率 4.80%~18.0%
    限度額 300万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 当社ご利用限度額が50万円超、
    または他社を含めた借入総額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要
    特徴 ・女性オペレーターが対応する女性専用のプランがある
    ・平日14時までのお申し込みで即日振込が可能

    企業詳細へ

  • フタバ株式会社

    実施年率 14.96%~17.95%
    限度額 10万円~50万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 借入額が50万円を超える場合に必要
    特徴 ・郵送物なし、カードレスのWEB完結でご利用可能
    ・ポイントサービスの利用で一定期間無利息で借入可能

    企業詳細へ

  • アイフル株式会社

    実施年率 3.0%~18.0%
    限度額 1万円~800万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 必要な場合もあり
    特徴 ・21時までのお手続き完了で当日融資可能
    ・楽天銀行口座をお持ちの場合24時間振込可能

    企業詳細へ