1. ホーム
  2. 資金調達コラム一覧
  3. 金融機関からの借入
  4. ノンバンクとは何?闇金と違う?銀行融資との違いも徹底解説

ノンバンクとは何?闇金と違う?銀行融資との違いも徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

資金の調達方法といえば、会社経営者なら、まず銀行からの融資を思い浮かべるかもしれません。しかし銀行以外にも融資を受けられるのが「ノンバンク」と呼ばれる金融機関です。このノンバンクとは銀行とどう違うのでしょうか。ノンバンクから融資を受けることのメリットやデメリットなども含めて、紹介していきます。

ノンバンクとは何?闇金と違う?銀行融資との違いも徹底解説

ここでは下記3つについて徹底解説をしていきます。
・銀行とノンバンクの違い
・ノンバンクに特有の総量規制の内容
・ノンバンク融資のメリット・デメリット

 

ぜひ、最後までご覧ください。

ノンバンクと銀行は適用法律が異なる

ノンバンクはその名の通り、銀行ではない金融機関のことを指します。

 

代表的なノンバンクの業態としては、消費者金融・信販会社・クレジットカード会社などが挙げられます。

 

ノンバンクと銀行の違いは、端的に言うと適用される法律の違いおよび、それによる業務の違いです。

 

銀行は「銀行法」という法律にもとづいて事業を行っており、融資や預金・為替などのさまざまな業務を行っています。

 

これに対してノンバンクは、「貸金業法」という法律にもとづいて事業を行っています。

 

貸金業法は名前の通り「貸金業」に関する法律で、この法律のもとで事業を行っているノンバンクは預金や為

替などの業務は行わず、与信業務に特化しています。

 

「資金調達を行う」という観点から見れば、どちらからも融資を受けることは可能です。

 

ただ、適用される法律が異なることにより、融資における制限などが若干異なることには注意が必要です。

 

「総量規制」の存在が非常に重要

融資を受けるにあたって注意しておかなければならないのが、貸金業法における「総量規制」の存在です。

総量規制とは、ノンバンクを含む貸金業者が融資できる金額の上限を、「申込者の年収の3分の1まで」と制限している規制です。

そのため、たとえば申込者の年収が600万円の場合、ノンバンクでは600万円×1/3=200万円までしか融資を受けることができません。

一方、銀行法には総量規制は存在しないので、自身の年収の3分の1を超す金額でも融資を受けられる可能性があります。

法人向けの融資は総量規制の対象外なので、事業資金の融資を受けるのであれば、総量規制のことを気にしなくてもよいような印象を受けはします。

ただ、法人向けの融資とは別に、代表者が個人の与信枠を利用してノンバンクから融資を受けるケースも考えられます。

そのような場合、ノンバンクで融資を受けられる金額の上限は、代表者の年収に左右されるということには十分注意しておきましょう。

ノンバンク融資のメリット

ノンバンクで融資を受けることのメリットを、以下で紹介します。

 

融資が実行されるまでの期間が短い

ノンバンク融資の最大の魅力は、非常にスピーディーに融資を受けられることです。

銀行などの金融機関から融資を受ける場合、申し込んでから融資金が入金されるまで1ヵ月~程度かかることも多々あります。

その点ノンバンクであれば、申し込んでから1週間程度で融資を受けることができますし、消費者金融の中には最短即日融資が可能なところもあります。

いざという時の資金繰りのためには、この即日融資はとても力強い味方となります。

審査基準が比較的低い

銀行融資では経営状況が芳しくない場合などには、融資をしてくれないこともあります。

しかしノンバンクでは経営が赤字の場合でも、融資をしてくれる可能性があるのです。

会社の経営が厳しく、税金などが未納である場合であっても、融資してくれるノンバンクは存在します。

銀行融資を受けられずに困っている場合にノンバンクが救いの女神になってくれる可能性は、十分あるでしょう。

担保や保証人ナシの融資も可能

銀行で事業資金の融資を受ける場合は、担保や保証人などの用意はほぼ必須です。

一方ノンバンクの場合は、融資してもらう金額が少額の場合は、担保や保証人なしでも貸してもらえる可能性があるのも大きな魅力です。

また、担保や保証人なしの融資と担保や保証人ありの融資の両方を取り扱っているノンバンクもあります。

その場合は、不動産のような担保の有無や借り入れたい金額などによって、より適した融資商品を選ぶことができます。

ノンバンク融資のデメリット

ノンバンク融資には上述したようなメリットだけではなく、デメリットも存在しています。

 

ノンバンクで融資を受けることのデメリットを、以下で紹介します。

 

銀行よりも金利が高め

ノンバンクのデメリットとしてまず挙げられるのは、金利が高いという点でしょう。

銀行で事業用の融資を受ける場合は、上限金利の%が1ケタであることが多いです。

しかしノンバンクの場合、融資金利の上限を18%程度にしているようなところもあります。

そのためノンバンクからの融資を受ける場合、借りる金額が少なくても金利負担が大きくなることがあります。

金利が高いということは、短期間で返済できなければ総返済額がかさんでしまうということを意味します。

融資を受けやすいというメリットはあるものの、そのメリットに甘んじて返済できないぐらいの金額を借りてしまうことのないよう、十分注意が必要です。

融資金額の上限が低い

ノンバンクは銀行などに比べても、融資金額の上限が低い傾向にあります。

そのため、必要な金額を借りられない可能性も考えられます。

また、代表者個人が融資を受ける場合は、先ほどお伝えしたように総量規制の影響があることも忘れてはなりません。

借り入れたい金額が大きい場合には、銀行融資の優先度のほうが高くなるでしょう。

悪徳業者を利用してしまう可能性も

ノンバンクと呼ばれる業者の中には、いわゆる「悪徳業者」も存在しています。

テレビでCMを流しているような大手を利用するのであれば問題ありませんが、そうでない場合は悪徳業者である可能性も、考慮に入れておかなければなりません。

悪徳業者を利用しないようにするためには、自衛の意識を強く持つことが重要です。

金融庁のサイトには「登録貸金業者情報検索サービス」というサービスがあり、ノンバンクの情報を検索することができます。

登録貸金業者情報検索サービスに業者名が登録されていれば正規の業者と考えられますが、そうでない場合は悪徳業者、いわゆる「闇金」と呼ばれる業者の可能性が高いです。

闇金からは決して融資を受けてはいけません。

ほかに融資を受ける先がなかったとしても、ファクタリングやクラウドファンディングなど、金融機関からの融資以外の方法を検討しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合わせて読みたい記事

おすすめの資金調達企業

  • 日本中小企業金融サポート機構

    手数料 2社間10~15%
    3社間1~9%
    対応スピード 最短即日
    取り扱いサービス 全般
    営業時間 9:30~19:00
    必要書類 お客様情報シートと売掛先情報(当社規定)
    売掛金の入金が確認出来る通帳のコピー3ヵ月分(表紙付)
    契約書、請求書、領収書 etc
    身分証明書(免許証、パスポートなど)
    特徴 ・完全非対面による郵送ファクタリング
    ・BtoBシエン独自のファクタリングサービスで最短当日お振込み

    企業詳細へ

  • 株式会社ビートレーディング

    手数料 2社間平均10%前後、
    3社間平均 5%前後
    対応スピード 最短12時間
    取り扱いサービス

    全般

    営業時間

    9:30~19:00

    必要書類

    本査定申込書
    通帳のコピー(表紙付3ヶ月分)
    契約書、請求書、領収書 etc

    特徴

    ・全国各地16,000社以上の豊富な 買取実績
    ・専任の担当者による迅速・丁寧な対応

    企業詳細へ

  • MentorCapital

    手数料 2社間 10%~不明
    3社間 3%~不明
    対応スピード 最短即日
    取り扱いサービス

    2社間
    3社間

    営業時間 9:30~18:30(平日)
    必要書類

    商業登記簿謄本と印鑑証明書
    決算書や確定申告書のような会社の業績が確認できる資料
    売掛先企業との基本契約書
    契約書や発注書、納品書、請求書など
    過去の入金の確認ができる通帳

    特徴

    ・幅広い業種に対応可能
    ・赤字決済、債務超過などにも柔軟対応

    企業詳細へ

  • ipgファイナンシャルソリューションズ

    実施年率 7.8%~18.0%
    限度額 1万円〜500万
    融資スピード 即日
    個人事業主の利用 不可
    特徴 ・実店舗がなくWEB上での申込のみ可能
    ・カード発行不要で利用可能

    企業詳細へ

  • 株式会社ユニーファイナンス

    実施年率 12.00%~17.95%
    限度額 ~200万円(ビジネスローン)
    100万円~1000万円(スーパービジネスローン)
    融資スピード 平日PM2:00までに審査完了された
    お客様は新規の場合を除き当日中
    個人事業主の利用 不可
    特徴 ・プロミスATMでご利用可能
    ・スーパービジネスローンの場合に担保・保証人が必要

    企業詳細へ

  • 株式会社トライフィナンシャルサービス

    実施年率 6.8%~12.65%
    限度額 300万円~5,000万円
    融資スピード 審査状況によって異なるが、
    即日での融資実行が可能な場合がある
    個人事業主の利用 可能
    特徴 ・担保・保証人不要で5,000万円まで融資可能
    ・返済回数最大360回

    企業詳細へ

  • 株式会社セントラル

    実施年率 4.80%~18.0%
    限度額 300万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 当社ご利用限度額が50万円超、
    または他社を含めた借入総額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要
    特徴 ・女性オペレーターが対応する女性専用のプランがある
    ・平日14時までのお申し込みで即日振込が可能

    企業詳細へ

  • フタバ株式会社

    実施年率 14.96%~17.95%
    限度額 10万円~50万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 借入額が50万円を超える場合に必要
    特徴 ・郵送物なし、カードレスのWEB完結でご利用可能
    ・ポイントサービスの利用で一定期間無利息で借入可能

    企業詳細へ

  • アイフル株式会社

    実施年率 3.0%~18.0%
    限度額 1万円~800万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 必要な場合もあり
    特徴 ・21時までのお手続き完了で当日融資可能
    ・楽天銀行口座をお持ちの場合24時間振込可能

    企業詳細へ