1. ホーム
  2. 資金調達コラム一覧
  3. 流動資産・流動負債
  4. 飲食店のクレジットカード払いを売掛金として早期現金化する方法

飲食店のクレジットカード払いを売掛金として早期現金化する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿日:2019年03月13日

商品の購入やサービスを受ける際の支払いに、クレジットカードが使われることがあります。クレジットカード決済は、小規模店舗にも普及しています。この際にクレジット債権が発生するのですが、売掛金として早期に資金化することが可能です。この記事ではクレジットカード決済に関する基本情報や、クレジット債権を資金化する方法、クレジットカードでの支払いの仕訳などについて解説します。

飲食店のクレジットカード払いを売掛金として早期現金化する方法

ここでは下記3つについて徹底解説をしていきます。
・クレジットカード払いのメリットおよびリスク
・クレジットカード払いの仕訳方法
・クレジット債権を早期に資金化する方法

 

ぜひ、最後までご覧ください。

クレジットカード払い可なお店は多い

クレジットカード決済はその便利さでニーズが高まっており、個人経営の飲食店や雑貨店など、小規模な店舗でも導入がすすんでいます。

 

利便性など消費者やお店にとってもメリットがあります。

 

また、日本政府もキャッシュレス決済を推進しており、料金の一部をポイント化するための補助や、必要端末の配布、減税など政府によるサポートの可能性があることも、導入が進む要因と考えられるでしょう。

クレジットカード払いのメリット

消費者の立場で考えると、現金を持っていなくてもサービスを利用したり、商品を買ったりできる利点があります。

 

常に財布にお金がいくら入っているかを気にしないでよくなり、支払い時にもクレジットカードを差し出すだけでよいためスマートです。

 

店側としても、クレジットカード決済を導入することで、機会損失を防ぐメリットがあります。

 

手持ちの現金が少ない利用者であっても、来店を促すことができるからです。

 

クレジットカード決済に対応していない店舗では、素通りされてしまうでしょう。

 

また、クレジットカード決済を導入することで、インバウンド需要を取り込めるメリットがあります。

 

訪日外国人は年々増加しており、今後も増えていくことが予想されています。

 

外国人の支払いスタイルはクレジットカードが主流であり、対応するためにはクレジットカード決済を導入しなければならないのです。

 

現金商売の場合は、お金の管理が煩雑になることも懸念点のひとつです。

 

クレジットカード決済を導入すれば、現金の移動が少なくなり、管理が楽になります。

 

お金の計算を間違えるという人的ミスを減らすことができるでしょう。

 

店舗スタッフや会計スタッフの負担を軽減することにもつながるのです。

クレジットカード払いのリスク

クレジットカード払いには、大きなメリットがある反面、リスクも生じます。

 

クレジットカード決済を利用すると、現金で支払うより多めに使ってしまう傾向があるのです。

 

これは店舗側から見るとメリットですが、消費者側にとってはリスクだといえます。

 

クレジットカード決済を導入したことで店舗側に生じるリスクの一つは、キャッシュフローが悪くなることです。

 

クレジットカード決済の場合、資金化までに時間がかかります。

 

そのため、資金繰りに工夫が必要になるケースがでてくるのです。

 

また、仕訳方法が多少複雑になるという点も懸念材料です。

クレジットカード払いの仕訳方法

クレジットカード払いを導入しているものの、その仕訳には不安があるという飲食店経営者の方も多いかもしれません。

 

たとえば、10,000円の商品をクレジットカード決済で販売した場合、会計上はどのように処理すればよいのでしょうか。

 

クレジットカード決済の勘定科目や仕訳方法について、解説します。

 

なおクレジットカード会社への手数料は5%の設定で、この手数料については販売時に仕訳を行うものとします。

 

入金時に仕訳を行う方法もあり、どちらを利用してもかまいませんが、毎回必ず同じ方法で処理を行いましょう。

 

まず売上時の仕訳は、借方にはクレジット売掛金として9,500円、支払手数料として500円、貸方には売上として10,000円がはいります。

 

借方

貸方

クレジット売掛金

9,500円

売上

10,000円

支払手数料

500円

 

次に入金時の仕訳は、借方に普通預金として9,500円、貸方にクレジット売掛金として9,500円がはいります。

 

借方

貸方

普通預金

9,500円

クレジット売掛金

9.500円

 

仕訳に「クレジット売掛金」を利用することは除いては、通常の売掛金の処理と同じだと考えておいて問題ありません。

 

クレジット売掛金と売掛金の違い

クレジット売掛金も売掛金も、掛取引を行って代金を後で受け取るという意味では同じですが、仕訳上では両者は異なります。

売掛金は取引を行った相手から直接支払いを受けますが、クレジット売掛金では取引を行った相手ではなくカード会社などから入金があります。

つまり、支払いを行ってもらう相手(債権先)が異なるので、仕訳上でも区別しなければなりません。

クレジットカードを用いた取引での仕訳で、通常の「売掛金」を利用してしまわないように注意しましょう。

クレジット債権を早期資金化する方法

資金化まで期間がかかることが、クレジットカード決済が抱えるリスクです。

 

しかしクレジット売掛金は、ファクタリングで早期に資金化できます。

 

消費者がクレジットカード決済をすると、情報はクレジットカード会社へ送られます。

 

通常であれば、決済代金が店舗に入金されるまでに、数ヵ月ほどのタイムラグが発生するでしょう。

 

ファクタリング会社と契約を結んでクレジット売掛金を買取ってもらうことで、手数料などを差し引いた売上金が、店舗へ入金されます。

 

つまりファクタリングを利用することで、店舗は早期に現金を得ることができるのです。

 

そしてファクタリング会社は、後日クレジットカード会社から決済代金を受け取ります。

ファクタリングの注意点

実際にファクタリングを行うにあたって注意すべきポイントを、以下でいくつか挙げていきます。

 

ファクタリングとは

ファクタリングの注意点を説明する前に、そもそもファクタリングとはどのようなサービスなのかについて、簡単に説明しておきます。

ファクタリングとは、企業が保有する売掛金を買取ってもらうことで資金化を行えるサービスです。

ファクタリングには売掛金保有企業とファクタリング会社の2社が関与する「2社間ファクタリング」と、前述の2社と売掛先の合計3社が関与する「3社間ファクタリング」があります。

2社間ファクタリングでは、売掛先にファクタリングを行うことを通知する必要がない分、スピーディーな手続きが可能です。

注意したい点としては、2社間ファクタリングの手数料は、3社間ファクタリングと比較して高めに設定されていることが挙げられます。

これはファクタリング会社にとって、2社間ファクタリングのほうが売掛金未回収のリスクが高いためです。

一方の、3社間ファクタリングでは、売掛先にファクタリングのことを通知して承諾してもらう必要があるため、2社間ファクタリングよりも手続きに時間がかかります。

その代わり、売掛先がファクタリングに同意しているため、ファクタリング会社にとっては売掛金未回収のリスクが低いので、低い手数料で利用することができます

2社間および3社間それぞれのファクタリングのメリット・デメリットを把握したうえで、どちらを利用するかを判断しましょう。

 

できる限り対面で契約を行う

ファクタリング会社では店舗・オンライン・出張サービスなど、さまざまな形で契約を行うことができます。

ただ、これまで何度か利用したことがあって安心できる会社だと分かっているのでなければ、できるだけ店舗や出張サービスなどの対面契約を行ったほうがよいです。

オンライン契約は手間も省けて便利ではありますが、まとまった金額の資金化を行ってもらう以上、安心して取引できることが何よりも重要です。

出張サービスを利用するとその分だけ支払いが増えることもあるので、その点には注意しておきましょう。

 

疑問点等は納得できるまで確認する

ファクタリングを初めて利用する場合、契約の内容や専門用語などが分からない部分も多々あります。

そのようなときに何となく話を聞くのではなく、疑問点等があれば納得できるまで確認することが重要です。

契約内容をきちんと把握できていなければ、自社にとって不利な条件での契約になってしまっていても分かりません。

また、説明を求めたときにきちんと説明してくれるかどうかも、安心して取引を行える会社かどうかの判断材料になります。

 

二重契約をしない

ファクタリングは、「売掛金を買い取ってもらい資金化を行う」サービスです。

そのため、ひとつのファクタリング会社と契約した時点で、売掛金を受け取る権利はすでに自社のもとにはありません。

ただし、売掛金というものが目に見えないものであるがゆえにそのことをきちんと把握しにくく、すでに譲渡した売掛金でもう一度契約を行ってしまうようなこともあります。

これを二重契約と呼びますが、二重契約を行ってしまうと違約金の支払いなどのトラブルにつながってしまう可能性もあります。

ファクタリングに利用している売掛金とそうでない売掛金を明確に区別できるようにするなど、二重契約を回避するための仕組み作りが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合わせて読みたい記事

おすすめの資金調達企業

  • 日本中小企業金融サポート機構

    手数料 2社間10~15%
    3社間1~9%
    対応スピード 最短即日
    取り扱いサービス 全般
    営業時間 9:30~19:00
    必要書類 お客様情報シートと売掛先情報(当社規定)
    売掛金の入金が確認出来る通帳のコピー3ヵ月分(表紙付)
    契約書、請求書、領収書 etc
    身分証明書(免許証、パスポートなど)
    特徴 ・完全非対面による郵送ファクタリング
    ・BtoBシエン独自のファクタリングサービスで最短当日お振込み

    企業詳細へ

  • 株式会社ビートレーディング

    手数料 2社間平均10%前後、
    3社間平均 5%前後
    対応スピード 最短12時間
    取り扱いサービス

    全般

    営業時間

    9:30~19:00

    必要書類

    本査定申込書
    通帳のコピー(表紙付3ヶ月分)
    契約書、請求書、領収書 etc

    特徴

    ・全国各地16,000社以上の豊富な 買取実績
    ・専任の担当者による迅速・丁寧な対応

    企業詳細へ

  • MentorCapital

    手数料 2社間 10%~不明
    3社間 3%~不明
    対応スピード 最短即日
    取り扱いサービス

    2社間
    3社間

    営業時間 9:30~18:30(平日)
    必要書類

    商業登記簿謄本と印鑑証明書
    決算書や確定申告書のような会社の業績が確認できる資料
    売掛先企業との基本契約書
    契約書や発注書、納品書、請求書など
    過去の入金の確認ができる通帳

    特徴

    ・幅広い業種に対応可能
    ・赤字決済、債務超過などにも柔軟対応

    企業詳細へ

  • ipgファイナンシャルソリューションズ

    実施年率 7.8%~18.0%
    限度額 1万円〜500万
    融資スピード 即日
    個人事業主の利用 不可
    特徴 ・実店舗がなくWEB上での申込のみ可能
    ・カード発行不要で利用可能

    企業詳細へ

  • 株式会社ユニーファイナンス

    実施年率 12.00%~17.95%
    限度額 ~200万円(ビジネスローン)
    100万円~1000万円(スーパービジネスローン)
    融資スピード 平日PM2:00までに審査完了された
    お客様は新規の場合を除き当日中
    個人事業主の利用 不可
    特徴 ・プロミスATMでご利用可能
    ・スーパービジネスローンの場合に担保・保証人が必要

    企業詳細へ

  • 株式会社トライフィナンシャルサービス

    実施年率 6.8%~12.65%
    限度額 300万円~5,000万円
    融資スピード 審査状況によって異なるが、
    即日での融資実行が可能な場合がある
    個人事業主の利用 可能
    特徴 ・担保・保証人不要で5,000万円まで融資可能
    ・返済回数最大360回

    企業詳細へ

  • 株式会社セントラル

    実施年率 4.80%~18.0%
    限度額 300万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 当社ご利用限度額が50万円超、
    または他社を含めた借入総額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要
    特徴 ・女性オペレーターが対応する女性専用のプランがある
    ・平日14時までのお申し込みで即日振込が可能

    企業詳細へ

  • フタバ株式会社

    実施年率 14.96%~17.95%
    限度額 10万円~50万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 借入額が50万円を超える場合に必要
    特徴 ・郵送物なし、カードレスのWEB完結でご利用可能
    ・ポイントサービスの利用で一定期間無利息で借入可能

    企業詳細へ

  • アイフル株式会社

    実施年率 3.0%~18.0%
    限度額 1万円~800万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 必要な場合もあり
    特徴 ・21時までのお手続き完了で当日融資可能
    ・楽天銀行口座をお持ちの場合24時間振込可能

    企業詳細へ