1. ホーム
  2. 資金調達コラム一覧
  3. 資金調達の基礎知識
  4. 【厳選】起業時の資金調達方法8選!銀行融資以外にもこんなにある

【厳選】起業時の資金調達方法8選!銀行融資以外にもこんなにある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿日:2021年05月07日

最近では起業に対するハードルが下がってきており、会社を辞めて起業する人はもちろんですが、会社に勤めながら副業として起業する人も増えてきています。起業に際して大きな問題となるのは「どのようにして資金を調達するか」であり、自己資金だけで起業に必要なお金をまかなえる人はほとんどいないでしょう。今回は、起業時の資金調達方法として考えられる方法の中から、現実的かつ効率的に資金を調達できる方法を厳選し、 それぞれのメリットやデメリットなどについて解説します。

【厳選】起業時の資金調達方法8選!銀行融資以外にもこんなにある

ここでは下記3つについて徹底解説をしていきます。
・起業時の代表的な資金調達方法
・それぞれの方法におけるメリット・デメリット
・どの方法を選ぶべきかの判断基準

 

ぜひ、最後までご覧ください。

起業時の資金調達方法8選

起業に必要な資金を用意するための方法はいろいろとあるので、それぞれの方法のメリットやデメリットを知ったうえで、選択しなければなりません。

 

以下では、起業時の主な資金調達の方法の特徴やメリット・デメリットなどについて、説明します。

 

銀行からの融資

銀行からの融資で起業時の資金調達を行うのは、もっともオーソドックスな方法のひとつです。

銀行自体とても数が多いですし、起業時の資金として利用できる融資商品をいくつか取り扱っている銀行もあるので、非常に幅広い選択肢の中から利用する商品を選ぶことができます。

融資で資金調達を行うと、その後利子を上乗せして返済しなければなりませんが、銀行の適用金利は比較的低めなので、返済時の負担も大きくなりにくいです。

ただ、審査に通過できなければ資金調達を行うことはできませんし、申し込んでから実際に資金を調達できるまでに1ヵ月~程度の時間を要することは、念頭に置いておきましょう。

日本政策金融公庫からの融資

日本政策金融公庫は政府系の金融機関であり、銀行同様に起業や事業拡大のために資金が必要な企業や個人事業主に対して、融資を行っています。

銀行よりも低金利で融資を受けられるのが大きな特徴なので、返済負担をできるだけ抑えたい場合は日本政策金融公庫から融資を受けるのがおすすめです。

また、日本政策金融公庫は、比較的規模の小さな企業や個人事業主を支援するための金融機関として設立されました。

そのため、起業を目指す場合は銀行よりも融資を受けやすいというのも、非常に大きなメリットです。

ただ、審査は銀行以上に時間がかかりますし、審査時に提出しなければならない書類が非常に多いことがネックになる可能性があります。

エンジェル投資家からの出資

エンジェル投資家は、将来的に成長の見込みがある企業や個人事業主などに出資を行っている個人投資家です。

自身も以前事業を経営していたという人も多いので、資金の出資を受けると同時に、経営に関して有益なアドバイスをもらえる可能性もあります。

ただ、場合によっては事業に過度に干渉してきて、当初思い描いていたような事業運営を行うための妨げになる可能性もある点は、デメリットとして考慮しておかなければなりません。

ベンチャーキャピタルからの出資

ベンチャーキャピタルもエンジェル投資家同様に、将来伸びそうな見込みのある企業や個人事業主などに出資を行っています。

ただ、ベンチャーキャピタルは事業として出資を行っているので、出資をしてもらえるかどうかの判断はエンジェル投資家よりもシビアなことが多いです。

もし出資OKの判断をもらえれば、数千万円や数億円単位での出資を受けられる可能性もあるので、まとまった資金を必要としている場合には非常に頼りになるでしょう。

エンジェル投資家と同じく、経営に口を出される可能性があることは、念頭に置いておく必要があります。

補助金や助成金の利用

国や地方自治体などが設けている補助金や助成金も、起業のための資金として活用することができます。

補助金や助成金は返済が不要というのが非常に大きなメリットで、融資などのように返済が経営を圧迫するような心配はありません。

特定の事業内容や特定の規模の事業者でなければ利用できないような制度もあるので、自社が利用できる制度かどうかを見極めたうえで、利用を検討するようにしましょう。

クラウドファンディングの活用

クラウドファンディングは、まだ世に出していない商品やサービスなどのアイデアをネット上に公開し、賛同したり共感したりしてくれる人から出資を募る方法です。

調達した資金は返済する必要がありませんし、金融機関などの融資と比べると早めに資金を調達できることが多いのがメリットと言えます。

ただ、アイデアをネットに公開するため盗用されてしまう危険性があることや、想定しているほどの金額が集まらないケースもあることは、デメリットと考えられるでしょう。

ビジネスコンテストへの応募

ビジネスコンテストは、ビジネスモデルやビジネスプランに関するアイデアのコンペティションです。

優秀賞をもらえるような上位に選ばれると、実際にそのプランでビジネス展開を行うための支援として賞金をもらえる場合があります。

また、「○○ビジネスコンテストで賞を獲得した」ということはブランディング的な意味も持ちますし、思い描いているプランがどのような評価を受けるか、腕試し的な意味で参加してもよいでしょう。

ただ、ビジネスコンテストでは「夢物語」のような壮大なテーマを掲げたプランやアイデアのほうが、評価される傾向にあります。

堅実に事業展開が望めそうなものの、一見すると地味な内容のアイデアはビジネスコンテスト向きではないので、ほかの方法での資金調達を検討したほうがよいでしょう。

親族などからの借り入れ

金融機関からの融資で資金調達を行う場合は、書類を提出して審査に通過する必要があるため、かなりハードルが高い場合も多いです。

その点、親族や知り合いといった個人的なつながりを利用して借り入れを行う場合は、そういったかしこまった手続きは特に必要なく、誰でも資金を調達できる可能性を秘めています。

取り決め次第では、金融機関からの融資のように毎月決まったタイミングで返済を行う代わりに、事業がうまく回りだしてからの返済にしてもらうことも可能でしょう。

ただ、お金の問題は人間関係を容易に破壊してしまうだけの力を持っているものです。

返済に関係したトラブルを起こしてしまうと、これまで通りの関係性には戻れなくなってしまう可能性が高いことは、肝に銘じておくべきでしょう。

自社に合った方法を選ぶことが重要

上述したように、起業時の資金調達方法としてはいろいろな方法が考えられます。

 

その中でどの選択肢を選ぶべきかは、それぞれの会社の業種や置かれている状況などによるため、一概には言えません。

 

なるべく返済負担を負わずに資金を調達したい場合は、出資や助成金・補助金などを中心に検討することになるでしょう。

 

資金調達を行うと同時に、始めようと思っている事業の評判や感触を知りたい場合は、クラウドファンディングを利用したりビジネスコンテストに応募したりするのがおすすめです。

 

資金調達においてどのようなことを重視するのかをはっきりさせることで、資金調達の方法の優先順位も自ずと決まってくるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合わせて読みたい記事

おすすめの資金調達企業

  • 日本中小企業金融サポート機構

    手数料 2社間10~15%
    3社間1~9%
    対応スピード 最短即日
    取り扱いサービス 全般
    営業時間 9:30~19:00
    必要書類 お客様情報シートと売掛先情報(当社規定)
    売掛金の入金が確認出来る通帳のコピー3ヵ月分(表紙付)
    契約書、請求書、領収書 etc
    身分証明書(免許証、パスポートなど)
    特徴 ・完全非対面による郵送ファクタリング
    ・BtoBシエン独自のファクタリングサービスで最短当日お振込み

    企業詳細へ

  • 株式会社ビートレーディング

    手数料 2社間平均10%前後、
    3社間平均 5%前後
    対応スピード 最短12時間
    取り扱いサービス

    全般

    営業時間

    9:30~19:00

    必要書類

    本査定申込書
    通帳のコピー(表紙付3ヶ月分)
    契約書、請求書、領収書 etc

    特徴

    ・全国各地16,000社以上の豊富な 買取実績
    ・専任の担当者による迅速・丁寧な対応

    企業詳細へ

  • MentorCapital

    手数料 2社間 10%~不明
    3社間 3%~不明
    対応スピード 最短即日
    取り扱いサービス

    2社間
    3社間

    営業時間 9:30~18:30(平日)
    必要書類

    商業登記簿謄本と印鑑証明書
    決算書や確定申告書のような会社の業績が確認できる資料
    売掛先企業との基本契約書
    契約書や発注書、納品書、請求書など
    過去の入金の確認ができる通帳

    特徴

    ・幅広い業種に対応可能
    ・赤字決済、債務超過などにも柔軟対応

    企業詳細へ

  • ipgファイナンシャルソリューションズ

    実施年率 7.8%~18.0%
    限度額 1万円〜500万
    融資スピード 即日
    個人事業主の利用 不可
    特徴 ・実店舗がなくWEB上での申込のみ可能
    ・カード発行不要で利用可能

    企業詳細へ

  • 株式会社ユニーファイナンス

    実施年率 12.00%~17.95%
    限度額 ~200万円(ビジネスローン)
    100万円~1000万円(スーパービジネスローン)
    融資スピード 平日PM2:00までに審査完了された
    お客様は新規の場合を除き当日中
    個人事業主の利用 不可
    特徴 ・プロミスATMでご利用可能
    ・スーパービジネスローンの場合に担保・保証人が必要

    企業詳細へ

  • 株式会社トライフィナンシャルサービス

    実施年率 6.8%~12.65%
    限度額 300万円~5,000万円
    融資スピード 審査状況によって異なるが、
    即日での融資実行が可能な場合がある
    個人事業主の利用 可能
    特徴 ・担保・保証人不要で5,000万円まで融資可能
    ・返済回数最大360回

    企業詳細へ

  • 株式会社セントラル

    実施年率 4.80%~18.0%
    限度額 300万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 当社ご利用限度額が50万円超、
    または他社を含めた借入総額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要
    特徴 ・女性オペレーターが対応する女性専用のプランがある
    ・平日14時までのお申し込みで即日振込が可能

    企業詳細へ

  • フタバ株式会社

    実施年率 14.96%~17.95%
    限度額 10万円~50万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 借入額が50万円を超える場合に必要
    特徴 ・郵送物なし、カードレスのWEB完結でご利用可能
    ・ポイントサービスの利用で一定期間無利息で借入可能

    企業詳細へ

  • アイフル株式会社

    実施年率 3.0%~18.0%
    限度額 1万円~800万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 必要な場合もあり
    特徴 ・21時までのお手続き完了で当日融資可能
    ・楽天銀行口座をお持ちの場合24時間振込可能

    企業詳細へ