1. ホーム
  2. 資金調達コラム一覧
  3. ファクタリング
  4. 巷で噂の給料ファクタリングとは

巷で噂の給料ファクタリングとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿日:2019年11月30日

最近よく耳にするようになった給料ファクタリングとは、個人の給料債権を買い取るサービスになります。今回はどのようなサービス内容になるのかご説明させていただきます。

巷で噂の給料ファクタリングとは

給料ファクタリングとは

・個人の給料債権の買い取りサービス

ファクタリングは企業間で債権を売買するサービスで、主に個人事業主や中小企業が資金繰りに困窮したときに利用されています。

 

しかし最近では、個人の給料を債権として買い取り、即日現金化する給料ファクタリングを行うファクタリング会社が増えてきました。

 

この給料ファクタリングであれば、個人でも利用することができます。

 

 

給料ファクタリングは、会社などに勤めている人が対象のサービスで、「給料をファクタリング会社に買い取ってもらい、給料日より前にお金を手にする」という資金調達方法になります。

 

イメージとしては、「お給料の前借りのようなもの」と考えるとわかりやすいでしょう。

 

 

給料ファクタリングが利用されている場面として、

 

・給料日前に少しお金が足りなくなった

・急な病気やケガで治療費を用意しなければならない

・夏休みや年末年始の旅行代

・子供の入学、学費

 

などのように、急にお金がなくなったときや、お金が必要なときに利用されています。

 

給料ファクタリングは「お給料の前借りのようなもの」と説明しましたが、正しくは「借入」ではありません。

 

 

そのため、金利は発生しませんし、債務整理や多重債務などで金融ブラックになってしまった方でも、利用することが可能です。

 

・給与債権とは

債権は、債権者が債務者に対し、一定の給付を要求できる権利のことを指しています。

 

会社などに勤めている人であれば、決まった給料日に決まった額の給料を受け取っています。

 

つまり仕事をしている人は、給料をもらう権利を持っているわけです。

 

このような権利を、給料ファクタリングでは給料債権と呼んでいます。

 

この給料をもらう権利をファクタリング会社に売却することで、給料日よりも前に資金調達できるのが、給料ファクタリングのサービスです。

 

・給料ファクタリングの対象者は?

給料ファクタリングは、基本的には会社に勤めている正社員の方を対象としたサービスです。

 

専業主婦の方でも、配偶者の方が働いていれば利用可能な場合がありますが、当然ながら配偶者の方の同意が必要になるため、難しいかもしれません。

 

給料ファクタリング会社によっては、アルバイトやパートの方でも利用することができます。

 

給料ファクタリングは借入ではないため、金利は発生しません。

 

また、債務整理や多重債務などで金融ブラックになってしまった方でも、仕事をしていて収入がある方であれば利用することが可能です。

 

給料ファクタリングの仕組み

法人向けのファクタリング同様、給料ファクタリングにも2社間ファクタリング・3社間ファクタリングがあります。

 

2社間ファクタリング・3社間ファクタリングどちらを選ぶかによって、手数料や審査時間が異なりますのでご了承ください。

 

・給料ファクタリングの2社間ファクタリングとは

1.利用者が会社に勤務することで、給料が発生する。

2.利用者と給料ファクタリング会社の間で債権譲渡契約を結ぶ。

3.給料ファクタリング会社から買取金額(手数料を除く)が入金される

4.勤務先から給料日に給料が利用者に支払われる。

5.勤務先から支払われた給料を利用者から給料ファクタリング会社に支払う

 

2社間ファクタリングの場合、給料ファクタリング会社が勤務先と直接関与することがないので、勤務先に給料ファクタリングを利用したことを知られる心配はありません。

 

利用者と給料ファクタリング会社間で契約締結後に、給料ファクタリング会社から買取金額を利用者に入金します。

 

利用者は給料日に勤務先から給料が振り込まれ、手数料を含めた金額を給料ファクタリング会社に戻します。

 

これで2社間ファクタリングは完了です。

 

次に3社間ファクタリングのフローを見ていきましょう。

 

・給料ファクタリングの3社間ファクタリングとは

1.利用者が会社に勤務することで、給料が発生する。

2.利用者と給料ファクタリング会社の間で債権譲渡契約を結ぶ。

3.勤務先に対して債権譲渡通知が出される。(勤務先の受諾が必要になる)

4.給料ファクタリング会社から買取金額(手数料を除く)が入金される

5.売掛先企業から給料ファクタリング会社へ給料日に入金される

 

3社間ファクタリングでは、勤務先の受諾が必要になるため安い手数料で利用することができます

 

給料ファクタリング会社は、契約締結後に、買取金額を利用者に入金します。

 

勤務先は給料日に利用者ではなく給料ファクタリング会社に入金します。これで3社間ファクタリングは完了です。

 

メリットとデメリット

メリット

申し込み後に即日振込可能

給料ファクタリングは給料債権の売却になるので、借入よりも提出資料は少なく、審査も簡単なため、振込までの手続きが早く終わります。

 

申込状況によっては30分程度で審査が終わり、即日振込することも可能な会社もあります。

 

勤務先に知られずに利用できる

給料ファクタリングは勤務先の同意を得る必要が無いので、給料ファクタリング会社と利用者の2社間で契約を完了することができます。

 

勤務先に「金銭的事情があるのか」など思われることなく利用することができます。

 

・信用情報に傷がつかない

通常、個人が借入をする場合「個人信用情報」に借入履歴が残ります。

 

給料ファクタリングは借入ではなく給料債権の売却になるため、サービスを利用したことが「個人信用情報」の借入履歴に残ることはありません

 

デメリット

・手数料が安いわけではない

給料ファクタリングは給料日に手数料を含めた金額を一括で給料ファクタリング会社に戻します。

 

手数料の相場は大体10.0%~30.0%なので、月給20万円の方が手数料10%の給料ファクタリングを利用すると、手数料は2万円になります。

 

借入より審査が簡単なため、手数料は安くありません

 

取り扱っている業者が少ない

給料ファクタリングを取り扱っている会社は、法人向けファクタリング会社に比べて現時点では多くありません。

 

ローンやキャッシングに比べて、給料ファクタリングは新しいサービスのため、給料ファクタリングはまだ認知度が高くありません。

 

今後給料ファクタリングの認知度が広がることでニーズが増え、給料ファクタリング会社が増える可能性は大いにあります。

 

中には悪徳業者が紛れている場合もある

 給料ファクタリングは現在、民法第555条(売買契約)に基づいて、給料債権の売買契約のサービス提供をしています。

 

しかし、中には違法な闇金融業が「給料ファクタリング会社」と偽り、高い利息で貸し付けをしていることもあります

 

くれぐれも会社選びには気を付けてご利用ください。

 

給料ファクタリングの契約までの流れ

・契約までの流れ

申込は基本的に、給料ファクタリング会社のホームページにある申込フォームから行います。

 

申込フォームでは、氏名や電話番号、メールアドレス、住所、勤務先といった情報を入力し、送信します。

 

必要書類は給料ファクタリング会社によって異なりますが、顔写真付きの身分証明書や保険証、給料の振り込みが分かる通帳のコピーや給与明細などになります。

 

また必要書類は、メールで送る形が多いようです。

 

その後の審査では、メールや電話でのやりとりが一般的です。

 

審査では、これまでの給料の入金状況や勤務先の業績が重視されます

 

申込者本人の信用情報の審査は行われませんので、自己破産などで金融ブラックになってしまい、金融機関からの融資を受けられないという方もご安心ください。

 

その他不明点があれば、契約前に給料ファクタリング会社に確認をしましょう。

 

契約内容を確認したら、給料ファクタリング会社と契約をします。

 

給料ファクタリングの契約はメールで契約書の送付という形がほとんどですので、店舗に出向く煩わしさはありません。

 

契約後、給料ファクタリング会社から指定した銀行口座に入金が行われます。

 

給料ファクタリング会社によって異なりますが、審査がスムーズに進めば申し込んだその日に契約し、即日現金を手にできる人も多いようです

 

その後、給料日に勤務先の会社より給料が入金されたら、給料ファクタリング会社へ支払いを行います。

 

給料ファクタリング会社によって詳細は異なりますが、以上が給料ファクタリングの大まかな流れとなります。

 

・契約に必要な書類は?

勤務先からの給料が確認できる通帳または給与明細

給料ファクタリングは「給料債権を買い取るサービス」であるため、勤務先から申込者に給料が振り込まれているかどうかを確認する必要があります。

 

給料ファクタリング会社によって必要書類は異なりますが、通帳と給与明細の両方を用意しておいたほうがスムーズに申込することができます。

 

顔写真付きの身分証明書

運転免許証や住基カードなど、顔写真付きの公的証明書が必要書類とされています。

 

申込される方の顔写真付きの身分証明書をご用意ください。

 

社会保険証

勤務先から付与されている社会保険証を提出する必要があります。

 

勤務先によっては、組合保険や共済保険の場合もあるので、自分の保険証で申込が可能かどうかは給料ファクタリング会社にご確認ください。

 

在籍確認はあるのか

給料ファクタリング会社によって、勤務先への在籍確認の有無は異なります。

 

しかし、例え勤務先へ在籍確認の電話があった場合でも、給料ファクタリング会社がその会社名で架電をすることはほとんど無いそうです。

 

給料ファクタリング会社によっては、カード会社や保険会社など希望を伝えられる場合もあるので、勤務先に知られるか心配な場合は一度相談してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

・給料ファクタリングとは、「給料をファクタリング会社に買い取ってもらい、給料日より前にお金を手にする」という新しい資金調達方法です。

 

・給料ファクタリングは借入ではないため、債務整理や多重債務などで金融ブラックになってしまった方でも、仕事をしていて収入がある方であれば利用することが可能です。

 

また、借入とは異なり、信用情報に傷がつくこともありません。急にお金が必要になった時に利用しやすいサービスといえるでしょう。

 

・審査に必要な書類は、顔写真付きの身分証明書や社会保険証、給料の振り込みが分かる通帳のコピーや給与明細などで、審査がスムーズに進めば即日契約することも可能です。

 

オススメの給料ファクタリング会社

Wallet Link

対応地域:全国

来店  :不要

営業時間:月~金・9:30~18:00

運営会社:株式会社アクアバレー

URL  :https://walletlink.jp/

おすすめポイント:

電話対応など、スタッフ対応の口コミがいいです。

 

 

また、契約の際も電子契約書のため、オンライン完結できるので難しい手続きなしで即日資金調達したい方に人気の給料ファクタリング会社となっております。

 

 

必要資料は3点なので、簡単に申し込みから契約することができます。

 

七福神

対応地域:全国

来店  :不要

営業時間:月~金・9:00~19:00 日・10:00~18:00

運営会社:株式会社ZERUTA

URL  :https://7-fuku-jin.com/

おすすめポイント:

営業時間が比較的長く、日曜日に営業していることも利用者には好評です。

 

 

申込から振込までの手続きも業界トップの早さなのでお急ぎの方に人気な給料ファクタリング会社となっています。

 

 

給料ファクタリングはじめての方で、利用に不慣れでも親切に対応してもらえるので、安心してご利用いただけます。

 

JM MARKETING

 

対応地域:全国

来店  :不要

営業時間:月~金・9:00~19:00

運営会社:JM MARKETING(ジェイエムマーケティング)

URL  :https://jm-m.co.jp/

おすすめポイント:

属性不問で、配偶者が勤めていれば主婦も利用可能という点で比較的利用のハードルが低くなっています。

 

 

申込から振込まで最短30分なので急な出費にも対応してもらえます。

 

 

アルバイトや契約社員だけど給料ファクタリングを利用したい、そんな方でも対応してもらえるので、一度ご利用を検討してみることをおすすめいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合わせて読みたい記事

資金調達ランキング

  • 株式会社ビートレーディング

    手数料 2社間平均10%前後、
    3社間平均 5%前後
    対応スピード 最短12時間
    取り扱いサービス 全般
    営業時間 9:30~19:00
    必要書類 本査定申込書
    通帳のコピー(表紙付3ヶ月分)
    契約書、請求書、領収書 etc
    特徴 ・全国各地16,000社以上の豊富な 買取実績
    ・専任の担当者による迅速・丁寧な対応

    企業詳細へ

  • OLTA

    手数料 手数料2 - 9%
    対応スピード 最短即日
    取り扱いサービス OLTAクラウドファクタリング
    営業時間

    24時間

    ※電話受付:10:00~18:00

    必要書類

    1. 代表者様の本人確認書類

    2. 売却する対象の請求書

    3. 直近7カ月の入出金明細

    4. 昨年度の決算書

    特徴 ・ネットで完結!紙の書類・面談も不要
    ・ユーザー様のリピート率80%超!

    企業詳細へ

  • 三共サービス

    手数料 2社間 5%~10%
    3社間 1.5%~8%
    対応スピード 最短1日
    取り扱いサービス 全般
    営業時間 9:00~19:00
    必要書類

    身分証明書
    会社謄本
    決算書(直近2期分)
    売掛先への請求書
    契約書、請求書、領収書 etc
    入出金の通帳・当座勘定表
    小切手帳・手形帳
    納税証明書

    印鑑証明
    社判・実印 

    特徴 ・最低手数料1.5%~の低価格設定
    ・2001年設立の安心の実績

    企業詳細へ

  • ipgファイナンシャルソリューションズ

    実施年率 7.8%~18.0%
    限度額 1万円〜500万
    融資スピード 即日
    個人事業主の利用 不可
    特徴 ・実店舗がなくWEB上での申込のみ可能
    ・カード発行不要で利用可能

    企業詳細へ

  • 株式会社ユニーファイナンス

    実施年率 12.00%~17.95%
    限度額 ~200万円(ビジネスローン)
    100万円~1000万円(スーパービジネスローン)
    融資スピード 平日PM2:00までに審査完了された
    お客様は新規の場合を除き当日中
    個人事業主の利用 不可
    特徴 ・プロミスATMでご利用可能
    ・スーパービジネスローンの場合に担保・保証人が必要

    企業詳細へ

  • 株式会社トライフィナンシャルサービス

    実施年率 6.8%~12.65%
    限度額 300万円~5,000万円
    融資スピード 審査状況によって異なるが、
    即日での融資実行が可能な場合がある
    個人事業主の利用 可能
    特徴 ・担保・保証人不要で5,000万円まで融資可能
    ・返済回数最大360回

    企業詳細へ

  • 株式会社セントラル

    実施年率 4.80%~18.0%
    限度額 300万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 当社ご利用限度額が50万円超、
    または他社を含めた借入総額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要
    特徴 ・女性オペレーターが対応する女性専用のプランがある
    ・平日14時までのお申し込みで即日振込が可能

    企業詳細へ

  • フタバ株式会社

    実施年率 14.96%~17.95%
    限度額 10万円~50万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 借入額が50万円を超える場合に必要
    特徴 ・郵送物なし、カードレスのWEB完結でご利用可能
    ・ポイントサービスの利用で一定期間無利息で借入可能

    企業詳細へ

  • アイフル株式会社

    実施年率 3.0%~18.0%
    限度額 1万円~800万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 必要な場合もあり
    特徴 ・21時までのお手続き完了で当日融資可能
    ・楽天銀行口座をお持ちの場合24時間振込可能

    企業詳細へ