1. ホーム
  2. 資金調達コラム一覧
  3. ファクタリング
  4. 売掛先が個人でもファクタリングは利用可能?

売掛先が個人でもファクタリングは利用可能?

公開日:
更新日:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ファクタリングを利用する際、一般的には、法人に対する売掛金を売却します。
しかし「取引先のほとんどが個人なので、個人に対する売掛金しか売却できない……」といったケースもあるはずです。

そこで今回は「売掛先が個人でもファクタリングが利用できるのか?」という疑問にお答えします。
資金繰りにお困りで「法人以外に対する売掛金も売却したい」とお考えの事業者様は、ぜひ参考にしてください。

売掛先が個人でもファクタリングは利用可能?

おすすめのファクタリング会社

申し込みから最短2時間で入金可能

  • 審査時間は最短30分

    、業界最高水準の対応スピード
  • 手数料2%~

    で業界最低水準
  • 審査に必要な書類は

    2点のみ

  • オンライン契約で

    全国対応可能

  • 累計取扱高1,300億円

    、累計取引社数58,000社(2024年3月時点)

目次

個人事業主と個人の違い

本題に入る前に、“個人事業主”と“個人”の違いについて、把握しておきましょう。

 

結論、個人事業主と個人には、大きな違いはありません。

 

個人事業主とは、法人を設立せず、個人で税務署に開業届を出して事業を行っている人を指します。

 

一方で個人とは、個人事業主も含めた、組織に属していない人々のこと全体を呼称するものです。

 

つまり、開業届を出している点は違えど、基本的に個人と個人事業主は同じ意味を指しているわけです。

 

実際、開業届を出さずとも事業を営むことは可能であるため、実態を考えても個人事業主と個人の間に、大きな差はないといえます。

 

なお、近年は個人事業主と同じような意味合いで、“フリーランス”という言葉も使われています。

 

特定の企業や団体に所属せず働くという点で、フリーランスと個人事業主が類似しているのは確かです。

 

ですが、フリーランスには、個人や個人事業主のみならず、自分一人が属する法人を設立している、つまり実態としては経営者として活動している方も含まれます。

 

フリーランスの方が全員、個人事業主でもあるわけではないのです。

 

 

売掛先が個人の場合でもファクタリングは利用可能?

売掛先が個人の場合のファクタリングの利用可否については、売掛先の事業実績や知名度が大きく関連してきます。

 

 

ファクタリングを利用できるケース

以下のケースに該当する場合、個人に対する売掛金でもファクタリングを利用することが可能です。

 

【売掛先が個人でもファクタリングが利用できるケース】

  • 売掛先に十分な事業実績がある
  • 利用者と売掛先の間に継続的な取引があると認められる
  • 売掛先の知名度が高い

 

事業実績の有無、継続的な取引の有無などの条件がクリアできれば、売掛先が個人でもファクタリングを利用できる可能性はあります

 

また、売掛先が有名な人物であれば、法人の場合と同程度の信用を得られる見込みもあります。

 

この点については後ほど詳しく解説いたしますので、引き続きご覧ください。

 

 

ファクタリングを利用できないケース

反対に、以下のケースに該当する場合は、ファクタリングを利用できる可能性が低いといえます。

 

【売掛先が個人でファクタリングが利用できないケース】

  • 売掛先の事業主としての信用度が低い
  • 売掛先の事業実績が不十分である
  • 新規の売掛先で、過去に取引実績がない

 

前提として、法人に対する売掛金と比較すると、個人に対する売掛金を売却する場合は、ファクタリングを利用できる可能性は低いと言わざるを得ません。

 

なぜなら、個人は社会的信用を得るのが法人と比べて難しく、ファクタリングの審査に通るのが非常に困難であるからです。

 

また、仮に申し込みまではできたとしても「事業実績が十分でない」「取引実績がない」などの要素があれば、審査で落とされるおそれがあります。

 

 

売掛先が個人の場合にファクタリングの利用が難しい理由

なぜ売掛先が個人だと、ファクタリングの利用が困難になるのでしょうか。

 

ここでは、その主な2つの理由を説明します。

 

【ファクタリングの利用が難しい理由】

 

理由➀存在確認が困難であるため

売掛先が個人の場合に、ファクタリングの利用が困難になる主たる理由の一つとして、事業主としての個人の存在確認が困難であることが挙げられます。

 

法人の場合、資本金の額や代表者の氏名などの重要な情報は、登記簿謄本を調査すれば把握でき、事業の実態を容易に確かめることが可能です。

 

また、国税庁から割りあてられた法人番号を、法人番号公表サイトで検索することでも、法人登記がなされた年月日、本店所在地などを容易に確認できます。

 

これらの情報は、ファクタリング業者が売掛先の実態を直接調査する際にも非常に役立ちます。

 

対して、個人で事業を営む方には登記簿謄本も法人番号も存在しないため、その氏名や所在地、活動の実態などを、第三者が確認することが非常に困難です。

 

ファクタリング業者が買い取った売掛金の売掛先が、実態のない架空の個人であることも十分に起こりえます。

 

こうした事情から、ファクタリング業者も個人の売掛金を買い取るのは避けたいと考え、売掛先が個人の場合は利用を拒否することがあるわけです。

 

 

理由②法人と比べて信用度が低いため

もう一つの理由が、先にも挙げた、“法人と比べて個人は信用度が低い”という点です。

 

信用度の差が表れる要素として、まず挙げられるのが資金力です。

 

新しく法人を設立するには、法定費用に加えて一定の額の資本金が必要となります。

 

法的には1円でもあれば法人の設立は可能ですが、一般的には「法人設立から3か月利益が出なくとも事業を継続できる」金額を用意しておくことが望ましいとされています。

 

つまり法人を設立できた時点で、ある程度の資金力があることの証明となるわけです。

 

対して、個人が事業を始める際には、法定費用も発生しなければ、目安となる資本金の額も定められていません

 

そのため、まったく資金が手元にない方でも、事業主としての肩書きだけは得ることができます。

 

加えて、法人と個人では事業規模にも差があり、これも信用度の差につながります。

 

法人として手広く事業を手がけていれば、ほかの企業とのつながりも増え、自然と信用度も高まっていくものです。

 

基本的に小規模な取引の多い個人では、上記のように信用度を高めるのは難しいでしょう。

 

また、個人で事業を営む場合と異なり、法人を運営するためには、会社法をはじめとする法律を遵守しなければなりません。

 

結果として、厳格な管理のもと法人が運営されるので、法人の売掛先は必然的に社会的信用度も増していきます。

 

このように、法人と個人の信用度には大きな差があります。

 

売掛先が個人だと、ファクタリングの利用を拒否されてしまうのには、信用度の低い事業主との取引を避けたい、という意図があるのです。

 

 

ファクタリングの審査の観点

そもそもファクタリング業者は、審査の際に何を重視するのでしょうか?

 

以下に、ファクタリングの審査における重要な観点を整理したので、ご覧ください。

 

【ファクタリング審査の観点】

 

観点①売掛金 の回収可能性

ファクタリングの審査においてもっとも重視されるのが、売掛金を回収できる可能性の高さです。

 

一般的なファクタリング契約には、ファクタリング業者が売掛金を回収できなかった際に、その分の金額を利用者に請求する“償還請求権”がありません。

 

そのため、買い取った売掛金が回収できなかった場合、ファクタリング業者が大きな損害を被ることになります。

 

そうした事態を避けるためにも、ファクタリング業者は、売掛金の回収可能性を入念に確認するのです。

 

回収可能性の指標の一例としては、売掛金の支払期日までの長さが挙げられ、支払期日までが長いと、「売掛金を回収できなくなる可能性も高い」とみなされます。

 

そのため、多くのファクタリング業者は、支払期日までの期間が長い売掛金を買い取らない傾向にあります。

 

 

観点②売掛金 の信用力

回収可能性とともに重視されるのが、売掛金の信用力です。

 

上場企業や有名大手企業などは、経営状況が突然悪化する可能性が非常に低いため、そうした企業に対する売掛金は、信用力が高いと判断されます。

 

反対に、小規模で資本金も少額なベンチャー企業や、経営状況が傾いている企業の売掛金は、信用力が低いとみなされます。

 

信用力の低さはそのまま回収可能性の低さにつながるため、該当する売掛金をファクタリング業者に買い取ってもらえる可能性は、非常に低いでしょう。

 

 

観点③利用者の事業実績に対する 利用額の妥当性

売り上げや過去の取引の額といった、利用者の実績に対する売掛金の額の妥当性も、ファクタリング業者の重視するポイントです。

 

特に、売掛金の額があまりにも高いと、慎重に審査が行われる傾向にあります。

 

売掛金の額が、利用者の年間売り上げや、過去の取引の額と照らし合わせて高すぎる場合、提出された資料が偽造されているおそれがあるからです。

 

また「売掛先からの入金があったときに、きちんと全額支払ってくれるのか?」という懸念も存在します。

 

そのため、実際の取引から発生した売掛金だとしても、額が高いという理由から審査が遅れたり、買い取りを断られたりする場合もあります。

 

ファクタリングを利用する際は、自社の売り上げ状況や取引状況も鑑みたうえで、上記のリスクを疑われない程度の額の売掛金を売却するのが最善です。

 

 

観点④差し押さえリスクの有無

ファクタリングの審査では、差し押さえリスクの有無もチェックされます。

 

売掛先に、税金の滞納や、借入金の返済延滞があった場合、本来はファクタリング業者が回収するはずだった代金も、差し押さえられてしまうかもしれないのです。

 

ですから、ファクタリングの審査では、売掛先の、税金の滞納や借入金の滞納の有無が徹底的に調査されます。

 

 

売掛先が個人でもファクタリングを利用できるケース

「売掛先が個人だとファクタリングの利用が難しい」と説明しましたが、まったく見込みがないわけではありません。

以下に整理した4つのケースに該当する場合は、売掛先が個人でもファクタリングを利用できる可能性が十分にあります。

 

【個人でもファクタリングを利用可能】

 

利用できるケース①売掛先の事業実績が認められる

個人だとしても、事業実績が十分にあればファクタリング業者の信用を得ることが可能です。

 

目安としては、4~5期、つまり4年以上にわたる実績を証明できることが挙げられます。

 

上記に該当する事業主であれば、ファクタリング業者からも「一定の実績がある」とみなされ、売掛金を買い取ってもらえます。

 

 

利用できるケース②利用者と売掛先の間に継続的な取引実態がある

利用者と売掛先との間に、継続的な取引の実態があることを証明できれば、ファクタリングを利用できる可能性があります。

 

過去に何度も取引があり、売掛金も漏れなく入金されていることが確認できれば、ファクタリング業者も「売掛金の回収可能性は十分高い」と判断するはずです。

 

ファクタリング利用時には、通帳のコピーを提出するよう求められるので、その際に、売掛先の個人から定期的に入金があることを、きちんと説明するのが大切です。

 

 

利用できるケース③売掛先の知名度が高い

売掛先の個人が知名度の高い人物であれば、場合によっては、法人と同程度の信用を得られるかもしれません。

 

世間的に知名度の高い人物が、会社や組織に属さず、個人として活躍することは往々にしてあります。

 

そうした人物なら収入も安定しているうえに、体裁を考えれば、売掛金の支払いを反故にされる可能性も低いでしょう。

 

そのため、売掛先の個人が一般人であるケースと比べれば、格段にファクタリングを利用しやすいといえます。

 

 

利用できるケース④売掛先がホームページや固定電話番号を所有している

売掛先がホームページや固定電話番号をもっていれば、活動している実態があること、そして事務所を有していることの証明になります。

 

登記簿謄本ほどではありませんが、それでもファクタリング業者の信用を得るのに一定の効果は期待できます

 

売掛金を買い取ってもらえる可能性を上げるためにも、売掛先の個人が、ホームページや固定電話番号を所有しているかを事前に確認しておきましょう。

 

 

個人事業主がファクタリングを利用する際に留意すべき事項

売掛先が個人の場合、ファクタリングを利用する難易度が高いことは、おわかりいただけたかと思います。

では、利用者自身が個人事業主であるときは、ファクタリングを利用する際に留意すべきことはあるのでしょうか?

 

結論、利用者側が個人事業主だからといって、特別気をつけなくてはならない事項はありません。

 

ただし、一般的に留意が必要な事項はいくつか存在します。

 

まず、ファクタリングを利用する際は、償還請求権がついていないことを必ず確認しましょう

 

償還請求権とは、ファクタリング業者が売掛金を回収できなかった際、その代金を利用者に請求できる権利のことです。

 

通常、ファクタリング契約には償還請求権はつきませんが、なかには償還請求権つきのファクタリングを提供している業者も存在します。

 

そうしたファクタリング契約は、手数料が安く設定されているなど、一見すると好条件に見えるため注意が必要です。

 

また、その手数料に関しても、利用前に入念に確認しておくことをおすすめします。

 

多くのファクタリング業者では、手数料率に下限値と上限値が設定されています。

 

下限値の低さだけで利用するファクタリング業者を選ぶと、上限値で手数料率が設定されたときに、予想以上の手数料の高さから、資金調達の計画が狂ってしまうかもしれません。

 

総じて、ファクタリングを利用する際は、提示された条件を隅々まで確認し、内容に納得したうえで契約に応じるのが大切です。

 

 

個人事業主の方におすすめのファクタリング業者8選

最後に、個人事業主の方におすすめのファクタリング業者を8社ご紹介します。

 

資金繰りにお困りの個人事業主の方は、ぜひ参考にしてください。

 

【ファクタリング業者8選】

 

ビートレーディング

 

最初にご紹介するのが、2024年3月時点で累計取引実績5.8万社、累計買取買い取り額1,300億円を誇るファクタリング業者の最大手、株式会社ビートレーディングです。

 

最短30分で審査が完了するスピード感に加え、PC・スマホでのオンライン契約が可能というお手軽さもあり、どなたでも利用しやすいファクタリング業者だといえます。

 

審査に必要な書類が2点のみのため、まだ実績のない個人事業主の方でも気軽に申し込めるのも強みです。

 

また、売掛金のみならず、注文書のファクタリングにも対応しており、資金調達の手段が多岐にわたるのも魅力的です。

 

安定したファクタリングサービスを利用したいのであれば、まずビートレーディングの利用を検討するのをおすすめします。

 

ビートレーディングに
無料で相談する

 

 

日本中小企業金融サポート機構

 

日本中小企業金融サポート機構は、中小企業や個人事業主など、小規模な事業者様の資金繰りをサポートすることを目的に活動しています。

 

M&Aや事業承継など、多種多様なサービスを提供しており、ファクタリングもそのうちの一つとして含まれています。

 

同機構のファクタリングは、問い合わせから振り込みまで最短3時間と、迅速に資金を調達できるのが利点です。

 

請求書や通帳のコピーさえあれば利用できるため、利用のハードルが低いのもうれしいポイントです。

 

ホームページからいつでも無料で見積もりを行えるので、ご自身の所有する売掛金の買い取り額が

 

気になる方は、一度確認してみてはいかがでしょうか。

 

 

日本中小企業金融サポート機構に

無料で相談する

 

 

みんなのファクタリング

 

みんなのファクタリングは、株式会社チェンジの運営するファクタリングサービスです。

 

対面や電話でのやり取りが一切なく、完全オンラインで契約から振り込みまでが完結するので、忙しい業務の合間を縫って利用できます。

 

また、毎日18時まで営業しており、条件さえ整えば土日祝日でも当日中に振り込んでもらえるという、利便性の高さにも注目です。

 

個人事業主の方は、変則的なスケジュールで働かれることも多いでしょうから、土日祝日でも対応可能なのは、非常に魅力的ではないでしょうか。

 

決算書や事業計画の提出も不要なので、事業を始めたばかりの個人事業主の方にもおすすめできるファクタリングサービスです。

 

 

QuQuMo(ククモ)

 

株式会社アクティブサポートの運営するファクタリングサービス『QuQuMo』は、1%からという、業界でもトップクラスに低い手数料率が特徴です。

 

ファクタリングを利用する際のコストを少しでも減らしたいのであれば、まずQuQuMoを検討したいところです。

 

また、QuQuMoは売掛金の買取買い取り額に上限も下限も設定していないため、どんな額の売掛金でも買い取ってもらえる可能性があります。

 

「小規模な取引が多いので、少額な売掛金しかない……」という場合でも、利用先の候補の一つとして挙げられるサービスです。

 

「必要な書類は2点のみ」「オンラインで完結」など利便性も十分に高いので、非常に高水準なファクタリングサービスだといえます。

 

 

labol(ラボル)

 

数あるファクタリングサービスのなかでも、個人事業主やフリーランス向けに特化しているのが、labolです。

 

全行程がオンラインで完結し、決算書・入出金明細・契約書などの書類も提出不要と、ファクタリングサービスに欲しい要素はひと通りそろっており、利便性に優れます。

 

資金調達までのスピード感も抜群で、申し込みから最短60分で振り込みが完了します。

 

そのうえ、審査さえ完了していれば、振り込み自体は24時間365日行われるというのも、個人事業主の方にとっては大きな利点です。

 

ほかのファクタリング業者に断られてしまった方でも利用可能なので、「もう資金調達の手段がない……」と諦める前に、一度labolの利用を検討してみましょう。

 

 

ペイトナーファクタリングは、2023年7月時点で累計申請件数10万件以上を誇る、実績確かなファクタリングサービスです。

 

同サービスの最大の強みは、なんといっても入金までの速さです。

 

申し込みから最短10分で入金まで完了するという驚異的なスピードは、とにかくすぐに資金を調達したい方にとっては理想的だといえます。

 

また、手数料率が10%で固定なのも、ペイトナーファクタリングの特徴です。

 

資金調達にかかるコストの劇的な削減こそ叶わないものの、10%以上にも増えないので、調達できる資金の額に関する不確定要素を減らすことができます。

 

一般的に手数料率は、売掛金の額面が低いと高くなる傾向があるので、少額な売掛金を売却したいなら、ペイトナーファクタリングを利用して負担の増加を防ぐのも一案です。

 

 

OLTA(オルタ)

 

実績十分なファクタリングサービスをお望みなら、OLTAを利用してみてはいかがでしょうか?

 

OLTAは、「中小企業経営者・個人事業主が選ぶオンライン型ファクタリング」にて1位を獲得しており、まさに個人事業主の方向けのファクタリングサービスだといえます。

 

大手メガバンクをはじめ、数々の企業とも提携しているため、信頼性も十分にあります。

 

そんなOLTAは、手数料率が最大でも9%と、それほど高くないのが特徴です。

 

また、振り込みも最短で当日中に完了するため、迅速な資金調達も叶います。

 

実績、低負担、資金調達までの早さがすべてそろったファクタリングサービスを利用したいなら、ぜひOLTAをご検討ください。

 

参照元:日本マーケティングリサーチ機構「オンライン型ファクタリングについてのインターネット調査」
https://jmro.co.jp/r00969/

 

 

メンターキャピタル

 

メンターキャピタルは、顧客満足度が92%を超えている、非常に人気のファクタリングサービスです。

 

審査時間は最短30分と非常に短く、迅速に資金を調達することができます。

 

審査通過率も92%と高いうえに、ほかのファクタリング業者に断られた経験のある方も申し込めるため、資金を調達できる可能性を少しでも上げたい場合におすすめです。

 

また、利用者の業種に合わせて最適なプランを案内してくれるので「売掛金を買い取ってほしいけど、勝手がわからない……」とお悩みの方にも最適です。

 

小売業や製造業、広告業など多様な業界での実績があるので、まずは問い合わせたうえで、利用できるプランを確認してみてはいかがでしょうか。

 

 

売掛先が個人でも事業実績や取引実績が十分ならファクタリングを利用できる可能性がある

今回は、「売掛先が個人でもファクタリングを利用できるのか?」という疑問にお答えしました。

 

売掛先が個人の場合、法人に対する売掛金を売却する場合と比較すると、ファクタリングを利用できる可能性は低いと言わざるを得ません。

 

しかし、売掛先の事業実績や取引実績などが十分であれば、ファクタリング業者の信用を得ることができます。

 

ファクタリングを利用する際は、上記に該当する個人の売掛金を買い取ってもらいましょう。

 

資金調達ニュース.comでは、優良なファクタリング会社の情報を詳しく紹介しています。
自社に合ったファクタリング会社をお探しの事業者様は、ぜひご覧ください。

 

即日での入金に対応しているファクタリング会社29選はこちら

個人事業主におすすめのファクタリング会社22選はこちら

監修者の写真

株式会社ビートレーディング 代表取締役
佐々木 英世

中小企業の資金調達を支援する方法として質屋ビジネスに着目し、「BtoBの質屋」を目指して2012年4月 株式会社ビートレーディングを設立。
多くの企業が保有する資産「売掛債権」を買い取る「ファクタリングサービス」の提供を開始。
創業以来、58,000社以上の資金調達を支援し、買取債権総額は1,300億円超。
ファクタリングを社会に根付かせるため、SNS等での情報発信も行っている。

TOKYO MX「ええじゃないかBiz」
代表メッセージhttps://betrading.jp/company/info/message/

おすすめのファクタリング会社

申し込みから最短2時間で入金可能

  • 審査時間は最短30分

    、業界最高水準の対応スピード
  • 手数料2%~

    で業界最低水準
  • 審査に必要な書類は

    2点のみ

  • オンライン契約で

    全国対応可能

  • 累計取扱高1,300億円

    、累計取引社数58,000社(2024年3月時点)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合わせて読みたい記事

おすすめの資金調達企業

  • 日本中小企業金融サポート機構

    手数料 1.5%~
    対応スピード 最短3時間~
    取り扱いサービス

    全般

    詳細はこちら→https://chushokigyo-support.or.jp/column/factoring/

    営業時間 9:30~18:00
    必要書類 売掛金の入金が確認出来る通帳のコピー3ヵ月分(表紙付)
    売掛金に関する資料(請求書・契約書など)
    特徴

    ・一般社団法人だから実現した低手数料1.5%~

    ・最短30分審査&最短3時間で入金

    ・買取金額の下限・上限なし

    企業詳細へ

     

  • 株式会社ビートレーディング

    手数料 2者間4%~12%、
    3者間2%~9%
    対応スピード 最短2時間
    取り扱いサービス

    2者間・3者間ファクタリング

    注文書ファクタリング

    介護・診療報酬ファクタリング

    営業時間

    9:30~18:00

    必要書類

    ・通帳のコピー(表紙付き、直近2か月分)
    ・売掛金に関する資料(請求書、契約書など)

    特徴

    ・全国各地58,000社以上の豊富な 買取実績

    ・入金まで最短2時間

    ・専任女性オペレーター制度導入

    企業詳細へ

     

  • MentorCapital

    手数料 2社間 10%~不明
    3社間 3%~不明
    対応スピード 最短即日
    取り扱いサービス

    2社間
    3社間

    営業時間 9:30~18:30(平日)
    必要書類

    商業登記簿謄本と印鑑証明書
    決算書や確定申告書のような会社の業績が確認できる資料
    売掛先企業との基本契約書
    契約書や発注書、納品書、請求書など
    過去の入金の確認ができる通帳

    特徴

    ・幅広い業種に対応可能
    ・赤字決済、債務超過などにも柔軟対応

    企業詳細へ

  • 株式会社セントラル

    実施年率 4.80%~18.0%
    限度額 300万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 当社ご利用限度額が50万円超、
    または他社を含めた借入総額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要
    特徴 ・女性オペレーターが対応する女性専用のプランがある
    ・平日14時までのお申し込みで即日振込が可能

    企業詳細へ

  • フタバ株式会社

    実施年率 14.96%~17.95%
    限度額 10万円~50万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 借入額が50万円を超える場合に必要
    特徴 ・郵送物なし、カードレスのWEB完結でご利用可能
    ・ポイントサービスの利用で一定期間無利息で借入可能

    企業詳細へ

  • アイフル株式会社

    実施年率 3.0%~18.0%
    限度額 1万円~800万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 必要な場合もあり
    特徴 ・21時までのお手続き完了で当日融資可能
    ・楽天銀行口座をお持ちの場合24時間振込可能

    企業詳細へ