1. ホーム
  2. 資金調達コラム一覧
  3. ファクタリング
  4. ファクタリングにおける支払いサイトとは?支払いサイトと手数料の関係

ファクタリングにおける支払いサイトとは?支払いサイトと手数料の関係

公開日:
更新日:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

支払いサイトとは、掛取引における締め日から入金までの期間のことです。
この支払いサイトが短ければ、そのぶん売掛債権を早く回収でき、資金が不足する事態を避けられます。
掛取引の契約後に売掛債権の支払いサイトを短縮したければ、ファクタリングの利用が効果的です。

本記事では、支払いサイトの決め方や、ファクタリングの手数料との関係を解説します。
「支払いサイトを短縮したい」とお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

ファクタリングにおける支払いサイトとは?支払いサイトと手数料の関係

おすすめのファクタリング会社

申し込みから最短2時間で入金可能

  • 審査時間は最短30分、業界最高水準の対応スピード
  • 手数料2%~で業界最低水準
  • 審査に必要な書類は2点のみ
  • オンライン契約で全国対応可能
  • 累計取扱高1,300億円、累計取引社数58,000社(2024年3月時点)

ファクタリングの概要

ファクタリングとは、事業者がファクタリング会社に売掛債権を売却して現金を得る、資金の調達方法です。
本来の回収期日を迎える前に売掛債権を現金化できるため、効果的に活用することで資金繰りの改善が見込めます。

 

なお、ファクタリングは融資とは異なり、あくまでも売買取引です。
事業者は取引によって負債を計上する必要がないため、信用情報に傷がつきません。

 

ファクタリングの種類

ファクタリングと名のつくサービスには、実に多くの種類があります。
主要なファクタリングサービスの一例を以下にまとめました。

 

分類方法

ファクタリングの種類

利用目的による分類

・買取型

・保証型

契約形態による分類

・2者間ファクタリング

・3者間ファクタリング

債権や売掛先の種類による分類

・医療ファクタリング

・国際ファクタリング

 

ファクタリングは主に「買取型」と「保証型」の2種類に分けられます。

売掛債権を売却して現金化する買取型に対し、売掛債権を保有したまま、売掛先が倒産した際の損失に保険を掛けておくのが保証型です。

なお、一般的にファクタリングといえば買取型を指すため、本記事では買取型のファクタリングに絞って解説します。

 

「支払いサイト」とは

 

事業者間の掛取引においては、支払いサイトが重要です。
支払いサイトとは、売掛債権が発生してから、回収期日を迎えるまでの期間を指します。

 

掛取引に馴染みがない方であれば、「サイト」と聞くとWebサイト(site)をイメージするかもしれません。
しかし、支払いサイト(sight)の「サイト」は別の単語で、「視力」「視野」などの意味があります。
そこから転じて、請求書の発行から支払いが実施されるまでの期間を示す言葉として、支払いサイトという用語が使われています。

 

たとえば、3月31日に請求書を発行し、4月30日 に売掛先からの入金が予定される場合であれば、支払いサイトは30日です。
1か月の日数はその月ごとに多少ばらつきがありますが、原則として請求書の締め日から入金されるまでの期間を、1か月につき30日として計算します。

 

回収サイト

支払いサイトに類似する言葉として「回収サイト」があります。
これは、代金を回収する側の視点で使われる言葉で、指している内容は支払いサイトと変わりません。

 

売掛債権を保有する側には貸倒リスクがあるため、回収サイトを可能な限り短く設定することが望まれます。
特に開業したばかりだったり、事業投資を行っていたりする企業は、回収サイトを長く設定すると、手元の現金がなくなり、最悪の場合黒字倒産を招いてしまうため、注意が必要です。

 

支払いサイトとファクタリング手数料の関係

ここまでは一般的な掛取引の話でしたが、売掛債権の支払いサイトはファクタリングにも関係しています。

なぜなら、支払いサイトが長い売掛債権であれば、貸倒リスクが高いと判断され、ファクタリング会社が設定する手数料が高くなるからです。

ただし、支払いサイトの長さに応じて、単純に手数料が比例していくわけではありません

 

ここからは、1,000万円の売掛債権をファクタリング会社に売却すると仮定し、支払いサイトの期間に応じた手数料の例を紹介します。

 

ここでは一例として、手数料を求める計算式を「売掛債権の額×(ファクタリングの基準手数料率×支払いサイトの期間に応じたランク)」としています。

 

金利計算においては、債権額に日数を掛け合わせ、比例式に利息が増えていく計算方法が一般的です。

一方、ファクタリングの手数料計算においては、各支払いサイトの期間ごとに、以下のようなランクに応じた倍率を設定し、手数料を調整する計算方法を用いることがあります。

 

【支払いサイトの期間に応じた倍率例】

60日以内

0.8~1.0倍

61~90日

1.0~1.2倍

91~120日

1.2~1.4倍

 

ただし、こちらの計算式はあくまでも一例であり、基準手数料率や手数料の求め方がファクタリング会社によって異なるという点は、ご留意ください。

 

60日以内

まずは、支払いサイトとしては標準的な60日以内のケースから見てみましょう。
手数料率を6%、8%、10%と仮定した場合の額は、それぞれ次の通りです。

 

【支払いサイト60日以内のファクタリング手数料】

基準手数料率6%

480,000円~600,000円

基準手数料率8%

640,000円~800,000円

基準手数料率10%

800,000円~1,000,000円

(売掛債権の額:1,000万円 支払いサイトの期間に応じた倍率:0.8~1.0倍)

 

当然ですが、手数料率が高ければ高いほど、それに応じて支払う手数料も大きくなります。
支払いサイトとしては標準的な60日以内の場合でさえ、基準手数料率が高ければ、支払う手数料は100万円以上かかります。

 

61~90日

続いては、大企業や大口取引が多い業種に採用される、支払いサイトが61~90日のケースです。
60日以内の場合と比べて、支払いまでの日数が延びている分、同じ基準手数料率を設定されたときに支払う額が大きくなります。

 

【支払いサイト61~90日のファクタリング手数料】

基準手数料率6%

600,000円~720,000円

基準手数料率8%

800,000円~960,000円

基準手数料率10%

1,000,000円~1,200,000円

(売掛債権の額:1,000万円 支払いサイトの期間に応じた倍率:1.0~1.2倍)

 

なお、ファクタリング会社によっては、支払いサイトが90日以上の売掛債権を買取の対象外としている場合もあるため、事前に確認が必要です。

 

91~120日

最後に、支払いまでに4か月もの長い期間を要する、支払いサイトが91~120日のケースを紹介します。

 

【支払いサイト91~120日のファクタリング手数料】

基準手数料率6%

720,000円~840,000円

基準手数料率8%

960,000円~1,120,000円

基準手数料率10%

1,200,000円~1,400,000円

(売掛債権の額:1,000万円 支払いサイトの期間に応じた倍率:1.2~1.4倍)

 

支払いサイトが91~120日に設定されることのある業種には、建設業やSI(システムインテグレーション)業 が挙げられます。
一部の業種をのぞき、支払いサイトが120日以上となるケースはほとんどありません。

 

支払いが現金で行われる取引においては、「下請代金支払遅延等防止法」という法律によって、原則60日以内での支払いが定められているためです。
詳細な条文の内容については、後ほど紹介します。

 

ファクタリングに向いている売掛債権

売掛債権には、ファクタリングの利用に向いているものと向いていないものが存在します。

 

前述の通り、売掛債権の支払いサイトとファクタリング手数料は密接に関係しています。
資金を調達するためにファクタリングを利用しても、手数料を多く支払ってしまっては、効率が良いとはいえません。
その点、支払いサイトが60日以内の売掛債権は、比較的手数料を抑えられるので、ファクタリングに向いているといえます。

 

ファクタリングに向いていない売掛債権

一方で、支払いサイトが長い売掛債権は、ファクタリングに向いていません
そもそも買取に応じているファクタリング会社自体が少なく、買い取ってもらえたとしても手数料が高額になります。
ほかに支払いサイトの短い売掛債権があれば、そちらから優先してファクタリング会社に売却するのがおすすめです。

 

また、個人に対する売掛債権もファクタリングに適していません。
なぜなら、多くのファクタリング会社は、売掛先が法人である債権のみを買取の対象としているからです。
個人事業主への売掛債権であれば対象となるファクタリング会社もありますが、飲食業や小売業で個人に対して「ツケ払い」が行われた際の売掛債権は、ファクタリングの対象外なので注意しましょう。

 

関連記事:ファクタリングの審査に通らない!その原因と対処法を解説

 

支払いサイトを短縮する方法

繰り返しになりますが、支払いサイトが長ければ長いほど、資金繰りが悪化するリスクが高まります
万が一、黒字倒産が差し迫ったときには、早急に資金調達するために、支払いサイトを短縮したいと考えるのも無理はありません。

 

前提として、すでに契約が結ばれた支払いサイトを、取引中に変更するのは容易ではありません。
それでも「どうにかして支払いサイトを短縮したい」とお考えの方に向けて、2つの方法を紹介します。

 

取引先と交渉する

支払いサイトを短縮する方法として最初に考えられるのは、取引先との交渉です。

 

一度締結した契約の変更を要請するには、双方が納得できる内容でなければなりません。
また、売掛先にキャッシュフローの悪化を悟られては、自社の信用を傷つけてしまいます。

 

交渉の際は、交換条件を提示することで、取引先に納得してもらいやすくなります。
たとえば「支払いサイトを短縮する代わりに売掛債権の額を割り引く」といった条件です。
この場合、売掛先にもメリットがあるため、交渉に応じてもらえる可能性が高まります。

 

ファクタリングを利用する

売掛債権の迅速な現金化を望むのであれば、ファクタリングを利用するのも一案です。
支払いサイトそのものを短くできるわけではありませんが、売掛債権を売却することで、資金繰りの改善が図れます。

 

ファクタリングを利用する際は、支払いサイトの短い売掛債権を選択しましょう。
買取に応じるファクタリング会社が多いうえに、手数料を安く抑えられます。

 

関連記事:ファクタリングを利用するメリット・デメリットを徹底解説

 

ビートレーディング

 

ファクタリング会社の選び方のポイント

 

支払いサイトを短縮するためにファクタリングを利用しようと思っても、事業者にとって望ましいファクタリング会社を選ぶのは、容易ではありません。
日本はファクタリングに関する規制が緩く、なかには悪質なファクタリング会社も紛れているのが現状です。
ファクタリングを利用する際は、安心できるサービスなのか、しっかりとリサーチし見極めなければなりません。

 

ここからは、ファクタリング会社を選ぶ際にどのような点に注意したらよいのか、3つのポイントを紹介します。

 

手数料の安さで選ぶ

ファクタリング会社を選ぶ際に、手数料率は必ず確かめておきたいポイントです。
利用する事業者にとって、ファクタリングの手数料は安いに越したことはありません。
なかでも、支払いサイトが長い売掛債権は手数料が高くなりがちなので、より注意したいところです。

 

一般的なファクタリングの手数料相場は、2者間では8~18%、3者間では2~9%となっています。
相場とのひらきがないかを確かめたうえで、複数社から相見積もりをとって比較検討すると、手数料で損をしない、お得なサービスを選べるでしょう。

 

関連記事:ファクタリングにかかる手数料率の相場はどのくらい?

 

審査や入金のスピードで選ぶ

審査や入金のスピードもまた、ファクタリングで重視したいポイントです。
支払いサイトを短縮するためにファクタリングを利用する状況では、すぐにでも現金が必要であると考えられます。

 

審査に数週間~数か月かかる銀行融資とは異なり、ファクタリング会社は申し込みから入金までの流れが即日で完結するサービスも多く緊急時の資金調達に適しています。
また、ファクタリング会社が電子契約を採用している場合、すべての手続きがオンライン上で完結するので、さらにスムーズな現金化が可能です。

 

ただし、審査のみ即日行われるものの入金には時間を要するケースもあるため、申し込み時に忘れずに確認しておきましょう。

 

関連記事:即日での入金に対応しているファクタリング会社29選

 

売掛債権の買取可能額で選ぶ

ファクタリング会社を比較する際は、売掛債権の買取可能額にも注目してみましょう。
売掛債権の買取可能額は、ファクタリング会社によって異なります

 

上限や下限が設定されていることにより、売却したい売掛債権を買い取ってもらえなかったり、希望する額をまかなえなかったりする可能性があります。
ファクタリング会社によっては、買取可能額の上限や下限を設けていない場合があるので、不安であればそのようなサービスを選ぶのがおすすめです。

 

おすすめのファクタリング会社5選

 

ファクタリング会社の選び方を説明したところで、具体的におすすめのサービスを5つ紹介します。
先ほど説明した注目したい項目をピックアップし、表にまとめました。

 

ファクタリング会社 手数料率 審査時間 入会スピード 買取可能額 公式サイト

ビートレーディング

2者間:4~1%

3者間:2~9%
最短30分 最短2時間 制限なし

日本中小企業

金融サポート機構

1.5%~ 最短30分 最短3時間 制限なし

ペイトナー

ファクタリング

10% 最短10分 最短10分 ~100万円

QuQuMo

1%~ 最短30分 最短2時間 制限なし

ラボル

10% 最短1時間 最短1時間 1万円~

 

ファクタリング会社は数多く存在していますが、これら5つのサービスはすべての手続きがオンライン上で完結できる強みをもっています。

いずれも最短即日で入金が叶うため、支払いサイトを短縮したいとお考えの方に適したサービスです。
興味のある方は、ぜひ詳細を確認し、ファクタリングの利用をご検討ください。

 

【支払いサイト】期間の決め方の基本

最後に、購入側と販売側それぞれの視点から、取引において支払いサイトを設定する際の、一般的な原則を解説します。

 

購入側

まずは、自社が取引先から商品を購入するケースを考えてみましょう。

 

購入側からすると、基本的に支払いサイトは長く設定されているほうが、キャッシュフローの安定につながります
支払いサイトが長ければ、それだけ資金が手元に残る期間が延びるので、資金繰りの悪化を避けられるためです。

 

ただし、支払いサイトは「下請代金支払遅延等防止法」第2条の2第1項により、設定できる期間に上限が設けられています。

 

下請代金の支払期日は、親事業者が下請事業者の給付の内容について検査をするかどうかを問わず、親事業者が下請事業者の給付を受領した日(役務提供委託の場合は、下請事業者がその委託を受けた役務の提供をした日。次項において同じ。)から起算して、六十日の期間内において、かつ、できる限り短い期間内において、定められなければならない。

引用:下請代金支払遅延等防止法 | e-Gov法令検索

 

条文によって定められた、現金取引における支払いサイトは、原則として60日以内です。

 

販売側

商品を販売する側の視点で考えると、支払いサイトは短いほうが良いといえます。
売掛債権を早期に回収できれば、そのぶん資金が不足する事態を避けられるからです。
反対に、支払いサイトを長く設定すると、代金を回収する前に売掛先が倒産し、債務不履行となるリスクが高まります。

 

ここまでの説明でご理解いただけるように、購入側と販売側では、支払いサイトの望ましい長さが異なります。

 

実際の取引では、購入側と販売側が話し合い、商品の単価や支払いサイトを決定します。
購入側から「支払いサイトを60日以上の長めに設定してほしい」と提案されたときに、販売側はその代わりとして商品の単価を引き上げるよう打診するケースも珍しくありません。
このように、商品の単価を設定する際は、支払いサイトが交渉材料の一つとなります。

 

ファクタリングの手数料は支払いサイトの長さに比例する

いかがだったでしょうか。

 

本記事では、支払いサイトの概要とともに、ファクタリングの手数料との関係について解説しました。
支払いサイトが長ければ、キャッシュフローが悪化する可能性が高まってしまいます。
黒字倒産を防ぐために支払いサイトを短縮したければ、ファクタリングの利用が効果的です。

 

ファクタリング会社に申し込む際は、事前に売却したい売掛債権の支払いサイトを確認し、手数料がいくらになるのかを計算しておきましょう。

 

資金調達ニュース.comでは、優良なファクタリング会社を多数紹介しています。
ファクタリングのご利用をお考えの事業者様は、ぜひ参考にしてください。

 

この記事の執筆者:資金調達ニュース編集部

資金調達ニュースは経営者様の資金調達に関するお悩みを解決するために
「ファクタリング」などの資金調達に関する情報やノウハウを提供する
資金調達情報サイトです。
資金調達ニュース編集部ではこれまでに100本以上のハウツー記事をお届けしております。
資金調達でお悩みの経営者様のお役に立てますと幸いです。

保有資格:宅地建物取引士・日商簿記検定2級・ファイナンシャル・プランナー2級

おすすめのファクタリング会社

申し込みから最短2時間で入金可能

  • 審査時間は最短30分、業界最高水準の対応スピード
  • 手数料2%~で業界最低水準
  • 審査に必要な書類は2点のみ
  • オンライン契約で全国対応可能
  • 累計取扱高1,300億円、累計取引社数58,000社(2024年3月時点)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合わせて読みたい記事

おすすめの資金調達企業

  • 日本中小企業金融サポート機構

    手数料 1.5%~
    対応スピード 最短3時間~
    取り扱いサービス

    全般

    詳細はこちら→https://chushokigyo-support.or.jp/column/factoring/

    営業時間 9:30~18:00
    必要書類 売掛金の入金が確認出来る通帳のコピー3ヵ月分(表紙付)
    売掛金に関する資料(請求書・契約書など)
    特徴

    ・一般社団法人だから実現した低手数料1.5%~

    ・最短30分審査&最短3時間で入金

    ・買取金額の下限・上限なし

    企業詳細へ

     

  • 株式会社ビートレーディング

    手数料 2者間4%~12%、
    3者間2%~9%
    対応スピード 最短2時間
    取り扱いサービス

    2者間・3者間ファクタリング

    注文書ファクタリング

    介護・診療報酬ファクタリング

    営業時間

    9:30~18:00

    必要書類

    ・通帳のコピー(表紙付き、直近2か月分)
    ・売掛金に関する資料(請求書、契約書など)

    特徴

    ・全国各地58,000社以上の豊富な 買取実績

    ・入金まで最短2時間

    ・専任女性オペレーター制度導入

    企業詳細へ

     

  • MentorCapital

    手数料 2社間 10%~不明
    3社間 3%~不明
    対応スピード 最短即日
    取り扱いサービス

    2社間
    3社間

    営業時間 9:30~18:30(平日)
    必要書類

    商業登記簿謄本と印鑑証明書
    決算書や確定申告書のような会社の業績が確認できる資料
    売掛先企業との基本契約書
    契約書や発注書、納品書、請求書など
    過去の入金の確認ができる通帳

    特徴

    ・幅広い業種に対応可能
    ・赤字決済、債務超過などにも柔軟対応

    企業詳細へ

  • 株式会社セントラル

    実施年率 4.80%~18.0%
    限度額 300万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 当社ご利用限度額が50万円超、
    または他社を含めた借入総額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要
    特徴 ・女性オペレーターが対応する女性専用のプランがある
    ・平日14時までのお申し込みで即日振込が可能

    企業詳細へ

  • フタバ株式会社

    実施年率 14.96%~17.95%
    限度額 10万円~50万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 借入額が50万円を超える場合に必要
    特徴 ・郵送物なし、カードレスのWEB完結でご利用可能
    ・ポイントサービスの利用で一定期間無利息で借入可能

    企業詳細へ

  • アイフル株式会社

    実施年率 3.0%~18.0%
    限度額 1万円~800万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 必要な場合もあり
    特徴 ・21時までのお手続き完了で当日融資可能
    ・楽天銀行口座をお持ちの場合24時間振込可能

    企業詳細へ