1. ホーム
  2. 資金調達コラム一覧
  3. ファクタリング
  4. ファクタリングの取り立て方法と悪質業者の見抜き方を紹介

ファクタリングの取り立て方法と悪質業者の見抜き方を紹介

公開日:
更新日:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ファクタリングを利用しても資金繰りが改善できず、売掛先からの入金額を使い込んでしまった場合は、運営会社から取り立てを受ける可能性があります。
怖いイメージのある取り立てですが、ファクタリングにおいては、どのような方法で実行されるのかをご存じでしょうか。

今回は、そんなファクタリングの取り立て方法を、悪質業者の見抜き方とともに紹介します。
ファクタリングの利用に関するおさらいにも、お役立てください。

ファクタリングの取り立て方法と悪質業者の見抜き方を紹介

おすすめのファクタリング会社

申し込みから最短2時間で入金可能

  • 審査時間は最短30分、業界最高水準の対応スピード
  • 手数料2%~で業界最低水準
  • 審査に必要な書類は2点のみ
  • オンライン契約で全国対応可能
  • 累計取扱高1,300億円、累計取引社数58,000社(2024年3月時点)

ファクタリングには貸金業法が適用されない

ファクタリングは「貸金業法」の適用対象外であるため、取り立て方法に関するルールが厳密に決められていません
貸金業法とは、貸金業者による取り立て行為に対して、禁止事項を定めた法律のことです。

 

「お金を貸す業者」の業務について定められている法律なので、ファクタリングには適用されないというわけです。
ファクタリングにおいては、法律で禁止事項が設けられているわけではないものの、多くのファクタリング会社は貸金業法の範囲内で取り立て行為を行っています
ただし、一部のファクタリング会社では、想像以上に厳しい取り立てを行っている場合があります。
そのため、ファクタリングに限った話ではありませんが、契約を守って取引を進めることが欠かせないのです。

なお、貸金業法の取り立て規制の詳細については後述しますので、そちらをご覧ください。

 

貸金業者とファクタリング会社の違い

貸金業者とファクタリング会社は、どちらも資金調達できることから、同じサービスだと思われるかもしれませんが、いくつもの違いがあります。
その具体的な違いの一例を、以下の表にまとめました。

 

貸金業者とファクタリング会社の違い

 

貸金業者

ファクタリング会社

貸金業登録の有無

登録が必須

登録は不要

資金調達の方法

借入

売掛金の売却

契約内容

金銭消費貸借契約

債権譲渡契約

資金調達のスピード

最短1週間~2週間

最短即日

 

貸金業者とファクタリング会社の大きな違いは、資金調達の方法です。

 

貸金業者は、その名の通り「お金を貸す」または「お金の貸し借りの仲介」を主な業務とする、業者のことです。
消費者金融やクレジットカード会社などが、これに該当します。

 

一方で、利用者が売却した売掛金を買い取り、現金化するのがファクタリング会社です。
「お金を貸す」のではなく、あくまでも「売掛金の売買」をメインの業務としています。

このように、貸金業者とファクタリング会社は、事業形態そのものが異なることから、資金調達の方法にも違いが生じるのです。

 

貸金業法の取り立て規制について

ここからは、貸金業法の取り立て規制について見ていきます。

 

貸金業法では、債務者の生活や業務に支障をきたすような行為、または言動が禁止されています。
たとえば、正当な理由なく、21時から翌日8時までの間に電話をかけたり、自宅に訪問したりして取り立てる行為は違法です。
ただし、「22時以降に電話してほしい」という債務者の指定にしたがって実行した場合は、正当な理由として認められますから、違法ではありません。

 

この貸金業法が適用されないファクタリングでは、もちろん規制を受けることもないので「自由な方法」で取り立てが実行されます。
例に挙げた「21時から翌日8時までの間の電話や自宅訪問」も、ファクタリングにおいては、必ずしも違法になるとは言い切れないのです。

 

参照:貸金業法 | e-Gov法令検索

 

ファクタリング会社による一般的な取り立て方法

ここでは、ファクタリング会社による取り立て方法を解説します。

【ファクタリング会社による一般的な取り立て方法】

なお、償還請求権のない一般的なファクタリングで取り立てを受けることになるのは、「2者間ファクタリングを利用する場合」かつ「利用者が代金を支払わない場合」のみです。

 

ステップ①取り立て先を確認する

ファクタリング会社は、売掛金の回収に遅れが生じると、売掛先と利用者のどちらに取り立てるべきかを確認します。
というのも、ファクタリングでは、「売掛先が期日までに代金を支払わない」といった事態が発生することも多く、取り立て先が必ずしも利用者になるとは言い切れないためです。

確認する際は、売掛先に「債権譲渡通知」を送付したのち、支払いの有無を調査します。
調査の結果、代金が未払いだったのであれば、売掛先が取り立てられます。
しかし、支払い済みだった場合は、利用者が取り立てを受けるだけではなく、売掛先からの信用を失うことにもなりかねません。

 

ステップ②任意で支払いを求める

取り立て先を確認し、利用者が売掛金を回収しているにもかかわらず、ファクタリング会社に支払っていないとわかった場合は、任意で支払いを求められます。
電話やメール、内容証明郵便などで支払いを催促されるのが一般的です。

ファクタリング会社によっては、職場や自宅まで取り立てに来るケースもありますが、威圧的な態度で脅迫されるようなことは、基本的にはないと考えてよいでしょう。

 

ステップ③支払督促または訴訟を起こす

任意の支払いに応じないときは、ファクタリング会社に支払督促、または訴訟を起こされる可能性があります。

支払督促とは、裁判所を通じて利用者に「支払督促申立書」という文書が送付され、未払いとなっている金銭や代替物の引き渡しを求められる制度のことです。
利用者は、この文書を受け取ったあと2週間以内に異議申し立てしなければ、裁判所から仮執行宣言を出され、資産を差し押さえられてしまいます。
異議申し立てした場合は、次のステップとして訴訟に移行したのち、裁判所から判決が下されます。

 

参照:裁判所|支払督促申立書

 

ステップ④強制執行する

支払督促申立書を受け取ったり裁判所から判決が下ったりしても、なお利用者が代金を支払わない場合は、強制執行の手続きがとられます
ファクタリング会社が強制執行の申立てを行い、それが裁判所に認められると、利用者の給与の一部や銀行口座の預金、不動産、保険などが差し押さえとなります。

強制執行は、ファクタリング会社による取り立ての本当に最後の手段です。
この段階まで進むと、事業存続が困難になるほか、社会的信用を完全に失ってしまうとも考えられます。
最低でも、支払督促を受けた時点で支払いに応じることが大切です。

 

ファクタリング会社を装う業者の取り立ての例

優良なファクタリング会社なら、ここまでお話しした流れで取り立てが進むことがほとんどですが、なかには嫌がらせに該当する悪質な手段をとる業者もあります。
具体的には、以下のような行為が挙げられます。

 

悪質なファクタリング業者による取り立ての例

  • 時間を問わず、1日に数十件以上の電話をかけてくる
  • 店舗や営業所に押しかけてくる
  • 脅迫にあたる言葉をかけられる

悪質なファクタリング会社の場合は、一日でも早く売掛金を回収するために、こうした嫌がらせを繰り返し、利用者を精神的に追い詰めるような手段に出ることも珍しくありません。
そして、飛び火するかのように家族や友人、従業員などに対しても、悪質な取り立てが実行される可能性もあります。

ですから、利用する際は「手数料が安い」「審査がない」などの条件だけを見て、ファクタリング会社を決めるのではなく、複数社比較して優良な業者を見極めることが不可欠です。

 

関連記事:ファクタリングが違法ではない根拠と悪徳業者の特徴を解説

 

違法となる取り立てはあるのか?

ファクタリングにおける取り立て方法は自由であるとはいえ、まったく規制がないわけではありません。

基本的には、法に触れる行為で取り立てを受けたら違法となります。
たとえば、暴力を振るわれた場合は「暴行罪」大声で叫んだりチラシを配られたりして、周囲に代金が未払いであることを暴露された場合は「名誉棄損罪」にあたります。

万が一、ファクタリング会社から度を超えた嫌がらせを受けたときは、その内容が法律に反していないかどうかを確認しましょう。
そして、違法な取り立てだとわかったら、以下で紹介する機関に相談してください。

 

悪質な取り立てにあったときの相談先

それでは、悪質な取り立てにあったときの相談先となる4つの機関を紹介していきます。

 

消費生活センター

あらゆる契約やサービスでのトラブルを解決してくれる「消費生活センター」なら、ファクタリング会社による悪質な取り立ても相談できます。

「188」番に電話をかけ、アナウンスに沿って操作すると、ご自身が住んでいる市区町村の消費生活センターの相談窓口につながります。
相談員たちは、それぞれ専門的な知識をもっているので、問題解決に向け、心強い味方となってくれること間違いなしです。

 

公式サイト:全国の消費生活センター

 

金融庁 金融サービス利用者相談室

ファクタリング会社を装った業者に騙され、悪質な取り立て被害に遭ったら、金融庁が提供する「金融サービス利用者相談室」を活用してみてください。
金融サービスを利用した際に発生したトラブルの相談に加えて、解決するためのアドバイスや情報提供もしてくれます。

偽装ファクタリングによる被害は増加傾向にありますので、少しでも怪しいと感じたらすぐに相談しましょう。
このサービスは、公式ホームページや電話、メールなどから相談を受け付けています。

 

公式サイト:金融庁|金融サービス利用者相談室

 

日本貸金業協会 貸金業相談・紛争解決センター

「貸金業相談・紛争解決センター」は、貸金業者と利用者の間に立って、トラブル解消に向けて情報提供してくれるサービスのことです。

貸金業に精通した専門機関のため、こちらも、偽装ファクタリングによる取り立て被害を受けた場合に最適な相談先です。
窓口での相談のほか、電話やホームページからも相談を受け付けており、いずれの方法でも相談員と直接話をしてアドバイスをもらえます。

豊富な知識をもったプロが親身に相談に乗ってくれるので、「自分の力で解決できない」「どうしよう」と不安になっていても、心をホッと落ち着かせることができそうです。

 

公式サイト:日本貸金業協会|貸金業相談・紛争解決センターについて

 

警察

ファクタリング会社による悪質かつ、違法な取り立てにあったときは「警察」に相談しましょう。
警察署に出向くほか、「#9110」番を利用すれば、電話からでも無料で相談できます。

ただし、事件性が認められない被害に関しては、警察に相談し、被害届を提出したところで、必ずしも積極的に捜査してくれるとは言い切れません。
また、捜査には多くの時間がかかりますので、相談後すぐの解決は難しいことをきちんと理解しておく必要があります。

それでも、被害が悪化する前に警察に相談すれば、少し心に余裕をもてるようになるはずです。

 

悪質なファクタリング会社を見抜く方法

これまで見てきたような取り立ての被害に遭わないためにも、事前に悪質なファクタリング会社を見抜きたいものです。

 

【ファクタリング会社による一般的な取り立て方法】

ここでは、その見抜き方を4つ紹介します。

 

ポイント①契約書の内容は適切か

まずは、契約書の内容が適切かどうかをきちんと確認しましょう。

悪質なファクタリング会社は、利用者にとって不利にはたらく条件を誤魔化すために、契約書を渡さなかったり、契約内容の説明自体を端折ったりすることがあります。
もし、利用者の手元に契約書がなければ、ファクタリング会社が内容を書き換えてしまうおそれがあります。
利用者が何か問題を起こしたときには、書き換えた契約書を武器に詰められてしまうのです。

 

ポイント②手数料は適正か

ファクタリングの手数料が、相場よりも極端に高かったり低かったりした場合は、即決せず、利用を検討し直してみてください
手数料の相場としては、2者間ファクタリングが8%~18%3者間ファクタリングが2%~9%となっています。

また、契約が決まった途端に、さまざまな手数料を上乗せしてくるファクタリング会社にも注意しましょう。
具体的には、事前説明なしに、相談手数料や審査手数料などを追加されることが挙げられます。

 

ポイント③償還請求権は設定されているか

貸金業登録していないファクタリング会社が、償還請求権ありの契約を結ばせようとしてきたときは、注意が必要です。
なぜなら、貸金業登録していない業者が償還請求権を扱うことは違法だからです。
それだけではなく、手数料が高額だったり売掛金の買取金額が著しく低額だったりと、条件が怪しい可能性もあります。

ただし、契約先が銀行や貸金業者ならば、償還請求権ありのファクタリングでも違法ではありません。
償還請求権を扱えるのは、こうした貸金業登録している業者だけなのです。

前述したように、一般的なファクタリング会社は貸金業登録をしていませんので、もちろん償還請求権ありの契約は結べないというわけです。

 

ポイント④会社の実態や実績が明確か

インターネットで検索したときに、設立年月日や代表者の名前、資本金など、企業の詳しい情報が出てこないときは、悪質なファクタリング会社の可能性があります。
また、そもそもホームページが作られていないケースも、悪質な業者を疑うべきです。

ファクタリングは、利用者と運営会社のお互いの信頼が欠かせませんから、きちんと情報が公開されていることが不可欠なのです。

 

安心安全なおすすめのファクタリング会社5選

ここまでお話ししたように、優良なファクタリング会社をきちんと見抜けないと、利用者にとって由々しき事態になりかねません。
しかし、数あるファクタリング会社のなかから、優良な企業を見つけるのは難しいですよね。

ここからは、安心安全に利用できるおすすめのファクタリング会社を5つ紹介していきます。
ファクタリング会社を選ぶ際の参考にしていただけたら幸いです。

 

ビートレーディング

 

「ビートレーディング」は、豊富な利用実績を誇るファクタリングサービスです。
2024年4月時点では、累計取引者数5.8万社、累計買取額1,300億円に上ります

 

ビートレーディングは、問い合わせから入金までを最短2時間で完了できるので、「とにかく資金調達を急いでいる!」といった方におすすめです。
審査に必要な書類は、売掛金の情報がわかる請求書や契約書と、通帳のコピーの2点だけなので、準備にも手間がかかりません。

 

また、ビートレーディングでは、一般的な売掛金だけではなく、注文書や診療報酬・介護報酬債権も買い取っています。
買取金額には、上限下限を設けていないため、事業者の形態問わず利用しやすいのもうれしいポイントです。

ビートレーディングに
無料で相談する

 

日本中小企業金融サポート機構

 

 

ファクタリングのほかにも経営全般に関するサービスを受けたいなら、「日本中小企業金融サポート機構」を利用するのがおすすめです。
資金調達のほか、M&Aに関する相談やリースバック、事業マッチングなど、多岐にわたるサービスを展開しています。
豊富な専門知識をもったスタッフが多数在籍しているため、経営の立て直しに関しても的確にアドバイスしてくれるでしょう。

ファクタリングにおいては、最低1.5%の手数料となっていることから、できるだけ安い手数料で利用したい方に最適です。

また、事前におおよその資金調達可能額を算出できる「即日調達診断」というシミュレーションも用意されています。
売掛金の売値や手数料を把握しておきたい方は、利用してみるとよいかもしれません。

日本中小企業金融サポート機構に

無料で相談する

 

 

2者間ファクタリングに特化したサービスを利用したい場合は、「みんなのファクタリング」をおすすめします。

 

9時~18時までの営業時間内に、申し込みを済ませておけば、最短1時間で入金されます。
土日・祝日でも対応してくれるので、「平日は忙しくてなかなか時間がとれない」「休日のうちに資金調達したい」という方も安心ですね。
買取金額は、1万円~300万円となっており、少額の資金調達でも利用できます。

 

さらに、独自のAI審査を導入している完全オンライン型ファクタリングというのも、特徴の一つです。
スマートフォンやパソコンをお持ちなら、全国どこからでも申し込みできますし、対面の面談や電話対応などの面倒なやり取りを減らしたいという方にもぴったりです。

 

 

 

「ペイトナーファクタリング」は、個人事業主やフリーランスの方向けのファクタリングサービスです。
買取金額は、初回利用時で1万円~25万円となっており、小規模の事業者でも利用しやすいでしょう。

 

また、ペイトナーファクタリングの特徴は、なんといっても入金スピードが早いところです。
平日10時~19時の間に申し込みを完了すれば、即日入金が可能で、なんと最短10分で入金まで対応してくれます。
さらに、手数料が一律10%に設定されていることから、ご自身でも売掛金の振込金額を把握でき、安心して取引できそうです。

 

そして、法人はもちろん個人間での取引にも対応しているため、保有している売掛金に応じて、ファクタリング会社を探す手間もなくなります。

 

 

完全オンライン型のファクタリングサービスには、「QuQuMo(ククモ)」が挙げられます。
ご自身の都合が良いときに、事務所やご自宅から申し込みできることから、仕事が忙しくて面談する時間が取れない方や、スキマ時間を活用したい方にも最適なサービスです。

 

また、QuQuMoでは、買取金額に上限を設けていないため、高額な売掛金でも売却できるかもしれません。
申し込みから入金までは、最短2時間とスピード感のある取引なので、即日の資金調達も叶えられます。

なかには、「申し込み方法でわからないことがあったらどうしよう」と不安になる方もいらっしゃるでしょう。

しかし、QuQuMoは電話対応も実施しており、わからないことを丁寧に教えてもらえるので安心です。

 

ファクタリングにおける取り立ては段階的に進む!契約時の確認が悪質業者を見抜く鍵となる

今回は、ファクタリングにおける取り立て方法と、悪質業者の見抜き方を紹介しました。

優良なファクタリング会社であれば、取り立ては嫌がらせに近い行為ではなく、段階的に進むのが一般的です。
しつこく嫌がらせを受けたり暴行されたりするなど、法律に反する行為が見られた際は、各機関や警察に相談しましょう。

また、契約書の内容や手数料の値などをよく確認し、安心して利用できるファクタリング会社だと思えた場合のみ取引を進めることが大切です。

 

資金調達ニュース.comでは、安心して利用できる優良なファクタリング会社を紹介しております。
「きちんと悪質なファクタリング会社を見極められるか不安」という方は、ぜひご覧ください。

監修者の写真

弁護士
林 孝匡

情報発信が専門の弁護士。
【難しい法律を分かりやすく】をモットーに労働問題をはじめ多くの分野で法律情報の発信を手がける。
弁護士ドットコム・マイナビ・幻冬舎・DIME・弁護士JPなど多数のWEBメディアでコンテンツを発信中。

【日本弁護士連合会】登録番号:43736

おすすめのファクタリング会社

申し込みから最短2時間で入金可能

  • 審査時間は最短30分、業界最高水準の対応スピード
  • 手数料2%~で業界最低水準
  • 審査に必要な書類は2点のみ
  • オンライン契約で全国対応可能
  • 累計取扱高1,300億円、累計取引社数58,000社(2024年3月時点)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合わせて読みたい記事

おすすめの資金調達企業

  • 日本中小企業金融サポート機構

    手数料 1.5%~
    対応スピード 最短3時間~
    取り扱いサービス

    全般

    詳細はこちら→https://chushokigyo-support.or.jp/column/factoring/

    営業時間 9:30~18:00
    必要書類 売掛金の入金が確認出来る通帳のコピー3ヵ月分(表紙付)
    売掛金に関する資料(請求書・契約書など)
    特徴

    ・一般社団法人だから実現した低手数料1.5%~

    ・最短30分審査&最短3時間で入金

    ・買取金額の下限・上限なし

    企業詳細へ

     

  • 株式会社ビートレーディング

    手数料 2者間4%~12%、
    3者間2%~9%
    対応スピード 最短2時間
    取り扱いサービス

    2者間・3者間ファクタリング

    注文書ファクタリング

    介護・診療報酬ファクタリング

    営業時間

    9:30~18:00

    必要書類

    ・通帳のコピー(表紙付き、直近2か月分)
    ・売掛金に関する資料(請求書、契約書など)

    特徴

    ・全国各地58,000社以上の豊富な 買取実績

    ・入金まで最短2時間

    ・専任女性オペレーター制度導入

    企業詳細へ

     

  • MentorCapital

    手数料 2社間 10%~不明
    3社間 3%~不明
    対応スピード 最短即日
    取り扱いサービス

    2社間
    3社間

    営業時間 9:30~18:30(平日)
    必要書類

    商業登記簿謄本と印鑑証明書
    決算書や確定申告書のような会社の業績が確認できる資料
    売掛先企業との基本契約書
    契約書や発注書、納品書、請求書など
    過去の入金の確認ができる通帳

    特徴

    ・幅広い業種に対応可能
    ・赤字決済、債務超過などにも柔軟対応

    企業詳細へ

  • 株式会社セントラル

    実施年率 4.80%~18.0%
    限度額 300万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 当社ご利用限度額が50万円超、
    または他社を含めた借入総額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要
    特徴 ・女性オペレーターが対応する女性専用のプランがある
    ・平日14時までのお申し込みで即日振込が可能

    企業詳細へ

  • フタバ株式会社

    実施年率 14.96%~17.95%
    限度額 10万円~50万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 借入額が50万円を超える場合に必要
    特徴 ・郵送物なし、カードレスのWEB完結でご利用可能
    ・ポイントサービスの利用で一定期間無利息で借入可能

    企業詳細へ

  • アイフル株式会社

    実施年率 3.0%~18.0%
    限度額 1万円~800万円
    融資スピード 最短即日
    収入証明書 必要な場合もあり
    特徴 ・21時までのお手続き完了で当日融資可能
    ・楽天銀行口座をお持ちの場合24時間振込可能

    企業詳細へ